USBハブのおすすめ3選【小型でおしゃれなものも!】

USBハブのおすすめ3選【小型でおしゃれなものも!】

電子機器の充電や接続などで、USBポートが足りなくて困ったことはありませんか?そんなときには「USBハブ」が便利です。消費電力が大きくても使えるセルフパワーと、小型でおしゃれな持ち運びやすいバスパワーの2タイプがあり、使い方に合わせて選ぶことができます。今回はUSBハブの選び方や、人気メーカー「エレコム」や「バッファロー」のAmazonで買えるおすすめ商品をご紹介します。

USBハブとは

USBハブとは

出典:Amazon.co.jp

USBハブとは、USBポートを増設するための機器です。最近はUSB端子で繋げるタイプの電子機器が多くあります。コンセントの数が少なかったり、パソコンの側で機器を使いたい場合はとても便利ですよね。しかし、パソコンなどのUSBポート数には限りがあります。そんなとき、すでにあるUSBポートにUSBハブを差し込めば、USBポートを一気に増やすことができます。

USBハブの規格について

USB2.0と3.0

USB2.0と3.0

USBには2.0と3.0という主だった規格の違いがあります。2.0とは3.0が登場するまで、長らくメインで使われていたUSBの規格です。現在主流の規格は3.0となっています。2つの規格の大きな違いは転送速度にあります。2.0は480Mbpsであるのに対し、3.0は5Gbps(5,000Mbps)とかなり差があります。

下位互換

USBには「下位互換」という仕組みがあります。これは、例えばポートと端子でそれぞれ規格が異なる場合、下位の規格の機能が優先されるということです。従って、ハブと接続したい機器のUSB規格が異なれば、一方が高い転送速度を有していたとしても、もう一方の転送速度が有効とされることになります。規格に備わった能力をフルに活かすためにはしっかり確認が必要です。

USBハブの選び方

規格が合っているかをチェックする

だいたいの規格は3.0ですが、古い機器を使っている場合は2.0の可能性もあります。また、異なる規格では、形状によりそもそも接続自体ができない場合もあります。同じ規格のものを選ぶと安心です。

使い方に適した給電形式を選ぶ

消費電力が大きくてもOK!セルフパワー

消費電力が大きくてもOK!セルフパワー

出典:Amazon.co.jp

セルフパワーとは、USB機器が専用のアダプタで自ら電源供給を受けることで、USBハブにもこのセルフパワータイプがあります。安定した電源供給を受けられるため、消費電力が大きい電子機器を繋ぎたい場合は、電源付きのこちらのタイプが便利です。コンセントがいつでも使えるような屋内での使用や、消費電力の大きい機器を頻繁に繋ぐことなどを想定しているようであれば、セルフパワーが適しています。

持ち運びに便利!バスパワー

持ち運びに便利!バスパワー

出典:Amazon.co.jp

バスパワーとは、USB機器がパソコン側から電源供給を受けることで、USBハブにもこのバスパワータイプがあります。ハブ電源用のコンセントを探す必要がないので、どこでも使用できる利点があります。ハブに接続する電子機器は消費電力の低めなものが適しています。パソコンを持ち歩いて、出先でハブを使用することが多いのであればバスパワーの方がよいでしょう。

必要なポート数を確認する

必要なポート数を確認する

出典:Amazon.co.jp

ハブによってポート数や大きさも異なります。現在市販されている一般的なハブは、ほとんど2ポート以上あります。

バスパワーのハブは、3~4ポートでコンパクトなサイズのものが多い傾向にあります。セルフパワーはより多くのポート数を確保できますが、少しサイズが大きめであったり、アダプタなどの付属品がつきます。

個人の範囲で使うのであれば、それほど多くのポート数は必要ないでしょう。一方、仕事場など大人数で接続する場合には相応のポート数がなくてはなりません。ただし、ポート数が多いほど本体のサイズは大きくなります。デスクの上に置けるか、設置場所は確保できるかを確認しておく必要があります。

OSによる互換性もチェック

OSによってはUSBポートに接続するコネクタの形についても確認する必要があるでしょう。コネクタにはUSBやmini、microなど様々な形状があり、さらにその中でもいろいろな種類にわかれています。また、例えばMacのUSBポートなどは「Type-C(USB C)」というコネクタの中でも新しい形状の場合があります。接続するときになって形状が違う、と慌てないように、よく確認した上で選びましょう。

USBハブのおすすめ3選

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値1,239円(税込)

この商品の特徴

USB3.0に対応した4ポートのハブです。パソコンの周辺機器はケーブルがごちゃごちゃしてしまうところが悩みの1つですが、こちらのハブはケーブルが収納できるため、デスク周りをすっきりさせたい方にはピッタリです。また、給電形式がパスパワーなので、場所を取らない持ち運び用としても活躍させられそうです。大きなものは持ちたくない、パソコン周辺は必要最小限のものにしておきたい、という方におすすめしたい商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

USB3.0に対応した4ポートのハブです。パソコンの周辺機器はケーブルがごちゃごちゃしてしまうところが悩みの1つですが、こちらのハブはケーブルが収納できるため、デスク周りをすっきりさせたい方にはピッタリです。また、給電形式がパスパワーなので、場所を取らない持ち運び用としても活躍させられそうです。大きなものは持ちたくない、パソコン周辺は必要最小限のものにしておきたい、という方におすすめしたい商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値2,563円(税込)

この商品の特徴

セルフパワーとバスパワーのどちらでも使うことができます。一番のポイントはスマートフォン・タブレットに接続可能なmicro B端子や、最新規格のType-C、パソコンに接続する際のType-A、といった様々なコネクタ形状への対応が可能であることです。コネクタの形状が違う様々な機器を、このハブ1つで一気に接続できるのはとても便利です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

セルフパワーとバスパワーのどちらでも使うことができます。一番のポイントはスマートフォン・タブレットに接続可能なmicro B端子や、最新規格のType-C、パソコンに接続する際のType-A、といった様々なコネクタ形状への対応が可能であることです。コネクタの形状が違う様々な機器を、このハブ1つで一気に接続できるのはとても便利です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値1,499円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー