フローリングワックスのおすすめ14選!種類や塗り方も

フローリングワックスのおすすめ14選!種類や塗り方も

部屋の床がワックスで磨かれてピカピカだと、部屋全体が明るくなって気持ちいいですよね。フローリングワックスは床の光沢を出すだけではなく、傷や汚れ、衝撃によるへこみを防止する効果もあります。ワックスがけは大掃除のときにする大変な作業というイメージもありますが、業者に頼まなくても、自分で簡単に塗ることができますよ。今回はフローリングワックスの種類や選び方、塗り方・かけ方や剥離についてまとめました。リンレイやアウロなどのおすすめ商品や、シートタイプのもの、無垢材に使用できるフローリングワックスもご紹介します!

新築でも賃貸でも床を傷つけたくない!

新築でも賃貸でも床を傷つけたくない!

ふとした拍子にものを落としてしまって、床がへこんだり傷がついてしまった経験はありませんか?そんなときにおすすめなのが、「フローリングワックス」です。フローリングワックスをかけると、床の保護ができるだけでなく、フローリング材の劣化を防止してきれいに保つことができます。ツヤが出るので、床がピカピカになります。

フローリングワックスってなに?

フローリングワックスってなに?

出典:Amazon

フローリングワックスとは、フローリングを保護するコーティング剤のことです。ワックスをかけると、床の表面を薄い膜が覆っている状態になります。そのため、床材自体に傷や汚れがつくのを防ぐことができ、衝撃によるへこみや欠けも防ぐことができます。耐水性や抗菌性があるので、定期的にワックスがけを行うことによって、フローリングを長持ちさせることができます。また、ワックスの成分が床表面の細かな凹凸に入り込み、フラットな状態になり光沢が出て、部屋全体が明るくなります。

どのくらいの頻度で塗り直す?

フローリングワックスは、椅子を引くなど、日常生活のささいな行動で徐々に剥がれてしまいます。ワックスの種類や持続期間によって異なりますが、基本的に半年に一度は上塗りが必要です。ワックスを塗り重ねていくと、ゴミや汚れが床の隙間に入り込んで、床全体がくすんでしまいます。そのため、半年に一度の上塗りに加え、2年〜3年に一度は「剥離剤」を使って古くなった膜を剥がさなければいけません。

フローリングワックスの種類

種類の幅が広い!樹脂ワックス

種類の幅が広い!樹脂ワックス

出典:Amazon

一般的にワックスと呼ばれているものは「樹脂ワックス」です。合成樹脂を水に溶解させたもので、アクリル樹脂を主成分としたものと、ウレタン樹脂を主成分にしたものに分けられます。塗膜が硬く、水や洗剤、摩耗に強く、滑りにくいのが特徴です。成分の配合によって様々な特徴を出すことができ、光沢を出すことに特化したものや耐久性を上げたものなど、たくさんの種類があります。フローリングはもちろん、石床やクッションフロアの床などにも使うことができますが、無垢材を使用しているフローリングには適しません。

塗装されていない床に!油性ワックス

塗装されていない床に!油性ワックス

出典:Amazon

油性ワックスは、ロウをアルコールやキシレン、ケロシンなどの揮発性の化学溶剤に溶かし、乳化させてつくられています。主に塗装されていない無垢材などの床材に使用されます。

簡単に剥離しやすい水性ワックス

簡単に剥離しやすい水性ワックス

出典:Amazon

ロウを水に溶かしてつくられたワックスです。一般的にはあまり使用されません。基本的には、塗ったあとに乾拭きが必要です。光沢が出て床はピカピカになりますが、強度と耐久性は低いです。また、簡単に剥離しやすくあまり長持ちしないため、頻繁に塗り直さなければいけません。

フローリングワックスの選び方

家の床材に合わせる

家の床材に合わせる

フローリングワックスは、床材の種類や仕上げ方法によって、適したワックスの種類が異なります。そのため、購入する前に自宅の床の材質を必ず確認しましょう。フローリングやクッションフロアには樹脂ワックス、白木の床には白木用のワックス、無垢材や油加工が施された床には油性ワックスがぴったりです。

万能タイプが便利!

万能タイプが便利!

出典:Amazon

万能タイプのワックスは、様々な種類の床に使うことができます。1本あればどこにでも使えるので、とても便利です。しかし例外もあるので、必ず注意書きをチェックしてから購入しましょう。

フローリングワックスのタイプで選ぶ

お掃除感覚で使えるシートタイプ

お掃除感覚で使えるシートタイプ

出典:Amazon

フローリングワックスを不織布に染み込ませたシートのことです。フローリングワイパーに取り付けて、お掃除する感覚で床の汚れを落とすと同時に、手軽にワックスがけをすることができます。持続期間は短いですが、仕上げの乾拭きや磨きが必要なく、10分ほどで乾燥します。忙しくて中々ワックスがけに時間がかけられない方におすすめです。フローリング用ワイパーに関しての記事も参考にしてください!

ピンポイントに使えるスプレータイプ

ピンポイントに使えるスプレータイプ

出典:Amazon

ワックスがスプレー状に吹き出るタイプです。ツヤ出ししたいところに直接使えるので、気になる箇所にピンポイントに使えるのが特徴です。スプレーしてフローリングワイパーで均一に広げるだけなので、シートタイプと同様、床の汚れ落としと同時にワックスがけができます。

本格的なワックスがけには液体タイプ

本格的なワックスがけには液体タイプ

出典:Amazon

液体タイプのワックスは、ワックスが乾くまでに時間がかかりますが、他のタイプと比べてしっかりとしたコーティング効果が期待できます。ワックス特有のニオイがありますが、本格的にワックスがけしたい方に向いています。専用のシートや雑巾などの綿製の布にワックスを染み込ませて使います。

ワックス効果の持続期間で選ぶ

フローリングがピカピカになったら、できるだけ効果を持続させたいですよね。シートタイプやスプレータイプなどの持続期間が短いものは、気軽にお掃除感覚でワックスがけをすることができますが、頻繁にかけ直す必要があります。面倒なワックスがけの作業を減らしたい方は、1年ほど効果が持続する耐久性の高いものを選ぶと、メンテナンスの頻度が減るのでおすすめです。中には2年ほど効果が持続するものもあります。しかし、持続期間が長いものほど乾燥にかかる時間が長くなる傾向にあるので、自分のペースに合わせて耐久性を選びましょう。

フローリングワックスの塗り方・かけ方

液体タイプのワックスがけに必要なもの

  • 雑巾などの布、または専用のシート
  • バケツなどの、ワックスを入れられる容器
  • ゴム手袋
  • フローリング用のモップやワイパー(絶対に必要ではありませんが、あると便利です)

ワックスをかける前の下準備

STEP1:床をきれいにする

STEP1:床をきれいにする

掃除機などで、床のホコリや髪の毛などをしっかり取り除きます。床の隙間や継ぎ目まで丁寧に掃除するのがポイントです。窓やドアを開けて風通しをよくしておきましょう。

STEP2:拭き掃除をする

STEP2:拭き掃除をする

出典:Amazon

床用洗剤や、台所用の中性洗剤を薄めたものを使って、フローリングの黒ずみや皮脂汚れ、ベタつきや油分などを落とします。洗剤で拭き終わったら、洗剤が残らないように水拭きしてください。

STEP3:乾拭きして乾燥させる

水気が残らないように乾拭きし、しっかり乾燥させます。水分が残っていると、ワックスがムラになってしまい上手に塗れません。また、雑菌が発生してニオイの元になる可能性もあるので、しっかり乾燥させましょう。

液体タイプのフローリングワックスの塗り方

STEP1:ワックスを塗る順番を考える

ワックスをかけたあと、完全に乾ききる前にその上を歩くと足跡がついてしまいます。塗り終わったあとに部屋を出られるよう、奥から出口に向かって塗るのがおすすめです。数回に分けてワックスがけをする場合は、マスキングテープや養生テープなどで終わりの位置に目印をつけておくと分かりやすいです。

STEP2:ワイパーをセットし、ゴム手袋をつける

フローリング用のワイパーやモップを使ってワックスを塗りたい場合は、ワックスを染み込ませる前にセットします。また、この時点でゴム手袋をつけておくと安心です。

STEP3:専用のシートや布にワックスを染み込ませる

ワックスは床に直接たらさず、バケツなどの容器に出してから、シートや雑巾などの布に染み込ませます。量はちょっと少ないくらいがベストです。染み込ませる液量が多すぎると、乾燥に時間がかかったり、ムラの原因になってしまいます。

STEP4:丁寧に塗り広げる

力を入れてゴシゴシこすったりせず、軽く撫でるようにやさしく塗り広げましょう。フローリングの目に沿って一定方向に動かすことが、ワックスを上手に塗るコツです。水に濡れたような、透明に見えるくらい薄く塗るのがポイントです。ワックスがかすれてきたら、液を再び染み込ませてください。

STEP5:乾燥させて完了

最低でも30分は乾燥させましょう。ワックスの表面は数時間で乾きますが、完全に乾燥するには2〜3日かかることもあるので、ワックスがけをしてから数日は床に強い衝撃がかからないように気をつけてください。

シートタイプのフローリングワックスのかけ方

シートタイプは、元々ワックスが染み込んでいます。ワックスをかけ始めたい場所でシートを広げて、手持ちのフロアワイパーに取り付けるだけでセットが完了します。フローリングの目に沿って、やさしく塗り広げてください。塗り終わったら、最低でも10分は乾燥させましょう。

フローリングワックスをかける際の注意点

ワックスがけは天気の良い日に!

ワックスがけをしたあとは、しっかりと床を乾かす必要があります。雨の日や湿度の高い日はワックスが十分に乾きにくいです。また、風が強いと乾燥中にホコリや塵がついてワックスと一緒に固まってしまう可能性もあるので、風が強くない、天気の良い日を選びましょう。

2度塗りする場合は乾燥してから!

初めてワックスを塗る場合や、以前のワックスの効果が薄れてしまっている場合は、重ね塗りがおすすめです。ワックスの効果を高めることができます。1度目にかけたワックスを乾燥させてから行ってください。

2~3年に一度は剥離しよう

ワックスは半年に一度上塗りすることが推奨されていますが、塗り重ねる間にゴミや汚れが入り込むことによって、床全体がくすんだり、黒っぽくなってしまいます。そのため2〜3年に一度は古くなった膜を剥がしましょう。剥離剤を使ってワックスを溶かし、ヘラなどを使えば自分でも剥がすことができます。しかし、剥離剤は強力な薬剤で床にダメージを与えてしまう可能性もあることに加え、剥がす作業が大変です。剥離作業は業者などのプロに頼むのがおすすめです。

フローリングワックスのおすすめ14選

シートタイプのおすすめ4選

最安値330円(税込)
4.43(108件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

この商品の特徴

特許を取得した3層構造シートで、始めての方でも簡単に塗ることができます。持続期間も4ヶ月と長持ちなので、シーズンの終わりにかけるだけで十分です。乾燥を防ぐ個包装タイプなので、長期間保管できるのもうれしいですね。

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

この商品の特徴

特許を取得した3層構造シートで、始めての方でも簡単に塗ることができます。持続期間も4ヶ月と長持ちなので、シーズンの終わりにかけるだけで十分です。乾燥を防ぐ個包装タイプなので、長期間保管できるのもうれしいですね。

最安値138円(税込)
3.46(37件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

この商品の特徴

便利で使いやすいシートタイプのフローリングワックスです。メラミンスポンジの「激落ちくん」でおなじみのシリーズから出ています。マイクロファイバー配合のウェットシートが、ザラつきやベタつきをしっかり落としてくれます。簡単に床をきれいにできるのでおすすめです。また、各社のフローリングワイパーに取り付けることができるのも魅力です。

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

この商品の特徴

便利で使いやすいシートタイプのフローリングワックスです。メラミンスポンジの「激落ちくん」でおなじみのシリーズから出ています。マイクロファイバー配合のウェットシートが、ザラつきやベタつきをしっかり落としてくれます。簡単に床をきれいにできるのでおすすめです。また、各社のフローリングワイパーに取り付けることができるのも魅力です。

最安値736円(税込)
4.35(287件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

この商品の特徴

天然成分を使用したワックスシートです。酸化しにくいことが特徴のホホバオイルを使用しており、防腐剤も使用していません。また、主成分は人の皮脂と同じ成分構造をしており、敏感肌の赤ちゃんが触ってしまっても安心です。

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

この商品の特徴

天然成分を使用したワックスシートです。酸化しにくいことが特徴のホホバオイルを使用しており、防腐剤も使用していません。また、主成分は人の皮脂と同じ成分構造をしており、敏感肌の赤ちゃんが触ってしまっても安心です。

最安値180円(税込)

この商品の特徴

乾燥時間が3分と短く、時間がないときでも、さっとかけることができます。持続効果は1ヶ月なので、こまめに掃除をされる方におすすめです。無香料のものだけではなく、香りつきのものもありますので、お気に入りの香りを楽しめます。

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

この商品の特徴

乾燥時間が3分と短く、時間がないときでも、さっとかけることができます。持続効果は1ヶ月なので、こまめに掃除をされる方におすすめです。無香料のものだけではなく、香りつきのものもありますので、お気に入りの香りを楽しめます。

液体タイプのおすすめ9選

最安値618円(税込)
4.50(227件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

この商品の特徴

フローリング床やビニール製の床にも使える、万能タイプのワックスです。ワックスを塗ったあとの、ツヤ出しのための乾拭きは必要ありません。1本で約60畳分使えます。油加工された床や、水性・油性ワックスを使用した床、石床などには使えないので注意してください。

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

この商品の特徴

フローリング床やビニール製の床にも使える、万能タイプのワックスです。ワックスを塗ったあとの、ツヤ出しのための乾拭きは必要ありません。1本で約60畳分使えます。油加工された床や、水性・油性ワックスを使用した床、石床などには使えないので注意してください。

最安値3,568円(税込)
4.49(285件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

この商品の特徴

アクリル樹脂とウレタン樹脂からつくられた、ハイブリッド式の樹脂ワックスです。約2年もコーティング効果が続き、リンレイのワックスのラインナップの中で最も強い耐久性があります。とにかく長持ちするフローリングワックスを探している方におすすめです。

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

この商品の特徴

アクリル樹脂とウレタン樹脂からつくられた、ハイブリッド式の樹脂ワックスです。約2年もコーティング効果が続き、リンレイのワックスのラインナップの中で最も強い耐久性があります。とにかく長持ちするフローリングワックスを探している方におすすめです。

最安値3,024円(税込)
4.28(135件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

この商品の特徴

リンレイのワックスのラインナップの中で、1番ツヤが出るワックスです。超光沢ポリマーが配合されており、フローリングに鏡のような美しいツヤを出すことができます。ツヤ出しのための乾拭きは必要ありません。1本で約60畳分使えます。光沢を求めている方におすすめです。

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

この商品の特徴

リンレイのワックスのラインナップの中で、1番ツヤが出るワックスです。超光沢ポリマーが配合されており、フローリングに鏡のような美しいツヤを出すことができます。ツヤ出しのための乾拭きは必要ありません。1本で約60畳分使えます。光沢を求めている方におすすめです。

最安値1,059円(税込)
4.25(38件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

この商品の特徴

ツヤが出ないタイプのフローリングワックスです。木の風合いを保ちながら、フローリングを傷や汚れから守ります。ツヤのある床のツヤ消し剤としても使えます。落ち着いた、木材本来の質感を楽しみたい方におすすめです。

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

この商品の特徴

ツヤが出ないタイプのフローリングワックスです。木の風合いを保ちながら、フローリングを傷や汚れから守ります。ツヤのある床のツヤ消し剤としても使えます。落ち着いた、木材本来の質感を楽しみたい方におすすめです。

最安値2,937円(税込)
4.41(324件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

この商品の特徴

水性タイプのフローリングワックスです。通常のワックスと違って、ワックスをかける前の水拭きの下準備が必要ありません。床の掃除とワックスがけが同時にできるのが魅力です。100%天然原料でつくられているので、小さい子どもやペットがいる家庭でも安心です。ワックス独特の嫌なニオイもなく、柑橘系の香りがします。水で希釈して使用するため、ワックスを薄める手間がかかります。

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

この商品の特徴

水性タイプのフローリングワックスです。通常のワックスと違って、ワックスをかける前の水拭きの下準備が必要ありません。床の掃除とワックスがけが同時にできるのが魅力です。100%天然原料でつくられているので、小さい子どもやペットがいる家庭でも安心です。ワックス独特の嫌なニオイもなく、柑橘系の香りがします。水で希釈して使用するため、ワックスを薄める手間がかかります。

最安値5,734円(税込)

この商品の特徴

100%天然原料でできた、水性のフローリングワックスです。塗装やコーティングが施されていない無垢材を保護します。手垢や液染み汚れから木材を守り、ささくれや割れを防止します。クリーム状で塗りやすく、柱や梁、階段、腰板、手すりなどの無垢の木部にも使えます。

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

この商品の特徴

100%天然原料でできた、水性のフローリングワックスです。塗装やコーティングが施されていない無垢材を保護します。手垢や液染み汚れから木材を守り、ささくれや割れを防止します。クリーム状で塗りやすく、柱や梁、階段、腰板、手すりなどの無垢の木部にも使えます。

最安値7,722円(税込)
4.61(159件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

この商品の特徴

無塗装の無垢材を保護するための、油性ワックスです。液体はサラサラして緩いので、簡単にサッと手早く塗ることができます。100%天然原料でできており、肌にも優しいです。無垢材に撥水性を与えます。

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

この商品の特徴

無塗装の無垢材を保護するための、油性ワックスです。液体はサラサラして緩いので、簡単にサッと手早く塗ることができます。100%天然原料でできており、肌にも優しいです。無垢材に撥水性を与えます。

最安値2,170円(税込)
4.64(11件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

この商品の特徴

白木床用の樹脂ワックスです。白木床材を傷や汚れから守り、美しいツヤが長期間持続します。白木用ワックス特有の滑りがないのが特徴です。2回塗りしたあとのツヤの持続は約6か月です。

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

この商品の特徴

白木床用の樹脂ワックスです。白木床材を傷や汚れから守り、美しいツヤが長期間持続します。白木用ワックス特有の滑りがないのが特徴です。2回塗りしたあとのツヤの持続は約6か月です。

最安値738円(税込)
3.99(212件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

この商品の特徴

ペットを飼っている方にぴったりのフローリングワックスです。塗布することで滑りにくくなり、室内の犬や猫などのスリップを軽減します。ペットの爪によるキズやひっかきキズにも強く、おしっこや洗剤がかかっても白くならず剥がれにくいのが特徴です。また、抗菌剤が配合されているので、床を清潔に保てます。

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

この商品の特徴

ペットを飼っている方にぴったりのフローリングワックスです。塗布することで滑りにくくなり、室内の犬や猫などのスリップを軽減します。ペットの爪によるキズやひっかきキズにも強く、おしっこや洗剤がかかっても白くならず剥がれにくいのが特徴です。また、抗菌剤が配合されているので、床を清潔に保てます。

スプレータイプのおすすめ商品

最安値494円(税込)
3.65(117件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

この商品の特徴

スプレータイプのフローリングワックスです。ワックスがけが初めての方でも、スプレーするだけで簡単に使うことができます。部分的にワックスが剥がれてしまった箇所の補正におすすめです。速乾タイプなので約5分で乾きます。フローリング床とビニール製の床に使える万能タイプです。

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

この商品の特徴

スプレータイプのフローリングワックスです。ワックスがけが初めての方でも、スプレーするだけで簡単に使うことができます。部分的にワックスが剥がれてしまった箇所の補正におすすめです。速乾タイプなので約5分で乾きます。フローリング床とビニール製の床に使える万能タイプです。

まとめ

部屋の床がピカピカだと、気分も良くなりますよね。ぜひ自宅に合ったフローリングワックスを見つけてくださいね。

この記事内のおすすめ商品比較表

おすすめ記事

フローリングワックスの人気売れ筋ランキング

おすすめキーワード

紹介されているメーカー