スクラッチアートのおすすめ10選!ディズニーや猫のデザインも

スクラッチアートは用紙の表面を削って、お絵描きするアイテムです。リラクゼーション効果も期待でき、こどもだけでなく、大人もはまる趣味として、塗り絵に続いて人気を集めています。完成品はポストカードとして活用したり、額縁に入れて、インテリアのアクセントにしたりできますよ。ペンはセットを購入すると、すぐにでも始めることができます。この記事では、ディズニーや、ミニオン、ポケモン、スヌーピーなどのキャラクターや、花や猫、クリスマス、絵本のモチーフといったスクラッチアートをご紹介します。

無心になって取り組める趣味がほしい

出典:Amazon

大人になってからも、子どもの頃のお絵描きのように、時間を忘れるくらい、無心になって取り組める趣味が欲しいと思っている方は多いのではないでしょうか。「お家でできる新しい趣味が欲しい」「夢中になって取り組みたい」と思う方におすすめなのが「スクラッチアート」です。スクラッチアートは子どもから大人まで、誰でも気軽に始められるアートです。用意する物や道具も少ないので、気軽に始める趣味として最適です。

スクラッチアートとは

出典:Amazon

スクラッチアートは、黒やブルーのスクラッチ面を専用のペンで削っていくアートです。ペンで削っていくと、黒いスクラッチ面から鮮やかな色がのぞいてくるため、夢中になって削ることでリラクゼーション効果を得られると、大人にも人気の趣味として注目を集めています。スクラッチアートには、もともと下絵が描かれているタイプと、無地のタイプがあります。下地が付いているタイプは、黙々と集中して手を動かしたいときに、無地タイプは自由な発想でアート楽しむことができます。

スクラッチアートの仕組み

スクラッチアートは、ブルーや黒の無地のスクラッチ面の下に、レインボーやホログラムなどのカラフルな色が隠れていて、硬いペン先で削っていくことで、好きな図形を彫り出していくことができます。コインで当たりくじを削り出す、コイン削りのような仕組みですが、ペン先の細さや削り方で、表現できる線の繊細さが異なるため、夢中になれるアートとして、子どもから大人まで楽しむことができます。

スクラッチアートの選び方

無地かデザイン付きかで選ぶ

出典:Amazon

スクラッチアートは下地のついていない「無地タイプ」と、下地のある「デザインタイプ」の2種類があります。無地タイプは自由な発想で、スクラッチ面を削って楽しみたいという方におすすめです。削ることを純粋に楽しんだり、自分の好きな絵を削ったりしたいという子どもにも最適です。デザインタイプのスクラッチアートは、あらかじめ決められた図柄を無心になって削りたいという方におすすめです。下絵をなぞって削るだけで、図柄を再現できるため、初心者の方や下地の絵が好きな方に最適です。

タイプで選ぶ

1冊の本として鑑賞できる「本タイプ」

「本タイプ」のスクラッチアートは、台紙が本に綴じ込んであるタイプです。1枚ずつ本から切り離して取り組むこともできますが、本の形のまま完成させ、1冊の本として鑑賞することもできます。絵本のモチーフのスクラッチアートや、特定の作者の画集は本タイプがおすすめです。大判サイズのためやりごたえも十分で、何十時間も夢中になって完成させるような、大作にも取り組むことができます。

ミニサイズで取り組みやすい「カードタイプ」

「カードタイプ」のスクラッチアートは、L2判のポストカードサイズで、本タイプよりも小さいという特徴があります。ミニサイズで気軽に取り組め、短時間で仕上がるので、同じ絵柄を削り続けるよりもたくさんの図柄にチャレンジしたい方に最適です。作業スペースが少ない場所で削るときにも取り組みやすく、削りカスも少なめです。できあがったポストカードは、壁に飾るだけでなくポストカードとして、大事な方への手紙にも活用できます。

デザインの難易度を確認

子ども向けのやさしいデザイン

初めてスクラッチアートに取り組む方や子ども向けには、太くシンプルな線で、塗り潰し面が多いタイプをおすすめします。おなじみのアニメのキャラクターやディズニーキャラクターのデザイン、アニマルモチーフやシンプルな線の花の図柄であれば、子どもも飽きずに集中して取り組むことができます。

大人向けの複雑なデザイン

長時間集中して夢中になって取り組みたい場合は、大人向けの複雑なデザインをおすすめします。曼荼羅や家紋、海外の景色、複雑なボタニカル柄、好きな画家の絵など、自分の好きな図柄で、集中して取り組めるものを選ぶと良いでしょう。最初は取り組みやすいシンプルな線から、慣れてきたら、直線や曲線が複雑に入り組んでいるものなど、徐々にステップアップすると、長く続けることができます。

好きなデザイナーの本を選ぶ

好きなデザイナーがいる場合は、そのデザイナーのイラストで構成された、スクラッチアート選ぶことをおすすめします。ふだん絵を鑑賞しているときよりも、削ることでより深く鑑賞できるので、そのデザイナーのイラストがさらに特別なものになります。幅広い世代に人気の、アルフォンス・ミュシャといった、特定の画家が好きな方は、スクラッチアートになっていないかチェックしてみることをおすすめします。

背景の色で選ぶ

出典:Amazon

スクラッチアートのスクラッチ面は、黒が主流です。ただ最近では、黒以外にも白やブルーなどのスクラッチ面のアイテムも、多く販売されています。スクラッチ面は削らずに残るため、図柄の背景として残り、絵を引き立てる存在になります。同じ花柄を削るにしても、ブルーや白が背景だと華やかなイメージに仕上がるので、完成イメージによって背景の色を選ぶと良いでしょう。

説明書が付属しているかチェック

初めてスクラッチアートを始める方は、スクラッチアートの削り方について、詳しく解説してあるものを選ぶと良いでしょう。削り方は削っている中でだんだんと身につきますが、「力を入れない方がしっかり削ることができる」といったポイントをあらかじめ知っておくと、上達が早く、どんどん難しいものに挑戦することができます。

ペンが削れてきたときの対処法

出典:Amazon

ペンはスクラッチアートに付属しているものから、専用のペンまで販売されています。プラスチックのペンは長く使用していると、ペン先が削れてくるため、「ペン先が丸くなってきた」と感じたときは、ダイヤモンドシャープナーなどで、削るようにしてください。金属製のペン先であれば硬度があるため、削れずに長く使用できます。複雑な線を削る段階になったら、専用のペンや竹串など、削りやすいものを色々試してみると良いでしょう。

削りカスの上手なとり方

スクラッチアートは削った後のスクラッチ面から、細かい粉状の削りカスが出るため、体や部屋中に削りカスが散らばる可能性があります。削りカスの上手な取り方としては、ティッシュや柔らかな布で削りカスを拭き取ったり、化粧筆や刷毛、練り消しで粉を集めたりといった方法が挙げられます。粘着テープや硬めのブラシでは、スクラッチ面を傷つけてしまうため、使用しないようにしてください。

スクラッチアートのおすすめ10選

最安値1,490円(税込)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値1,296円(税込)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値1,782円(税込)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値1,728円(税込)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値1,620円(税込)

5.00(1件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値1,296円(税込)

3.00(2件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値1,620円(税込)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

まとめ

スクラッチアートは、スクラッチ面を削って描くアートです。お気に入りの図柄を削って、夢中になって楽しみましょう。

おすすめ記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー