ライフジャケットのおすすめ9選!船釣りや海遊び・川遊びに

ライフジャケットのおすすめ9選!船釣りや海遊び・川遊びに

釣りで川に入るときなど、安全のために着用するのがライフジャケットです。平成30年2月からは全ての小型船舶に乗る場合、桜マーク付きのライフジャケットの着用が義務化されています。ライフジャケットは、大人用はタイプa、d、f、gとクラス分けしてあり、子供用は3タイプと、形状も様々です。上から羽織るタイプやウエストにつける腰巻きタイプ、自動膨張するタイプなどがあります。今回はライフジャケットの選び方や、ダイワなどのおすすめ商品をご紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

もしものときのために備えよう

もしものときのために備えよう

ライフジャケットとは、水場で落水した場合や、緊急時海上に避難する際に沈むことのないよう必要な浮力が備えられた救命胴衣のことをいいます。着水時に本体を膨らませるものと、浮かせる固形物が入っており、羽織るだけのものとがあります。水上で使うだけでなく、緊急時に海上に着水する可能性のある飛行機でも使用されています。さらに川や海など子どもを遊ばせる場合にも、ライフジャケットは命を守るために必須のアイテムとなっています。万が一のことを考え、備えることが必要です。

ライフジャケットの種類と特徴

ライフジャケットには、大きく分けて2つの種類があります。

浮力体式

浮力体と呼ばれる発泡プラスチックなどが、あらかじめジャケット内部に縫いつけられているタイプの救命胴衣で、羽織るだけでいいので子ども用に多く使用されています。水に落ちてもすぐ浮くことができます。通常のジャケットのようにポケットが多くついているなど普段使いしやすいのですが、動きにくい面や収納場所を取るデメリットがあります。

膨張式

紐を引っ張ることでジャケット内にガスが充填されて膨らむタイプ、また着水時に水に反応して自動的に膨らむタイプとがあります。自動で膨らむタイプは緊急時以外でも誤作動で膨らむことがあり、その場合新たにガスを充填しなければいけません。ただし手動の場合は気が動転して紐を引っ張れないということもあるので、普段から練習が必要です。膨張式の場合、折りたためるので荷物にならないというメリットがあります。

浮力体式ライフジャケットの選び方

浮力体が使われたライフジャケットを選ぶ際のポイントをご紹介します。

体のサイズに合うものを選ぶ

体のサイズに合うものを選ぶ

出典:Amazon.co.jp

大人用のライフジャケットは男女兼用のものがほとんどです。メーカーによってはメンズやレディース専用のものもありますが、アジャスターなどで体型に合わせて調整ができるようになっています。ただし小児用は1歳以上12歳未満の制限があり、成長に合わせて買い替える必要があります。

着たまま動くなら腕の可動域で選ぶ

着用したときに、浮力体の縫いつけてある場所によっては動きにくい場合もあるので、必ず着用して腕などが動かせるかどうか確認して選びましょう。ベストタイプは着用したままスノーケリングができるなど可動域が広くなっているものが多いので、チョッキタイプより動きやすくなっています。

どのような状況でも安心な安全性で選ぶ

どのような状況でも安心な安全性で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

いつどのような場合でも対応できるよう、ライフジャケットに付属する機能もチェックして選びましょう。見つけてもらいやすい色で選ぶ、夜でも安全な反射材付きを選ぶ、またホイッスル付きのライフジャケットもおすすめです。さらにある程度浮力がないと、体重によっては浮き上がらないことがあるので、体重の10分の1以上の浮力があるものを選ぶようにしましょう。

使用目的によってポケットの数で選ぶ

浮力体のライフジャケットは、表面積が広くなっているので、その点を生かしポケットなど収納を多くつけているタイプがあります。特に釣りをする場合など、ものを取りに岸に上がらなくても、ポケットに全て入れることができれば便利です。ライフジャケットによっては、ペットボトル用ポケットがついているものもあります。

安全基準を満たしているかで選ぶ

着用が義務化された小型船舶での乗船には、桜マークのあるライフジャケットが必要です。この桜マークとは、国土交通省でおこなわれる試験で、安全基準を満たしたと認められたものにのみ付けることが許可されるマークです。また桜マークではなく、CSマークのあるライフジャケットも安全基準を満たしています。日本小型船舶検査機構で、船舶以外の場での着用で、基準を満たしていることを認定されたライフジャケットに付けられます。

膨張式ライフジャケットの選び方

膨張式ライフジャケットは、浮力体ライフジャケットよりも携帯が簡単なライフジャケットです。ガスを充填させることでジャケットを膨らませて使用します。

膨らませ方のタイプで選ぶ

膨張式ライフジャケットは通常はガスが入っていませんが、その膨らませ方で2つのタイプに分けられます。

自動で膨らむタイプ

自動で膨らむタイプ

出典:Amazon.co.jp

水に落ちた際、その水圧に反応して自動でガスが充填されるタイプです。とっさに反応できない場合には便利で、使い方に慣れる必要もない点でも安心です。ただし外部からの衝撃で割れることがあるほか、雨などに反応して誤作動することもあります。この場合はガスを充填するといったメンテナンスが必要です。グレードの高いものは、ある程度の水圧がないと作動しない機能がついています。

手動で膨らむタイプ

ジャケットに紐がついており、引っ張ることでガスが充満します。ガスのメンテナンスの必要がなく、誤作動の心配もありません。ただし日頃から使い方について練習をしていないと、パニックになって紐を引けなくなることがあるため、注意が必要です。洗うのが簡単で比較的低価格のものが多くあります。

ウエストタイプ

ウエストタイプ

出典:Amazon.co.jp

ライフジャケットをつけたまま動くのが面倒、荷物を減らしたいというときに便利なのが、ウエストポーチのように腰につけるタイプのライフジャケットです。コンパクトに折りたたんでポケットやウエストポーチに収納できます、とっさの場合に取り出せないこともあります。

安全基準を満たしているかで選ぶ

浮力体と同じく、膨張式ライフジャケットにも国土交通省の認定による桜マーク、小型船舶検査機構の認定によるCSマークがついているかどうかが安全基準の目安になります。海上の場合は桜マークのついたライフジャケットの方がより安心して着用できます。また初めてライフジャケットを購入する際には、国土交通省の認定を受けた型式承認品を選べば、ベーシックですが、安全基準は満たされているのであらゆる状況に対応できます。

ライフジャケットのおすすめ9選

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

フィッシング専用の子ども用ライフジャケットです。安全のために2〜3年ごとの買い替えが推奨されていますが、子どもは成長が早くサイズが合わなくなってしまうため、どちらにせよ買い替えは必要そうです。価格が安いので、こまめに買い替えても経済的に大きな負担にはならないでしょう。

この商品の特徴

フィッシング専用の子ども用ライフジャケットです。安全のために2〜3年ごとの買い替えが推奨されていますが、子どもは成長が早くサイズが合わなくなってしまうため、どちらにせよ買い替えは必要そうです。価格が安いので、こまめに買い替えても経済的に大きな負担にはならないでしょう。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

釣り、キャンプ、川遊びなど、アウトドアで活躍するウエストベルトタイプのライフジャケットです。両側に反射板がついているので、遭難時に発見しやすく、夜釣りで海に落ちた場合でも見やすくなります。材質はポリエステル製で、防水加工が施されているので雨水に強く、汚れも付きにくいです。また、防腐剤により素材が劣化しにくいため長く使えます。

この商品の特徴

釣り、キャンプ、川遊びなど、アウトドアで活躍するウエストベルトタイプのライフジャケットです。両側に反射板がついているので、遭難時に発見しやすく、夜釣りで海に落ちた場合でも見やすくなります。材質はポリエステル製で、防水加工が施されているので雨水に強く、汚れも付きにくいです。また、防腐剤により素材が劣化しにくいため長く使えます。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

船舶検査対応OKな、子ども用のライフジャケットです。3点バックル式の胴ベルト、1点バックル式の股ベルトで脱げてしまうのを防止します。また、笛が付いているので、暗闇でも存在を知らせることができます。カラーも目立ちやすい黄色で、どこにいるのか分かりやすく安心です。

この商品の特徴

船舶検査対応OKな、子ども用のライフジャケットです。3点バックル式の胴ベルト、1点バックル式の股ベルトで脱げてしまうのを防止します。また、笛が付いているので、暗闇でも存在を知らせることができます。カラーも目立ちやすい黄色で、どこにいるのか分かりやすく安心です。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

首からかけるタイプのライフジャケットです。ベルトタイプに比べてかさばりますが、安全性を考えるのであれば体をしっかりと固定してくれるベストタイプがおすすめです。デザインやカラーが幅広く、好みのものが見つけやすいのも嬉しいポイントです。

この商品の特徴

首からかけるタイプのライフジャケットです。ベルトタイプに比べてかさばりますが、安全性を考えるのであれば体をしっかりと固定してくれるベストタイプがおすすめです。デザインやカラーが幅広く、好みのものが見つけやすいのも嬉しいポイントです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

ベルト式で腰に巻いてバックルで装着するだけの、簡単に使うことができるライフジャケットです。500gと軽量で、浮力も11kgですが、洗濯も可能で組み立ても簡単にできます。体重110kgまで対応し、男女兼用、反射板やホイッスルも付属しているなど安全性も高くなっています。荷物を減らしたい場合や動きを邪魔しないライフジャケットを探しているならおすすめです。

この商品の特徴

ベルト式で腰に巻いてバックルで装着するだけの、簡単に使うことができるライフジャケットです。500gと軽量で、浮力も11kgですが、洗濯も可能で組み立ても簡単にできます。体重110kgまで対応し、男女兼用、反射板やホイッスルも付属しているなど安全性も高くなっています。荷物を減らしたい場合や動きを邪魔しないライフジャケットを探しているならおすすめです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

国土交通省型式承認認定のライフジャケットです。全ての小型船舶に法定備品として搭載することができます。自動で水を検知して膨らませる補助機能がありますが、手動での作動も可能となっています。反射テープやホイッスルの装備もあり、安心して使用できます。

この商品の特徴

国土交通省型式承認認定のライフジャケットです。全ての小型船舶に法定備品として搭載することができます。自動で水を検知して膨らませる補助機能がありますが、手動での作動も可能となっています。反射テープやホイッスルの装備もあり、安心して使用できます。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

チョッキタイプで動きやすいライフジャケットです。水が入らないように、ファスナーは止水性になっています。ポケットが5つ付いているので、バッグを持たなくても小物を持ち運べます。500ml入りのペットボトル用ポケットもついていて、釣りに便利な商品です。ショルダー部分は幅広になっていて、疲れにくい工夫がされています。

この商品の特徴

チョッキタイプで動きやすいライフジャケットです。水が入らないように、ファスナーは止水性になっています。ポケットが5つ付いているので、バッグを持たなくても小物を持ち運べます。500ml入りのペットボトル用ポケットもついていて、釣りに便利な商品です。ショルダー部分は幅広になっていて、疲れにくい工夫がされています。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

国土交通省基準に対応したライフジャケットです。ウエストベルトと背面にあるアジャスターで体型に合わせて調整ができるようになっています。自動もしくは手動でガスの充填ができ、ちゃんと装着されているかどうかがインジケーターでチェックできるので、安心して着用できます。防寒具の上からでも装着でき、首回りにもフィットするので季節を問わず使用可能です。

この商品の特徴

国土交通省基準に対応したライフジャケットです。ウエストベルトと背面にあるアジャスターで体型に合わせて調整ができるようになっています。自動もしくは手動でガスの充填ができ、ちゃんと装着されているかどうかがインジケーターでチェックできるので、安心して着用できます。防寒具の上からでも装着でき、首回りにもフィットするので季節を問わず使用可能です。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

撥水加工がされたナイロン素材に、発泡体が入っているライフジャケットです。浮力体タイプですがスリムで体にフィットする形になっています。ポケットに縦の仕切りがあり、収納しやすく取り出しやすい工夫がされているのもポイントです。肩に滑り止め加工がされていて、肩にかけた荷物がずれにくくなっています。緊急ホイッスル付きで内側にはタオルが収納できるループもあります。

この商品の特徴

撥水加工がされたナイロン素材に、発泡体が入っているライフジャケットです。浮力体タイプですがスリムで体にフィットする形になっています。ポケットに縦の仕切りがあり、収納しやすく取り出しやすい工夫がされているのもポイントです。肩に滑り止め加工がされていて、肩にかけた荷物がずれにくくなっています。緊急ホイッスル付きで内側にはタオルが収納できるループもあります。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー