布団乾燥機のおすすめ10選!梅雨や花粉の時期に【2020年版】

布団乾燥機のおすすめ10選!梅雨や花粉の時期に【2020年版】

梅雨の時期など、季節によっては布団を干せなかったり、干しても湿気や臭いが取れないことがあります。そんなときは「布団乾燥機」がおすすめです。ダニ退治や湿気飛ばしをしてくれるものもあり、室内にいながら布団を清潔に保つことができます。その他、靴や服の乾燥に使えるものもあります。今回は布団乾燥機の選び方や使い方、気になる電気代、人気メーカー「象印」「日立」「パナソニック」などのおすすめ商品をご紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

布団乾燥機でいつでも干したての布団に

布団乾燥機でいつでも干したての布団に

布団を毎日干してダニを予防したいと考えている方は多いでしょう。しかし、実際に重たい布団を毎日干すのは難しいです。そんな時干したての布団のようにしてくれるのが布団乾燥機です。布団乾燥機があれば、ダニを殺すことができるだけでなく、布団を温めたり脱臭したりするなど、より快適な睡眠をサポートしてくれます。

布団乾燥機のメリット

布団乾燥機にはメリットが多く、ぜひご家庭に一つは準備しておきたいものです。具体的にはどんなメリットがあるのかを知っておくと良いでしょう。

ダニ退治ができる

毎日眠る布団の中には、目に見えないダニがいると言われています。ダニの好物はホコリなのですが、布団の性質上、全くホコリを付けないまま使うというのはとても難しいことです。布団乾燥機を使えば熱を使ってダニを退治することができます。「ダニ退治機能」などがついている布団乾燥機であれば、ダニが死ぬと言われている50℃まで温度を上げることができます。

湿気を飛ばすことができる

布団は常に室内の湿気を吸っています。梅雨時期など、人間が肌で湿気を感じる季節以外も同じです。夏の日中は熱い空気を含みますが、夜は冷房などで冷やします。すると布団の中で湿気が生まれやすくなります。また、寝ている間にかいた汗を吸っているので、その汗も湿気となります。寒い冬は湿気量は減りますが、布団を干す機会が減るので湿気が溜まりやすくなります。布団乾燥機を使えば、一年中湿気を飛ばして、布団を気持ちよく使うことができます。

布団乾燥機の種類と特徴

布団乾燥機は大きく分けて2種類あります。それぞれにメリットとデメリットがありますので、事前に確認しておきましょう。

マットありタイプ

マットありタイプ

出典:Amazon.co.jp

ホースの先にマットが付いていて、そのマットが布団に密着することで布団を乾燥させます。マットありタイプのメリットは価格の安さです。5000円台から販売されているので、比較的気軽に購入できます。また、マットが隅々までいきわたるように敷けば、ダニの除去率が上がります。デメリットはマットがある分、収納が必要なことです。

マットなしタイプ

マットなしタイプ

出典:Amazon.co.jp

ホースや吹き出し口から直接温かい風を布団に送るのがマットなしタイプです。メリットはマットがない分、準備や片づけの手間がかからないことです。サイズもコンパクトなものが多く、収納場所も確保しやすいでしょう。デメリットは、マットなしタイプに比べると価格が高いことです。安いものでも1万円ほどします。付属機能が増えるとさらに高くなります。

 

布団乾燥機の選び方のポイント

布団に対応しているか

布団に対応しているか

布団乾燥機は、使う布団に対応しているかどうかが重要です。事前に確認が必要なのは次の2点です。

サイズ

布団乾燥機は、その商品が対応している布団のサイズがあります。シングルやダブルなど、布団のサイズと同じですので、特に布団の長さを測る必要はありません。ただし、しっかりと乾燥をさせたいのであれば、布団よりもワンサイズ大きなものの方が確実です。シングルの布団にダブルサイズ対応の布団乾燥機を使う、などの方が熱が隅まで行き渡りやすくなります。

素材

布団乾燥機は熱風を出すので、布団の素材が熱に弱い場合は使えません。お使いの布団がその商品に対応している素材であることを確かめておきましょう。ほとんどの布団乾燥機では、綿・化学繊維の一部には対応しています。また、布団が羊毛・羽毛などにも対応している商品が多く見られます。

必要な機能を確認する

布団乾燥機の中には、さまざまな機能が付属しているものがあります。ご自宅に必要な機能があるのなら、事前に確認をしておくことで効率の良いお買い物ができます。

布団以外への利用

布団以外への利用

「衣類乾燥機能」や「靴乾燥機能」が付いている布団乾燥機もあります。冬場の部屋干しの乾燥や、ブーツの乾燥・脱臭、収納の乾燥などにも使ええて便利です。それぞれの使い方に必要なアタッチメントなどが付属されているものもあります。

タイマー

布団乾燥機をかけたまま、忘れて出かけてしまったりすると火災の原因になることもあります。タイマー付きが安心です。家事をしながら布団乾燥機のタイマーをセットしておけば、手が空いたときに片づけるだけでOKです。

脱臭効果

脱臭効果

出典:Amazon.co.jp

布団乾燥機の中には、脱臭機能がついているものもあります。布団は毎日使うので、どうしても臭いが付きやすく、また取れにくいものです。布団乾燥と一緒に脱臭ができるととても便利ですね。中にはアロマ機能がついているものもあり、脱臭だけでなく良い匂いにしてくれます。

クールダウン・暖め機能

布団乾燥機の熱が布団にこもっていることがあります。冬場であれば温かくて良いですが、夏場だとそうはいきません。そんなときはクールダウン機能がついているものが便利です。昼間のエアコンで、暑くても足元だけ冷えるという方には、足元だけ暖める機能がついているものもおすすめです。

安全機能

子どもがいるお宅では、チャイルドロックなどの安全機能がついているものが良いでしょう。布団乾燥機にはボタンがたくさんついているので、子どもはつい押したくなってしまいます。誤ってやけどやケガをしないためにも、安全機能があると安心です。

電気代はどのくらいかかる?

電気代はどのくらいかかる?

布団乾燥機は、家電の中でもやや電気代が高めだと言われています。布団乾燥機1回の使用にかかる電気代は、乾燥だけなら約14円、ダニ退治機能なら約72円ほどと言われています。電気代は「商品の消費電力×使用時間(30分は0.5時間と計算)×1kWhあたりの電気代÷1000」で求められます。たとえば、1kWh25円で消費電力680Wの布団乾燥機を30分間使用した場合は「680×0.5×25÷1000」で「8.5円」ということになります。

布団乾燥機の使い方

布団乾燥機を布団に使う場合は、敷布団と掛布団の間にホースや送風口を入れてスイッチを押すだけです。ここでは、布団乾燥機を使うときにちょっと工夫が必要なベッドでの使い方をご説明します。

STEP1:シーツを外した状態で準備する

ベッドパッドやベッドシーツ、掛布団カバーを外した状態で布団乾燥機を使います。事前に取り外しておきましょう。

STEP2:送風口を差し込む

布団乾燥機の送風口をベッドと掛布団の間に差し込みます。このとき、ベッドのあまりにも下にセットすると温風が上手く広がりません。頭、または足元から30センチほどベッドの内側に進めたところに差し込んでおきましょう。

STEP3:掛布団をかける

布団乾燥機をセットした状態で掛布団をかけます。掛布団は上から押さえつけずに、ふんわりとかけるようにします。枕も一緒に乾燥させる場合は、枕ごと掛布団で覆います。

STEP4:電源を入れる

布団乾燥機の電源を入れます。商品によって推奨されているコースや時間があると思うので、ご自身の希望に近いものを選びましょう。商品よって異なりますがダニ機能を使うと通常の乾燥よりも時間が長くなります。

STEP5:掛布団を裏返す

必要に応じて、掛布団を裏返して再度乾燥をします。掛布団が厚手の場合は、片面だけしか乾燥できないことがあるためです。

STEP6:必要に応じて掃除機をかける

布団乾燥は以上で終わりです。後は、必要に応じて掃除機や布団クリーナーでダニの死骸やホコリを掃除しましょう。

布団乾燥機のおすすめ10選

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値6,200円(税込)

この商品の特徴

マットありタイプの布団乾燥機です。お手軽な上に靴乾燥機能もついています。ダブルサイズで枕までしっかり乾燥できそうです。マットを外せば足元を暖めるときにも使えます。プラチナ抗菌フィルターで抗菌・防カビ対策されています。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

マットありタイプの布団乾燥機です。お手軽な上に靴乾燥機能もついています。ダブルサイズで枕までしっかり乾燥できそうです。マットを外せば足元を暖めるときにも使えます。プラチナ抗菌フィルターで抗菌・防カビ対策されています。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値10,909円(税込)

この商品の特徴

マットなしタイプの布団乾燥機です。布団乾燥はもちろん、衣類などのちょっとした乾燥にも使えます。本体は薄さ13cmととてもコンパクトなので、隙間に収納できますよ。温風と送風が選べるので、用途によって使い分けられそうです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

マットなしタイプの布団乾燥機です。布団乾燥はもちろん、衣類などのちょっとした乾燥にも使えます。本体は薄さ13cmととてもコンパクトなので、隙間に収納できますよ。温風と送風が選べるので、用途によって使い分けられそうです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値14,880円(税込)

この商品の特徴

日立製、マットなしの布団乾燥機です。大きさは、33.8×28.3×21.2cm、本体重量は4.3kgです。電源コードは約1.9mあります。シングルサイズの羽毛布団を、30分乾燥させるのに必要な電量料金が、約9.2円と省エネルギーになっています。アタッチメントやホースを本体に収納できます。コンパクトな布団乾燥機が欲しい方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

日立製、マットなしの布団乾燥機です。大きさは、33.8×28.3×21.2cm、本体重量は4.3kgです。電源コードは約1.9mあります。シングルサイズの羽毛布団を、30分乾燥させるのに必要な電量料金が、約9.2円と省エネルギーになっています。アタッチメントやホースを本体に収納できます。コンパクトな布団乾燥機が欲しい方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値8,680円(税込)

この商品の特徴

マットなしタイプの布団乾燥機です。長さの調節ができる2本のホースから温風を出せます。布団の中でホースを左右に分ければ広範囲の乾燥ができ、1本を長くしておけば足元もしっかり乾燥できますよ。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

マットなしタイプの布団乾燥機です。長さの調節ができる2本のホースから温風を出せます。布団の中でホースを左右に分ければ広範囲の乾燥ができ、1本を長くしておけば足元もしっかり乾燥できますよ。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値18,582円(税込)

この商品の特徴

マットなしタイプの布団乾燥機です。ナノイーを搭載しているので、布団の気になる臭いを脱臭できます。特に枕のイヤな臭いを何とかしたい方におすすめです。ホースは約1mまで伸びるので、足元まで乾燥させることができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

マットなしタイプの布団乾燥機です。ナノイーを搭載しているので、布団の気になる臭いを脱臭できます。特に枕のイヤな臭いを何とかしたい方におすすめです。ホースは約1mまで伸びるので、足元まで乾燥させることができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値13,400円(税込)

この商品の特徴

シャープの布団乾燥機です。プラズマクラスター機能が搭載されています。乾燥マットを使用する必要がなく使いやすいです。ダブルサイズの布団まで乾燥させることができます。温風を出し、布団を乾燥させるだけでなく、ダニなどの菌を退治してくれます。簡単に乾燥・消臭・除菌ができる、布団乾燥機を使用したい方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

シャープの布団乾燥機です。プラズマクラスター機能が搭載されています。乾燥マットを使用する必要がなく使いやすいです。ダブルサイズの布団まで乾燥させることができます。温風を出し、布団を乾燥させるだけでなく、ダニなどの菌を退治してくれます。簡単に乾燥・消臭・除菌ができる、布団乾燥機を使用したい方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値6,180円(税込)

この商品の特徴

ドウシシャの布団乾燥機です。サイズは幅160mm×奥行130mm×高さ275mmです。定格消費電力は、550Wです。冬モード・夏モード・乾燥モード・ダニ対策モード・送風モードと5つのパターンから選択して使用することができます。乾燥までのスピードが早い、布団乾燥機を求めている方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

ドウシシャの布団乾燥機です。サイズは幅160mm×奥行130mm×高さ275mmです。定格消費電力は、550Wです。冬モード・夏モード・乾燥モード・ダニ対策モード・送風モードと5つのパターンから選択して使用することができます。乾燥までのスピードが早い、布団乾燥機を求めている方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値1,500円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値6,997円(税込)

この商品の特徴

テスコムの、布団乾燥機です。サイズは高さ270mm×幅260mm×奥行203mmです。消費電力は750Wです。靴乾燥アタッチメントが付属しています。マットは必要なく、布団にホースを入れるだけなので、手間がかからず簡単に使用することができます。靴の乾燥にも使用できる、多機能型の布団乾燥機を求めている方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

テスコムの、布団乾燥機です。サイズは高さ270mm×幅260mm×奥行203mmです。消費電力は750Wです。靴乾燥アタッチメントが付属しています。マットは必要なく、布団にホースを入れるだけなので、手間がかからず簡単に使用することができます。靴の乾燥にも使用できる、多機能型の布団乾燥機を求めている方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値6,999円(税込)

この商品の特徴

ツインバード工業の、布団乾燥機です。サイズは33.5cm×14cm×28.5cmです。重量は3.3kgです。消費電力は450Wです。ダニ退治機能が搭載されているので、いつまでも清潔に使用することができます。夏モードと冬モードがあるので、季節を問わず1年中使用することができる、布団乾燥機を求めている方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

ツインバード工業の、布団乾燥機です。サイズは33.5cm×14cm×28.5cmです。重量は3.3kgです。消費電力は450Wです。ダニ退治機能が搭載されているので、いつまでも清潔に使用することができます。夏モードと冬モードがあるので、季節を問わず1年中使用することができる、布団乾燥機を求めている方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

布団乾燥機以外でも布団を快適に

布団乾燥機以外でも、レイコップなどの布団掃除機で布団をきれいにするのもおすすめです。以下の記事も参考にしてより快適な睡眠を手に入れましょう。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー