混合肌向け化粧下地のおすすめ7選!部分用タイプも

混合肌向け化粧下地のおすすめ7選!部分用タイプも

オイリー肌、インナードライ肌などが混在する混合肌の方には、保湿力が高いものや、BBクリームのようにカバー力の高い化粧下地が適しています。夏や冬などの季節によって肌の調子も変化するので、化粧下地も使い分けることで、肌の調子を整えることができます。今回は混合肌向け化粧下地の選び方と、韓国コスメなどのおすすめの商品を紹介します。

混合肌向け化粧下地の選び方

肌の状態に合わせて選ぶ

テカる部分には皮脂吸着成分

テカる部分には皮脂吸着成分

出典:Amazon.co.jp

皮脂量が多くなりがちなおでこや鼻などのTゾーンはテカリやすいため、皮脂吸着成分が配合された化粧下地を使うのがおすすめです。代表的な成分は、ビタミンB6、ビタミンB2、ベントナイト、パンテノール、ダイズエキス、カオリンなどです。オイルフリーの商品も、化粧崩れしにくいため、使いやすいです。

乾燥する部分には保湿成分

乾燥する部分には保湿成分

頬や口の周り、小鼻の周りなどは乾燥しやすいため、保湿成分が配合された化粧下地を使いましょう。代表的な成分は、ヒアルロン酸、アセチルヒアルロン酸、トレハロース、コラーゲン、セラミドなどです。ベタつきが気になる方は、カモミールエキスやアルガンオイル、ローズヒップオイルなどの、ベタつきにくい保湿成分がおすすめです。

カバー力で選ぶ

カバー力で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

化粧下地の中にはカバー力に特化した商品もあります。毛穴やにきび痕などの肌の表面の凹凸を埋められるものや、肌の色味を整えるカラーがついたものなどがあります。例えばシミやそばかす、クマを隠したいなら、イエローのカラー下地がおすすめです。肌の色を健康に見えるように整え、ファンデーションを重ねることでさらに美肌に見えるようになります。

ピンポイントに使うなら部分用がおすすめ

ピンポイントに使うなら部分用がおすすめ

出典:Amazon.co.jp

テカリやすい部分や乾燥しやすい部分がピンポイントである場合は、部分用下地がおすすめです。Tゾーンだけがテカる、口元だけ乾燥するといった方も、気軽に使用できるのでおすすめです。

UVカット効果もチェック

UVカット効果もチェック

紫外線は皮脂のバランスや肌に刺激を与える原因になるため、UVカット効果がある商品がおすすめです。紫外線によって皮脂バランスが悪化すると、化粧崩れの原因にもなります。日差しが弱い秋や冬にも、最低限の紫外線はカットできる商品を選ぶのがポイントです。

ノンコメドジェニック処方の商品も

ノンコメドジェニック処方の商品も

ニキビができにくい、ノンコメドジェニック処方の化粧下地もあります。ノンコメドジェニック処方とは、毛穴につまりにくいか、ニキビの初期症状が現れやすいかなどがチェックされた商品です。ニキビが気になる方や肌に優しいものを探している方におすすめです。

1,100円(税込)

長時間の化粧で気になる乾燥とテカりをダブルでおさえる、くずれ防止下地です!約1ヶ月分のお試しサイズが登場。

マキアージュの化粧下地です。独自配合のうるさらセンサーパウダーが、過剰な皮脂を吸収、乾きを察知して水分を放出することで、テカりとカサつきをダブルで抑えます。化粧持ちの良い下地を探している方におすすめの商品です。約1ヶ月分のコンパクトサイズなので、旅先用のメイクアイテムとしても使えます!

販売サイトを見る

長時間の化粧で気になる乾燥とテカりをダブルでおさえる、くずれ防止下地です!約1ヶ月分のお試しサイズが登場。

マキアージュの化粧下地です。独自配合のうるさらセンサーパウダーが、過剰な皮脂を吸収、乾きを察知して水分を放出することで、テカりとカサつきをダブルで抑えます。化粧持ちの良い下地を探している方におすすめの商品です。約1ヶ月分のコンパクトサイズなので、旅先用のメイクアイテムとしても使えます!

混合肌向け化粧下地のおすすめ7選

出典:Amazon.co.jp

4.50(2件)

テカリを抑えてさらさら肌に導く、部分用テカリ防止下地です。キャップにブラシが付いているので、小鼻の脇やあご先、Tゾーンなど、テカリが気になる場所にサッと使用できます。透明のベールをかけたように毛穴をカバーし、目立ちにくくすることができます。

テカリを抑えてさらさら肌に導く、部分用テカリ防止下地です。キャップにブラシが付いているので、小鼻の脇やあご先、Tゾーンなど、テカリが気になる場所にサッと使用できます。透明のベールをかけたように毛穴をカバーし、目立ちにくくすることができます。

出典:Amazon.co.jp

韓国コスメとして知られるタッチインソルのプライマーです。ベビーピンクの伸びの良いジェルで、毛穴や小じわをカバーして、なめらかな肌へと導きます。サラサラとした質感で、皮脂を抑えてテカリにくくしてくれるので、脂性肌の方にぴったりです。水溶性コラーゲンや緑茶エキスが配合されており、美肌効果が期待できる商品です。

韓国コスメとして知られるタッチインソルのプライマーです。ベビーピンクの伸びの良いジェルで、毛穴や小じわをカバーして、なめらかな肌へと導きます。サラサラとした質感で、皮脂を抑えてテカリにくくしてくれるので、脂性肌の方にぴったりです。水溶性コラーゲンや緑茶エキスが配合されており、美肌効果が期待できる商品です。

出典:Amazon.co.jp

ORBIS(オルビス)の毛穴カバー下地です。肌をキュッとひきしめる成分が配合されているため、気になる毛穴の開きやテカリ、化粧崩れを防ぐことができます。鼻や頬の気になる毛穴など部分使いに向いている商品です。カラーは肌馴染みの良いベージュ色で黒ずみもカバーすることが可能です。カバー力の高いものや部分使い用の化粧下地をお探しの方におすすめの商品です。

ORBIS(オルビス)の毛穴カバー下地です。肌をキュッとひきしめる成分が配合されているため、気になる毛穴の開きやテカリ、化粧崩れを防ぐことができます。鼻や頬の気になる毛穴など部分使いに向いている商品です。カラーは肌馴染みの良いベージュ色で黒ずみもカバーすることが可能です。カバー力の高いものや部分使い用の化粧下地をお探しの方におすすめの商品です。

出典:Amazon.co.jp

マットな質感のさらさら肌に整える、UVホワイトニングベースです。肌の凹凸を均一に整えて毛穴をきれいにカバーし、ふんわりとしたマシュマロ肌に導きます。過剰な皮脂を吸収し、テカリやメイク崩れを防ぎます。美肌成分として、ヒアルロン酸やカモミラエキスを配合しています。

マットな質感のさらさら肌に整える、UVホワイトニングベースです。肌の凹凸を均一に整えて毛穴をきれいにカバーし、ふんわりとしたマシュマロ肌に導きます。過剰な皮脂を吸収し、テカリやメイク崩れを防ぎます。美肌成分として、ヒアルロン酸やカモミラエキスを配合しています。

出典:Amazon.co.jp

4.50(2件)

さらっとした使用感が特徴の、美容液化粧下地です。みずみずしいテクスチャで肌を保湿しながら、透明感のあるさらさらの肌に整えます。SPF42/PA+++と高いUVカット効果があり、紫外線ダメージから肌を守ります。少量でも伸びが良く、軽やかな使用感でありながら毛穴をしっかりカバーします。ベタつかずに保湿できる化粧下地を探している方におすすめです。

さらっとした使用感が特徴の、美容液化粧下地です。みずみずしいテクスチャで肌を保湿しながら、透明感のあるさらさらの肌に整えます。SPF42/PA+++と高いUVカット効果があり、紫外線ダメージから肌を守ります。少量でも伸びが良く、軽やかな使用感でありながら毛穴をしっかりカバーします。ベタつかずに保湿できる化粧下地を探している方におすすめです。

出典:Amazon.co.jp

4.00(4件)

化粧下地になる乳液です。朝、洗顔後に化粧水をなじませた後に使用します。ほんのりピンク色をしているため、肌の色ムラも自然にカバーしてくれます。おしろい効果でテカリや毛穴を自然にカバーしながら、肌の透明感をアップさせてくれます。肌の皮脂と水分のバランスを整えてくれるため、1日中ツヤのある肌でいることができます。朝のメイク時間を短縮したい方におすすめです。

化粧下地になる乳液です。朝、洗顔後に化粧水をなじませた後に使用します。ほんのりピンク色をしているため、肌の色ムラも自然にカバーしてくれます。おしろい効果でテカリや毛穴を自然にカバーしながら、肌の透明感をアップさせてくれます。肌の皮脂と水分のバランスを整えてくれるため、1日中ツヤのある肌でいることができます。朝のメイク時間を短縮したい方におすすめです。

出典:Amazon.co.jp

5.00(2件)

テカリを抑えながら肌に潤いを与える下地です。湿度が上がると汗や皮脂を吸収し、乾燥すると水分を放つ処方の、うるさらセンサーパウダーを配合しています。Tゾーンのテカリや化粧崩れが起こる脂性肌でも、目元や口元は乾燥するという方におすすめです。SPF25、PA+++のUVカット効果を持ち、日常的に紫外線対策を行うことができます。

テカリを抑えながら肌に潤いを与える下地です。湿度が上がると汗や皮脂を吸収し、乾燥すると水分を放つ処方の、うるさらセンサーパウダーを配合しています。Tゾーンのテカリや化粧崩れが起こる脂性肌でも、目元や口元は乾燥するという方におすすめです。SPF25、PA+++のUVカット効果を持ち、日常的に紫外線対策を行うことができます。

混合肌向け化粧下地のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事