スマホ用VRゴーグルのおすすめ9選【2019年版】

スマホ用VRゴーグルのおすすめ9選【2019年版】

スマホ用VRゴーグルは、スマホにダウンロードしたアプリでVR動画を楽しむ際に欠かせないアイテムです。自作する方もいるようですが、より臨場感を味わうためには、エレコムなどのメーカーから販売された製品を使用することをおすすめします。今回は、スマホ用VRゴーグルの選び方や、販売店が近くにない方のために通販で購入できるおすすめ商品を紹介します。人気のSAMONIC 3Dや、Canbor VRヘッドセットゴーグル、メガネがなくても楽しめるピント調節機能付きゴーグルも掲載しています。 

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

スマホ用VRゴーグルとは

スマホ用VRゴーグルとは

スマホ用VRゴーグルとは、スマホを使ってVRを楽しむためのアイテムです。VR(バーチャルリアリティー)とは仮想現実のことで、スマホでVRアプリを起動させ、スマホ用VRゴーグルを装着することで臨場感あるれる仮想現実を体感することができます。まるで映画館で映画を見ているような感覚になれたり、美しい大自然や都会のど真ん中にいるようなリアリティを味わうことができます。

スマホ用VRゴーグルの選び方

視野角で選ぶ

視野角で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

より臨場感を楽しみたいのなら、視野角の広いスマホ用VRゴーグルがおすすめです。視野角とは見渡せる範囲(角度)のことで、人間の視野角は水平方向に120°、上下方向に130°程度です。この角度に近いスマホ用VRゴーグルを選ぶことで、まるで自分がその映像の中に存在しているかのように感じることができます。スマホ用VRゴーグルの水平方向は、90°程度から120°程度のものまで様々です。視野角が広い製品を選ぶことで臨場感はアップしますが、映像酔いするなどのデメリットもあります。可能であれば実際に試してから購入することをおすすめします。

対応しているスマホのサイズを確認

対応しているスマホのサイズを確認

出典:Amazon.co.jp

せっかくスマホ用VRゴーグルを購入しても、自分が持っているスマホのサイズに対応していなければ使用することはできません。とは言っても、多くの製品は4.0~6.0インチのサイズに対応しているので、極端に大きいスマホや小さいスマホを使っていなければ大丈夫です。ただしスマホは数年で買い替えることが多いので、できるだけ幅広いサイズに対応しているスマホ用VRゴーグルを選ぶと安心です。

レンズ位置の調節が可能なものを選ぶ

スマホ用VRゴーグルには、レンズ位置の調節が可能なものと不可能なものがあります。レンズ位置を調節することができれば、より見やすい状態にすることができます。また、メガネを着用したまま使用できないタイプのゴーグルでも、レンズとスマホの距離を調節することによる「ピント調節機能」(焦点距離調節機能、瞳孔間距離調節機能)が搭載されていると、メガネなしで映像を楽しむことができます。

ヘッドホンが付属しているかをチェック

ヘッドホンが付属しているかをチェック

出典:Amazon.co.jp

VRの臨場感を高めるために欠かせないのが、ヘッドホンやイヤホンです。スマホのスピーカーからの音が聞こえないわけではありませんが、没入感を得るためには音にもこだわりたいところです。スマホ用VRゴーグルにヘッドホンが内臓されていれば、別途ヘッドホンやイヤホンをつける必要はありません。また、ゴーグルとイヤホンの配線が絡むことなく快適に使用できます。ただし、ヘッドホン単体のものよりも音が低音質に偏る傾向があるようなので、音質にこだわりがある方は別で用意したほうが良いかもしれません。利便性か音質か、どちらを重視するのかによってヘッドホン内臓の有無を選ぶと良いでしょう。

装着感で選ぶ

装着感で選ぶ

映像の世界に入り込むためには、スマホ用VRゴーグルの装着感も大きなポイントとなります。重心がずれたり重すぎたりすると、動きにくさを感じVRに集中することができません。また、サイズや形状が骨格にあわないと隙間から外部の光が侵入し、臨場感をそがれる可能性もあります。装着感に関しては、実際に試してみるのが一番です。可能であれば、店頭で手に取って確認しましょう。通販を利用する場合は、できるだけ多くの口コミをチェックすると良いでしょう。

メガネをつけたままでも着用できるかを確認

普段からメガネを着用している方は、メガネを着用したままで使用できるかどうかも確認しておくと良いでしょう。ただし、前述のとおりピント調節機能があれば、多くの方は裸眼でも快適に映像を楽しむことができます。視力が悪い方は、メガネをつけたまま使用できるかどうかや、ピント調節機能があるかどうか、あるとすればどの程度の視力まで対応することができるのかを確認しましょう。

ヘッドバンドは3方向がおすすめ

ヘッドバンドは3方向がおすすめ

出典:Amazon.co.jp

スマホ用VRゴーグルを頭に固定するためのヘッドバンドは、3方向タイプを選ぶと快適に使用できます。VRは正面から映像を見るだけではなく、見上げたり足元を見たり、振り返ったり360°ターンしたりすることができます。その際にしっかり固定されていないと、ゴーグルがずれて快適に使用することはできません。また製品によってはヘッドバンドにプラスチック製の器具が付いていて、頭部に違和感を覚えるものもあるようです。

最新機種対応かをチェック

スマホは常に新しい機種が販売されています。そのためスマホ用VRゴーグルも、その時点での最近機種に対応している製品を選ぶことをおすすめします。せっかくこだわりをもって購入したスマホ用VRゴーグルも、スマホを買い替えたら使えなくなるのではもったいないので、価格との兼ね合いや、スマホの買い替え時期も考慮して選びましょう。

スマホ用VRゴーグルを楽しむために

STEP1:ダウンロードしたVRスマホアプリを起動

STEP1:ダウンロードしたVRスマホアプリを起動

スマホ用VRゴーグルを使用するためには、スマホにVRアプリをダウンロードする必要があります。iPhone、Android共に様々なスマホアプリが提供されています。

STEP2:VRモードで2眼モードにする

スマホ用VRゴーグルでVRを体験するためには、画面を2眼モードにする必要があります。アプリによっては最初は通常画面で表示されていることもあるので、その場合は2眼モードに変更しましょう。

STEP3:VRゴーグルにスマホをセット

画面の設定が終了すれば、ゴーグルにスマホをセットします。設定方法は製品ごとに異なるので、マニュアルを確認してください。

STEP4:VRゴーグルを装着する

STEP4:VRゴーグルを装着する

レンズ位置の調節が可能な場合は、調節を済ませてからゴーグルを装着します。ヘッドバンドに違和感を覚える方やフィットしない方は、ニット帽をかぶるとフィット感が高まります。装着後はアプリに従ってVRを楽しみましょう。

スマホ用VRゴーグルのおすすめ9選

出典:Amazon.co.jp

最安値700円(税込)
3.60(10件)

この商品の特徴

ダンボール製で、折りたたみもできるので持ち運びにも便利なハコスコのVRゴーグルです。サイズは162x160x85mm、50gの軽量設計です。1眼タイプですので、小さな子どもも使えます。対応しているスマホの最大サイズは、160x80x10mmまで、iPhone5/6/6Plusに対応しています。コンパクトに畳むことができるので、プロモーション用として使うこともできます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

ダンボール製で、折りたたみもできるので持ち運びにも便利なハコスコのVRゴーグルです。サイズは162x160x85mm、50gの軽量設計です。1眼タイプですので、小さな子どもも使えます。対応しているスマホの最大サイズは、160x80x10mmまで、iPhone5/6/6Plusに対応しています。コンパクトに畳むことができるので、プロモーション用として使うこともできます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

最安値1,922円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

最安値2,580円(税込)
4.40(545件)

この商品の特徴

お手頃価格で、VRを体感できるSAMONICの3Dゴーグルです。VRゴーグルを着けて動画を再生すると、自分も動画の中にいるかのように、楽しむことができます。非球面光学レンズを採用しており、ブルーライトカット機能、磁放射線防護機能がついているので、眼精疲労が軽減されます。Bluetoothコントローラとイヤホンが付いています。VRゴーグルビギナーの方におすすめの商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

お手頃価格で、VRを体感できるSAMONICの3Dゴーグルです。VRゴーグルを着けて動画を再生すると、自分も動画の中にいるかのように、楽しむことができます。非球面光学レンズを採用しており、ブルーライトカット機能、磁放射線防護機能がついているので、眼精疲労が軽減されます。Bluetoothコントローラとイヤホンが付いています。VRゴーグルビギナーの方におすすめの商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

最安値6,999円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

最安値16,000円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

最安値3,280円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

最安値2,590円(税込)
4.30(208件)

この商品の特徴

iphoneXS,XR,X,8,7を始め、4.0から6.3インチまでのスマホに対応しています。Bluetoothリモコンがついており、VRゴーグルを装着したままで動画の操作をすることができます。120℃の広い視野角で、よりリアルな仮想空間が楽しめます。人間工学に基づいた構造で、重さや光漏れを軽減し、快適に装着することができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

iphoneXS,XR,X,8,7を始め、4.0から6.3インチまでのスマホに対応しています。Bluetoothリモコンがついており、VRゴーグルを装着したままで動画の操作をすることができます。120℃の広い視野角で、よりリアルな仮想空間が楽しめます。人間工学に基づいた構造で、重さや光漏れを軽減し、快適に装着することができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

最安値3,699円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

最安値10,000円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

VRゴーグルを詳しくチェック

スマホ用のVRゴーグルだけでなく、ゲーム機やパソコンに繋げて使うハイエンド型や、VRゴーグル本体のみで使うスタンドアロン型のVRゴーグルについても紹介しています。選び方やおすすめ商品をまとめているので、気になる方はチェックしてみてください。

スマホ用VRゴーグルのおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

おすすめ記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー