ヘッドライトクリーナーのおすすめ10選!黄ばみ除去・コーティング

車のヘッドライトの黄ばみ取りやコーティングなど、DIYで行いたいときには「ヘッドライトクリーナー」がおすすめです。業務用や研磨剤なしのタイプなど様々な種類があるため、どれを選ぶかが重要です。オートバックスやリンレイ、ゼロリバイブなど、口コミや人気ランキング上位の商品もチェックしておきましょう。今回はヘッドライトクリーナーの選び方や使い方、おすすめ商品などをご紹介します。

車のヘッドライトの汚れが気になる!

自分の愛車はいつもきれいな状態にしておきたいものです。汚れが目立ちやすいヘッドライトは、気になったらすぐにきれいにクリーニングしたいと思う方も多いでしょう。しかしヘッドライトの汚れや黄ばみはなかなかしつこく、そのまま少し拭うくらいでは落とすことはできません。そこで便利なのが、「ヘッドライトクリーナー」です。専用のクリーナーを使えば、業者に依頼しなくても自分でヘッドライトを手入れすることができます。

ヘッドライトクリーナーを使うメリット

雨の日もライトの光が快適に使える

ヘッドライトクリーナーでヘッドライトをきれいにすれば、パーツがクリアになってライトがより明るく照射されます。暗い時間帯や天気の悪い日には、ヘッドライトの点灯は不可欠です。特に雨の日は運転時の視界が一層悪くなりますが、きれいなヘッドライトで照射すれば、さらに快適に安全に運転することができます。

愛車がさらにきれいになる

愛車はずっときれいな状態で乗り続けたいですよね。車はさまざまな天候や環境野中を走行するため、洗ったり手入れをしたりしなければすぐに汚れてしまいます。ヘッドライトクリーナーを使えば、機能面だけでなく大事な愛車の見た目もきれいに保つことができます。

車検の対策にもなる

車検に通るためにはさまざまな条件をクリアする必要があり、ヘッドライトもその1つです。ヘッドライトは明るさや色が確認されます。ヘッドライトが汚れたり黄ばんだ状態のまま車検に持ち込むと、明るさ不足やライトの変色などで、これらの確認項目が是正対象になる可能性もあります。ヘッドライトクリーナーでヘッドライトをきれいな状態に保っておけば、車検対策にもなります。

ヘッドライトクリーナーの選び方

タイプと特徴を確認

がっつり使える「液体タイプ」

出典:Amazon

液体タイプは量が多く、何度も使えるところがポイントです。気軽にたっぷり使えて、黄ばみや汚れをしっかり取り除くことができます。コスパの良い商品の多いタイプです。

使いやすい「チューブタイプ」

チューブに入ったクリームタイプのクリーナーは中身を出しやすく、使いやすいことが特徴です。汚れや黄ばみを落としたい部分にしっかり付着するため、効率よく作業することができます。

業務用か一般用かを決める

出典:Amazon

ヘッドライトクリーナーには業務用と一般用があります。一般用はリーズナブルな価格と手頃な容量で、気軽に汚れ落としをすることができます。なお、業者に頼んだときのような仕上がりに近づけたいと思う方には、大容量の業務用タイプもあります。ただし、業務用は容量が多い分、価格が高めです。自分がどの程度まで汚れ落としをするのかによって、必要なクリーナーの容量は異なります。作業イメージを確認した上で、適切な容量の商品を選びましょう。

研磨剤を含むかどうか

ヘッドライトクリーナーの中には研磨剤が入っているタイプがあります。研磨剤が入っていると、その粒子により汚れが削り取られ落ちやすくなるため、頑固な汚れや黄ばみをきれいにしたい場合はぴったりです。ただし、研磨剤の粒子が荒いと、汚れだけでなくヘッドライトの表面まで削られてしまい、逆にヘッドライトを傷めてしまう可能性もあります。研磨剤が入っているタイプを選ぶ際は、粒子の大きさを確認するとともに、使用時も十分気を付けましょう。

有機溶剤が入っていないかチェック

エタノールなどの有機溶剤が入っているクリーナーには注意が必要です。有機溶剤がヘッドライトの表面を溶かして白く曇らせ、傷ませてしまう恐れがあります。クリーナーの購入費用をできるだけ抑えたいからと、原料を確認せずに格安のクリーナーを使うと思わぬダメージを与えてしまうかもしれません。ヘッドライトクリーナーを購入する際は、クリーナーに使用されている原料もチェックしましょう。

コーティングできるものも

出典:Amazon

ヘッドライトクリーナーには汚れや黄ばみ、曇りを落とすだけでなく、ヘッドライトをコーティングできるタイプもあります。ヘッドライトをクリーニングしたあとコーティングすれば、新たな汚れや傷、黄ばみなどがつくのを防ぎ、きれいな状態を保つことができます。ただし、コーティングが劣化した場合、そのままずっと放置すると新たな汚れや黄ばみなどの原因になります。コーティングをしたら、定期的に状態をチェックしたり、こまめに洗車しましょう。

持続期間も重要

コーティングが短時間ではがれ落ちた場合は、再度塗る必要があります。しかし、コーティングが剥がれてまた黄ばみや曇りが発生し、それを磨いて落とす、というような工程を何度も繰り返すと、黄ばみ・曇り落としの研磨による細かい傷がヘッドライトに蓄積されていき、それ自体が黄ばみや曇りの原因になってしまう可能性があります。これを防ぐには、できるだけ研磨の回数を少なくするため、1度塗ったら長い期間効果が持続するようなコーティング剤を選ぶ必要があります。

ヘッドライトクリーナーの使い方

出典:Amazon

ヘッドライトクリーナーを購入したら早速実際に使ってみましょう。順を追って丁寧にクリーニングすることで、ヘッドライトは本来のきれいな姿に戻っていきます。それではどのように使用すれば良いのかを説明します。

STEP1:汚れを拭き取る

はじめにヘッドライトについた汚れをクリーナーで拭き取ります。クロスなどやわらかい布にクリーナーをつけて、汚れや黄ばみが気になる部分をやさしく拭きます。なお、ほこりやゴミがついたまま作業を始めると、クリーナーの性能が十分に発揮されないので、クリーナーなしで落ちるゴミなどは落としておきましょう。洗車後に作業するのも良いでしょう。

STEP2:研磨剤で磨く

汚れを拭き終えたら、次は研磨剤で磨きます。クロスやスポンジなどに研磨剤をつけて、汚れや傷の気になる場所を磨いていきます。磨くときには上下に動かすと良いでしょう。

STEP3:コーティング剤を使う

仕上げにコーティング剤を塗ります。クロスやスポンジに適量をつけて、全体にムラなく塗ります。コーティング剤を使うと、透明感が出て汚れがつきにくくなります。せっかく手をかけたヘッドライトのきれいな状態を、可能な限り持続させるため、コーティングは非常に有効です。

ヘッドライトクリーナーのおすすめ10選

最安値970円(税込)

4.20(753件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値925円(税込)

4.00(236件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値3,200円(税込)

4.60(1,643件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値820円(税込)

3.70(153件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値1,119円(税込)

4.00(165件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値526円(税込)

3.90(155件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値908円(税込)

3.95(323件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値4,100円(税込)

4.50(54件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値820円(税込)

4.10(52件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値1,225円(税込)

4.44(252件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

まとめ

いかがでしたか?いつでも愛車をピカピカのきれいな状態にしておくため、ヘッドライトクリーナーもさまざまな種類を比較しながら納得の商品を選びましょう。

おすすめ記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー