珪藻土(けいそうど)バスマットのおすすめ4選&選び方

お風呂上りに脱衣所を水浸しにすることなく、あっという間に吸水してくれるのが「珪藻土バスマット」です。手入れも簡単で、カビや水虫の対策にもなり、ニトリなどでも販売されています。今回は珪藻土バスマットの基礎知識や選び方、「捨て方はどう分別したらいいの?」「寿命はどれくらいなの?」などの疑問にお答えし、人気の日本製商品であるsoilなどもご紹介します。

珪藻土バスマットとは

珪藻土(けいそうど)という海底の堆積物素材を固めて作ったバスマットです。珪藻土には目に見えない程小さな穴が無数にあり、水を一瞬で吸い込んでくれます。また、ある程度水分を吸収したら自動的に水分を放出してくれるので、乾燥させる手間がありません。水の吸い込みが悪くなったら表面を紙やすりで削るだけでまた活躍してくれるのでお手入れも簡単です。湿気なども吸収するので、カビ・ダニの対策にもなります。

珪藻土バスマットを選ぶポイント

サイズ

珪藻土バスマットは通常のバスマットと違い、一枚の板のように固いため折り曲げたりすることはできません。脱衣場や置く場所に合わせて、サイズの合ったものを選ぶ必要があります。また、ぶつけたりして割ってしまう可能性もあるので、ドアに当たらない位置に置けるか、立てかけて安全に保管できるかなどを考え大きさ選びましょう。

設置場所

珪藻土バスマットは、平たい場所に置いて使用することを想定されています。金属の当たる場所や数ミリ程度の段差やすき間、たわみやすい床の上だと、珪藻土バスマットがゆがんで割れやすくなってしまいます。できるだけ段差やすき間にかからないように、珪藻土バスマットを置く予定の場所は事前に測っておくといいでしょう。

デザイン

オシャレなもの

足跡や格子の模様が入っていたり、形が丸かったりなど個性的なものもあります。永く使うものだからこだわりたい!という方におすすめです。溝に汚れが溜まってメンテナンスしにくい、丸いので立てかけるのに注意が必要などのデメリットがあります。キャラクターがプリントされているものもありますが、珪藻土の面が少なくなって機能面がやや落ちている場合があります。

シンプル

角の取れた四角形のシンプルなものは、見た目はまさに板という印象です。立てかけてやすい、お手入れが簡単というメリットがあります。機能面を重視するならシンプルなものがおすすめです。

国産か外国産か

国産

毎日肌に触れるものなので、国産の珪藻土を使用しており、職人の手作りのバスマットであるなど、品質が保証されているとと安心です。国産はコストが高い傾向がありますが、皮膚の弱い方、小さな子供も使用する方、アレルギーが心配という方にはこちらがオススメです。

外国産

外国産の多くは中国産です。白い粉がつく、こまめにヤスリがけをしないと吸水性が悪くなるという意見もあるようです。しかし、コスト面では国産に比べ魅力的なので、まずは外国産を購入し試してみるという使い方もできます。

珪藻土バスマットの使い方

珪藻土バスマットの使用方法

珪藻土バスマットは、床に直接置いて使用します。下にタオルなどを引いてしまうと不安定な状態で珪藻土バスマットを使用することになり、割れてしまう可能性があります。床のキズが心配という方には、滑り止めマットをオススメします。

珪藻土バスマットのお手入れ

陰干し

脱衣場の壁に立てかけて陰干しをすると吸った水気を自分で放出するので、使い終わった後は壁に立てかけるなどして陰干ししましょう。珪藻土バスマットは高温になると反ってしまい、割れやすくなるので、直接太陽の当たる場所は避けて置くのがおすすめです。

年に1度のヤスリがけ

珪藻土バスマットを長く使用していると、表面の目が足の皮脂で詰まり、水を吸い込みにくくなってしまいます。年に一度、表面を軽く削る程度にヤスリがけをすると、水の吸い込み力が戻ります。年に1度を目安にヤスリがけをしましょう。

珪藻土バスマットの寿命

珪藻土バスマットは2年を目安に水の吸い込みが悪くなってきます。お手入れによっては2年以上使い続けられることもあるそうですが、吸水力が悪くなったと感じたら買い替えましょう。

珪藻土バスマットの捨て方

珪藻土バスマットの捨て方は陶器の捨て方と同じであることが一般的です。バスタオルほどの大きさである場合、粗大ごみ扱いになることもあるので、お住まいの自治体にお問い合わせください。

珪藻土バスマットの主なメーカー

イスルギ

「soil」という国産珪藻土バスマットを作成している会社です。合成着色料は使用しておらず、秋田県産の珪藻土と石川県産の珪藻土、顔料のブレンドで色味を変えているという自然派の珪藻土バスマットです。公式サイトでは、珪藻土のキッチン用品を販売しています。シンプルな珪藻土マットからオシャレなバスマットまで幅広く作成しています。

宇部興産建材

「UB足快バスマット」を作成している会社です。珪藻土は秋田県産で、放射能検査を受けたものを使用しています。公式サイトでは、結婚式の引き出物などに便利な名前入れサービスがあります。

フジワラ化学

「new足乾バスマット」を作成している会社です。国産の珪藻土バスマットとしてはリーズナブルなので、国産の珪藻土バスマットを購入したいけど価格で迷っている方のお試しとしてオススメです。

珪藻土バスマットおすすめ商品4選

最安値6,983円(税込)

4.60(14,542件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

パルプ素材を配合してある、軽くて薄く、強度の高い珪藻土バスマットです。素材である珪藻土を知り尽くした職人が一つ一つ手作りしています。着色料や添加物の使用を一切していないので、アレルギーを持った方や子どもでも安心して使うことができます。

最安値4,590円(税込)

4.67(27件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

水玉やドットなどのカービングが入っているのが特徴で、オシャレなバスマットを探している方におすすめです。サイズもコンパクト・レギュラー・BIGと3通りあるので、お風呂場にあったサイズを購入できます。

最安値2,099円(税込)

4.47(471件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

角をとった四角形のシンプルな作りで、国産でありながらリーズナブルな点が特徴です。天日干し・水洗いがOKなタイプなので、汚れは水や日光でしっかり落としたい方におすすめです。大・小の2つのサイズがあります。

最安値4,319円(税込)

4.05(30件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

モイスは、セラミックスでありながら木材のように粘り強く、湿度の調整や消臭効果に優れた土壁の機能を併せ持った珪藻土バスマットです。水分を一瞬にして吸収し、どんな時もサラサラした状態で快適にマットをご使用できます。

まとめ

珪藻土バスマットは常に清潔な状態を保つことができ、水虫やカビ等の対策としておすすめです。シンプルでおしゃれなものも多いのでプレゼントとしても最適です。ぜひ、これを機会に使ってみてはいかがでしょうか。

おすすめ記事