ルイボスティーのおすすめ12選!キャラメルなどフレーバー付きも

ルイボスティーのおすすめ12選!キャラメルなどフレーバー付きも

ルイボスティーは、南アフリカ原産のノンカフェインのお茶です。水出し、煮出しなどで手軽に飲むことができ、茶葉やティーバッグのほか、便利な粉末タイプもあります。また、キャラメルフレーバーなど味付きやオーガニックタイプの茶葉もあり、チョイス、スーペリア、クラシックとグレードに分かれています。今回は、ルイボスティーの選び方や、無印良品、ルピシア、ティーライフ、オーガライフなどのおすすめ商品を紹介します。

ルイボスティーの選び方

飲み方で選ぶ

煮出し茶葉は濃いお茶が飲める

煮出し茶葉は濃いお茶が飲める

ルイボスティーの茶葉をお湯で煮出してから飲むタイプは、濃いお茶が抽出できます。ルイボスティーに含まれる成分には、抗酸化作用や基礎体温上昇に期待ができるフラボノイド、血管の働きかけるルチンなどがあり、濃いお茶を飲むことで、より高い栄養を得られると期待できます。お茶を煮出して抽出した場合、漉して茶葉を取り出してから飲みましょう。

水出し茶葉は手軽につくれて飲みやすい

水出し茶葉は、冷水用ポットなどにルイボスティーと水を入れておくだけでできあがります。お湯をわかしたり、煮出したりする必要がなく、誰でも簡単につくれて、手軽に飲めるのがメリットです。ルイボスティー独特のクセが出にくく、煮出しやお湯出しよりも飲みやすいので、初心者の方にもおすすめです。お茶を飲む前に、抽出したお茶をこして、茶葉を取り出してください。

後片づけが簡単なのはティーバッグ

後片づけが簡単なのはティーバッグ

抽出したルイボスティーを漉したり、茶葉を取り除いたりする作業が面倒な方には、ティーバッグタイプが便利でおすすめです。お茶を抽出し終わったら、ティーバッグのまま廃棄できるので、後片づけも簡単です。茶葉タイプと異なり、計量の手間もありません。1杯分が個包装されているティーバッグなら、さらに手軽で飲みやすいのがうれしいポイントです。ドリンクボトルでお茶をつくれば、出先に携帯することも可能です。

粉末は水に溶かすだけで手軽

粉末は水に溶かすだけで手軽

出典:Amazon.co.jp

お茶を抽出したあとのゴミ処理の手間も減らしたい方には、水やお湯に溶かして飲むだけの粉末タイプのルイボスティーをおすすめします。茶葉やティーバッグと比べると、より手軽にルイボスティーを飲めるタイプです。忙しい朝などにお茶を抽出している時間がないという方でも、粉末タイプであれば、手軽にルイボスティーが飲めます。

茶葉のグレードで選ぶ

チョイスはさっぱりとしていて薄め

チョイスは、原料となるルイボスの茎の部分が多く入っている茶葉です。味は薄めで、口あたりがさっぱりしているのが特徴です。そのため、ほかのグレードと比べると飲みやすいお茶といえます。チョイスはルイボスティーの独特の風味がおさえられているタイプなので、初心者の方や飲み慣れない方に向いています。

スーペリアは口あたりがマイルド

スーペリアはルイボスの茎と葉が絶妙なバランスでブレンドされている茶葉です。香りが良く、口あたりがマイルドで、ルイボスティーならではの風味が楽しめるのが特徴です。チョイスではお茶の味が薄いと感じる方には、お茶の味が濃いスーペリアの飲用をおすすめします。

希少な茶葉を使用したクラシック

クラシックグレードのルイボスティーは、ルイボスの茶葉をふるいにかけて大きさを均等にしています。茶葉の大きさがそろっているので、見た目にもきれいなのが特徴です。香りが豊かでお茶の味が濃いため、ルイボスティー本来の味わいを楽しみたい方におすすめします。ただし、生産量が少ないため、ほかのグレードのルイボスティーと比べて価格は高めです。

茶葉の種類で選ぶ

定番は発酵タイプのレッドルイボスティー

定番は発酵タイプのレッドルイボスティー

単にルイボスティーというときは、レッドルイボスティーを指すのがほとんどです。レッドルイボスティーは原料の茶葉を発酵させてつくられており、お茶の色は赤みがかっています。また、ほんのり甘みがあって、香ばしい風味が特徴のお茶です。原料のルイボスにはミネラルやフラボノイドなどの栄養素が含まれていますが、発酵過程でそれらが失われてしまうのがデメリットです。一方、流通量が多く、価格がリーズナブルなので、入手しやすいメリットがあります。

無発酵タイプのグリーンルイボスティーは栄養価が高い

無発酵タイプのグリーンルイボスティーは栄養価が高い

出典:Amazon.co.jp

グリーンルイボスティーは、茶葉を発酵させずにつくられています。そのため、原料のルイボスに含まれている栄養素が残ったままであり、レッドルイボスティーよりも高い栄養を得られると期待できます。ただし、製造にはコストがかかり、レッドルイボスティーよりも生産量が少なく、希少な種類であるため、価格は高めです。

オーガニックなら安心して飲める

ルイボスティーは美容などに良いといわれていますが、より体にやさしい商品を選びたい方には、オーガニックタイプをおすすめします。オーガニックタイプであれば、原料となるルイボスを生産する過程で、農薬や化学肥料は使われません。残留農薬などの心配がないので、小さい子どもをはじめ、妊婦の方、高齢の方なども安心して飲めます。オーガニック認定を受けている商品なら、さらに安心です。

ストレートが苦手な方にはフレーバー付きもおすすめ

ストレートが苦手な方にはフレーバー付きもおすすめ

出典:Amazon.co.jp

ルイボスティーには独特の風味があるため、初めての方や飲み慣れない方は、苦手と感じることがあるかもしれません。ストレートのルイボスティーが飲みにくいと感じる方には、フレーバータイプをおすすめします。キャラメル、ラム、アールグレイなど、ルイボスティーに合う素材の香りがつけられているので、ストレートよりも飲みやすくなります。アップルやレモンといったフルーツ系フレーバーもさわやかでおすすめです。

ルイボスティーのおすすめ12選

出典:Amazon.co.jp

お茶に含まれる成分をムラなく抽出できる、ピラミッド形の三角ティーバッグが特徴のルイボスティーです。蒸気殺菌処理がほどこされているため、長時間の煮出しが不要なのもメリットです。厳選されたクオリティの高い茶葉が使用されており、味わいがまろやかで安心して飲めます。後片づけも簡単なので、手軽にルイボスティーを楽しみたい方におすすめです。

お茶に含まれる成分をムラなく抽出できる、ピラミッド形の三角ティーバッグが特徴のルイボスティーです。蒸気殺菌処理がほどこされているため、長時間の煮出しが不要なのもメリットです。厳選されたクオリティの高い茶葉が使用されており、味わいがまろやかで安心して飲めます。後片づけも簡単なので、手軽にルイボスティーを楽しみたい方におすすめです。

出典:Amazon.co.jp

オーガニック・クラシックと呼ばれる最高級グレード茶葉のみを使用した、上質な有機ルイボスティーです。市場に多く出回っているグレードと比較すると、香りが上品で、口あたりがマイルドかつ味がまろやかなので、ルイボスティーを飲み慣れていない方や、初めての方にも向いています。ティーバッグタイプで、煮出しや水出しのほか、急須やポットにお湯を入れて数分蒸らすなど、お好みの方法でお茶を入れられます。

オーガニック・クラシックと呼ばれる最高級グレード茶葉のみを使用した、上質な有機ルイボスティーです。市場に多く出回っているグレードと比較すると、香りが上品で、口あたりがマイルドかつ味がまろやかなので、ルイボスティーを飲み慣れていない方や、初めての方にも向いています。ティーバッグタイプで、煮出しや水出しのほか、急須やポットにお湯を入れて数分蒸らすなど、お好みの方法でお茶を入れられます。

出典:Amazon.co.jp

まろやかで甘い香りが特徴のキャラメルフレーバーを組み合わせた、ティーバッグタイプのルイボスティーです。ルイボスティーでありながら、キャラメルの甘い香りと味わいが楽しめます。ルイボスティー独特の風味を感じにくいので、ストレートのルイボスティーが苦手な方におすすめです。また、クッキーやワッフルなどの焼き菓子にもよく合います。

まろやかで甘い香りが特徴のキャラメルフレーバーを組み合わせた、ティーバッグタイプのルイボスティーです。ルイボスティーでありながら、キャラメルの甘い香りと味わいが楽しめます。ルイボスティー独特の風味を感じにくいので、ストレートのルイボスティーが苦手な方におすすめです。また、クッキーやワッフルなどの焼き菓子にもよく合います。

出典:www.muji.net

水出しで手軽に飲めるティーバッグタイプのルイボスティーです。お湯をわかしたり、お茶を煮出したりする手間がなく、簡単につくれるのがうれしいポイントです。水出しでも、十分きれいなお茶の色を楽しめます。渋みや苦味がおさえられていて、さわやかで飲みやすいお茶です。また、オーガニックのルイボスティーなので、残留農薬の心配がなく、安心して飲めます。

水出しで手軽に飲めるティーバッグタイプのルイボスティーです。お湯をわかしたり、お茶を煮出したりする手間がなく、簡単につくれるのがうれしいポイントです。水出しでも、十分きれいなお茶の色を楽しめます。渋みや苦味がおさえられていて、さわやかで飲みやすいお茶です。また、オーガニックのルイボスティーなので、残留農薬の心配がなく、安心して飲めます。

出典:Amazon.co.jp

上質なスーペリアのルイボスティーです。香り、甘み、ポリフェノール含有量、抽出のしやすさなど、あらゆる項目において上質な品質を誇ります。加工、製造は、ルイボスティーの原産地である南アフリカ共和国で行われています。茶葉タイプのルイボスティーのため、付属の10ccスプーンすりきり1杯(約4g)をお茶1杯分の目安として、必要な量を用意してお茶を入れてください。

上質なスーペリアのルイボスティーです。香り、甘み、ポリフェノール含有量、抽出のしやすさなど、あらゆる項目において上質な品質を誇ります。加工、製造は、ルイボスティーの原産地である南アフリカ共和国で行われています。茶葉タイプのルイボスティーのため、付属の10ccスプーンすりきり1杯(約4g)をお茶1杯分の目安として、必要な量を用意してお茶を入れてください。

出典:Amazon.co.jp

水やお湯に入れて溶かすだけで簡単に飲める、パウダータイプのルイボスティーです。粉末状のため、ルイボスティーの成分がギュッと凝縮されており、一般的なルイボスティーと比較すると、ポリフェノール含有量が2倍という特徴があります。冷たい水にも溶けやすいので、忙しいときでも、サッと水に溶かして、スピーディーに飲めるのがうれしいポイントです。

水やお湯に入れて溶かすだけで簡単に飲める、パウダータイプのルイボスティーです。粉末状のため、ルイボスティーの成分がギュッと凝縮されており、一般的なルイボスティーと比較すると、ポリフェノール含有量が2倍という特徴があります。冷たい水にも溶けやすいので、忙しいときでも、サッと水に溶かして、スピーディーに飲めるのがうれしいポイントです。

出典:Amazon.co.jp

水出し、煮出し、お湯出しができるティーバッグタイプのルイボスティーです。水出しする場合は、冷水用ポットのほか、マイドリンクボトルでお茶をつくって、外出するときに携帯することもできて便利です。保存料、香料、着色料などが無添加なので、小さい子どもから大人まで、安心して飲めます。15袋入り、30袋入りのほか、お得な100袋入りパッケージが販売されています。

水出し、煮出し、お湯出しができるティーバッグタイプのルイボスティーです。水出しする場合は、冷水用ポットのほか、マイドリンクボトルでお茶をつくって、外出するときに携帯することもできて便利です。保存料、香料、着色料などが無添加なので、小さい子どもから大人まで、安心して飲めます。15袋入り、30袋入りのほか、お得な100袋入りパッケージが販売されています。

出典:www.lupicia.com

さわやかな柑橘系の香りを放つベルガモットのフレーバーが特徴のルイボスティーです。茶葉タイプのほか、ティーバッグのラインアップもあります。茶葉タイプでお茶を入れる場合は、1杯分(150ml)に対して、茶葉2.5~3gほどを茶葉の量の目安にしてください。水出し、煮出し、両方の入れ方に対応しています。茶葉の場合、お茶をこしたり、茶葉を取り除いたりなどの手間がかかるため、より手軽に飲みたい方にはティーバッグタイプがおすすめです。

さわやかな柑橘系の香りを放つベルガモットのフレーバーが特徴のルイボスティーです。茶葉タイプのほか、ティーバッグのラインアップもあります。茶葉タイプでお茶を入れる場合は、1杯分(150ml)に対して、茶葉2.5~3gほどを茶葉の量の目安にしてください。水出し、煮出し、両方の入れ方に対応しています。茶葉の場合、お茶をこしたり、茶葉を取り除いたりなどの手間がかかるため、より手軽に飲みたい方にはティーバッグタイプがおすすめです。

出典:www.lupicia.com

無発酵のグリーンルイボスティーを、完熟マンゴーとシトラスで香りづけしたフレーバータイプのルイボスティーです。甘くさわやかな香りがお好みの方に向いています。グリーンルイボスティーは無発酵のため、一般的な発酵タイプのルイボスティーと比べると、ミネラルやフラボノイドなどの栄養成分が失われず、そのまま残っています。より栄養価の高いお茶を飲みたい方には、無発酵タイプがおすすめです。

無発酵のグリーンルイボスティーを、完熟マンゴーとシトラスで香りづけしたフレーバータイプのルイボスティーです。甘くさわやかな香りがお好みの方に向いています。グリーンルイボスティーは無発酵のため、一般的な発酵タイプのルイボスティーと比べると、ミネラルやフラボノイドなどの栄養成分が失われず、そのまま残っています。より栄養価の高いお茶を飲みたい方には、無発酵タイプがおすすめです。

出典:www.lupicia.com

ビターで香ばしいキャラメルおよび甘く芳醇なラムの香りをつけたフレーバールイボスティーです。希少なハニーブッシュもブレンドされています。キャラメルとラムは相性が良く、どちらもルイボスティーによく合います。大人っぽさのある甘い香りなので、ミルクティーにしてもおいしく飲めます。そのため、ストレートのルイボスティーが苦手な方にもおすすめです。

ビターで香ばしいキャラメルおよび甘く芳醇なラムの香りをつけたフレーバールイボスティーです。希少なハニーブッシュもブレンドされています。キャラメルとラムは相性が良く、どちらもルイボスティーによく合います。大人っぽさのある甘い香りなので、ミルクティーにしてもおいしく飲めます。そのため、ストレートのルイボスティーが苦手な方にもおすすめです。

煮出しでつくる、ティーパックタイプのルイボスティーです。アフリカ共和国のセダルバーグ山脈地方で採れた、赤褐色の茶葉を使用しています。苦味がなく、ほんのりとした甘みと、すっきりとした後味の良さが特徴です。農薬・化学肥料等の薬剤処理を一切行っていないオーガニック原料なので、安心して飲めます。

煮出しでつくる、ティーパックタイプのルイボスティーです。アフリカ共和国のセダルバーグ山脈地方で採れた、赤褐色の茶葉を使用しています。苦味がなく、ほんのりとした甘みと、すっきりとした後味の良さが特徴です。農薬・化学肥料等の薬剤処理を一切行っていないオーガニック原料なので、安心して飲めます。

出典:Amazon.co.jp

ティーバッグタイプのフレーバールイボスティーです。フレーバーの自然な味わいと、さっぱりとした飲み心地が特徴です。1包でティーカップ約8~9杯分のルイボスティーをつくることができます。砂糖不使用でノンカフェインなので、体にやさしいルイボスティーを飲みたい方におすすめです。

ティーバッグタイプのフレーバールイボスティーです。フレーバーの自然な味わいと、さっぱりとした飲み心地が特徴です。1包でティーカップ約8~9杯分のルイボスティーをつくることができます。砂糖不使用でノンカフェインなので、体にやさしいルイボスティーを飲みたい方におすすめです。

種類豊富なハーブティーをチェック

ルイボスティーのほかにも、ハーブティーは様々な種類があります。朝起きたときや夜寝る前、リラックスタイムなど、シーンに合わせて飲み分けても良いでしょう。

ルイボスティーのおすすめ商品比較表

商品画像
ノンカフェイン ルイボスティー ティーバッグ
有機 ルイボス 最高級茶葉クラシック 水出し ティーバッグ
ルイボスティー キャラメル
水出し 有機ルイボスティー 4550182218732
ルイボスティー スーペリア ジャパンセレクト 南アフリカ産 500g
ルイボスティー 粉末 スティック デカフェ・ノンカフェイン
ヘルシールイボスティー ティーバッグ
ルイボスアールグレイ
ジャルダンソバージュ
キャラメルラム
有機ルイボスティー
プレミアムフレーバーティー
メーカーティーライフオーガライフプラスポンパドール良品計画ニチエーなごみ伊藤園ルピシアルピシアルピシア桜江町桑茶生産組合H&F BELX
商品名ノンカフェイン ルイボスティー ティーバッグ有機 ルイボス 最高級茶葉クラシック 水出し ティーバッグルイボスティー キャラメル無印良品 水出し 有機ルイボスティー 4550182218732ルイボスティー スーペリア ジャパンセレクト 南アフリカ産 500gルイボスティー 粉末 スティック デカフェ・ノンカフェインヘルシールイボスティー ティーバッグルイボスアールグレイジャルダンソバージュキャラメルラム有機ルイボスティープレミアムフレーバーティー
最安値
Amazon1,000円(税込)
楽天市場1,580円(税込)
楽天市場432円(税込)
390円(税込)
Amazon1,598円(税込)
Amazon1,404円(税込)
Yahoo!ショッピング448円(税込)
730円(税込)
790円(税込)
730円(税込)
楽天市場1,050円(税込)
Amazon900円(税込)
販売サイト
この記事の修正依頼を送る

関連記事

紹介されているメーカー