カクテルグラスのおすすめ19選!宅飲みもおしゃれに

カクテルグラスは容量が90ml程度でショートカクテルに使用され、ロングカクテルとは使い分けされるのが一般的です。種類が豊富で主に逆三角形をしていますが、形違いで丸みを帯びたマティーニグラスもあります。100均ではお手頃なプラスチック製もありますが、今回はAmazonでも人気のブランドや専門店のおすすめ商品を紹介します。おしゃれな形や激安6個セット、プレゼントにおすすめのグラスもあります!

家でもおしゃれにカクテルを飲みたい!

中身が同じなら、どんなグラスで飲んでも同じ味だと思ってはいませんか?実は使用するグラスによって味は変わります。お酒を飲む場合、専用のグラスに注ぐことで雰囲気も良くなりますよね。カクテルグラスはカクテルごとに適した形があり、その中でも素材やステム(足部分)の形状などによって色々な種類に分けることができます。自分が好むカクテルにぴったり合ったカクテルグラスで、家でもおしゃれにカクテルを楽しみましょう。

カクテルグラスとは

カクテルグラスとは、主にショートカクテルに用いられるグラスのことです。ショートカクテルとロングカクテルの違いを確認しておきましょう。

ショートカクテルは短時間で飲むカクテル

出典:Amazon

ショートカクテルの「ショート」は、飲み切るまでの時間にかかります。すなわち「短時間で飲み切るカクテル」となります。ショートカクテルは氷を入れないので、短時間で飲み切らないとお酒がぬるくなってしまうためです。そのため、ショートカクテルにもちいられるカクテルグラスは、グラスを持つ手の体温でカクテルがぬるくならないよう、足がついた形になっています。グラスのボウル(カクテルを入れる部分)は逆三角形が一般的で、容量は約90ml前後です。短時間で飲み切る上に、アルコール度数が高めのものが多いのも特徴です。

ロングカクテルは時間をかけて楽しめる

出典:Amazon

ロングカクテルは、氷を入れるため、カクテルの温度を冷たく保つことができます。そのため、時間をかけて楽しめるカクテルです。グラスのサイズも大きめのものが多くなります。ショートカクテルと使用されるアルコールの量は同程度ですが、氷やソーダなどの割りものが使われるので、アルコール度数は低めです。

カクテルグラスの選び方

ガラスやプラスチックなどの材質で選ぶ

美しさが際立つクリスタルガラス製

出典:Amazon

カクテルには様々な種類があり、味だけではなく見た目でも楽しむことができます。透明度が高く、カクテルをより美しく見せてくれるのがクリスタルガラス製です。手入れや扱いが難しそうなイメージを持つかもしれませんが、メーカーによってはアルカリ洗剤に強く、食洗機も使用できるクリスタルガラス製のカクテルグラスも販売されています。また、クリスタルグラスに比べると透明度はやや劣りますが、安価なソーダガラスや、耐久性にすぐれた強化ガラスを使用したカクテルグラスも販売されています。

耐久性にすぐれたステンレス製

出典:Amazon

割れずに錆びないステンレス製のカクテルグラスは、機能性とデザイン性にすぐれています。見た目もシャープで美しく、同じく割れにくいというメリットを持つプラスチック性よりも、華やかな印象をあたえます。ただし不透明なのでボウルの中が見えず、カクテルの色を目で見て楽しむことができないというデメリットがあります。

キャンプでも活躍するプラスチック製

出典:Amazon

プラスチック製のカクテルグラスの特徴は、なんといっても安価で割れにくいとことです。多少乱暴に扱っても、ガラスのように傷ついたり割れる心配はありません。そのため持ち運びの距離が長いキャンプでの使用や、ガーデンパーティーなどの屋外での使用も安心です。小さな子どもも参加するパーティーでの使用や、子どもが使うカクテルグラスとしてもおすすめです。

グラスの薄さで味の違いが感じられる

薄いほど味がシャープに

カクテルグラスの厚みが薄いとくちびるへの抵抗が少ないため、カクテルの味に集中することができます。薄い分、割れたり欠けたりしやすいというデメリットもありますが、シャープな味わいを求める方には薄いカクテルグラスがおすすめです。

丸みのある味を感じたいなら厚めのグラス

カクテルグラスに厚みがあると、その分グラスが丈夫になるので取り扱いが楽になります。多少ラフに扱っても、すぐに傷ついたり割れたりする心配はありません。くちびるへのあたりが柔らかくなるため、味に関してはシャープというよりも丸みが感じられます。厚めのグラスにもメリットはありますが、カクテルそのものの味に集中し、繊細な違いを感じたいのなら薄めのグラスがおすすめです。

ステムの長さや太さで選ぶ

ボウルに手が触れない長さを選ぶ

ショートカクテルは氷を入れないため、グラスを手で持つと体温が伝わりカクテルがぬるくなってしまいます。カクテルに体温が伝わることを防ぐために、カクテルグラスはステムがついた形状になっています。ステムの長さは5~7cmが一般的です。ステムを持つときに、手がボウルに触れない長さのものを選びましょう。手が大きめの方や男性なら、ステムが長めのグラスがおすすめです。

デザイン性・耐久性・太さで選ぶ

ステムの太さによって、カクテルグラスの見た目の印象や使用感が大きく変わります。ステムが細いほど華奢なグラスとなり、繊細な美しさを演出します。ただし折れやすい、持ちにくいなどのデメリットもあります。反対にステムが太いと、持ちやすく丈夫なカクテルグラスとなります。しかし、デザイン面での繊細さはあまり感じられません。デザイン性と耐久性のどちらを重視するかで、選ぶべきステムの太さは異なります。

ステムがないカクテルグラスも

イレギュラーではありますが、ステムがないカクテルグラスもあります。棒状ではなく高めの土台が付いたお猪口のような形のものや、丸いグラスの上に逆三角形のグラスを重ねたような形など様々な種類があります。ステムがないカクテルグラスは、カクテルを飲むためだけではなくその他の用途にも使用できます。ヨーグルトやゼリーなどのデザート用の器にしたり、ヴィシソワーズなどの冷製スープの器としても使用できます。

こだわるならカクテルごとに専用のものを

人気No.1カクテルのマティーニ

出典:Amazon

マティーニは「カクテルの王様」の異名を持つほど有名で、ジンとベルモットで作られるカクテルです。マティーニグラスは、ボウルが逆三角形の一般的なカクテルグラスの形をしています。シンプルな形ですが、その分多くのブランドからたくさんの種類が発売されています。使用している材質やステムの形状などに個性があるので、自分のお気に入りの一品を見つけることができます。

テキーラカクテルの代表的存在マルガリータ

出典:Amazon

イタリア人の女性人名がついたマルガリータは、テキーラをベースに、コアントローとレモンやライムのジュースでつくるカクテルです。グラスのフチをスノースタイル(ライムやレモン果汁をつけておき塩を付着させる)にするのが一般的なスタイルです。多くのカクテルグラスはボウルが逆三角形であることに対し、マルガリータ専用グラスはボウルが丸みを帯びた形をしています。

大人数で使うならセット購入

出典:Amazon

カクテルグラスは1つずつ単品購入するタイプとは別に、6つセットで購入できるものもあります。中には6つで3,000~4,000円など、リーズナブルな商品もあります。パーティーで大人数が集まる場合や、割れやすいシチュエーションでの使用にもおすすめです。1セット用意しておくと、いざというときに役立ちます。

カクテルグラスのおすすめ19選

カクテルグラス

最安値1,404円(税込)

4.50(4件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください



最安値2,322円(税込)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください


最安値3,240円(税込)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください



最安値4,320円(税込)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください



最安値4,471円(税込)

3.20(29件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください



最安値1,620円(税込)

3.70(47件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください


マティーニグラス

最安値5,480円(税込)

4.80(6件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください


最安値22,159円(税込)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください


最安値6,291円(税込)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください


最安値34,039円(税込)

5.00(1件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください


最安値3,848円(税込)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

マルガリータグラス

最安値4,455円(税込)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください


最安値4,627円(税込)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください


最安値10,971円(税込)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

まとめ

カクテルグラスには様々な種類のものがあります。こだわりのグラスを用意し、自宅でもカクテルを楽しみましょう!

おすすめキーワード

紹介されているメーカー

おすすめ記事