下駄箱・シューズボックスのおすすめ4選&選び方【おしゃれに収納】

下駄箱・シューズボックスのおすすめ4選&選び方【おしゃれに収納】

家の顔とも言われる玄関は常にきれいにしておきたいですよね。そこで、散らかりがちな靴は「シューズボックス(下駄箱・靴箱)」に収納しておきましょう。薄型でおしゃれに使えるスリムタイプや、場所を取らない引き戸など、省スペースで利用できるものが多くあります。今回はシューズボックスの選び方や、100均アイテムを使ったDIYでの作り方、人気メーカーであるニトリやIKEAなどのおすすめ商品をご紹介しています。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

玄関が散らかって見えてしまう

玄関が散らかって見えてしまう

玄関は家の入り口なので、すっきりと片付けておきたいものです。しかし靴の置き場がないとどうしても散らかって見えてしまいます。シューズラックを置いても、足りなかったり、ブーツなど高さのある靴を収納できないこともあるでしょう。

そんなときにあると便利なのがシューズボックスです。箱形で扉を閉めることができるので、玄関をすっきりと片付けることができます。棚の高さを変えることでどんな靴でも収納できます。シューズボックスには扉タイプのものや引き戸タイプのものがあるので、玄関の広さなどに合わせて選ぶと良いでしょう。

下駄箱・シューズボックスを選ぶポイント

サイズは正確に測って選ぶ

サイズは正確に測って選ぶ

シューズボックスを選ぶときは、事前に玄関の広さを把握しておきましょう。感覚ではなく、正確な寸法が必要です。シューズボックスを置きたい場所をメジャーなどで測ってから商品を選びます。玄関は他の部屋などと違って置くものが大きすぎた場合に融通が利きません。小さすぎるものを置くと中途半端なデッドスペースができてしまいます。

玄関に合った理想的な高さ、奥行き、幅を知った上で選ぶようにしましょう。奥行きが浅い薄型のシューズボックスもあるので、玄関スペースをできるだけ使いたくない場合には検討しても良さそうです。

高さは玄関の雰囲気を決める

高さは玄関の雰囲気を決める

出典:Amazon.co.jp

シューズボックスの高さは様々です。天井近くまで届く背が高いものから、腰の位置ほどの低いものまであります。中にどれくらいの靴を収納できるかということは重要ですが、シューズボックスの高さは玄関の雰囲気にも関わります。

背が高いシューズボックスは、玄関に広さがないと圧迫感が出ます。狭い玄関で背が高いシューズボックスを使うのであれば、スリムな細型がおすすめです。比較的広めの玄関に置けば圧迫感よりも高級感が強くなるでしょう。反対に背が低いシューズボックスは横幅が広くないと靴をたくさん入れることができません。しかしシューズボックスの上のスペースにものを置いたりして活用することもできます。

デザインはインテリアの決め手に

デザインはインテリアの決め手に

シューズボックスのデザインは玄関のインテリアとしても重要です。玄関の雰囲気に合ったものを選ぶようにしましょう。清潔感を出したいのであれば、白やアイボリーなどのものがおすすめです。重厚感のある玄関にしたいのであれば黒や深いブラウンなども良いでしょう。

また、素材感も重要です。木製は高級感が出ますが経年劣化を考えておかなければなりません。アクリル製は劣化しにくくきれいに保ちやすいですが、デザインや色によっては少しチープな印象が出ることもあります。

収納方法は使い勝手を考慮する

収納方法は使い勝手を考慮する

出典:Amazon.co.jp

シューズボックスには扉付き、引き戸などの種類があります。扉タイプは大きく開けてシューズボックスの中を一目で把握できます。しかし手前に扉が開けるだけのスペースが必要です。引き戸タイプは横にスライドさせて開閉するのでスペースが狭いところでも使いやすいでしょう。しかし開けている方と反対側は引き戸を引き直さないと見えません。広さや使う方の習慣などで決めると良さそうです。

下駄箱・シューズボックスの作り方

下駄箱・シューズボックスの作り方

シューズボックスは簡単なものであれば手作りすることもできます。100均などで安く材料を揃えることも可能です。100均で売られているすのこを5枚購入して組み合わせることで簡単なシューズラックを作ることができます。接着剤やグルーガンを上手く使えば、DIYに慣れていない方でも可能です。色を塗ってオリジナル感を出しても素敵です。

以下のサイトでは、シューズボックスの詳しい作り方が紹介されています。気になる方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

下駄箱・シューズボックスのおすすめ4選

最安値24,900円(税込)

この商品の特徴

引き戸タイプのシューズボックスです。一般的な大きさの靴で18足まで収納できます。引き戸部分がスノコ状になっているので通気性が良く、中が蒸れにくいです。玄関の広さに合わせて、80cm幅と120cm幅から選ぶことができます。カラーもナチュラルとブラウンの2色あるので、雰囲気に合った方を選べそうです。シューズボックスの下に長めの脚がついているので、シューズボックスの下に湿気が溜まる心配もさほどないでしょう。高さは97.7cmなので天板の上を使うこともできます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

引き戸タイプのシューズボックスです。一般的な大きさの靴で18足まで収納できます。引き戸部分がスノコ状になっているので通気性が良く、中が蒸れにくいです。玄関の広さに合わせて、80cm幅と120cm幅から選ぶことができます。カラーもナチュラルとブラウンの2色あるので、雰囲気に合った方を選べそうです。シューズボックスの下に長めの脚がついているので、シューズボックスの下に湿気が溜まる心配もさほどないでしょう。高さは97.7cmなので天板の上を使うこともできます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:s4.aconvert.com

最安値5,399円(税込)

この商品の特徴

キャビネットを組み合わせて使えるシューズボックスです。51cm×39cmのキャビネットを好きなように組み合わせられるので、玄関に合ったシューズボックスにすることができます。靴だけでなく、小物も入れておけるので朝出掛けるときに必要なものをいれておくと便利です。奥行きが18cmしかないので、狭いスペースにも置くことができます。前に引き出して開けられます。家族の人数に合わせたシューズボックスを探している方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

キャビネットを組み合わせて使えるシューズボックスです。51cm×39cmのキャビネットを好きなように組み合わせられるので、玄関に合ったシューズボックスにすることができます。靴だけでなく、小物も入れておけるので朝出掛けるときに必要なものをいれておくと便利です。奥行きが18cmしかないので、狭いスペースにも置くことができます。前に引き出して開けられます。家族の人数に合わせたシューズボックスを探している方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値15,300円(税込)

この商品の特徴

たくさんの靴を収納できるシューズボックスが欲しいけど、置けるスペースが限られているという方にはスリムタイプのものがおすすめです。幅が29cmしかないので隙間などにすっきりと入れることができます。細身ですが高さがあるので靴は12足入れられます。組み立て時に扉の開き方を選ぶことができます。右開き・左開きどちらも可能です。高さは180cmです。いちばん上に入れた靴も比較的取り出しやすいでしょう。色は3種類あるので、玄関のイメージに合うものを選べます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

たくさんの靴を収納できるシューズボックスが欲しいけど、置けるスペースが限られているという方にはスリムタイプのものがおすすめです。幅が29cmしかないので隙間などにすっきりと入れることができます。細身ですが高さがあるので靴は12足入れられます。組み立て時に扉の開き方を選ぶことができます。右開き・左開きどちらも可能です。高さは180cmです。いちばん上に入れた靴も比較的取り出しやすいでしょう。色は3種類あるので、玄関のイメージに合うものを選べます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値9,680円(税込)

この商品の特徴

とてもシンプルでスタンダードなシューズボックスです。どんなインテリアの玄関にも合いやすく、引っ越しをしても使い続けやすそうです。扉はルーバーになっているので通気性が良く、外から中が見えることもありません。幅は75cm、高さは98cm、奥行きは35.5cmです。靴は24足まで収納することができます。奥行きがあるので、靴のサイズが大きめの方でも安心です。棚の調節も可能です。扉はマグネットで止まるようになっているので、きちんと閉められます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

とてもシンプルでスタンダードなシューズボックスです。どんなインテリアの玄関にも合いやすく、引っ越しをしても使い続けやすそうです。扉はルーバーになっているので通気性が良く、外から中が見えることもありません。幅は75cm、高さは98cm、奥行きは35.5cmです。靴は24足まで収納することができます。奥行きがあるので、靴のサイズが大きめの方でも安心です。棚の調節も可能です。扉はマグネットで止まるようになっているので、きちんと閉められます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

見せる収納がほしいあなたへ

いちいちシューズボックスの扉を開け閉めするのが面倒、という方や、収納もさらにおしゃれに見せたい、という方には「シューズラック」がおすすめです。以下のページでは、無印やニトリ、IKEAなどの人気シューズラックもご紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー