パソコン用スクリーンフィルターの選び方&おすすめ5選

パソコン用スクリーンフィルターの選び方&おすすめ5選

スクリーンフィルターとは、パソコンの液晶画面を保護するフィルターのことです。のぞき見防止や指紋防止、ブルーライトなどの機能がついていることもあります。取り付けはシールタイプやタブにはさむタイプ、フックで掛けるタイプがあり、裏表を使い分けることができたり、目にかかる負担を減らすことができる機能を持った商品もあります。今回は、スクリーンフィルターの種類や選び方をご紹介します。おすすめ商品では、プライバシー防止できるものや、目に優しいものもご紹介しています。

スクリーンフィルターとは

スクリーンフィルターとは

出典:Amazon.co.jp

スクリーンフィルターはプライバシーフィルターやモニターフィルター、液晶フィルターとも呼ばれます。販売されている商品は覗き見防止の機能が付いたタイプが多い傾向があり、正面からははっきりと見えて左右からは黒く見えるという特徴があります。農業資材として灌水設備に使用するろ過器であるスクリーンフィルターというアイテムがありますが、今回はノートパソコン画面に貼るスクリーンフィルターについてご紹介していきます。

スクリーンフィルターの種類と特徴

スクリーンフィルターを装着する目的はオフィスや新幹線等の移動中に覗き見を防ぐプライバシー保護の役割やブルーライトカット、反射防止、傷や汚れ、指紋の付着防止などがあります。取り付け方法には粘着シールで固定するタイプやタブにはさむタイプ、フックで取り付けるタイプがあり、液晶のインチに合わせて大きさを選ぶことができます。

スクリーンフィルターの取付方法

スクリーンフィルターの取り付け方法には、フィルターを粘着テープで貼り付けるタイプと、取り付けたタブにフィルターをはさむタイプ、フィルターに付属するフックをモニターに掛けるタイプがあります。常に装着しておきたい方はテープ式がおすすめです。取り外しをしたい方はアタッチメント式がおすすめです。フック式はデスクトップパソコン向きです。

スクリーンフィルターの選び方

スクリーンフィルターの特徴や取り付け方法のほかに、商品選びの際におさえておくと良いポイントがあります。スクリーンフィルターの購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

PCに合ったサイズを選ぶ

スクリーンフィルターはパソコンのインチ(型)に合ったサイズが揃っています。大きさがぴったり合うスクリーンフィルターを選ぶためにも、画面の正確なサイズを把握しておきましょう。インチとは対角線の長さで、基本的には縦横比が16:9ですが、「〇cmワイド」である場合は16:10になることもあります。16:9と16:10では高さが違いますので、インチ数と縦横の寸法を確認することをおすすめします。

取り外しが可能かどうか

スクリーンフィルターの取り外しがしやすいのは、タブにはさむタイプやフックで取り付けができるタイプです。粘着テープを使う場合はパソコンに固定することになります。ですので、使用する環境等に合わせて、取り付けや取り外しをしたいという場合は、タブタイプもしくはフックで取り付けるタイプを選んでください。

透過率もチェック

フィルターを通過する光の比率を透過率といいます。数値が低いほど、画面の明るさがおさえられて、目に掛かる負担を減らすことができます。数値が低いものは、PCを長時間使うという方に適しています。数値が高いほど画面が明るく、色の鮮明さが優れていることを表します。数値が高いものは、よりリアルな色を必要とする作業に適しています。目に優しい画面を求めるのか、色彩の正確さなどを求めるかに合わせて選んでみてください。

スクリーンフィルターの人気メーカー

3M

3M(スリーエム)は、アメリカに本社を置く電子・通信機器やセキュリティ関連用品、自動車関連用品などを取り扱うメーカーです。3Mのスクリーンフィルター(プライバシーフィルター)には、モニター用・ノートPC用があり、ゴールド・ブラックを裏表で使い分けることができる商品もあります。

エレコム

大阪市中央区に本社を置くエレコム株式会社は、パソコン及びデジタル機器関連製品の製造・販売を行うメーカーです。エレコムのスクリーンフィルターは覗き見防止フィルターや薄型覗き見防止フィルター、Panasonic Let'snoteシリーズ専用などがあります。サイズ展開も豊富なのでぜひチェックしてみてください。

スクリーンフィルターのおすすめ5選

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値4,570円(税込)

この商品の特徴

正面からはハッキリと見え、左右からは画面が黒く見えるのぞき見防止フィルターです。傷や汚れから画面を保護し、紫外線もガードしてくれます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

正面からはハッキリと見え、左右からは画面が黒く見えるのぞき見防止フィルターです。傷や汚れから画面を保護し、紫外線もガードしてくれます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値2,865円(税込)

この商品の特徴

プライバシー保護を重視したい方におすすめのスクリーンフィルターです。覗き見をガードしつつも透過率が70%と高く、アンチグレア加工により反射を軽減してくれます。ブルーライトを42%カットしてくれるのも嬉しいですね。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

プライバシー保護を重視したい方におすすめのスクリーンフィルターです。覗き見をガードしつつも透過率が70%と高く、アンチグレア加工により反射を軽減してくれます。ブルーライトを42%カットしてくれるのも嬉しいですね。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値5,878円(税込)

この商品の特徴

裏表にあるゴールド・ブラックの面を使い分けることができ、固定用シール・タブテープのどちらでも取り付け可能です。キズ・汚れ・紫外線を防止し、内部構造の最適化によるモアレ対策で文字や画像をハッキリ見ることができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

裏表にあるゴールド・ブラックの面を使い分けることができ、固定用シール・タブテープのどちらでも取り付け可能です。キズ・汚れ・紫外線を防止し、内部構造の最適化によるモアレ対策で文字や画像をハッキリ見ることができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値3,026円(税込)

この商品の特徴

アンチグレア仕様のプライバシーフィルターです。真横からは液晶が真黒に見えて覗き見対策ができ、裏・表が光沢の有り・無しになっているので好みに合わせて使用可能です。ブルーライトを30%カットしてくれるのも高ポイントです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

アンチグレア仕様のプライバシーフィルターです。真横からは液晶が真黒に見えて覗き見対策ができ、裏・表が光沢の有り・無しになっているので好みに合わせて使用可能です。ブルーライトを30%カットしてくれるのも高ポイントです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値2,750円(税込)

この商品の特徴

両面テープ固定もしくはスライド固定ができるハードコート仕様(硬度4H)のスクリーンフィルターです。反射防止加工はもちろん干渉膜モアレ防止、透過率約75%、紫外線99%カットと機能面が優れています。パナソニックLet'snote対応ですが、他メーカー対応商品もあります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

両面テープ固定もしくはスライド固定ができるハードコート仕様(硬度4H)のスクリーンフィルターです。反射防止加工はもちろん干渉膜モアレ防止、透過率約75%、紫外線99%カットと機能面が優れています。パナソニックLet'snote対応ですが、他メーカー対応商品もあります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー