手挽きコーヒーミルの選び方&おすすめ5選【こだわりのコーヒーを】

手挽きコーヒーミルの選び方&おすすめ5選【こだわりのコーヒーを】

自宅で香りや音を楽しみながらコーヒー豆を挽いて、美味しいコーヒーを飲みたいときに活躍するのが「手挽きコーヒーミル」です。手動で挽く手間はあるものの、手に伝わる感触や豆を挽く音などを楽しむことができます。今回は手挽きコーヒーミルの基礎知識や選び方、「使い方やお手入れ、調整方法は?」などの疑問にお答えしながら人気のおすすめ商品を紹介します。

手挽きコーヒーミルとは

手挽きコーヒーミルとは、容器の中にコーヒー豆を入れて、ハンドルを回すことでコーヒー豆が挽かれて粉状になる商品です。挽く際の速度は電動ミルに劣りますが、手挽きミルには電源がいらず、音、香り、感触を楽しむことができます。デザインも優れているものが多く、置いておくだけでアンティークのようになります。

手挽きコーヒーミルの選び方

金額

手挽きコーヒーミルの相場は2000円〜30000円くらいです。価格が抑えられていても、十分コーヒー豆を挽くことができるので、初めはお手頃な価格の商品から試してみてください。

大きさ

ある程度の大きさがある方が、持ちやすく安定感もあります。持ち運びに便利なコンパクトな商品もあります。ハンドルを本体に収納できるタイプもあります。

重さ

大きさとあわせて、豆を挽くときにはある程度の重さも必要です。軽すぎると本体が安定せずにうまく回せません。挽きやすさを求める場合はある程度の重さがあり、土台が安定しているものを選びましょう。

コーヒー豆を入れる場所をホッパーといい、ホッパーには蓋着きのタイプとオープンタイプがあります。蓋着きのタイプは、力を入れてミルが傾いたときにもこぼれにくいメリットがあります。蓋のないオープンタイプは香りを楽しみたい人におすすめです。

刃の素材は金属とセラミック刃に分けられます。セラミックは熱を伝えにくい性質から、摩擦熱が豆につたわりにくいメリットがあります。金属は加工がしやすいメリットがありますが、近年のセラミック刃は、研ぎ直さなくても切れ味が落ちないような加工技術が発達しています。

デザイン

クラシカルなものからシンプルなものまで色々なデザインがあります。コーヒーミルは、インテリアとして置いてあるだけでも画になります。もちろん機能で選ぶことも大切ですが長く使うためには、デザインの気に入ったものを選ぶのも大切です。

手挽きコーヒーミルの使い方

STEP1 準備

ホッパーに豆を入れたら、挽き方の粗さを調整します。軸部分のネジの位置を変えて調整するタイプが大半です。一人分は約10グラムです。

STEP2 挽く

準備中ができたら、慎重に回しはじめましょう。ゆっくり挽くことによって摩擦による熱の産生をおさえることができます。蓋がないタイプは、豆が少なくなってくると飛び出しやすいので気をつけてください。

STEP3 お手入れ

豆を挽いたあとは、専用のブラシや乾いた布で残った粉を取り除きます。コーヒーの粉が残ったままだと、次に使ったときに風味をそこねてしまうので、使ったあとは必ず毎回丁寧にお手入れをしましょう。

手挽きコーヒーミルの主なメーカー

プジョー

ライオンのエンブレムの自動車が有名なプジョーです。1810年から製粉器具を作り始め、コーヒーミルは1840年からと、170年以上の歴史があるフランスのメーカーです。滑らかな挽き心地で、世界中のファンから愛され続けています。

ザッセンハウス

耐久性と精度の高い設計から、ザッセンハウスのコーヒーミルは世界最高峰といわれています。切れ味のよい刃とぶれない安定した回転軸から、豆を均一に挽くことができます。また、高級感のあるデザインも人気があります。

カリタ

横浜に本社を置く日本メーカーです。品質の高さと手頃な価格で、コストパフォーマンスは抜群です。大きさや形が異なる様々な種類を展開しており、カラーリングにも力を入れているので、好みに合わせたチョイスが可能です。

ジャパンポーレックス

家庭用品を中心に開発と製造を行う日本メーカーです。セラミック製おろしや、セラミック刃を使ったスパイスミルも有名です。シンプルでスタイリッシュなコーヒーミルはアウトドア派に人気があります。

手挽きコーヒーミルのおすすめ5選

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値14,100円(税込)
3.10(20件)

この商品の特徴

プジョー初期モデルのデザインを再現した復刻版です。クラシカルでシンプルなデザインが特徴で、プジョーを代表する商品です。ホコリが入りにくいドーム型の蓋付きで、豆の飛び出しも気になりません。二重螺旋構造の刃は、挽きはじめから挽き終わりまで、軽くてスムーズです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

プジョー初期モデルのデザインを再現した復刻版です。クラシカルでシンプルなデザインが特徴で、プジョーを代表する商品です。ホコリが入りにくいドーム型の蓋付きで、豆の飛び出しも気になりません。二重螺旋構造の刃は、挽きはじめから挽き終わりまで、軽くてスムーズです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値14,400円(税込)
4.34(134件)

この商品の特徴

硬質特殊鋼の刃は熱をためにくく、風味を損ないません。安定した土台でぐらつかず、少ない力で豆を挽くことができます。どっしりと存在感のあるデザインは、世界最高峰の名前に恥じない特別な風格です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

硬質特殊鋼の刃は熱をためにくく、風味を損ないません。安定した土台でぐらつかず、少ない力で豆を挽くことができます。どっしりと存在感のあるデザインは、世界最高峰の名前に恥じない特別な風格です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値2,727円(税込)
4.85(7件)

この商品の特徴

シンプルなデザインで定番の手挽きコーヒーミルです。お手頃価格で、入門編の一台としても人気です。粉を受ける部分が筒状なので取り出しやすく移しやすい造りです。カラーは6色展開です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

シンプルなデザインで定番の手挽きコーヒーミルです。お手頃価格で、入門編の一台としても人気です。粉を受ける部分が筒状なので取り出しやすく移しやすい造りです。カラーは6色展開です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値6,264円(税込)
4.35(502件)

この商品の特徴

コンパクトでスタイリッシュなデザインはアウトドアに最適です。セラミック製の刃を採用することで、錆びや劣化の心配がなく、金属の刃に比べて風味を損なわないのが特徴です。分解も簡単にでき、刃を外して水洗いができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

コンパクトでスタイリッシュなデザインはアウトドアに最適です。セラミック製の刃を採用することで、錆びや劣化の心配がなく、金属の刃に比べて風味を損なわないのが特徴です。分解も簡単にでき、刃を外して水洗いができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値13,122円(税込)
4.68(28件)

この商品の特徴

縦型のハンドルでクラシカルな雰囲気は、横型にはない魅力があります。重量感と安定感、動かしやすい縦型ハンドルは女性でも少ない力で回すことができます。レトロなデザインは根強い人気があります。カラーはブラックとレッドの2色展開です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

縦型のハンドルでクラシカルな雰囲気は、横型にはない魅力があります。重量感と安定感、動かしやすい縦型ハンドルは女性でも少ない力で回すことができます。レトロなデザインは根強い人気があります。カラーはブラックとレッドの2色展開です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー