ノートパソコン用のスキンシールおすすめ7選!貼り直せるタイプも

ノートパソコン用のスキンシールおすすめ7選!貼り直せるタイプも

ノートパソコンを傷やホコリなどから保護してくれるのが「ノートパソコン用スキンシール」です。スキンシールは天板や液晶などを保護してくれる商品です。耐久性・防水性のあるものやデザイン性に優れたおしゃれなデコレーションフィルムなど、様々な種類があります。今回はそんなノートパソコン用スキンシールについて、選び方や使用するメリット、レッツノートやMacBookに対応したおすすめ商品などをご紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

ノートパソコンを傷や汚れから保護したい!

ノートパソコンを傷や汚れから保護したい!

普段からノートパソコンを持ち歩いている方も多いのではないでしょうか。ノートパソコンは薄く、バッグにも入れやすい大きさですが、保護ケースなどに入れると結局かさばってしまいます。そんなときにおすすめなのが、「ノートパソコン用スキンシール」です。

ノートパソコン用スキンシールとは、ノートパソコンの天板や裏面・キーボードなどに貼るシートのことです。保護ケースとは違って衝撃吸収力はありませんが、パソコン本体を傷や汚れから守ってくれるアイテムです。ケースに出し入れするのは面倒だけどノートパソコンを保護したいという方におすすめです。

ノートパソコン用スキンシールを使うメリット

いろいろなリスクからパソコンを守る

ノートパソコン用スキンシールを使うと本体や液晶画面を保護することができるので、細かい傷が付きにくくなります。商品の中には、液晶画面に貼るだけで自然に付いた傷を自己修復してくれるというものもあります。また防塵性のある商品を使えば、ノートパソコンにホコリや汚れが付きにくなります。防水性のあるものをキーボードや天板・裏面に貼ると、パソコン内部への水の侵入を防いでくれます。

さまざまなデザインを楽しめる

ノートパソコン用スキンシールには、デザイン性の高いものや絵柄の入ったものも多く販売されています。キーボードや天板に貼ることで、ノートパソコンを自分好みにアレンジすることができます。好きなタイミングで貼り替えることもできるので、気分や季節によってノートパソコンの雰囲気を変えて楽しむこともできます。

ノートパソコン用スキンシールの選び方

対応機種を確認

対応機種を確認

出典:Amazon.co.jp

ノートパソコン用スキンシールは、対応機種によってサイズや形状が異なります。商品を選ぶ場合は、自分のパソコンが対応機種になっていることを必ず確認しましょう。中には「DELL XPS13専用」などのように、対応機種専用のスキンシールが販売されている場合もありますので、購入前にチェックしましょう。

貼りたいパーツを決める

貼りたいパーツを決める

出典:Amazon.co.jp

ノートパソコン用スキンシールには、「トラックパッド用」「液晶画面用」などのようにパーツごとに販売されているものもあれば、キーボードや天板・裏面も含めたノートパソコン全体を保護するフィルムがセットで販売されているものもあります。商品を購入する際は、保護したい場所を考えて選びましょう。

貼り直しができるかどうかも確認

ノートパソコン用スキンシールには、何度でも貼り直しができる素材の商品もあります。粘着フィルムは、ずれたりシワが寄ったりと貼るのが難しい場合があります。粘着フィルムを貼るのが苦手な方には、貼り直し可能な素材がぴったりです。また、数種類のスキンシールを楽しみたい方にも貼り直せるタイプがおすすめです。

液晶画面には透過性の高いフィルムを選ぶ

液晶画面にスキンシールを貼る場合は、透過性の高いPETフィルムなどの素材がおすすめです。パソコンの画面が鮮明なのに透過性の低いスキンシールを貼ってしまうと、画面の鮮明さが妨げられる可能性があります。スキンシールの素材をしっかりと確認してから購入しましょう。

好みのデザインを見つける

好みのデザインを見つける

出典:Amazon.co.jp

ノートパソコン用スキンシールには、個性的でおしゃれなデザインの商品が多く販売されています。自分好みのデザインを見つけて、ノートパソコンをお気に入りのデザインにカスタマイズするのもおすすめです。またスキンシールを自作できる商品を購入すれば、世界で一つだけのノートパソコン用スキンシールをつくることも可能です。

ノートパソコン用スキンシールの貼り方

今回は、スキンシールを天板に貼る場合の貼り方についてご紹介します。

スキンシールの裏面の紙を一度剥がし、少しだけ粘着面が出るようにして裏面の紙を再度粘着面に貼りなおします。そしてパソコンの天板の上のラインと、スキンシールの粘着部分を合わせるようにします。スキンシールの裏面の紙を剥がして、粘着面を一気にパソコンに貼ります。気泡ができた箇所は外側に逃がしていきます。

これでスキンシールを貼ることができます。液晶画面など他のパーツについても同様に貼ることができます。

ノートパソコン用スキンシールのおすすめ7選

Surface Pro用スキンシール

デジタルココナッツwraplus for Surface Pro/Pro 4/Pro LTEAmazon最安値2,390円(税込)

出典:Amazon.co.jp

Surface Pro (2017年モデル以降)・Surface Pro 4・Surface Pro LTE Advanced専用のスキンシールです。Surface Pro3には対応していません。設計から生産まで、全てを日本国内で行うことで高い品質を実現しました。粘着面のエア抜き構造により、貼付けの際に気泡が残りません。薄さ0.2mmのスキンシールが機器本体にしっかりとフィットし、本来のデザインや軽さ薄さを損なうことなく傷から守ります。豊富な種類の中から、好みのデザインを選ぶことができます。

Surface Pro (2017年モデル以降)・Surface Pro 4・Surface Pro LTE Advanced専用のスキンシールです。Surface Pro3には対応していません。設計から生産まで、全てを日本国内で行うことで高い品質を実現しました。粘着面のエア抜き構造により、貼付けの際に気泡が残りません。薄さ0.2mmのスキンシールが機器本体にしっかりとフィットし、本来のデザインや軽さ薄さを損なうことなく傷から守ります。豊富な種類の中から、好みのデザインを選ぶことができます。

ノーブランドSurface pro 4 専用スキンシールAmazon最安値1,580円(税込)

出典:Amazon.co.jp

Surface Pro 4専用のスキンシールです。いつものパソコンをおしゃれなデザインに着せ替えることができます。高精細プリントで写真と遜色のないハイクオリティな仕上がりになっています。ちょっとしたすり傷などからパソコン本体を保護します。接着部はエアフリー素材のため、気泡が入ってしまう心配もほとんどありません。また再剥離素材なので、貼り付けた後にも調整して貼り直すことができます。

Surface Pro 4専用のスキンシールです。いつものパソコンをおしゃれなデザインに着せ替えることができます。高精細プリントで写真と遜色のないハイクオリティな仕上がりになっています。ちょっとしたすり傷などからパソコン本体を保護します。接着部はエアフリー素材のため、気泡が入ってしまう心配もほとんどありません。また再剥離素材なので、貼り付けた後にも調整して貼り直すことができます。

Mac用トラックパッドフィルム

レンションMacBook Pro 2016-2018用 トラックパッド保護フィルムAmazon最安値999円(税込)

出典:Amazon.co.jp

レンションMacBook Pro 2016-2018用 トラックパッド保護フィルム

Amazon最安値999円(税込)

MacBook Pro専用のトラックパッド用スキンシールです。トラックパッドの周りの部分を保護するシートもセットで入っています。耐摩耗性に優れている素材を使用しており、トラックパッドの周辺をしっかりと傷から守ってくれます。表面はMacBookとほぼ同じ色合いで、違和感なくスキンシールを貼っておくことができます。貼るときは気泡が入りにくく、剥がすときも粘着跡が残りにくい仕様になっているため、綺麗な状態で使うことができます。

MacBook Pro専用のトラックパッド用スキンシールです。トラックパッドの周りの部分を保護するシートもセットで入っています。耐摩耗性に優れている素材を使用しており、トラックパッドの周辺をしっかりと傷から守ってくれます。表面はMacBookとほぼ同じ色合いで、違和感なくスキンシールを貼っておくことができます。貼るときは気泡が入りにくく、剥がすときも粘着跡が残りにくい仕様になっているため、綺麗な状態で使うことができます。

Mac用スキンシール

ノーブランドMacBook スキンシール 木目柄Amazon最安値1,280円(税込)

出典:Amazon.co.jp

MacBook用の木目柄スキンシールです。リアルな木目柄で、凹凸もしっかり再現されています。 スキンシールは表面用と裏面用の2枚組です。とても丈夫で弾性力が強く、くしゃくしゃに丸めても元の形に戻ります。各種MacBookに対応できるサイズを取り揃えています。

MacBook用の木目柄スキンシールです。リアルな木目柄で、凹凸もしっかり再現されています。 スキンシールは表面用と裏面用の2枚組です。とても丈夫で弾性力が強く、くしゃくしゃに丸めても元の形に戻ります。各種MacBookに対応できるサイズを取り揃えています。

レッツノート用トラックパッドフィルム

ミヤビックスOverLay Protector for トラックパッド レッツノート SXYahoo!ショッピング最安値921円(税込)

出典:Amazon.co.jp

ミヤビックスOverLay Protector for トラックパッド レッツノート SX

Yahoo!ショッピング最安値921円(税込)

パナソニックのレッツノートSX専用の、トラックパッド用スキンシールです。表面の触り心地はサラサラとしていて、指が動かしやすいつくりになっています。しかししっかりとしたハードコートでできているため、トラックパッドが傷つく心配はありません。

パナソニックのレッツノートSX専用の、トラックパッド用スキンシールです。表面の触り心地はサラサラとしていて、指が動かしやすいつくりになっています。しかししっかりとしたハードコートでできているため、トラックパッドが傷つく心配はありません。

レッツノート用液晶保護スキンシール

ミヤビックスOverLay Eye Protector for レッツノート LXAmazon最安値2,750円(税込)

出典:Amazon.co.jp

ビジネスシーンで人気のPanasonic・レッツノート専用の液晶保護スキンシールです。液晶画面を傷やホコリから守ってくれます。またブルーライトカットタイプなので、液晶画面の光線から目を保護してくれます。表面素材は指紋がつきにくくお手入れも簡単です。ビジネスで毎日のようにレッツノートを使う方におすすめです。

ビジネスシーンで人気のPanasonic・レッツノート専用の液晶保護スキンシールです。液晶画面を傷やホコリから守ってくれます。またブルーライトカットタイプなので、液晶画面の光線から目を保護してくれます。表面素材は指紋がつきにくくお手入れも簡単です。ビジネスで毎日のようにレッツノートを使う方におすすめです。

HUAWEI MateBook X Pro用スキンシール

PDA工房スキンシール HUAWEI MateBook X ProAmazon最安値4,510円(税込)

出典:Amazon.co.jp

HUAWEI MateBook X Pro対応の天板用スキンシールです。カラーバリエーションは全11色で、高級感のあるメタリックゴールドや木目調など、豊富なラインナップがおすすめです。高品質で極薄のフィルムを採用しており、機器の重さや厚みに響きません。本体を傷や汚れからしっかりと保護してくれます。剥がしても糊が残りにくいタイプなので、気分に合わせて着せ替えも可能です。

HUAWEI MateBook X Pro対応の天板用スキンシールです。カラーバリエーションは全11色で、高級感のあるメタリックゴールドや木目調など、豊富なラインナップがおすすめです。高品質で極薄のフィルムを採用しており、機器の重さや厚みに響きません。本体を傷や汚れからしっかりと保護してくれます。剥がしても糊が残りにくいタイプなので、気分に合わせて着せ替えも可能です。

ノートパソコン用のスキンシールおすすめ商品比較表

商品画像
wraplus for Surface Pro/Pro 4/Pro LTE
Surface pro 4 専用スキンシール
MacBook Pro 2016-2018用 トラックパッド保護フィルム
MacBook スキンシール 木目柄
OverLay Protector for トラックパッド レッツノート SX
OverLay Eye Protector for レッツノート LX
スキンシール HUAWEI MateBook X Pro
メーカー

デジタルココナッツ

ノーブランド

レンション

ノーブランド

ミヤビックス

ミヤビックス

PDA工房

商品名

wraplus for Surface Pro/Pro 4/Pro LTE

Surface pro 4 専用スキンシール

MacBook Pro 2016-2018用 トラックパッド保護フィルム

MacBook スキンシール 木目柄

OverLay Protector for トラックパッド レッツノート SX

OverLay Eye Protector for レッツノート LX

スキンシール HUAWEI MateBook X Pro

最安値
Amazon2,390円(税込)
Amazon1,580円(税込)
Amazon999円(税込)
Amazon1,280円(税込)
Yahoo!ショッピング921円(税込)
Amazon2,750円(税込)
Amazon4,510円(税込)
商品リンク
この記事の修正依頼を送る

関連記事