ベビー枕のおすすめ6選&選び方【赤ちゃんの頭の形も整える】

一日の大半を寝て過ごす赤ちゃんにとって、ベビー枕はとても大切なものです。しかし仰向けで寝てしまったり、向き癖があると、絶壁頭や斜頭になってしまうこともあります。また、赤ちゃんのためにベビー枕を手作りしたいという方もいるのではないでしょうか。今回はベビー枕の効果や簡単な作り方、選び方、おすすめ商品をご紹介します。ベビー枕はそもそも必要なのか、いつからいつまで使ったらいいのかなどの疑問にもお答えしています!ジェルトロンを使った商品や、王冠の形の人気商品も紹介しています。

ベビー枕の必要性や使う時期

出典:Amazon

ベビー枕とは、赤ちゃんが使用する枕です。ドーナツ型の枕や左右に高さのある枕、吐き戻し予防の枕、キャラクターの枕などの種類があります。

ベビー枕は必要?

ベビー枕は絶対に必要なものではありません。大人の背骨がS字に曲がっているのに対し、生まれたての赤ちゃんはC字に曲がっています。枕はS字に曲がった背骨の睡眠姿勢を整えるために使うものなので、生まれたての赤ちゃんの場合は、タオルなどをひくだけで良いともいわれています。

いつからいつまで使う?

いつからいつまで、と期間が決まっているわけではありません。赤ちゃんの首が座り始め、寝ているときに寝づらそうだと感じたら、ベビー枕を使いはじめてみましょう。首が座り始め、背骨が頭よりも後ろに出てくるのは、大体1歳前後といわれています。

赤ちゃんに対する不安が解決するかも?ベビー枕の効果

絶壁頭を防ぐ

赤ちゃんは枕などでケアをしないと、後頭部が絶壁になってしまうことも多いようです。絶壁頭とは、頭部に凹凸がなく、平らな頭の形を指します。絶壁頭が心配な方は、ドーナツ型の枕や、絶壁を防ぐ専用の枕がおすすめです。

斜頭を防ぐ

特定の方向にばかり首を向けて寝る癖のある赤ちゃんは、斜頭になりやすい傾向があるようです。斜頭とは、頭の左右のバランスがどちらかに偏っている形の頭のことをいいます。赤ちゃんの向き癖や、それに伴う頭のいびつな形は、成長とともに自然に形が整う場合が多いと言われていますが、気になる場合は、ドーナツ型の枕や、左右に高さのある枕で向き癖を直すための対策ができます。

後頭部のはげを防ぐ

仰向けで寝ることが多い赤ちゃんは、頭をスリスリ動かすことで、後頭部がはげることがよくあります。気になる方にはドーナツ型の枕がおすすめです。

吐き戻しを防ぐ 

赤ちゃんはよく母乳やミルクを吐き戻してしまいます。角度がついている枕を使うことで、上半身が少し高くなり、吐くことを防ぎます。

うつ伏せを防ぐ

赤ちゃんが寝ているときに、寝返りをして窒息してしまわないか、不安に思う方も多いのではないでしょうか。うつ伏せを防ぐためには、左右に高さのある枕や、ドーナツ型の枕がおすすめです。

ベビー枕を選ぶポイント

赤ちゃんの肌にやさしい素材かどうか

赤ちゃんの肌に低刺激な、やわらかい素材のものを選びましょう。低反発素材のものは、赤ちゃんの頭をやさしく包み、フィット感があるといわれています。

枕の形や効果にこだわろう

出典:Amazon

ベビー枕には、絶壁頭防止やうつ伏せを防ぐ形のものや、王冠型のかわいい形など、様々な商品があります。形によって効果も変わるので、どのような効果があるのかをチェックしてみてください。

お気に入りのデザインでママも楽しい♡

ベビー枕にはシンプルなものからカラフルなもの、キャラクターものなど、たくさんのバリエーションがあります。かわいいデザインのものを選ぶと、赤ちゃんの寝相をおしゃれに撮影する「寝相アート」も楽しくなりそうですね。

洗濯可能かどうかも重要なポイント!

赤ちゃんはたくさん汗をかいたり吐き戻したりするので、枕が汚れることが多くあります。そのため、洗濯可能なものだと安心です。カバーが洗濯できるものや、中綿まで水洗い可能なものもあります。

手作りもできちゃう♡ベビー枕のつくり方

ベビー枕を赤ちゃんのためにつくってあげたい、という方向けに、ベビー枕のつくり方を簡単にご紹介します。

用意するもの

用意するものは以下の4つです。

  • 型紙(王冠まくらの型紙はで参考にすることができます)
  • 布地
  • 中綿
  • ミシンや裁縫道具

好きな型紙を選び、赤ちゃんの肌にやさしい布地やタオルを選んでみてください。中綿は、手芸用のものや100均のもので構いません。

つくり方

  1. 壁紙にそって布を切る
  2. 生地を裏返して、10cmほどの余裕を残し、縫い合わせる
  3. 裏表をひっくり返して、中に綿を入れる
  4. 綿を入れた穴を縫い合わせて完成

ベビー枕のおすすめ6選

最安値2,980円(税込)

4.29(307件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

3ヶ月から2歳まで使用できるベビー枕です。この枕には、赤ちゃんの頭の形を整える、寝返りをスムーズにする、夜泣きを減らして良い睡眠をとることができる、などの効果があります。頭、首、肩、頚椎(けいつい)まで支えてくれるので、良い姿勢で寝ることができ、絶壁頭を予防できます。頭部の部分にはたくさん穴があいており、通気性が良いため、蒸れや熱を逃がすことができます。枕カバーは洗濯可能です。赤ちゃんの頭の形が気になる方におすすめです。

最安値2,138円(税込)

3.70(128件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

2ヶ月から使用可能な、ドーナツ型のベビー枕です。変形してしまった頭を整えたり、後頭部がはげるのを防ぐ効果があります。すでに頭の形が変形している赤ちゃんや、向き癖のある赤ちゃんにおすすめです。かわいいドーナツ型なので、出産祝いなどのプレゼントにもいいでしょう。

最安値1,980円(税込)

4.15(83件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

1ヶ月から1歳まで使用可能なベビー用枕です。向き癖を予防し、絶壁頭や斜頭を防ぎます。左右の高さがあるので、うつ伏せになることがなく、窒息を防ぎます。低反発クッションのため、頭の力を分散させて、頭の形を整えます。赤ちゃんの体型を考慮した枕の形は、頭、首、肩、頚椎(けいつい)までしっかり支え、夜泣きの予防にもなります。肌触りの良いカバーは、外して洗濯することが可能です。小型サイズなので、ベビーカーでも使いたいという方にもおすすめです。

最安値3,171円(税込)

3.35(107件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

新生児から使用できる、赤ちゃんの吐き戻しを防ぐベビー枕です。角度が10度ついており、ミルクや母乳の吐き戻しを予防し、鼻づまりも楽にします。吐き戻しが気になる方には特におすすめです。滑り止めが付いているため、赤ちゃんをしっかり支えることができます。横幅も大きく、赤ちゃんが落ちることはありません。カバーも中綿も洗濯できます。

最安値3,680円(税込)

3.97(367件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

クッション部分にジェルトロンが使われたベビー枕です。ジェルトロンとは、グミキャンディのようなやわらかい素材で、通気性も良く、枕やクッションなどに使われている素材です。枕の中央にくぼみができているので、赤ちゃんの首や頭を包みこんでくれます。洗濯も可能です。赤ちゃんのために、素材にもこだわりたいという方に最適です。

最安値1,412円(税込)

4.25(141件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

王冠の形をしたかわいいベビー枕です。中央がくぼんでいるので、頭の変形を防ぎ、寝ているときの向き癖を直してくれます。この枕に赤ちゃんを寝かせると、まるで王冠をかぶっているようになります。寝相アートに挑戦してみたい方にもおすすめのベビー枕です。

まとめ

いかがでしたか。ベビー枕には様々な種類があります。パパもママも赤ちゃんも安心できる、お気に入りのベビー枕を見つけてくださいね。

おすすめキーワード

紹介されているメーカー

おすすめ記事