VAIOノートパソコンのおすすめ4選&選び方【2020年版】

VAIOノートパソコンのおすすめ4選&選び方【2020年版】

SONY(ソニー)が開発・販売をし、今はVAIO株式会社が発売している「VAIO(バイオ)」というノートパソコンをご存知ですか?デスクトップから始まったVAIOですが、ノートパソコンがデビューした当初から評判が良く、今は主に法人向けに展開されています。しかし、個人向けのノートパソコンも取り扱っており、そのデザイン性とオーディオビジュアルへのこだわりは変わりありません。今回はVAIOのノートパソコンの種類や特徴、選び方、故障した際の修理や回収方法、リサイクルの方法などをご紹介します。また、おすすめの商品も併せてご紹介します。

アイキャッチ画像出典:vaio.com

VAIOのパソコンの特徴って?

VAIOのパソコンの特徴って?

出典:vaio.com

初期のVAIOはデスクトップでしたが、アメリカでVAIOのノートパソコンが発売され、その後日本ではSONYが製造・販売しており、2018年現在はVAIO株式会社が担っています。デビュー当初、軽量で堅牢なつくりのノートパソコンはとても評判が良く、世界最小・最軽量として最先端のモデルを販売し続けてきました。今では法人向けのパソコンを中心に、一般向けも一部販売されています。

オーディオビジュアルへのこだわり

SONYがオーディオメーカーとして培ってきた高度なオーディオ技術と、テレビ分野で確立したハイクオリティな映像技術を投入して開発したパソコンなので、高画質エンジンや高精細ディスプレイなど映像の美しさはもちろん、ハイエンドオーディオ機器に匹敵するサウンドクオリティーを目指し、サウンドにもこだわりがあります。

デザイン性の良さ

VAIOの特徴である「薄型で、軽く、美しいデザイン」というコンセプト通り、マグネシウム合金を活かしたデザインやロゴのデザインなど細部のデザインへのこだわり、高スペックの機能などがVAIOの人気の秘訣です。そのデザイン性の良さは今も変わらず、昨今のスマートフォンでも生かされています。

VAIOのモデル・シリーズ別の特徴

VAIOが展開しているモデル、シリーズごとに特徴を紹介します。

C15は初めて使う人向け

C15は初めて使う人向け

出典:vaio.com

C15モデルは、普段使いには充分な性能をもっており、初めて使う方や自宅などで簡単な作業をするだけの方に向いています。また、重低音にこだわったサブウーファーを搭載しているため、音質にこだわる方にもおすすめです。外光の映り込みを低減させる液晶を搭載しているため、画面がギラギラせず、目が疲れにくい仕様になっています。ただ、重さが2.5kgあるので持ち運びには向いていません。自宅で作業をする方におすすめです。

Sシリーズは使い勝手が良い

Sシリーズは使い勝手が良い

出典:vaio.com

Sシリーズは主にビジネス向きにデザインされており、S11・S13・S15と3種類が展開されています。この3種類の違いはディスプレイの大きさです。S11は11.6インチワイド、S13は13.3インチワイド、S15は15.5インチワイドの液晶が搭載されています。S11など、重量が軽い機種は持ち運びにも便利なのでモバイルパソコンとしても使用できます。また、薄暗い会議室や消灯後の飛行機の中でも使いやすいキーボードバックライトも搭載されているので安心して使用でき、家でも外でも使い勝手が良いシリーズです。

Zシリーズはスペック重視

Zシリーズはスペック重視

出典:vaio.com

Zシリーズは上級者モデルとも言えるハイスペックなシリーズです。デザインが従来の折り畳み型の「クラムシェルモデル」と天板を反転させてタブレットPCとしても使える「フリップモデル」の2種類あり、シンプルを極めたデザインか新しい使い方ができるデザインかを選べるようになりました。稼働時間もクラムシェルモデルだと27時間とVAIO史上最長なのも魅力です。また、筆圧入力にも対応した専用のペンも付いているので、様々な使い方に対応できる、まさにハイスペックなシリーズだといえます。

VAIOの選び方

一般向けには一部しか販売されていないVAIOですが、どういうタイプのものが自分に向いているのか選ぶのに迷ってしまいます。こちらではサイズ、バッテリー駆動時間、メモリなど選ぶ際のポイントをご紹介します。

サイズ・重量も確認する

サイズ・重量も確認する

ノートパソコンで気になるのがサイズや重さです。現行のVAIOシリーズでの最小モデルがS11の11.6インチ、840gと軽量のため、ビジネスバッグや小さなハンドバックにも収まるサイズです。続いて、S13とZシリーズが13.3インチ、1,060~1,350gとこちらも楽に持ち運ぶことができる重さになっています。最後にS15とC15モデルは15.5インチ、2,500gなので持ち運びにはあまり適していません。自宅や職場で使用するのに向いています。

バッテリー駆動時間はそれぞれ違う

バッテリー駆動時間はそれぞれシリーズや使用によって異なります。持ち運びに便利なS11シリーズは最大14~16時間、VAIO史上最大の駆動時間であるZシリーズのクラムシェルモデルは、20.9~27時間と、丸一日充電しなくても耐えられ、ビジネスに大活躍します。

CPUの性能をチェックする

CPUの性能をチェックする

長い時間、画像処理など重たい作業を続けるとパソコンが熱を持ってしまい、作業効率が下がってしまいます。しかし、VAIOシリーズのVAIO TrueParformanceを適用した第8世代のCore i7を搭載したモデルだと、そんな状況でも高速な動作を維持でき、作業効率が落ちることなく快適に作業が続けられます。VAIOなら通常のCore i7よりもVAIO TrueParformanceを適用したCore i5の方が快適に使えるというデータもあります。

メモリは4GBでも快適に使える

簡単な作業しかしない通常の利用であれば、4GBのメモリでも充分快適に使えます。より快適にハイスペックなメモリが欲しい方は16GBの大容量メモリも搭載することができ、より快適に作業することができます。

ストレージもポイント

標準モデルは500GBのHDDを搭載しているものから高速タイプのSSDを搭載しているものまであり、画像処理やゲームをするなど、大容量のデータの読み込みが日常的にある方など、標準では足りないと感じる場合には、購入の際に換装できます。自分に合わせてカスタマイズできるのも嬉しいポイントです。

LTEに対応しているか

LTEに対応しているか

モバイルデータ通信機能を搭載したLTE対応モデルならPC本体だけでインターネットを使うことができるので、外で使うことが多い方におすすめです。現行モデルであれば、S11とS13がLTEに対応しています。

VAIOが故障したときやリサイクルの相談は?

故障・修理は相談しよう

突然動かなくなったり故障してしまった場合は、よくある質問などを確認し、それでも改善されない場合は修理の相談・依頼をしましょう。

リサイクル・廃棄は対象品か確認しよう

不要となり、廃棄したいパソコンは、本体底側の機銘板に「VAIO」と書かれていれば、回収・リサイクルできます。

VAIOのおすすめ4選

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

個性的なカラーリングで日々の気分を上げてくれるようなデザインがC15です。長時間の作業でも眼が疲れにくい低反射の液晶を採用しており、目への負担を軽減してくれます。高画質で見やすいディスプレイと大きくて使いやすいタッチパッドで作業効率が上がります。HDDにフラッシュメモリーを組み込むことで速度と容量をアップさせることもでき、高速ワイヤレスLAN規格にも対応できます。自宅で快適に作業したい方におすすめです。

この商品の特徴

個性的なカラーリングで日々の気分を上げてくれるようなデザインがC15です。長時間の作業でも眼が疲れにくい低反射の液晶を採用しており、目への負担を軽減してくれます。高画質で見やすいディスプレイと大きくて使いやすいタッチパッドで作業効率が上がります。HDDにフラッシュメモリーを組み込むことで速度と容量をアップさせることもでき、高速ワイヤレスLAN規格にも対応できます。自宅で快適に作業したい方におすすめです。

出典:vaio.com

この商品の特徴

かわいくて珍しいピンク色が特徴的なS11です。11.6インチの液晶を採用したモデルで、女性でも持ち運びやすい大きさ、重さになっています。SIMフリーLTEを搭載し、今いる場所での最適な回線を自動で選んでくれるので、わざわざ切り替える必要がありません。コンパクトな中に必要なものをすべて詰め込んでいるので、屋内でも屋外でも使いやすいモデルです。

この商品の特徴

かわいくて珍しいピンク色が特徴的なS11です。11.6インチの液晶を採用したモデルで、女性でも持ち運びやすい大きさ、重さになっています。SIMフリーLTEを搭載し、今いる場所での最適な回線を自動で選んでくれるので、わざわざ切り替える必要がありません。コンパクトな中に必要なものをすべて詰め込んでいるので、屋内でも屋外でも使いやすいモデルです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

S11モデルより少し大きいサイズのS13です。用途に合わせてより高速な第三世代ハイスピードSSDを選択でき、大容量の16GBメモリーを搭載することができます。静寂キーボードで快適に打ち込むことができ、キーボードバックライトも搭載されています。13.3型フルHD液晶ディスプレイでSIMフリーLTEと屋外でも高画質の映像を楽しむことができます。

この商品の特徴

S11モデルより少し大きいサイズのS13です。用途に合わせてより高速な第三世代ハイスピードSSDを選択でき、大容量の16GBメモリーを搭載することができます。静寂キーボードで快適に打ち込むことができ、キーボードバックライトも搭載されています。13.3型フルHD液晶ディスプレイでSIMフリーLTEと屋外でも高画質の映像を楽しむことができます。

バイオZ フリップモデル VJZ13BX0311B
価格情報がありません

出典:vaio.com

この商品の特徴

19時間の連続駆動が可能なZシリーズのフリップモデルです。鮮やかな色を表現できるディスプレイを搭載、静かで不快な熱を持たず快適に作業に集中できるなどビジネスシーンで活躍するハイスペックなモデルです。モバイルPCの域を超えたパフォーマンスを体感できること間違いなしです。

この商品の特徴

19時間の連続駆動が可能なZシリーズのフリップモデルです。鮮やかな色を表現できるディスプレイを搭載、静かで不快な熱を持たず快適に作業に集中できるなどビジネスシーンで活躍するハイスペックなモデルです。モバイルPCの域を超えたパフォーマンスを体感できること間違いなしです。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー