リップスクラブのおすすめ9選!ラッシュのミツバチやレブロンのスティックも

リップスクラブは砂糖や塩のスクラブで、週に1〜2回の頻度で使うことで艶やかな唇を保てます。スティックタイプやビンタイプがあります。LUSH(ラッシュ)などのオーガニック商品やDior、MACなどのデパコス、Kパレットやレブロンといったプチプラまで、様々な商品が販売されています。今回は、コスメランキングで人気のサラハップやハナレイ、韓国の商品、メンズにおすすめのミントフレーバーなどもご紹介します。

唇のくすみが気になる

リップメイクをしても色が付きにくい、唇がカサつく、唇の色がくすんで見える、といった悩みを持つ方も多いのではないでしょうか。そのような場合は、リップクリームを塗っても唇に浸透せず、くすみが改善されない可能性があります。そんなときにおすすめのアイテムが「リップスクラブ」です。リップスクラブは、唇の角質をオフしてくすみを取り去ってくれるアイテムです。リップスクラブを活用して、ツヤのある唇を取り戻しましょう。

リップスクラブの効果

唇の色が明るく健康的になる

唇の周りの血行が悪くなることで、唇の色がくすんで青黒く感じられることがあります。そんなときには、適度なマッサージで血行を良くすると効果的です。リップスクラブには保湿成分や美容液成分が配合されているので、何もつけない状態よりも摩擦を減らし、唇に負担をかけずにマッサージが行なえます。スクラブを手に取って優しくマッサージすることで、唇の血行が改善されて明るく健康的な透明感のある唇になります。

口紅やグロスののりが良くなる

乾燥や紫外線ダメージが原因で唇のターンオーバーの乱れが起こり、角質が厚く硬くなることがあります。すると、かさつきや皮剥けが起こりリップメイクがうまくのらない事態になるので、適切に角質を取り除くことが重要です。リップスクラブには古い角質を取り除く小さな粒子のスクラブ剤が配合されているので、効果的に余分な角質を取り除け、リップクリームの保湿成分も浸透しやすくなります。リップスクラブを使ったスペシャルケアで、口紅やグロスがのりやすい唇を手に入れましょう。

リップスクラブの選び方

スクラブの成分を確認

リップスクラブを選ぶときは、スクラブの成分に注目して選びましょう。口元に使用するアイテムなので、成分が食品由来だと安心できます。また、唇は皮膚の中でも敏感な部位なので、強すぎる成分だと荒れる可能性があります。自分の肌質に合ったスクラブを選ぶようにしてください。

角質除去効果が強い塩スクラブ

塩は、スクラブで代表的な成分です。角質を取り除く力が強いので、体の部位ではひじやかかとなど角質の厚い部分に使われます。リップスクラブにはあまり使われることのないスクラブ成分ではありますが、角質が厚くなることに悩んでいる方は塩のスクラブ成分を試してみると良いでしょう。

マイルドで保湿力が高い砂糖スクラブ

リップスクラブに使われる代表的な成分が、砂糖です。砂糖は塩と比較して、角質を取り除く成分がマイルドで高い保湿力があります。ごしごし擦らずにやさしくケアすれば、唇を傷つけずに角質を取り除くことができ、潤ったやわらかい唇になります。

保湿成分で選ぶ

配合されている保湿成分によって、唇が乾燥するのを防ぐことができます。保湿成分の種類によって唇をマッサージしているときの使用感や、洗い流した後の潤いが異なるので、自分の肌に合った保湿成分を選ぶようにしてください。

 敏感肌にも安心なワセリン

ワセリンは、石油を精製してつくられた鉱物由来の保湿剤です。純度の高いワセリンは肌への刺激が低いため、医療目的にも活用されています。ワセリンは、皮膚の乾燥を防ぎ保護する効果があります。敏感肌の方や、唇が皮むけしやすいという方は、ワセリンが配合されているものを選ぶと良いでしょう。

しっとり潤うハチミツ

ハチミツは、皮膚をなめらかにする効果がある保湿成分です。多くのリップクリームにも配合されていて、唇の荒れを防いでツヤを与えてくれます。使用感としてはこってりと濃厚なので、乾燥がひどい場合に選ぶと良いでしょう。

肌なじみの良いホホバオイル

ホホバという植物の種子を精製してつくられたのが、ホホバオイルです。植物オイルの中でも酸化しにくいのが特徴で、唇の水分蒸発を防いでくれます。肌なじみが良くさらりとしているので、使い心地も良いでしょう。

浸透しやすいシア脂

シア脂は、シアの木の実からつくられる保湿成分です。体温でやわらかく溶け浸透しやすいので、唇をやわらかくする効果があります。つけたときの粘度はあるものの、すぐに肌に馴染みます。リップスクラブを洗い流した後は、さっぱりとした使用感になります。

使いやすいタイプを選ぶ

自宅での使用におすすめのビンタイプ

出典:Amazon

ビンやジャーに入っているリップスクラブのメリットとして、内容量がわかりやすく、適切な量を取りやすいという点があります。その反面、衛生的に使うにはスパチュラなどで中身を取り出す必要があります。また、持ち歩きにはやや不便なので、自宅で使うリップスクラブとして選ぶのをおすすめします。

手軽に使えるスティックタイプ

出典:Amazon

スティックタイプのリップスクラブは、リップクリームのように唇の上にのせることで、スクラブの入ったテクスチャーが唇で溶けていきます。肌になじませた後に洗い流すと、唇の角質が簡単に取れるので、手軽に角質ケアしたい方におすすめです。

携帯しやすいチューブタイプ

出典:Amazon

チュープタイプはチューブ状の容器を押して、適量を唇にのせて使います。スティックタイプと同様に、手軽に扱え携帯性に優れています。旅行や外出先で角質ケアを行いたい、という場合に使いやすいタイプです。

リップスクラブのおすすめ9選

最安値1,980円(税込)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値3,486円(税込)

5.00(1件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値2,320円(税込)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値1,080円(税込)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値4,010円(税込)

5.00(6件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値4,599円(税込)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値1,849円(税込)

3.20(10件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値1,295円(税込)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

リップスクラブの使い方

唇は敏感なパーツなので、正しい使い方をチェックして優しくケアしましょう。

STEP1:まずは唇に水分を

リップスクラブを使用する前は、あらかじめ唇を水で濡らしておきまましょう。水分がないと摩擦が増し、唇へのダメージが強くなるため注意が必要です。

STEP2:スクラブを唇にのせてマッサージ

リップスクラブを手に取り、体温で少し温めます。テクスチャーがある程度緩んだら、スクラブを唇に乗せます。そして、2本の指でくるくると円を描くように、優しくマッサージします。

STEP3:スクラブを落としてアフターケア

マッサージが終わったら、こすらないように、ぬるま湯で優しく落とします。その後水分を拭き取り、唇が乾燥しないようにリップクリームやワセリンで保湿ケアをしましょう。

リップスクラブをする頻度

出典:Amazon

スクラブは皮膚への刺激が強いので、くすみやカサつきを改善するために毎日使用すると、唇が荒れる恐れがあります。唇の古い角質を除去する頻度としては、週に1〜2回程度の使用にとどめるようにしてください。

プチプラや韓国ブランドのリップスクラブもチェック

リップスクラブは様々なブランドが販売しています。プチプラで気軽に購入できるリップスクラブや、美容大国・韓国のリップスクラブも使いやすいと評判です。以下の記事では、プチプラのリップスクラブや韓国のリップスクラブを紹介しています。あわせてチェックしてみてください。

まとめ

リップスクラブを使えば、カサつきやくすみなど、唇の悩みを改善することができます。リップスクラブでツヤのある唇をつくり、リップメイクを楽しみましょう。 

おすすめキーワード

紹介されているメーカー

リップスクラブの人気売れ筋ランキング

おすすめ記事