フィッシュグリップのおすすめ8選!人気のウミボウズやZitradesも

フィッシュグリップのおすすめ8選!人気のウミボウズやZitradesも

フィッシュグリップは釣れた魚を安全に掴むための釣り具です。アジなどの小型の魚向けと、シーバスや青物などの大物向けがあり、ストレートやトングタイプなど様々な形状があります。プラスチック製は安いですが、長く使うためにも耐久性が高い金属製を選んだ方がコスパが良いこともあります。また、安全性や携行性はもちろん、淡水・海釣りともに、防錆性はポイントの一つです。プライヤーセットも人気で、別途ホルダーを用意すると持ち運びやすくなります。今回はフィッシュグリップの選び方とウミボウズフィッシュグリップインプレやZitrades、シマノ、オーシャン、タカミヤ、ダイワなどの最強おすすめ商品をご紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

フィッシュグリップを使って魚を安全にキャッチしたい

フィッシュグリップを使って魚を安全にキャッチしたい

釣った魚から安全に針を外したいときや、魚に負担を掛けずにリリースしたいときに、フィッシュグリップがあると便利です。携行性が良いものが多く、魚を直接触るのが苦手という釣り初心者から、大物を釣る上級者まで、必須のアイテムといえます。市販のフィッシュグリップにはトングタイプやクリップタイプ、ストレートタイプなど様々な形状があり、採用される素材によって重量や価格、耐久性が異なります。また、掴んだままサイズを計測できるものなど便利な機能がついたものもあります。

フィッシュグリップを使うシーン

フィッシュグリップは釣りをするときに様々なシーンで活躍してくれます。具体的な使い方を知ることで自分にとって扱いやすい商品を選びやすくなります。

魚のダメージを防ぐ

魚のダメージを防ぐ

フィッシュグリップを使うと素手で魚に触れることを最小限にとどめることができ、魚へ与えるダメージを減らすことにつながります。また、キャッチアンドリリースの際に人間の体温を伝えるのを避ける目的でも使われています。ただし、挟む部分が細いものは、魚の口元を貫通することがあるので注意が必要です。挟む部分が幅広くて安定しやすいものを選んでおくと、貫通する心配を減らすことができます。

魚を安全に掴む 

釣った魚をフィッシュグリップで掴んでおけば、予想外の動きにも対応することができます。また、力の強い大型の魚を掴むときに動きを制御できるのもメリットのひとつです。特にルアーフィッシングでは歯の鋭い魚が釣れることが多いので、ケガを防ぐためにも役立ちます。危険を回避する目的はもちろん魚を直接を触るのが苦手な方にもおすすめです。

ハリを安全に取り外す

ハリを安全に取り外す

釣った魚が万が一暴れたときでもフィッシュグリップを使えば安全にハリを外すことができます。また、鋭い歯や背びれを持つ魚は多く、素手で触るのは危険です。同じく毒を持つ魚など直接触れることができない場合でも、フィッシュグリップを使えば安全にリリースできます。

写真撮影にも便利

魚と写真を撮っておきたいときもフィッシュグリップが役立ちます。必要以上に魚に触る必要がないので、魚体にかかる負担を減らし、しっかりホールドできます。また、自分よりも魚を前に持ってきて大きく見せるなど位置の調節がしやすく、手が汚れないメリットもあります。

フィッシュグリップの選び方 

ターゲットの大きさで選ぶ

ターゲットの大きさで選ぶ

フィッシュグリップはターゲットの大きさに合わせて選ぶ必要があります。アジなどの小型の魚向きと、シーバスや黒鯛、青物といった大型の魚向きの商品があるので使い分けるようにしましょう。20cmくらいまでの魚だと魚体をさっと掴めるハサミタイプがあると便利です。対して大型魚用には20kg~50kgの荷重に耐えるものもあります。魚が大型になるほどそれなりの強度が必要なので、耐荷重を必ず確認してください。

安全性が高いものを選ぶ

フィッシュグリップを使ううえで、安全性は欠かせない項目です。本体の頑丈さが高いことを前提とし、魚を挟む位置と手元の位置が離れているほど安全に扱うことができます。その分サイズはやや大きくなるものの、コンパクトさを重視しすぎると指をケガする原因になり、フィッシュグリップを使う意味が減ってしまいます。程良い距離感を保てるものを選びましょう。

使われている素材で選ぶ

使われている素材で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

フィッシュグリップはステンレスや アルミ、樹脂などの素材でつくられています。金属製は高価ですが、ほど良い重みがあり耐久性も優れています。逆に樹脂製は軽くて安価ですが、金属製と比べると耐久性が劣ります。使い心地を考えると予算内であれば最初から品質で選ぶというのがおすすめです。使う頻度や釣る魚の大きさなどを考慮して目的に合わせて選びましょう。

持ち手の形状に注目

魚を安全にホールドするためにもグリップは重要なポイントとなります。水に濡れても手元が滑りにくく、魚が動いても片手でしっかり安定できるものが理想です。特に大型の魚を釣るときに使う場合は強度や長さが不十分なグリップは避けた方が良いです。持ち手の形状はストレートタイプやくの字に曲がったものなど様々なので、扱いやすいものを選んでください。

計量機能付きも

計量機能付きも

出典:Amazon.co.jp

釣った魚のサイズをすぐに計りたいときは、計量機能付きのフィッシュグリップが重宝します。魚を掴んだまま計量ができ、付属のメジャーで長さを計れるものもあります。大会に出る場合はもちろん、仲間で大きさを競うというのも良いですね。計量機能がついていても、本体の大きさに大差はありません。サイズを測る機会がある場合は選択肢に入れてみてください。

耐久性の高さで選ぶ

フィッシュグリップはハードな使い方をすることが多いため、耐久性が高いものが理想です。アウトドア環境でタフに使う目的はもちろん魚が暴れたときにしっかり耐え、状態を保ちつつ長く愛用できるメリットもあります。耐久性の高さは使われている素材や構造、口コミ評価で判断しましょう。信頼できるメーカーから選ぶというのもひとつの方法です。

防錆素材だと安心

淡水や海釣りに使うというだけあって、防錆素材でできているかもチェックしたいポイントです。安価なフィッシュグリップは防錆素材ではないことがほとんどなので注意してください。また、海釣りで使った後は軽く水洗いしておくと、より長持ちします。

携行性が良く安全なものを選ぶ

携行性が良く安全なものを選ぶ

出典:Amazon.co.jp

フィッシュグリップは軽いものが多いですが、できるだけ軽装備にしたい方にとって携行性は重要なポイントとなります。ただし、コンパクトさを重視すると安全性が劣ることもあるため、バランスを考えることも大切です。高機能でありながら折り畳みができるものなど携行性に配慮されている商品もありますのでチェックしてみてください。

フィッシュグリップのおすすめ8選

出典:Amazon.co.jp

最安値3,980円(税込)
4.70(305件)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

最安値3,980円(税込)
4.20(65件)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

最安値1,456円(税込)
4.10(30件)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

最安値2,899円(税込)
4.10(188件)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

最安値15,980円(税込)
2.80(4件)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

最安値2,711円(税込)
3.60(13件)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

最安値1,296円(税込)
4.20(5件)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

最安値1,976円(税込)
4.40(62件)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

おすすめ記事

フィッシュグリップの人気売れ筋ランキング

おすすめキーワード

紹介されているメーカー