ドライブレコーダー(ドラレコ)のおすすめ4選!360度撮影も【2020年版】

ドライブレコーダー(ドラレコ)のおすすめ4選!360度撮影も【2020年版】

交通事故などのトラブル時に役立つのが「ドライブレコーダー(ドラレコ)」です。前後や360度撮影ができるものや、駐車監視ができるタイプなど、様々な種類があり、コスパの良い安価のものから、高価格で高機能なものまで幅広くなっています。今回はドライブレコーダーの選び方や取り付け方、Amazonや楽天で買えるユピテル、ケンウッド、コムテックなどの人気メーカーのおすすめ商品をご紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

万が一の交通事故に備えたい!

万が一の交通事故に備えたい!

交通事故は、いつ起こるか予測のつかないものです。「自分は安全運転を心がけているから大丈夫」と思っていても、危険運転者が近づいてくる可能性もあります。万が一事故に合ってしまったとき、相手に否があったとしても、「過失の割合を決める段階になると意見を覆してきた」というトラブルは後を絶ちません。

そんなときに活躍するのが「ドライブレコーダー」です。ドライブレコーダーは車載用の小型カメラで、略してドラレコとも呼ばれます。主に、交通事故や何らかのトラブルが起きたときのための証拠を撮影するために使われます。

ドライブレコーダーの必要性

ドライブレコーダーの必要性

ドライブレコーダーは、フロントガラスや後ろのリアガラスに取り付けるので視界が悪くなる、車内が煩雑になるというデメリットもあります。しかし、いざというときの「証拠」をとっておくのには、一番効果があるといえます。スマホで動画を撮ったり、相手の車のナンバーをメモしておくということもできますが、ドライブレコーダーがあれば事故の最中の様子を確実に記録できます。自分に落ち度がなかったことを証明する何よりの手立てとなりますので、1台用意しておくことをおすすめします。

また、ドライブレコーダーは、相手の非だけでなく自分の非も記録されます。「撮影されている」という認識があるからこそ、自分の運転を省みる機会になり、より安全な運転を心がけられるようになりそうですね。

ドライブレコーダーの選び方

ドライブレコーダーを選ぶうえで確認しておくべきポイントをご紹介します。

標識やナンバーまで見えるような画質かどうか

標識やナンバーまで見えるような画質かどうか

事故の証拠となる相手の車ナンバーや標識まで読み取れるような画質のものを選びましょう。せっかく撮影しても、大切な部分が見えにくいと証拠にできません。解像度はフルHD以上のものが良いでしょう。画素数でいうと「200万画素」以上を目安に選ぶのがおすすめです。

コントラストの補正機能があるかどうか

HDR(ハイ・ダイナミック・レンジ)とWDR(ワイド・ダイナミック・レンジ)はどちらも撮影した映像のコントラスト差を見やすいよう補正する機能です。HDRとWDRはほぼ同じ働きをします。どちらのほうがコントラスト修正に長けているということはほとんどなく、メーカーや商品によって使う語句が異なっている、というイメージです。どちらかの機能が搭載されていれば、映像の暗いところが潰れたり、白飛びしてしまうことはありません。はっきりと鮮明な映像を残しておくにはHDR/WDR機能がついているものがおすすめです。

信号の色を映せるFPS値のものを選ぶ

信号の色を映せるFPS値のものを選ぶ

LED信号機のライトは、人間の目には見えないスピードで点滅しているのはご存知でしょうか。じつは、1秒間の間に100~120回も点滅しているのです。一方、ドライブレコーダーも1秒間の間に数十枚の静止画を撮影し、パラパラ漫画のように繋げて映像をつくりだしています。そのため、信号機とドライブレコーダーのタイミング(周波数)が合わないと、信号が点灯していないように見えてしまう場合があります。

交差点での事故などは、信号機の色はとても重要です。信号機に影響されないドライブレコーダーが増えてきていますが、確実に信号機の色を撮影するためには、FPSの値を確認しましょう。具体的に言うと、「27.5FPS」のものだと信号の色が映ります。また、走りながら周波数を自動的に変えてくれる「フリッカー抑制」がついたものでもきちんと撮影できます。

撮影画角が108度以上のものを選ぶ

撮影できる画角が広いほど、広範囲を撮影することができます。いつも真正面で事故が起きるわけではないので、なるべく広い範囲を撮影できるものを選びましょう。各メーカーによっても異なりますが、撮影画角が最低でも108度、理想としては12o度以上あるものがおすすめです。

ドライブレコーダーの形で選ぶ

ドライブレコーダーの形は大きく分けると2種類あります。

カメラと本体が1つになっている一体型

カメラと本体が1つになっている一体型

出典:Amazon.co.jp

現在は、一体型のドライブレコーダーが主流です。カメラとデータを保存するストレージを1つにまとめているので、分離型よりはやや大きくなります。ケーブルの引き回しが少ないので、手軽に設置できるのが特徴です。

カメラ部分が小さく邪魔にならない分離型

カメラ部分が小さく邪魔にならない分離型

出典:Amazon.co.jp

カメラとストレージなどの本体部分を分けたタイプです。一体型に比べると、カメラ部分が小さいので、運転中の視野を邪魔しません。ただし、配線をパネルの裏側に回す必要があるために、取り付け専門店などでお願いしたほうが良いでしょう。

様々な録画方式をチェック

録画の方式は、メーカーや商品によって異なるのでチェックしておきましょう。

運転中は常に録画する常時録画

ドライブレコーダーは基本的に常時録画しています。エンジンをかけたときから自動的に録画をはじめ、エンジンを切ることで録画も終わります。エンジンを切ると録画が終わるので、決して24時間フルで録画されているわけではありません。常時録画しかついていないものは、映像を記録しておく領域がいっぱいになると自動的に古い映像が消去されていくので注意が必要です。

衝撃を検知するGセンサー録画

Gセンサー録画は、衝撃を検知したときに、その瞬間の映像を上書きされない領域にデータを保存するタイプです。急ブレーキや接触などの衝撃が起こった前後の映像が、データとして残ります。証拠となる決定的な瞬間をきちんと保護してくれるので安心です。

ボタンを押して撮影できる手動録画

急ブレーキや衝突などの衝撃を検知していないときでも、手動でスイッチを押すと、上書きされない領域に保存ができます。事故だけでなく、違法行為などを目撃したときなどにも録画することができます。

GPS機能の有無で選ぶ

GPS機能の有無で選ぶ

GPS機能が付いたドライブレコーダーだと、撮影した場所の情報も保存ができます。事故が起こったときの正確な場所を把握するのにも役立つのでおすすめです。

駐車中の事故を監視する駐車監視機能も

駐車監視機能がついていると、エンジンを切った後も録画が作動します。駐車場での当て逃げや車上荒らし、いたずらなどの証拠を残すことが可能です。今まで犯人の特定が難しかった駐車中のトラブルを解決する手掛かりになります。

ドライブレコーダーの取り付け方

ドライブレコーダーは、自分で取り付けることが可能ですが、配線等心配な方は専門店にお任せするのがおすすめです。

フロントガラスに貼りつける

フロントガラスに貼りつける

出典:Amazon.co.jp

多くのドライブレコーダーは両面テープでフロンドガラス上部に貼りつけます。視界の邪魔にならないよう取り付けましょう。目安としては、フロントガラスの上20%以内に取り付けます。吸盤で取り付けられるタイプもありますが、テープに比べると劣化しやすく落ちてしまう可能性が高いので注意が必要です。

シガーソケットから電源をとる

一番手軽にできるのが、シガーソケットから取る方法です。付属のコードを差し込むだけでドライブレコーダーが使えるようになりますが、配線が見えてしまいます。また、車にはシガーソケットの電源は1つしかありません。ポータブルナビなど他のものに電源に利用していると差込口が足りなくなるので、差込口を増やすソケットを利用するのがおすすめです。

きれいに失敗なく取り付けするならお店へ

配線をきれいにしたい方や、自分で取り付けるのは不安、という方はお店で取り付けを依頼しましょう。オートバックスやイエローハットなどのカー用品店や、町の自動車整備工場などでも受け付けをしています。カー用品店だと、自社販売品か持ち込み品かで取り付け工賃が異なります。自社販売品だと商品価格のほかに「5,000~6,000円」ほど、持ち込み品だと「9,000~12,000円」ほどです。インターネットや他店で購入した持ち込み品だと、繁忙期は取り付け自体を断られる場合もありますので注意が必要です。その他Amazonでは、実店舗と連携してカー用品 取付・交換サービスを行なっているので、チェックしてみましょう。

ドライブレコーダーのおすすめ4選

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値8,788円(税込)

この商品の特徴

ユピテル(YUPITERU)のWEB限定のお買い得なドライブレコーダーです。ドライブレコーダーとしての基本的な機能がすべてそろっています。200万画素で衝撃録画や手動記録も可能です。HDR機能や全国のLED信号機にも対応しているので困りません。これだけの機能がついていますが、価格もリーズナブルなのでとても魅力的です。コストパフォーマンスが高い商品をお探しの方にぴったりの商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

ユピテル(YUPITERU)のWEB限定のお買い得なドライブレコーダーです。ドライブレコーダーとしての基本的な機能がすべてそろっています。200万画素で衝撃録画や手動記録も可能です。HDR機能や全国のLED信号機にも対応しているので困りません。これだけの機能がついていますが、価格もリーズナブルなのでとても魅力的です。コストパフォーマンスが高い商品をお探しの方にぴったりの商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値13,609円(税込)

この商品の特徴

手軽に取付可能なワンボディタイプのドライブレコーダーです。フルHD録画対応で高画質録画が可能となっており、記録される映像の画角は127°と広角で申し分ありません。運転中の衝撃映像は自動保存されます。クルマを離れた際にも「駐車監視機能」に対応しており、車上荒らしやその他トラブルのセキュリティ面でも安心です。 32GB microSD同梱されているので、すぐに使えます。電源はシガーソケットから給電するタイプで、シガーライター電源ケーブル、取付ブラケット、クリーナークロスが付属しています。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

手軽に取付可能なワンボディタイプのドライブレコーダーです。フルHD録画対応で高画質録画が可能となっており、記録される映像の画角は127°と広角で申し分ありません。運転中の衝撃映像は自動保存されます。クルマを離れた際にも「駐車監視機能」に対応しており、車上荒らしやその他トラブルのセキュリティ面でも安心です。 32GB microSD同梱されているので、すぐに使えます。電源はシガーソケットから給電するタイプで、シガーライター電源ケーブル、取付ブラケット、クリーナークロスが付属しています。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値11,785円(税込)

この商品の特徴

高性能でありながらコンパクトなボディを両立した、ケンウッドのスタンダードドライブレコーダーです。バッテリーが内蔵されているので、エンジンを切った後、最大約25分間は動きを検知し、約10秒間録画することができます。スタンダードな商品なので、フルHD、LED信号機対応、HDR搭載など基本的な機能がそろっています。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

高性能でありながらコンパクトなボディを両立した、ケンウッドのスタンダードドライブレコーダーです。バッテリーが内蔵されているので、エンジンを切った後、最大約25分間は動きを検知し、約10秒間録画することができます。スタンダードな商品なので、フルHD、LED信号機対応、HDR搭載など基本的な機能がそろっています。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値34,500円(税込)

この商品の特徴

前後左右360度全方位を記録できるドライブレコーダーです。前方はもちろん、側面・後方、あおり運転などの映像も1台で記録することができます。エンジンを切った後でも最大12時間ものあいだ監視します。バックアップ機能がついているので、万が一事故などで電源が落ちてしまっても、映像を保護します。本体価格は高めですが、かなり高性能です。充実した機能のドライブレコーダーをお探しの方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

前後左右360度全方位を記録できるドライブレコーダーです。前方はもちろん、側面・後方、あおり運転などの映像も1台で記録することができます。エンジンを切った後でも最大12時間ものあいだ監視します。バックアップ機能がついているので、万が一事故などで電源が落ちてしまっても、映像を保護します。本体価格は高めですが、かなり高性能です。充実した機能のドライブレコーダーをお探しの方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

車内向けの便利グッズで心地よいドライブを

運転の際に感じるストレスを軽減してくれる、おすすめの便利グッズを取り上げています。車載充電器やスマホホルダーなど、色々な商品を紹介しているので、あわせて参考にしてみてください。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー