掛け布団のおすすめ5選!夏冬使えて洗濯可能タイプも

掛け布団のおすすめ5選!夏冬使えて洗濯可能タイプも

布団の寝心地が悪い、お手入れが大変という方は「掛け布団」の買い替えを検討してみてはいかがでしょうか。掛け布団は敷布団やベッドのサイズに合わせたシングル、ダブルなどがあり、それに応じたカバーもあります。夏には薄手、冬には厚手のものを使いますが、年間を通して使えるものもあります。さらに自宅で洗濯、収納できるクリーニングいらずの商品も人気です。今回は掛け布団の選び方や、ニトリなどのおすすめ商品をご紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

掛け布団の選び方

素材は好みと手入れの仕方で選ぶ

素材は好みと手入れの仕方で選ぶ

掛け布団の素材は様々あります。それぞれの素材に特徴があるので、自分の好みにあった素材を選んでおくと良いでしょう。

吸湿性の高い「木綿」

木綿の掛け布団は吸湿性が高く、汗を吸い取ってくれます。肌に優しいので子ども用の掛け布団に使っている方も多いようです。価格も比較的安くただし放湿性は低めなので、こまめに日に当てたり、洗濯をしたりと手入れをしておいた方が良いでしょう。また、少し重さがあります。上げ下ろしや押し入れに入れるときは力が要るかもしれません。

保温性の高い「羽毛」

羽毛素材の掛け布団は保温性が高く、軽いので体に掛けたときに圧を感じにくいです。寝返りもしやすいので、リラックスした状態で眠ることができます。ただし、羽毛の掛け布団は商品によって質の良し悪しがあります。店舗で購入する場合は手で触れて感触などを確かめられますが、通販で購入するときは口コミを参考にすると良いでしょう。

オールシーズン使える「羊毛」

羊毛の掛け布団は高級感が人気です。吸湿性が高いだけでなく放湿性も高いので、汗をかきやすい夏場も気持ち良く使えます。保温性も高いので冬場の利用もおすすめです。ただし羊毛の性質から手入れには注意が必要です。直射日光に当てると中で虫がわきやすいというデメリットがあります。そのため自宅での手入れが難しく、こまめにクリーニングに出す必要があります。

安さがうれしい「ポリエステル」

ポリエステル素材の掛け布団は価格が安く購入しやすいことが特徴です。普段ベッドを使っている方の予備の布団や、お客様用の布団として準備しやすいでしょう。ただしポリエステルは吸湿性が低く、睡眠中の汗や湿気が布団の中に溜まりやすいです。またポリエステルは素材がへたりやすいので、長く使うには不安があるという方が多いです。

こだわりたいなら「シルク」

シルクの掛け布団は吸湿性・放湿性ともに優れています。そのため肌触りが良く、季節を問わず快適に使いやすい素材です。ホコリが立ちにくいという特徴もあります。素材自体に高級感があるので、寝具にこだわりたい方には大変人気です。ただしシルクは素材としての価値が高く、掛け布団も高価です。また繊細な素材のため手入れも難しく、長持ちさせにくいとも言われています。

厚さは使う季節によって選ぶ

掛け布団には厚さの種類があります。それぞれに合った季節や使い方があるので、事前にいつ使う掛け布団を購入するのかを決めておくと選びやすいでしょう。

肌掛けは夏場に活躍

肌掛けは夏場に活躍

出典:Amazon.co.jp

肌掛け布団は厚さがもっとも薄く、重さも0.5kgほどです。掛け布団の中ではいちばん涼しく、夏場の使用に向いています。タオルケットよりも少し厚めで、掛け布団よりも薄いので、他の寝具と合わせて使うことで年中使うことも可能です。冬は肌掛けだけでは寒いので、毛布などと一緒に使うと少し暖かくなります。

あると便利な合い掛け

掛け布団の中では2番目の厚さです。暖かさも重さも肌掛けより有り、本掛けよりもライトに使えます。夏場は少し暑く感じるでしょう。冬場は肌掛けと組み合わせて使うことで本掛けと同程度の暖かさになります。真夏以外は使えるので、1枚あると便利な掛け布団です。

寒い季節には本掛け

掛け布団の中ではもっとも暖かく、重さも1.5kgほどあります。適度な重量で圧をかけるので、体に密着しやすく熱を逃しません。密度が高いので軽く掛けるだけでも一定の暖かさを感じるでしょう。夏場は暑くて使えませんので、寒い季節のみの使用となります。暖かくなり始めたらクリーニングに出して、次のシーズンまで収納しておくことになります。

使い分けられるデュエットタイプ

肌掛けと合い掛けのセットをデュエットタイプと言います。2枚の掛け布団を組み合わせて使うことで、寒い季節も暖かいです。夏場は肌掛けのみを使うなど、季節によって調整することができます。ファスナーや紐で2枚を組み合わせられるものも多く販売されています。カバーをつけることで2枚のずれも気になりません。デュエットタイプは肌掛けと合い掛けのサイズが揃っているので、一体感があり2枚使っていても煩わしさがありません。

大きさは使い方で選ぶ

大きさは使い方で選ぶ

掛け布団のサイズはシングル・セミダブル・ダブルなど、普通の布団と同じように用意されています。普段使っている敷き布団のサイズに合わせて準備すると良いでしょう。シングルの敷き布団に寝ているけど、少し狭く感じているという場合はワンサイズ上のセミダブルやダブルサイズを購入した方が良いです。特に寒い季節に使う予定があるのであれば、ジャストサイズだと体が温まりにくくなることもあります。掛け布団を体に巻くようにして使いたい方も同様です。

夏場は洗濯できるものが便利

最近は洗える掛け布団が多く販売されています。自宅で洗えるとクリーニングに出す必要がなく、気がついたときにいつでも洗うことができます。特に汗をかく季節などは頻繁に洗えた方が清潔です。ただし、自宅の洗濯槽の大きさによっては洗えないこともあるので、事前に洗濯槽の大きさも確認しておきましょう。

ハウスダストにはホコリが出にくいもの

ハウスダストにはホコリが出にくいもの

ハウスダストにアレルギーがある方や、ホコリが苦手な方はあらかじめホコリが出にくいものを選ぶと良いでしょう。ニトリのNクリーンなどであればホコリが出にくく、ハウスダストが増えにくいです。掛け布団は干して布団たたきで強くたたくと、中の綿が割れてしまいます。お部屋の環境などによってホコリが発生しやすいという方にもおすすめです。

掛け布団のおすすめ5選

最安値5,990円(税込)

この商品の特徴

ニトリとTEIJINの共同開発で生まれたハウスダストが起こりにくい掛け布団です。ホコリが出にくいだけでなく、ダニの侵入を防ぎ、花粉は払うだけで落とせます。従来のコットン製の掛け布団に比べると80%ほどのハウスダストをカットすると言われています。繊維は密度が高いので暖かく、表面はポリエステル素材です。洗濯機で洗えます。大きさは150cm×210cmの一般的なシングルサイズです。ハウスダストが気になる方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

ニトリとTEIJINの共同開発で生まれたハウスダストが起こりにくい掛け布団です。ホコリが出にくいだけでなく、ダニの侵入を防ぎ、花粉は払うだけで落とせます。従来のコットン製の掛け布団に比べると80%ほどのハウスダストをカットすると言われています。繊維は密度が高いので暖かく、表面はポリエステル素材です。洗濯機で洗えます。大きさは150cm×210cmの一般的なシングルサイズです。ハウスダストが気になる方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値24,800円(税込)
4.80(26件)

この商品の特徴

羽毛の掛け布団です。サイズはセミダブル・ダブル・クイーンから選べます。羽毛は臭いが出やすい素材ですが、時間をかけて丁寧に洗浄を繰り返しているのでほとんど臭いがないという口コミがいくつか見られます。抗菌防臭・防ダニ加工もされているので、使い始めてからも安心です。カバー用のループは8箇所についているので、全て紐で結ぶとずれることもありません。キルト状になっているので、使っている内に羽毛が偏ることもないでしょう。安心の日本製の掛け布団を探している方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

羽毛の掛け布団です。サイズはセミダブル・ダブル・クイーンから選べます。羽毛は臭いが出やすい素材ですが、時間をかけて丁寧に洗浄を繰り返しているのでほとんど臭いがないという口コミがいくつか見られます。抗菌防臭・防ダニ加工もされているので、使い始めてからも安心です。カバー用のループは8箇所についているので、全て紐で結ぶとずれることもありません。キルト状になっているので、使っている内に羽毛が偏ることもないでしょう。安心の日本製の掛け布団を探している方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値16,295円(税込)

この商品の特徴

羽毛の合い掛け布団です。大きさは170cm×210cmのセミダブルサイズです。ダウン85%、フェザー15%の割合で入っているので軽くて暖かいです。季節によって涼しくも暖かくも使えます。表面は細かく編んだ素材を使っているのでなめらかで思い通りの形にすることができます。軽量でふんわりと掛けて使えるので毛布などと組み合わせても重すぎることはなさそうです。中のダウンが飛び出しにくいダウンループ加工がされています。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

羽毛の合い掛け布団です。大きさは170cm×210cmのセミダブルサイズです。ダウン85%、フェザー15%の割合で入っているので軽くて暖かいです。季節によって涼しくも暖かくも使えます。表面は細かく編んだ素材を使っているのでなめらかで思い通りの形にすることができます。軽量でふんわりと掛けて使えるので毛布などと組み合わせても重すぎることはなさそうです。中のダウンが飛び出しにくいダウンループ加工がされています。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値1,280円(税込)
5.00(1件)

この商品の特徴

夏にも使える肌掛け布団です。表面はポリエステルと綿の混合素材でさらさらとした手触りを楽しむことができます。サイズは135cm×185cmです。柄はお任せで選ぶことができませんが、その分価格がかなり安くなっています。好みでない柄が届いた場合はカバーをつけて使うと良いかもしれません。肌掛け布団は使える季節が意外と長く、組み合わせ次第ではオールシーズン使うこともできます。自宅での洗濯も可能なので、手入れもしやすく重宝しそうです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

夏にも使える肌掛け布団です。表面はポリエステルと綿の混合素材でさらさらとした手触りを楽しむことができます。サイズは135cm×185cmです。柄はお任せで選ぶことができませんが、その分価格がかなり安くなっています。好みでない柄が届いた場合はカバーをつけて使うと良いかもしれません。肌掛け布団は使える季節が意外と長く、組み合わせ次第ではオールシーズン使うこともできます。自宅での洗濯も可能なので、手入れもしやすく重宝しそうです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値15,957円(税込)
4.54(140件)

この商品の特徴

肌掛け布団と合い掛け布団がセットになったデュエットタイプの掛け布団です。サイズはシングル・セミダブル・ダブル・クイーンから選べます。暖かい季節は肌掛け布団だけで使えますし、寒くなってきたら合い掛けと合わせて暖かく使うこともできます。毛布などと組み合わせて真冬に使うことも可能です。洗濯も自宅でできるので手入れも簡単です。本掛け布団はボリュームがあって収納が難しいという方にもおすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

肌掛け布団と合い掛け布団がセットになったデュエットタイプの掛け布団です。サイズはシングル・セミダブル・ダブル・クイーンから選べます。暖かい季節は肌掛け布団だけで使えますし、寒くなってきたら合い掛けと合わせて暖かく使うこともできます。毛布などと組み合わせて真冬に使うことも可能です。洗濯も自宅でできるので手入れも簡単です。本掛け布団はボリュームがあって収納が難しいという方にもおすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

掛け布団のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

おすすめ記事

掛け布団の人気売れ筋ランキング

おすすめキーワード

紹介されているメーカー