ブランケットのおすすめ4選&選び方【おしゃれなひざ掛けも】

ブランケットのおすすめ4選&選び方【おしゃれなひざ掛けも】

冬場のスポーツ観戦やアウトドアのお出かけはもちろん、オフィスなどでも活躍するのがブランケットです。プレゼントにも喜ばれると評判です。でも、北欧風デザインのかわいい商品や、大判で毛布のように暖かい商品など、種類も多く迷ってしまいますよね。今回は、ブランケットの選び方をご紹介します。楽天やAmazonで人気のクリップ付きの商品や、ちょっとおしゃれなおすすめ商品にも注目してみてください。

ブランケットの種類と特徴

ブランケットは使い方によって3つの種類に分けられます。それぞれの特徴をご紹介します。

フリースタイプ

軽くて肌触りの良いフリースの生地を使ったタイプです。洗濯もできますし乾きも早いです。小さくたたみやすいので持ち運びもしやすいのが特徴です。色や柄のバリエーションが豊富です。

ダウンタイプ

ダウンジャケットと同じ、ダウンの生地を使ったタイプです。寒さを徹底的に防ぎたい時にはこのタイプが良いでしょう。お手入れはクリーニングに出せばOKです。膝掛けはもちろん、ボタンやホックで留めて肩からかけやすいものもあります。寒さが厳しい屋外では重宝します。商品によっては腰に巻き付けて下半身を覆えるものもあります。

多用途タイプ

ブランケットとしてだけでなくさまざまな用途があるタイプです。風避けにしたり、敷物として使えるものもあります。防水であるものが多いので、アウトドアでも使えそうです。内側にアルミが貼り付けてあるものが多く、体温を反射させて保温します。

ブランケットの巻き方

ブランケットはただ巻き付けても暖かくありません。上手な巻き方や使い方を知って、より暖かく過ごしてみましょう。

首・手首に巻く

暖かさは「首」「手首」をしっかり防寒することで得られます。ブランケットで首に外気が当たらないようにしましょう。また手首は手袋と洋服のすき間ができやすいです。大きめのブランケットで手首に風が当たらないようにすると暖まります。

密着させる

背中や腰など冷えやすい箇所にはブランケットをしっかり密着させましょう。密着していないといつの間にか冷えてしまっています。とくにダウンタイプのブランケットは浮きやすいので意識的に密着させて熱を逃がさないようにすると良いです。

ウールを挟む

どんなブランケットも発熱をするものでなければ体温を頼りにして保温します。体温をいかに逃さず暖かい空気を溜めるかということです。そのためにもブランケットの下にはウールなど保温性の高い素材を挟みましょう。そうすることでブランケットが保温する空気の温度を上げることができます。

ブランケットの選び方

防寒性・保温性

風を通さないものや、自分の体温をしっかりと留めておけるものを選びましょう。目が詰まっているものや、アルミ素材を使っているものがおすすめです。外からの風で体温が奪われることを防いでくれます。寒い日の外にいると風に当たっているだけで疲れやすくもなります。防寒性の高いものであれば、疲れと冷えで体調を崩すようなことがありません。

コンパクト・軽量

持ち運びがしやすいものを選びましょう。スポーツ観戦などではスペースが狭いことも多いです。重たいものや場所を取るものは使いにくいですよね。どこでもさっと広げられて、いつでも小さくたためるものがおすすめです。

肌触り

寒いところで身体を暖めるブランケットは肌触りがとても大切です。触れた時に「心地よい」と感じるものを選びましょう。身体や空気が冷えている時に触りたくなり手触りでなければ使えません。やわらかくモコモコした生地などがおすすめです。特に首や顎に当たった時に暖かい印象を受ける肌触りが良いです。

ブランケットの主なメーカー

mont-bell

アウトドア用品メーカーとして人気のメーカーです。機能はもちろん、デザインもおしゃれなものが多いです。豊富な商品数も魅力です。野外で使うことを前提としているため丈夫です。

コールマン

アウトドア用品メーカー。ポップなカラーやデザインが特徴です。機能面でも大変優れています。防寒については熱に強い素材を使っているものもあります。

ブランケットのおすすめ4選

ダウンマルチブランケット

出典: Amazon.co.jp

最安値20,850円(税込)
5.00(1件)

この商品の特徴

199×114cmと大判ながら、重さはたったの340gと超軽量です。しっかりと密度のあるダウンが暖かく身体を包んでくれます。収納サイズもとても小さく荷物になりません。1枚あるとスポーツ観戦だけでなく、あらゆる場面で活躍すること間違いなしです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

199×114cmと大判ながら、重さはたったの340gと超軽量です。しっかりと密度のあるダウンが暖かく身体を包んでくれます。収納サイズもとても小さく荷物になりません。1枚あるとスポーツ観戦だけでなく、あらゆる場面で活躍すること間違いなしです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

マルチパーパスブランケット M 2000030414

出典: Amazon.co.jp

最安値3,002円(税込)
3.89(7件)

この商品の特徴

ブランケットとして肩からしっかり身体を包みます。しかも夏の掛け布団、冬のテントマットとしても使えます。120×170cmの大きさで重さは600g、と軽くてコンパクトにたたむこともできます。フラップボタンが付いているので肩から掛けて前で止められて便利です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

ブランケットとして肩からしっかり身体を包みます。しかも夏の掛け布団、冬のテントマットとしても使えます。120×170cmの大きさで重さは600g、と軽くてコンパクトにたたむこともできます。フラップボタンが付いているので肩から掛けて前で止められて便利です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

SOL(ソル) ヒートシート エマージェンシーブランケット1人用 12132 12132

出典: Amazon.co.jp

最安値638円(税込)
4.25(322件)

この商品の特徴

耐熱の90%を反射させて体温を維持します。非常時にも使えるタイプです。広げる時の音も静かで周囲に迷惑がかかりません。薄手のブランケットの上から使うこともできます。折りたたみはもちろん可能です。付属の収納袋に入れれば小さくできます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

耐熱の90%を反射させて体温を維持します。非常時にも使えるタイプです。広げる時の音も静かで周囲に迷惑がかかりません。薄手のブランケットの上から使うこともできます。折りたたみはもちろん可能です。付属の収納袋に入れれば小さくできます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

マルチプル ダウン ブランケット

出典: Amazon.co.jp

最安値8,980円(税込)
4.60(25件)

この商品の特徴

ダウンタイプですが自宅で洗うことができます。重量は480gととっても軽量です。中は羽毛なので、しっかり暖まることができます。ボタンがついているので止めればズレて冷気が入ることもありません。ポンチョ風、膝掛け、スカート、寝袋とさまざまな使い方ができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

ダウンタイプですが自宅で洗うことができます。重量は480gととっても軽量です。中は羽毛なので、しっかり暖まることができます。ボタンがついているので止めればズレて冷気が入ることもありません。ポンチョ風、膝掛け、スカート、寝袋とさまざまな使い方ができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この記事内のおすすめ商品比較表

おすすめ記事

アウトドア用ブランケットの人気売れ筋ランキング

おすすめキーワード

紹介されているメーカー