中国茶のおすすめ10選!プーアル茶や鉄観音茶も

中国茶のおすすめ10選!プーアル茶や鉄観音茶も

中国茶は、中国及び台湾でつくられるお茶の総称です。お茶の入れ方が日本茶とは異なり、甘い味が大きな特徴になっています。緑茶や白茶を含む6種類の中国六大茶に、花茶を加えた7種類の茶葉が中国茶の代表です。プーアル茶や鉄観音茶をはじめ、多くの種類があり、カフェインを多く含む商品も販売されています。今回は、中国茶の選び方や、おすすめ商品を紹介します。

中国茶の歴史

中国茶の歴史は、雲南省、貴州省、四川省近辺の山間部を起源とする説が有力ですが、正確には解明されていません。一説では4,000年以上の歴史を誇ると言われています。お茶に関する最も古い資料としては、漢代の奴隷売買契約書の中に「茶」という文字が記されています。その後、三国時代になるとお茶は嗜好品として上流階級の人々の間で広まりました。唐から宋の時代にかけて、王族や貴族だけでなく、一般市民の富裕層を中心に、中国全土へお茶を飲む習慣が広まったと言われています。この時代の中国茶は、餅茶(へいちゃ)という蒸した茶葉を乾燥させたものでした。

中国茶の選び方

茶葉で選ぶ

最も一般的な「緑茶」

最も一般的な「緑茶」

出典:Amazon.co.jp

中国茶として最も一般的なのが、緑茶です。日本の緑茶に比べると、青々としていて渋みは抑えめになっていますので、味の深みがないと感じる方もいるでしょう。中国の緑茶は味わい深さより、香りを重視しているのが特徴です。代表的な銘柄は、龍井茶(ろんじんちゃ)・太平猴魁(たいへいこうかい)・碧螺春(びろちゅん)などで、生産量も多くお手頃価格です。緑茶はビタミンCやカフェインが豊富に含まれています。

烏龍茶が代表的な「青茶」

烏龍茶が代表的な「青茶」

出典:Amazon.co.jp

青茶とは、日本でもお馴染みの烏龍茶のことです。青茶の由来は、お茶を淹れたときの色ではなく、緑色の茶葉を発行させる過程において、青みがかって見えることがあるからです。すっきりした味わい、発酵で生じた紅茶のような香りの良さが、青茶の特徴です。凍頂烏龍(とうちょううーろん)・鉄観音(てつかんのん)・東方美人・水仙・色種(しきしゅ)など、香りも様々なものがあり、色も緑に近い色から茶色までバリエーションが豊富です。

中国らしい味わいの「黒茶」

中国らしい味わいの「黒茶」

出典:Amazon.co.jp

中国茶らしい味を実感できるのが黒茶です。日本でもお馴染みのプーアール茶が黒茶の一種ですが、本場の黒茶はさらにクセが強いので、好みがわかれるお茶です。黒茶には、熟茶と生茶があり、熟茶は麹菌を使い発酵を早めたお茶で、味はまろやかですが香りにクセがあります。一方生茶は、茶葉の酵素で発酵させたお茶で、香りのクセは少なく飲みやすいタイプです。

長い歴史のある「白茶」

長い歴史のある「白茶」

出典:Amazon.co.jp

中国茶の中でも最も長い歴史を誇るのが白茶です。茶葉が芽吹いたばかりの産毛が白く見えることから白茶と呼ばれています。白茶は暗所で茶葉をじっくりと乾燥・酸化させて作られ、甘い香りと飲みやすい口当たりが特徴です。代表的な銘柄は、白牡丹・白豪銀針(はくごうぎんしん)などです。喉を潤すのに最適なお茶で、暑い夏に飲みたいお茶です。

甘みの強い「紅茶」

甘みの強い「紅茶」

出典:Amazon.co.jp

インドやヨーロッパでもよく飲まれる紅茶ですが、中国茶にも紅茶があります。その特徴は、インドやヨーロッパの紅茶に比べると、渋みが少なく甘みが強いことです。普段、紅茶に砂糖を入れる方でも、中国茶なら不要かもしれません。代表的な銘柄は、世界三大紅茶の一つとされる祁門紅茶(きーまんこうちゃ)です。

香り豊かな「花茶」

香り豊かな「花茶」

中国七大茶に数えられる花茶は、中国茶の中でもひときわ特徴的なお茶です。他のお茶のように発酵による香り付けをすることなく、茶葉に花弁を混ぜたり、花そのものから香り付けをしているお茶です。日本でも有名な茉莉花茶(じゃすみんちゃ)などが代表的な銘柄です。花茶はギフトとしても人気があります。工芸茶と呼ばれる花茶は、お湯を注ぐと花が咲いたように開きます。まるで水中花のような美しさは、他の茶葉にはありません。

ひときわ希少な「黄茶」

黄茶は、緑茶から少し発酵させた茶葉から作ります。茶葉そのものは緑色に見えますが、お茶を淹れると黄色になります。少し香りが強く、緑茶よりもまろやかで繊細でクセがないのが特徴です。黄茶は作るのに手間がかかるため作り手が少なく、そのため希少性が高く、値段もやや高めです。代表的な銘柄は、君山銀針(くんざんぎんしん)・北港毛尖(ほっこうもうせん)・霍山黄大茶(かくざんこうたいちゃ)などです。ビタミンやミネラルが豊富に含まれています。

抽出のタイプで選ぶ

香りや趣を楽しめる茶葉タイプ

香りや趣を楽しめる茶葉タイプ

中国茶ならではの香りなどを本格的に楽しむなら、茶葉のまま急須や蓋付きの茶碗で淹れましょう。茶葉の香りを引き出したいなら、急須の温度を高めになるように事前に温めておくのがポイントです。また同様に、湯呑も温めておくと良いです。白茶のように発酵度合いが低いお茶は温度を低めにして、発酵度合いの高いものは高温で淹れると、香りやコクを引き出しやすくなります。ちなみに、中国国内では茶葉を湯呑やカップに入れて、お湯を直接注ぐ方法が主流です。

簡単に入れられるティーバッグタイプ

簡単に入れられるティーバッグタイプ

手軽に中国茶を淹れたいなら、ティーバッグを使うと良いでしょう。紅茶でもお馴染みの方法ですが、とにかく簡単です。ティーバッグをカップに入れてお湯を注ぐだけで、5分ほどで完成します。同時に多くの中国茶を淹れたいときには、特に便利です。

中国茶のおすすめ10選

出典:Amazon.co.jp

中国を代表する緑茶「龍井茶(ロンジン茶)」です。日本茶のような渋みと苦味はほとんど無く、華やかなコクと旨味や、甘さを楽しめます。龍井茶は、熟練した職人が100度近くまで熱した釜で、茶葉を釜に押し当てながら、手のひらを巧みに動かし作っていくので、特別な高級茶となります。

抽出タイプ
茶葉
内容量
100g

中国を代表する緑茶「龍井茶(ロンジン茶)」です。日本茶のような渋みと苦味はほとんど無く、華やかなコクと旨味や、甘さを楽しめます。龍井茶は、熟練した職人が100度近くまで熱した釜で、茶葉を釜に押し当てながら、手のひらを巧みに動かし作っていくので、特別な高級茶となります。

抽出タイプ
茶葉
内容量
100g

出典:Amazon.co.jp

北部の武夷山市で生産される青茶(ウーロン茶)の一種である、武夷岩茶(ブイガン茶)です。青茶の中でも、最も貴重な茶の1つで、濃厚な果実や花の香りがし、幻の岩茶と呼ばれています。味わいは、香木に似た独特な芳香に富んでいて、渋みだけでなく、甘みも感じられます。深く、濃く、香りと味のバランスが絶妙です。

抽出タイプ
茶葉
内容量
100g

北部の武夷山市で生産される青茶(ウーロン茶)の一種である、武夷岩茶(ブイガン茶)です。青茶の中でも、最も貴重な茶の1つで、濃厚な果実や花の香りがし、幻の岩茶と呼ばれています。味わいは、香木に似た独特な芳香に富んでいて、渋みだけでなく、甘みも感じられます。深く、濃く、香りと味のバランスが絶妙です。

抽出タイプ
茶葉
内容量
100g

出典:Amazon.co.jp

台湾で1990年以後に台北市木柵の茶園で発見された、武夷種系の自然交配の茶葉である「四季春茶」です。味わいは、爽やかで透明感があり、甘みも杯を重ねても感じることができます。香りは、蘭の花のような甘い香りがします。

抽出タイプ
茶葉
内容量
200g

台湾で1990年以後に台北市木柵の茶園で発見された、武夷種系の自然交配の茶葉である「四季春茶」です。味わいは、爽やかで透明感があり、甘みも杯を重ねても感じることができます。香りは、蘭の花のような甘い香りがします。

抽出タイプ
茶葉
内容量
200g

出典:Amazon.co.jp

徹底した品質へのこだわりを持っている台湾の銘茶「久順銘茶」のプーアール茶です。野生茶樹から手摘みして作った緑茶を、黒麹菌の作用で発酵させ、10年間熟成させたお茶です。古いものほど高級とされていて、カビ臭も少なく、味がまろやかで、中国茶の中でも健康に良いお茶です。独特の香りや味わいで、少し甘みも感じられます。水出しもできるので、1年中楽しむことができます。

抽出タイプ
ティーバッグ
内容量
5g×100袋

徹底した品質へのこだわりを持っている台湾の銘茶「久順銘茶」のプーアール茶です。野生茶樹から手摘みして作った緑茶を、黒麹菌の作用で発酵させ、10年間熟成させたお茶です。古いものほど高級とされていて、カビ臭も少なく、味がまろやかで、中国茶の中でも健康に良いお茶です。独特の香りや味わいで、少し甘みも感じられます。水出しもできるので、1年中楽しむことができます。

抽出タイプ
ティーバッグ
内容量
5g×100袋

出典:Amazon.co.jp

高貴なお茶として名高い「白豪銀針」です。ほのかに干し草のような心地よい香りと、澄清な味の中に、蜜のような甘さが広がる味わいになっていて、徐々に爽やかな余韻に包まれます。

抽出タイプ
茶葉
内容量
80g

高貴なお茶として名高い「白豪銀針」です。ほのかに干し草のような心地よい香りと、澄清な味の中に、蜜のような甘さが広がる味わいになっていて、徐々に爽やかな余韻に包まれます。

抽出タイプ
茶葉
内容量
80g

出典:Amazon.co.jp

徹底した品質へのこだわりを持った台湾の銘茶「久順銘茶」の鉄観音茶です。鉄観音茶は日本でも人気の高いお茶です。葉が肉厚で大きいため、焙煎を強めにして作っており、深みのある芳醇な香りと、濃厚な味が特徴です。濃い味の烏龍茶が好きな方におすすめです。また、ティーバックなので簡単に淹れることができ、水出しでも楽しむことができます。

抽出タイプ
ティーバッグ
内容量
5g×100袋

徹底した品質へのこだわりを持った台湾の銘茶「久順銘茶」の鉄観音茶です。鉄観音茶は日本でも人気の高いお茶です。葉が肉厚で大きいため、焙煎を強めにして作っており、深みのある芳醇な香りと、濃厚な味が特徴です。濃い味の烏龍茶が好きな方におすすめです。また、ティーバックなので簡単に淹れることができ、水出しでも楽しむことができます。

抽出タイプ
ティーバッグ
内容量
5g×100袋

出典:Amazon.co.jp

すっきりとした味と優しい香りのジャスミン茶です。日常的に愉しめる茉莉龍珠で、見た目は従来とは白毫が少なくなっていますが、味香りについては満足できる茶葉です。渋みもなく、後味も良いので、食事と合わせて飲むのがおすすめです。また、ガラス茶器で淹れることで、茶葉の開いていく様子や、優しい香りに癒やされます。

抽出タイプ
茶葉
内容量
100g

すっきりとした味と優しい香りのジャスミン茶です。日常的に愉しめる茉莉龍珠で、見た目は従来とは白毫が少なくなっていますが、味香りについては満足できる茶葉です。渋みもなく、後味も良いので、食事と合わせて飲むのがおすすめです。また、ガラス茶器で淹れることで、茶葉の開いていく様子や、優しい香りに癒やされます。

抽出タイプ
茶葉
内容量
100g

出典:Amazon.co.jp

400年以上の歴史がある中国の伝統のお茶の1つです。燻して作られているので、お茶葉は黒っぽく、お茶湯は赤色で、芳醇な味わいです。また、松葉や松材で燻すため、強めの良い香りがします。中国高級評茶師洪加泉先生より評価、選定されているので、品質も保証され、本物の中国茶を楽しむことができます。

抽出タイプ
茶葉
内容量
200g

400年以上の歴史がある中国の伝統のお茶の1つです。燻して作られているので、お茶葉は黒っぽく、お茶湯は赤色で、芳醇な味わいです。また、松葉や松材で燻すため、強めの良い香りがします。中国高級評茶師洪加泉先生より評価、選定されているので、品質も保証され、本物の中国茶を楽しむことができます。

抽出タイプ
茶葉
内容量
200g

滇迈2019 新茶金糸紅茶
価格情報がありません

出典:Amazon.co.jp

蜜香紅茶は、無農薬で運がある茶園に飛来してくるウンカが関係している中国茶です。蜜のように甘い香りと、とろけるような後味がします。また、金芽のため乾燥フルーツのような甘く濃厚な香りで、濃くいれるよりも、薄くいれたほうが、香りの優しさを楽しむことができます。お茶自体が甘く、砂糖を使わずに甘みが感じられるため、ミルクティーにして飲むのもおすすめです。

抽出タイプ
茶葉
内容量
150g

蜜香紅茶は、無農薬で運がある茶園に飛来してくるウンカが関係している中国茶です。蜜のように甘い香りと、とろけるような後味がします。また、金芽のため乾燥フルーツのような甘く濃厚な香りで、濃くいれるよりも、薄くいれたほうが、香りの優しさを楽しむことができます。お茶自体が甘く、砂糖を使わずに甘みが感じられるため、ミルクティーにして飲むのもおすすめです。

抽出タイプ
茶葉
内容量
150g

出典:Amazon.co.jp

ハナマスの、鮮やかなピンクの花そのものをお茶として飲む花茶です。ハナマスは、バラ科に属しているため、バラ茶とも呼ばれ、味も香りもバラを楽しむことができます。ノンカフェインのため、カフェインを避けたい方も、昼夜気にすること無く、飲むことができるのでおすすめです。

抽出タイプ
茶葉
内容量
50g

ハナマスの、鮮やかなピンクの花そのものをお茶として飲む花茶です。ハナマスは、バラ科に属しているため、バラ茶とも呼ばれ、味も香りもバラを楽しむことができます。ノンカフェインのため、カフェインを避けたい方も、昼夜気にすること無く、飲むことができるのでおすすめです。

抽出タイプ
茶葉
内容量
50g

中国茶のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

人気記事