折りたたみベッドのおすすめ3選&選び方【寝心地も大切】

折りたたみベッドのおすすめ3選&選び方【寝心地も大切】

「折りたたみベッド」を使うと、少し部屋が狭くても就寝時にベッドで眠ることができます。安いから硬くて寝心地が悪そうというイメージを持ってる方も多いかもしれませんが、実は品質の高い商品も揃っています。サイズも、シングルやダブル、セミダブルなど種類が豊富にあり、すのこのようになっていて上に布団を乗せられる商品もあります。今回は折りたたみベッドの選び方や、コンパクトに収まる人気のおすすめ商品などを紹介します。

折りたたみベッドとは

折りたたみベッドとは

出典:amzn.asia

折りたたみベッドは、折りたたんでコンパクトにすることができるベッドです。素材によって用途も変化し、ふかふかしたマット素材なら、ソファーとしても活躍します。また、すのこを使用した折りたたみベッドは、ふとんをかけて干しておくこともできます。限られたスペースを有効に使うことができるのが、最大のメリットで、引っ越しや模様替えが好きという方にも、移動がしやすくおすすめです。

折りたたみベッドの寿命

折りたたみベッドの寿命は商品や使用状況にもよりますが、4~6年ほどであると言われています。大切に使用すればもっと長持ちしますが、乱暴に扱うと2~3年程度で壊れてしまうこともあるようです。折りたたみのパーツなどにゆるみがあると、寿命を早めてしまう原因につながる可能性があるので、定期的に確認して締めなおすようにしましょう。

折りたたみベッドの選び方

ライフスタイルに合った大きさを見極める

折りたたみベッドの大きさは、大きく分けるとシングル、ダブルとなります。シングルは、コンパクトな1人用サイズです。折りたたみも楽で、ワンルームマンションにお住まいの方におすすめです。ダブルはシングルの2倍というイメージになります。桐のような軽い素材のものなら、女性でも無理なく収納できます。さらに、細かく分けると、セミダブル、キングなどがあり、体格や好みによって使いやすさが変わります。

ワンルームの1人暮らしで使うなら、シングルサイズが最適でしょう。折りたたむことで、部屋を広く使えます。寝具はゆったりしたものを使いたい方は、セミダブルかダブルを選ぶと、ゆったりと快適な睡眠を確保できます。2人暮らしの方は、ダブル以上のサイズを選ぶのがおすすめです。

形状ごとの特徴で選ぶ

通気性がいいすのこタイプ

通気性がいいすのこタイプ

出典:amzn.asia

すのこタイプは、上にマットレスや布団を敷いて使用します。寝ている間に汗や湿気を蒸発させてくれるため、通気性が良いという特徴があります。また、畳んで布団干しとしても使えます。ベランダがない部屋に住んでいる方、昼間は仕事で干せないという方でも、ふとんをカビや湿気から守ってくれます。

マットと一体になっているマットレスタイプ

マットと一体になっているマットレスタイプ

出典:amzn.asia

マットレスタイプは、フレームにマットレスが固定されているものが多く、組み立て不要で届いたらすぐに使えるのがメリットです。リクライニング機能がついているものが多く、段階に分けて調節が可能です。移動に便利なキャスター付きなので、女性でも簡単に収納できます。

寝心地の良さも大切

折りたたみベッドの寝心地は、商品にもよりますが通常のベッドと比べると劣ってしまう場合が多いようです。マットレスが低反発か高反発かなど、自分の好みのものを選ぶようにしましょう。また、腰痛持ちの方などは、高反発マットレスなどの身体に負担がかかりにくい商品がおすすめです。

足腰が弱い方におすすめの電動タイプ

足腰が弱い方におすすめの電動タイプ

出典:amzn.asia

電動式の折りたたみベッドは、電動で動くため大きなサイズのベッドでも簡単にリクライニングさせることができます。また、ベッドから起き上がったり降りる際のサポートとなるため、特に足腰への負担を軽減できます。高齢者や介護が必要な方がいる家庭におすすめです。

お手入れしやすいものできれいに保とう!

毎日使う寝具なので、お手入れのしやすさも大切です。マットレスが取り外せるのか、マットレスにシーツをかけやすいかなどを確認しましょう。また、定期的に風を通すことでカビやダニを防ぎ、布団を長持ちさせることができます。

機能によって価格も変化する

折りたたみベッドを選ぶとき、予算も大切なポイントです。とにかく低価格に抑えたいなら、シンプルなマットレスのみがおすすめです。マットレスの寝心地にこだわる場合、少し価格が上がりますが低反発、高反発など、好みに合うアイテムが揃えることができます。リーズナブルなものなら1万円前後から販売されています。

折りたたみベッドのおすすめ3選

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値41,250円(税込)

この商品の特徴

電動リクライニングベッドは高齢の家族だけではなく、実家暮らしの子どもが自分用に使うことも増えています。読書をしたり、映画を見たりするときの角度調節が簡単にでき、マットにつなぎ目がないので快適な寝心地です。折りたたんで移動もできるので、使わないときは収納しておけます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

電動リクライニングベッドは高齢の家族だけではなく、実家暮らしの子どもが自分用に使うことも増えています。読書をしたり、映画を見たりするときの角度調節が簡単にでき、マットにつなぎ目がないので快適な寝心地です。折りたたんで移動もできるので、使わないときは収納しておけます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値14,462円(税込)

この商品の特徴

床からの高さが34cmあるため、風通しが良く掃除がしやすいです。素材はすのこで、ブラウンのカラーが落ち着いた部屋を演出し、すっきりとしたデザインはお部屋を選ばずに配置できます。頑丈な天然木を使用しているため、長く愛用できます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

床からの高さが34cmあるため、風通しが良く掃除がしやすいです。素材はすのこで、ブラウンのカラーが落ち着いた部屋を演出し、すっきりとしたデザインはお部屋を選ばずに配置できます。頑丈な天然木を使用しているため、長く愛用できます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値19,351円(税込)

この商品の特徴

ヘッドとソファの2役として使えるのが魅力です。ゆったりと寝転がりたいときは、カウチソファにもなります。座面を長くして足を伸ばすことで、リラックスしながら使用できます。また、低反発ウレタンチップで安定性があり、腰やお尻に余計な力がかかりません。14段階のリクライニングができるので、好みの角度でくつろげます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

ヘッドとソファの2役として使えるのが魅力です。ゆったりと寝転がりたいときは、カウチソファにもなります。座面を長くして足を伸ばすことで、リラックスしながら使用できます。また、低反発ウレタンチップで安定性があり、腰やお尻に余計な力がかかりません。14段階のリクライニングができるので、好みの角度でくつろげます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー