パソコン用スクリーン保護フィルムの選び方&おすすめ5選

パソコン用スクリーン保護フィルムの選び方&おすすめ5選

パソコンの液晶画面に指紋や傷、汚れがついてしまったことはありませんか?そんな失敗を防ぐためには「スクリーン保護フィルム」がおすすめです。目を優しく守る反射防止やブルーライトカット機能付き、覗き見を防止する商品もあります。100均でも購入することができます。今回はスクリーン保護フィルムの選び方や、人気メーカー「ELECOM」などのおすすめ商品をご紹介します。上手な貼り方や、ホコリの取り方、剥がすときのポイントなども解説します。

パソコン用スクリーン保護フィルムとは

パソコン用スクリーン保護フィルムとは

出典:Amazon.co.jp

パソコン用のスクリーン保護フィルムは、パソコンのスクリーンを衝撃から守るためのフィルムです。ブルーライトカットや反射防止、覗き見防止の機能が付いた商品が販売されており、色鮮やかな映像を楽しめる光沢(グレア)タイプと光の映り込みをおさえ目の負担を軽減する反射防止(ノングレア)タイプから選ぶことができます。

パソコンのインチと同じくサイズ展開が幅広くあり、台紙裏面が方眼台紙になったフリーカットができる商品もあります。販売されているスクリーン保護フィルムはテープで貼り付ける必要のない貼ってはがせるタイプが多いので失敗が気になる方も安心です。

また、スクリーン保護フィルムはスマホや電子辞書用などさまざまな端末に対応する商品がありますが、今回はパソコン用のスクリーン保護フィルムについてご紹介していきます。

スクリーン保護フィルムは必要?

スクリーン保護フィルムは、基本的にパソコンを購入後に自分で対応するスクリーン保護フィルムを選んで装着することになるため、使ったことがない方も多いかもしれません。しかし、画面の光沢をおさえて長時間の作業に適合させたり、より鮮明な画面にして映像などを見ることができるなど目的に応じて選ぶことができます。目が疲れるようになった、ドライアイが気になる、より鮮明な映像を見たい、個人情報をしっかり管理したいという方には必要なものといえそうです。

スクリーン保護フィルムの効果

商品にもよりますが、スクリーン保護フィルムには以下のような効果があります。

ブルーライトカット

ブルーライトカット

パソコンやスマホなどのLED液晶ディスプレイから出る光の中に含まれるブルーライトは名前の通り青みがかっているのが特徴です。ブルーライトは色を表すために欠かせないものである反面、可視光の中で最も波長が短く、目の水晶体や角膜で吸収されにくいため、網膜を傷つける恐れや機能を低下する恐れがあります。眼精疲労やドライアイを防ぐためにもブルーライトを長時間浴びないことが大切です。

のぞき見防止

新幹線などの移動中やオフィスでは、覗き見防止の機能が付いたスクリーン保護フィルムが非常に役立ちます。正面からの作業ははっきりと見え、横から見ると画面が黒く見えるので、プライバシーを守りたいという方や外部に漏れてはいけない情報を取り扱う方におすすめです。

反射防止

外光や照明の反射を防ぐ機能の付いたスクリーン保護フィルムは、目の負担を和らげてくれる効果が期待できます。片面反射防止加工や、より高品質な両面反射防止加工を施した商品もありますので、求める条件に合わせて選んでください。パソコンを扱うにあたって目を労わることはとても重要であるため、パソコンを長時間続けるという方は要チェックです。

スクリーン保護フィルムを選ぶときのポイント

表面処理のタイプを選ぶ

スクリーン保護フィルムを選ぶときに考慮しておきたいのは表面処理の違いです。色鮮やかな映像にするグレア(光沢)タイプと、ツヤ消し加工により光の映り込みをおさえるノングレア(反射防止)タイプがあります。

グレアタイプ

発色が優れていることから、映像を見るときやデザインなどの用途に適しているグレアタイプは、スクリーン保護フィルムの透明度が高いという特長があります。しかし、外光の映り込みが大きくなるので画面が見えにくいと感じることがあります。

アンチグレアタイプ

光の映り込みが抑えられるアンチグレア(ノングレア)タイプは、屋外や照明の下でも画面が見やすいため、画面のギラつきをおさえることができます。目が疲れにくくなるため、長時間のPC作業が必要になるビジネス用として重宝しますが、映像や色彩の鮮明さはグレアタイプに劣ります。

必要な機能が揃っているかチェックする

スクリーン保護フィルムには商品ごとの性質が異なります。フィルムに抗菌機能を施したタイプや、指紋防止加工により指紋がつきにくいタイプ、タッチパネル対応、静電気防止機能、UVカットをしてくれるタイプなどがあります。複数の機能を併せ持つ品質の優れた商品もありますのでぜひチェックしてみてください。

スクリーン保護フィルムの貼り方

スクリーン保護フィルムの貼り方

スクリーン保護フィルムは貼る・剥がすが簡単に行えるシリコン膜タイプが一般的です。小さな気泡が入るのを防ぐために液晶をきれいに拭いておきましょう。その後はスクリーンフィルターの説明書に従って貼り付けていきますが、上手に貼るにはゆっくりと丁寧に行うように心掛けてください。商品数としては少なめですが、両面テープもしくはタブシールの取り付けの商品もありますので、貼りやすい方を選んでみてください。

気泡が入ったときの対処法

スクリーン保護フィルムを貼ったときに完全に気泡が取れない場合でも、ホコリが入っていないのであれば時間の経過とともに空気が抜けていくようになっています。指やヘラなどで押し出すように気泡を抜くこともできます。また、気泡がきれいに抜けるエアーレスタイプのフィルムを選んでおくと失敗を防ぎやすくなります。

ホコリが入ったときの対処法

スクリーン保護フィルムは貼り直しが可能であるため、万が一ホコリが入った場合でも取り除くことができます。接着面に付着したホコリの取り方はマスキングテープやセロファンテープなどでさっと取るだけです。指紋をつけないように取ることで、見た目のきれいさも保つことができます。

スクリーン保護フィルムの剥がし方

スクリーン保護フィルムをはがすときは、ゆっくりと行いましょう。力が強かったり、雑に扱ってしまうと液晶画面を傷つけてしまうことにつながるので注意が必要です。

スクリーン保護フィルムの人気メーカー

エレコム

エレコム株式会社はパソコン、デジタル機器関連製品の開発・製造・販売を行うメーカーです。エレコムでは反射防止液晶保護フィルム、ブルーライトカット液晶保護フィルム(高光沢)をはじめ、Macbookなどパソコンの機種を限定した液晶保護フィルムも取り扱っています。指紋防止や高硬度、帯電防止などの機能が付いたタイプもあります。

サンワサプライ

サンワサプライ株式会社はコンピュータサプライ商品の企画・製造・販売を行うメーカーです。サンワサプライのスクリーン保護フィルムは10インチから24インチまでのサイズが揃っており、好きな大きさに切ることができるフリーカットタイプもあります。ブルーライトカットフィルムや反射防止フィルム、覗き見防止フィルムを取り扱っています。

スクリーン保護フィルムのおすすめ5選

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値1,940円(税込)

この商品の特徴

ブルーライトをおよそ42%カットしつつも、色調を変えないように設計された反射防止スクリーン保護フィルムです。自己吸着タイプのシリコン素材を使用してあるので簡単に貼り直しが可能です。表面硬度3Hなのでキズや汚れから液晶をしっかり守ってくれます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

ブルーライトをおよそ42%カットしつつも、色調を変えないように設計された反射防止スクリーン保護フィルムです。自己吸着タイプのシリコン素材を使用してあるので簡単に貼り直しが可能です。表面硬度3Hなのでキズや汚れから液晶をしっかり守ってくれます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値3,554円(税込)

この商品の特徴

ブルーライトを約26%カットする液晶保護指紋反射防止フィルムです。吸着面にシリコン素材を使用しているので貼り付けが簡単で紫外線を99.9%カットしてくれます。こちらは20.0型ワイド用ですが、サイズ展開が豊富なので液晶の大きさに合わせて選んでください。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

ブルーライトを約26%カットする液晶保護指紋反射防止フィルムです。吸着面にシリコン素材を使用しているので貼り付けが簡単で紫外線を99.9%カットしてくれます。こちらは20.0型ワイド用ですが、サイズ展開が豊富なので液晶の大きさに合わせて選んでください。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値1,724円(税込)

この商品の特徴

ブルーライトを32%以上カットしてくれるアンチグレアタイプのスクリーン保護フィルムです。気泡レス加工により貼り付け簡単、指紋が付きにくい設計です。必要に応じて自分でカットできるところも便利です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

ブルーライトを32%以上カットしてくれるアンチグレアタイプのスクリーン保護フィルムです。気泡レス加工により貼り付け簡単、指紋が付きにくい設計です。必要に応じて自分でカットできるところも便利です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値2,200円(税込)

この商品の特徴

ブルーライトを約24%カットしてくれる指紋が目立ちにくいスクリーン保護フィルムです。自己吸着タイプなので貼り付けが簡単で、ハードコーティングを施した硬めのシートなのでキズや汚れからしっかりと守ることができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

ブルーライトを約24%カットしてくれる指紋が目立ちにくいスクリーン保護フィルムです。自己吸着タイプなので貼り付けが簡単で、ハードコーティングを施した硬めのシートなのでキズや汚れからしっかりと守ることができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値2,788円(税込)

この商品の特徴

左右30°より外からの視線を防ぐ覗き見防止のスクリーン保護フィルムです。ブルーライトをおよそ48%カットし、アンチグレア加工により画面のギラつきをおさえてくれます。両面テープもしくはタブシールによって取り付けます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

左右30°より外からの視線を防ぐ覗き見防止のスクリーン保護フィルムです。ブルーライトをおよそ48%カットし、アンチグレア加工により画面のギラつきをおさえてくれます。両面テープもしくはタブシールによって取り付けます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー