アイテープのおすすめ9選!一重・奥二重に

アイテープのおすすめ9選!一重・奥二重に

アイテープは、まぶたに貼るだけで、一重や奥二重の目をパッチリと大きく見せてくれるアイテムです。片面タイプと両面タイプ、ファイバータイプがあり、メッシュ素材の製品や、寝ている間に二重のクセをつけてくれる夜用の製品などもあります。使い方に慣れるまで、アイシャドウを塗ったときにテープが剥がれてしまったり、バレない二重を作るのが難しいという悩みもあると思います。そこで今回は、アイテープが目立たない方法や選び方、DUPやエリザベスなどのおすすめ商品をご紹介します。

アイテープの選び方

接着方法で選ぶ

くっきり二重には両面接着タイプ

まぶたをテープの両面でくっつける両面接着タイプは、 強力な接着力でくっきりとした二重がつくれます。まぶたが厚い人や、片面接着タイプだとテープがはがれやすいという人に適しています。目を閉じたときにまぶたが突っ張って感じる場合は、粘着面が小さく細めのテープを選ぶと良いでしょう。皮膚の両面にテープがくっついているので、はがすときはまぶたを傷つけないように注意しましょう。

使いやすい片面接着タイプ

テープの片面をまぶたに貼る片面接着タイプは、薄くて柔らかいまぶたの人と相性が良いです。二重ラインをつくりたい場所の下側にテープを貼ると、目を開いたときにまぶたが覆いかぶさって自然な二重ラインができます。両面接着タイプのようなまぶたが引っ張られる感覚はなく、付けていて違和感を感じないので、初めての方にも使いやすいタイプです。まばたきでテープがはがれてしまう場合は、貼る前にまぶたの油分と水分を取り除いて、肌のコンディションを整えるようにすると良いでしょう。テープの上からメイクができるタイプなら、目を閉じたときでもより自然に見せることができます。

自然な仕上がりのファイバータイプ

自然な仕上がりのファイバータイプ

出典:Amazon.co.jp

細い糸状のファイバータイプは、テープの両端を引っ張ってまぶたに食い込ませるようにして貼ることで二重ラインがつくれます。接着する部分が限られているので自然な仕上がりで、はがすときの皮膚への負担が少ないのが特徴です。きれいに貼るには引っ張り具合やまぶたへの当て方にコツがいります。また、貼った後にはみ出したテープの両端をハサミで切るので、使い慣れるまでは練習が必要です。

メイクのしやすさで選ぶ

アイテープによっては、上からメイクが乗りやすいように特殊な加工が施されたものもあります。特に片面接着タイプは、目を閉じたときにテープが目立ちやすいので、後からメイクができるタイプを選ぶと良いでしょう。アイテープの粘着度やカラーによっては、メイクをすることでテープが目立ってしまったり、はがれやすくなるものもあります。初めは少量パックを選んで数種類を比較してみると良いでしょう。

水・汗に強いかをチェック

アイテープは、液状の二重まぶたグッズに比べて、比較的水気に強いのが特徴です。そうは言っても一日中外にいる日やスポーツをする日など心配なときは、接着力の強いタイプやウォータープルーフのタイプを選ぶと安心です。普段から汗をかきやすい方や脂性肌の方も長時間はがれにくいタイプを選ぶと良いでしょう。

自分のまぶたに合った形で選ぶ

自分のまぶたに合った形で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

まぶたが重く厚みがある場合は、楕円形など太めのアイテープを使うときれいな二重がつくりやすくなります。反対にまぶたが薄い場合は太いテープを付けるとはみ出てしまうことがあるので、三日月型など細めのアイテープが適しています。どちらが良いかわからない場合は、太すぎない半月型のタイプを選ぶと良いでしょう。使い始めはラインをくっきりと見せることよりも、より自然に見えるものを選ぶようにすることがおすすめです。

素材で選ぶ

アイテープに使われている主な素材は、ポリエチレンやポリウレタン、布、メッシュなどの絆創膏素材です。ポリエチレンやポリウレタンのタイプは透明なものが多く、軽い付け心地が特徴です。布製のタイプは肌の色に近いものが多く、伸縮性が高いので貼りやすいです。また、絆創膏素材のものは皮膚がかぶれにくいので、肌が弱い方におすすめです。絆創膏タイプは、メッシュになっていて肌に馴染みやすいので、アイテープに慣れていない方は絆創膏タイプを選ぶと良いでしょう。

カラーで選ぶ

アイテープの色は、一般的に透明、半透明、ベージュ系に分かれています。透明や半透明のタイプは目立ちにくいので、自然に付けられてアイテープをしていることを気付かれにくいです。商品によってはテープのテカリが気になる場合もあるので、その際はクリームタイプのアイシャドウを塗って馴染ませると良いでしょう。ベージュ系のタイプは肌馴染みが良く、肌がダークよりの方に適しています。ブラウン系のアイメイクをする場合にもベージュ系を使うと自然に仕上がります。

はがしやすさで選ぶ

まぶたの皮膚は、顔の中でも薄くて敏感な部分なので、テープをはがすときは爪で引っ掻いたりせずに優しくはがすようにしましょう。水やぬるま湯で湿らせたり、洗顔料やオイルでマッサージすることではがしやすくなります。特に敏感肌の方は肌に負担をかけない、はがしやすいタイプを選ぶと良いでしょう。また、夜用のクセ付けタイプは粘着力が弱めで、肌へのダメージが少ないので、心配な方は夜用から使い始めるのもおすすめです。

プッシャーやテープの扱いやすさで選ぶ

プッシャーやテープの扱いやすさで選ぶ

出典:Amazon.co.jp

アイテープには専用のプッシャーが付属している場合が多いです。プッシャーは二重ラインの位置を確認したり、まぶたを持ち上げてテープを接着したり、テープの端を整えるときなどに使います。Y字型のものや棒状のもの、ヘラ型など様々な形があるので使い勝手に合わせて選ぶと良いでしょう。テープは製品によっては剥離紙がはがれづらいものもあるようです。使いにくいと感じる方は、水で貼れるものや貼り直しができるものなど色々あるので、自分にとって扱いやすいものを探してみましょう。

アイテープが目立たない方法

まぶたの油分をティッシュオフする

アイテープを貼る前にまぶたの油分を拭き取っておくことで、アイテープを剥がれにくくしてくれます。アイテープが剥がれて浮かないようにすることで同時に目立たなくしてくれます。

アイテープに馴染みやすいアイシャドウを塗る

アイテープは、上からアイシャドウがうまく塗ることができない製品が多いので、アイテープを貼る前に、アイシャドウを塗っておきましょう。アイテープに馴染むマットなカラーや、ラメ入りのアイシャドウ、肌への密着度が高いクリームアイシャドウがおすすめです。

二重のラインを強調するようにアイラインを描く

薄い色のアイライナーを使って、アイテープでできた二重の線に沿ってアイラインを描くと、目を閉じたときや、アイテープが剥がれてきたときに目立たなくなります。二重のラインを強調することで、二重の線のように見せることができます。

アイプチを薄くつける

アイテープを貼る前に、テープを貼る場所に接着するアイプチを薄くつけておくと、しっかりと密着し、キープ力を上げることができます。また、アイテープの両端は、剥がれやすいので、両端にもアイプチをつけることで、アイテープが剥がれて目立ってしまうことを防ぐことが可能です。

アイテープのおすすめ9選

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

厚さ0.09mmのテープを使用した、両面タイプの透明なアイテープです。埋没固定方式で、テープが目立ちにくくなっています。水や汗に強く、硬くかっちりとした使用感の粘着剤を使用したエクストラタイプなので、重い一重や、スポーツをする方におすすめです。

この商品の特徴

厚さ0.09mmのテープを使用した、両面タイプの透明なアイテープです。埋没固定方式で、テープが目立ちにくくなっています。水や汗に強く、硬くかっちりとした使用感の粘着剤を使用したエクストラタイプなので、重い一重や、スポーツをする方におすすめです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

密着力が強く、キープ力の高いアイテープです。カラーが肌色のため目立ちにくく、アイテープの上からメイクをすることができます。ナチュラルな印象の二重を作りたい方におすすめです。

この商品の特徴

密着力が強く、キープ力の高いアイテープです。カラーが肌色のため目立ちにくく、アイテープの上からメイクをすることができます。ナチュラルな印象の二重を作りたい方におすすめです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

敏感肌の人も安心な、肌にやさしいサージカルテープを使用した透明なアイテープです。一重や奥二重の人以外にも、二重をよりはっきりとさせたい方にもおすすめです。

この商品の特徴

敏感肌の人も安心な、肌にやさしいサージカルテープを使用した透明なアイテープです。一重や奥二重の人以外にも、二重をよりはっきりとさせたい方にもおすすめです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

貼っておくだけで、寝ている間に二重のクセを作ることができるアイテープです。クセがついて二重になることもできますし、また、アイテープが必要だったとしても楽に貼ることができるので、メイク時の時短にも繋がります。

この商品の特徴

貼っておくだけで、寝ている間に二重のクセを作ることができるアイテープです。クセがついて二重になることもできますし、また、アイテープが必要だったとしても楽に貼ることができるので、メイク時の時短にも繋がります。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

目立ちにくい埋没式の透明なアイテープです。両面タイプなので、しっかりと密着し、ぱっちりとした二重ラインを作ることができます。形状がカーブしているため、二重ラインに合わせやすいです。

この商品の特徴

目立ちにくい埋没式の透明なアイテープです。両面タイプなので、しっかりと密着し、ぱっちりとした二重ラインを作ることができます。形状がカーブしているため、二重ラインに合わせやすいです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

目の形にフィットする極細粘着繊維で二重ラインを作ることができるアイテープです。目を閉じてもひきるつことがありません。汗や水に強いウォータープルーフタイプです。

この商品の特徴

目の形にフィットする極細粘着繊維で二重ラインを作ることができるアイテープです。目を閉じてもひきるつことがありません。汗や水に強いウォータープルーフタイプです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

埋没式でテープが隠れて目立ちにくい、両面タイプのアイテープです。剥がしやすい構造になっているので、手にテープが付いてしまうことを予防します。

この商品の特徴

埋没式でテープが隠れて目立ちにくい、両面タイプのアイテープです。剥がしやすい構造になっているので、手にテープが付いてしまうことを予防します。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

テープ本体に太いアイランの入ったアイテープです。貼るだけで、二重と二重幅に合ったアイラインが簡単にできます。くっきりとした二重を作りたい方におすすめです。

この商品の特徴

テープ本体に太いアイランの入ったアイテープです。貼るだけで、二重と二重幅に合ったアイラインが簡単にできます。くっきりとした二重を作りたい方におすすめです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

テープの上からしっかりとアイシャドウが載り、肌に馴染むベージュのアイテープです。メイクがしっかりと密着するので、テープ自体がテカらず、目立ちにくくなっています。アイテープの上からもメイクをしたいという方におすすめです。

この商品の特徴

テープの上からしっかりとアイシャドウが載り、肌に馴染むベージュのアイテープです。メイクがしっかりと密着するので、テープ自体がテカらず、目立ちにくくなっています。アイテープの上からもメイクをしたいという方におすすめです。

自然な二重ができるアイプチもチェック

アイプチは、のりでまぶたをくっつけたり、リキッドをまぶたに塗ることで二重まぶたを作ることができるアイテムです。皮膚と皮膚を接着せずに人工の膜を作ることで、目を閉じてもバレない自然な二重ができるタイプもあります。気になる方はぜひ見てみてください。

アイテープのおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー