パイロットケースのおすすめ9選!本革やキャスター付きも

パイロットケースのおすすめ9選!本革やキャスター付きも

航空機の機長が使うパイロットケースは、機能性が高く、ブリーフケースとしてビジネスマンにも人気のバッグです。フライトケースとも呼ばれ、キャスター付きのキャリーケースのほかに、リュックとして使えるものもあります。本革やアルミなど素材も豊富で、HERZ (ヘルツ)やACE(エース)をはじめとするブランドから販売されています。今回は、パイロットケースの選び方と、4輪の商品やA4サイズも入る商品も含めた、おすすめ商品をご紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

パイロットケースとは

パイロットケースとは

出典:Amazon.co.jp

パイロットケースは別名フライトケースといい、その名の通りパイロットが飛行機に乗るときに使うバッグの一種です。航空図を入れて使うのが主な用途で、狭いコックピットでも中身が取り出しやすいよう、開口部が上部にある箱型をしています。世界を飛び回る過酷なパイロットの仕事に耐えるよう、丈夫な構造になっているのも特徴です。コンパクトな形状のものから、キャスター付きの大型のものなど、豊富な種類があります。

パイロットケースの魅力

ビジネスにふさわしい機能性

ビジネスにふさわしい機能性

出典:Amazon.co.jp

パイロットケースは、使いやすさと見た目の良さが両立している機能的なデザインが魅力です。もともと飛行機のコックピットで使われることを想定されているため、狭い空間でも自立して使え、書類を取り出しやすくなっています。また、パイロットケースには飛行機の機密事項を守るために錠前が付いているので、大切な持ちものも安心して保管することができます。パイロットが制服を着て持っていても違和感がないように考えられているので、スーツのビジネスマンにもぴったりです。

小旅行にぴったりの収納力

パイロットケースは、飛行機のパイロットが使うためのバッグということもあり、収納力と持ち運びに優れています。マチが広くてサイズの大きいものを選べば、ちょっとした小旅行にも使えます。ボストンバッグやリュックではカジュアルすぎるというときに、きちんとした印象があるパイロットケースが大活躍します。キャスター付きのものであれば重い荷物も楽に運べるので、旅行用のパイロットケースがひとつあると便利です。

カジュアルなシーンでも活躍する

パイロットケースというと、きちんとした堅いイメージが強いですが、素材や形を変えればカジュアルなファッションにもよく合います。リュックのように背負えるタイプのものもあり、ビジネス用とはまた違ったイメージが楽しめます。また、本革は色のバリエーションが豊富なので、色で遊んでみるのも良いでしょう。おすすめはナチュラルなヌメ革や、レッドなどの鮮やかな色です。ビジネスシーンとカジュアルシーンでパイロットケースを使い分けるのも、大人のおしゃれのひとつです。

パイロットケースの選び方

素材で選ぶ

普段使いには合皮

普段使いには合皮

出典:Amazon.co.jp

パイロットケースを毎日使うなら、傷や雨に強い合皮素材がおすすめです。通勤や出張でハードに使っても、合皮なら扱いを気にせず気軽に持ち歩けます。合皮は本革より軽いので、書類をたくさん入れても使いやすいというメリットもあります。価格も安く、初めてパイロットケースを購入する方におすすめです。ただし、経年劣化しやすく、長年使っていると表面がはがれてくることがあります。

高級感のある本革

高級感のある本革

出典:Amazon.co.jp

パイロットケースの定番素材である本革は、価格は高くても何年も使える一生ものとして人気です。本革ならではの高級感はビジネスシーンにぴったりで、使えば使うほど味が出る経年変化も魅力となっています。合皮よりも重いのがデメリットですが、ずっと使える質の高いパイロットケースなら、本革がおすすめです。

サイズで選ぶ

パイロットケースのサイズは、書類を入れやすいA3からB3が主流です。サイズを選ぶとき、縦横のサイズに重点を置いて選びがちですが、パイロットケースの場合はマチの幅もチェックしましょう。マチ幅は10㎝程度のものが一般的ですが、荷物の量が多い方や旅行用に使いたい方はマチが広いものを選ぶと良いでしょう。ノートパソコンを入れて持ち歩く方は、マチが広くて内部のポケットが多いものを選ぶと、周辺機器やコードをしまいやすいです。また、旅行用で大きなサイズを選ぶ場合は、機内持ち込みが可能なサイズかを確認しましょう。

収納力をチェック

収納力をチェック

出典:Amazon.co.jp

パイロットケースを選ぶときには、収納力が大きなポイントになります。マチが広くて一見収納力が高いものでも、中に仕切りやポケットがないと意外と入るものが少ないということもあります。見た目の大きさだけにとらわれず、内部にどれだけものが収納できるかもチェックしましょう。

底鋲の有無を確認

底鋲の有無を確認

出典:Amazon.co.jp

底鋲とは、バッグの底に付いている鋲のことです。底鋲があると、バッグを床に置いても底に汚れや傷が付くのを防ぐことができます。パイロットケースは床に立てて置くことを想定しているバッグなので、底鋲があるものをおすすめします。

鍵の有無は使いやすさで選ぶ

鍵の有無は使いやすさで選ぶ

出典:Amazon.co.jp

パイロットケースは鍵が付いているのが一般的です。書類やパソコンなど、重要な持ちものを入れておくことの多い方は鍵付きのものを選ぶと良いでしょう。反対に、カジュアルにパイロットケースを使いたいという方は、あえて鍵がないものを選ぶというのもおすすめです。鍵がない分中身を出し入れしやすいので、鍵無しの方が使い勝手が良くなります。

キャスターの有無を確認

パイロットケースの中には、旅行や出張に便利な大きめのサイズのものがあります。手持ちで使う小型のパイロットケースならキャスターは必要ありませんが、大きなサイズであればキャスター付きのものがおすすめです。中身が詰まった重たいパイロットケースでも、キャスターが付いていれば簡単に持ち運べます。

パイロットケースのおすすめ9選

出典:Amazon.co.jp

表面に合成皮革を使用したパイロットケースです。合成皮革なため、雨や傷などへの耐久性も高くハードに使っても安心です。収納力もB4サイズのファイルがすっぽり入り、ペン差しやカードポケットなどの小物収納にも便利な設計になっています。ダイヤル式のロックでセキュリティ面にも配慮されています。

表面に合成皮革を使用したパイロットケースです。合成皮革なため、雨や傷などへの耐久性も高くハードに使っても安心です。収納力もB4サイズのファイルがすっぽり入り、ペン差しやカードポケットなどの小物収納にも便利な設計になっています。ダイヤル式のロックでセキュリティ面にも配慮されています。

出典:Amazon.co.jp

A3の書類サイズが収納できるパイロットケースです。表面は合成皮革が使われており、雨や傷にも強い仕様になっています。ケースの底面に底鋲(そこびょう)が付いていることで、自立しケース自体への汚れを防いでくれます。ハンドルが握りやすくなっているのもポイントです。

A3の書類サイズが収納できるパイロットケースです。表面は合成皮革が使われており、雨や傷にも強い仕様になっています。ケースの底面に底鋲(そこびょう)が付いていることで、自立しケース自体への汚れを防いでくれます。ハンドルが握りやすくなっているのもポイントです。

出典:Amazon.co.jp

3段ダイヤル式のパイロットケースです。素材に合成皮革や発泡樹脂が使われており軽量化にこだわった設計になっています。A4サイズのものをすっきりと収納することができ、ポケットも豊富でペンやカードなどの小物もかさばらず持ち運ぶことができます。

3段ダイヤル式のパイロットケースです。素材に合成皮革や発泡樹脂が使われており軽量化にこだわった設計になっています。A4サイズのものをすっきりと収納することができ、ポケットも豊富でペンやカードなどの小物もかさばらず持ち運ぶことができます。

出典:Amazon.co.jp

フロントポケットが付いたパイロットケースです。よく取りだすアイテムを収納するときに便利です。ケースの底面にはキャスターが付いているため、スーツケースのように転がしながらの移動が可能です。3桁のロックが両側に付いておりセキュリティ面もしっかりと対策されています。

フロントポケットが付いたパイロットケースです。よく取りだすアイテムを収納するときに便利です。ケースの底面にはキャスターが付いているため、スーツケースのように転がしながらの移動が可能です。3桁のロックが両側に付いておりセキュリティ面もしっかりと対策されています。

出典:Amazon.co.jp

合成皮革素材のパイロットケースです。合成皮革の素材は、雨や傷に強く軽いというメリットがあります。頻繁に使えるタイプを探している方におすすめです。A3ファイルサイズの収納力があるため、余裕を持ってスペースを活用することができます。

合成皮革素材のパイロットケースです。合成皮革の素材は、雨や傷に強く軽いというメリットがあります。頻繁に使えるタイプを探している方におすすめです。A3ファイルサイズの収納力があるため、余裕を持ってスペースを活用することができます。

出典:Amazon.co.jp

メタリックのダイヤルが印象的なパイロットケースです。両側には3桁のロックが搭載されており、安全面への配慮もしっかりなされています。合成皮革なため、軽く持ち運びやすいのも嬉しいポイントです。ケースの内側には、小物を収納できる仕切りも付いています。

メタリックのダイヤルが印象的なパイロットケースです。両側には3桁のロックが搭載されており、安全面への配慮もしっかりなされています。合成皮革なため、軽く持ち運びやすいのも嬉しいポイントです。ケースの内側には、小物を収納できる仕切りも付いています。

出典:Amazon.co.jp

シンプルなデザインのパイロットケースです。ビジネス用としてだけでなく、普段用として使うのもおすすめです。ケースの素材には合成皮革が使われており、防水性や傷への耐久性にこだわってつくられています。ファスナーポケットやオープンポケットなど収納力にも優れています。

シンプルなデザインのパイロットケースです。ビジネス用としてだけでなく、普段用として使うのもおすすめです。ケースの素材には合成皮革が使われており、防水性や傷への耐久性にこだわってつくられています。ファスナーポケットやオープンポケットなど収納力にも優れています。

出典:store.ace.jp

厳選された牛革を使ったパイロットケースです。耐久性にも優れており長く使いたい方におすすめです。A4サイズのファイルを収納できるスペースがあり、PCやケータイ・スマホなどがしまえる仕切りも用意されています。開口部は、左右に大きく広がり中身が取り出しやすいのもポイントです。

厳選された牛革を使ったパイロットケースです。耐久性にも優れており長く使いたい方におすすめです。A4サイズのファイルを収納できるスペースがあり、PCやケータイ・スマホなどがしまえる仕切りも用意されています。開口部は、左右に大きく広がり中身が取り出しやすいのもポイントです。

出典:www.herz-bag.jp

本格的な牛革を使用したパイロットケースです。使っていくにつれて味が出てくるのを楽しめるのがポイントです。牛革の下に樹脂製の素材が入っていることで、ケース自体の強度が高い仕様になっています。底面に底鋲が5つ付いており、通常のタイプより安定感が増しています。

本格的な牛革を使用したパイロットケースです。使っていくにつれて味が出てくるのを楽しめるのがポイントです。牛革の下に樹脂製の素材が入っていることで、ケース自体の強度が高い仕様になっています。底面に底鋲が5つ付いており、通常のタイプより安定感が増しています。

ビジネスバッグもあわせてチェック

ビジネスバッグについて、ブリーフケースやトートバッグをはじめとする種類ごとの特徴や、おすすめ商品を紹介しています。興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

パイロットケースのおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

紹介されているメーカー