ヘアクリップのおすすめ5選&選び方【かわいくヘアアレンジ♡】

ヘアアレンジの幅が広がる便利なアイテムといえば、ヘアクリップです。形状やデザインの種類がとても多く、使い方次第で様々なヘアスタイルをつくることができます。挟むだけ、留めるだけなど使い方が簡単なことも特徴です。今回は、そんなヘアクリップの種類別の特徴やおすすめ商品、ヘアクリップを使ったヘアアレンジ、ベビー用ヘアクリップを手作りする方法もご紹介します。

ヘアクリップとは

出典:Amazon

髪をささっとまとめたい、ヘアゴムだけでは味気ない、簡単にかわいいアレンジがしたい、など、人それぞれヘアアレンジに関する悩みがあるのではないでしょうか。

ヘアクリップを活用すれば、手軽に、おしゃれに、髪をまとめることができます。ヘアクリップは大きく分けて2つあり、おしゃれのために使うヘアアクセサリーとして販売されているものと、メイクをするときに前髪を留めたり、ヘアアイロンで巻き髪をつくるときのブロッキングや髪を切るときなどに使用する、主に家で使うタイプのヘアクリップがあります。

ヘアクリップの選び方

最適なタイプを確認

大きさも使い方もいろいろ!バンスクリップ

出典:Amazon

ヘアクリップの中でもポピュラーな形状の1つです。真ん中に蝶つがいがついています。左右対称に開いて、髪を挟んで使います。大きさによって異なるヘアアレンジができます。大きめサイズであればアップスタイルにすることができ、中くらいのサイズであればハーフアップをするのにも便利です。ミニサイズは前髪や顔まわりの髪を留めるのに便利です。ワニクリップとも呼ばれています。

まとめ髪を簡単に!バナナクリップ

出典:Amazon

名前の通り、バナナのようにカーブがついているタイプのヘアクリップです。ワンタッチで開閉することができる上に、ホールド力の強い商品が多いのが特徴です。バナナクリップで髪を挟んで一つ結びのようにアレンジすることができます。飾りつきのバナナクリップは、華やかな印象に仕上げたいときにおすすめです。留め具部分が上になるように使うのが正解です。縦ではなく横にして留める使い方もあります。

結び目をおしゃれに!テールクリップ

出典:Amazon

ヘアゴムで一つ結びにしたときに、それだけでは物足りないと感じたことはありませんか。そんなときにおすすめなのが、テールクリップです。くるっと輪のような形状をしていて、ワンタッチでつけ外しができます。商品によっては、極細タイプのゴムで一つ結びにして、上からテールクリップをつけるのもおすすめです。

さらに華やかな印象に!ドラマティッククリップ

出典:Amazon

ドラマティッククリップとは、かんざしとヘアクリップが一体になった商品です。キラキラとしたビジューがついている商品が多く、華やかな印象です。先端がかんざしのようになっていて、モチーフがついている部分がクリップになっています。夜会巻きや浴衣のヘアアレンジのときにおすすめのタイプです。

一時的な髪留めとしてぴったり!ダッカール

出典:Amazon

これまでご紹介してきたヘアクリップの種類は、見た目にもこだわったおしゃれのための商品ですが、ダッカールはおしゃれやヘアアレンジのために使う商品以外に、家の中で使うことを基本とした商品もあります。前髪があると、メイクをするときにファンデーションなどが前髪につくなどメイクをしづらいですが、ダッカールがあれば前髪をさっと留めてメイクがしやすくなります。巻き髪をつくるときや髪を切るときのブロッキングにも重宝します。

ヘアスタイルにあったサイズをチョイス

ヘアクリップはサイズ選びも大切です。髪全体を留めて一つ結びのようなスタイルにしたり、アップスタイルをつくりたいときは大きなサイズを購入しましょう。ヘアクリップが小さくなるにしたがって留められる髪の量が少なくなります。ベビーやキッズ用のヘアクリップのような、小さなサイズのヘアクリップも販売されています。

髪質や毛量に合ったものにする

髪にハリがあったりボリュームが多かったりする方は、バナナクリップを使うと留め具が割れて破損してしまうことがあります。髪を多く挟める幅のあるものや、大きめのサイズを使用することをおすすめします。幅のあるバンスクリップであれば比較的留めやすいでしょう。一方で髪が柔らかかったり毛量が少なかったりするために、髪を留めてもヘアクリップが落ちてきやすい方もいます。そんな方はサイズの小さいもの、幅が狭いもの、ホールド力の高いものを選びましょう。

使う場所に合わせる

顔まわりは小さめのダッカールやミニサイズのバンスクリップなど、頭のカーブに合ったものがおすすめです。髪全体をまとめるならば、大きめのバナナクリップやバンスクリップ、テールクリップが使いやすいです。髪を先にアップスタイルにまとめた上で飾りも兼ねてつけるなら、ドラマティッククリップも素敵です。

ヘアクリップを使っておしゃれにヘアアレンジ

ヘアクリップを使ってはいるものの、いつも同じヘアアレンジになってしまっていませんか?今回は、バンスクリップを使ったハーフアップスタイルをご紹介します。いつもと違う髪型にも挑戦してみましょう。

STEP1:全体をゆるく巻き髪にする

必須ではありませんが、軽く巻いておくことでヘアアレンジに動きがでます。ダウンスタイルと違って髪の上部は結んでクリップで留めるので、きっちり巻かなくても大丈夫です。耳より下の部分は少し丁寧に巻くことで仕上がりが綺麗になります。前髪はかわいい印象にしたければ強めに、大人っぽい印象であれば軽くアイロンを通す程度で内巻きになりすぎないようにしましょう。

STEP2:ヘアゴムで髪を結ぶ

耳より上の部分の髪をヘアゴムで結んでハーフアップにします。頭頂部に高さが出ると華やかな印象になるので、結んだ後に髪を少しずつ引き出して調整するのがおすすめです。

STEP3:バンスクリップで留める

最後にヘアゴムを隠すようにバンスクリップを留めたら完成です。留め方が甘いと落ちてきてしまうことがあるので、髪をしっかりと挟むようにするといいでしょう。

ベビー用ヘアクリップを手作りしよう!

100均などで「やっとこピン」というものが販売されています。このやっとこピンを使って、小さなお子さん用のヘアクリップを手作りすることができます。作り方がわかりやすく記載されているサイトをご紹介しますので、世界でたった一つのヘアクリップをつくってみませんか。

両面テープやチロルテープを使ってつくるヘアクリップです。テープの柄やモチーフの選び方で様々な印象のヘアクリップをつくることができそうです。

こちらはリボンを使ってつくるヘアクリップです。色んなカラーリボンでつくって、その日の洋服に合わせてつければコーディネートを楽しむこともできます。

ヘアクリップのおすすめ5選

最安値1,180円(税込)

4.20(10件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

バナナクリップタイプのヘアクリップです。色違いで6種類販売されているので、雰囲気や服装に合わせて選ぶことができます。キラキラしているものの派手過ぎないため、オフィスなどの普段使いにもぴったりな商品です。クリップの長さは10cmです。ベロアポーチつきなので、ちょっとしたギフトとしてもおすすめです。

最安値540円(税込)

4.14(285件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

朝の忙しい時間帯にヘアクリップをつけたことで髪に変な癖がつき、がっかりしたことはありませんか。こちらの商品は髪を留めても跡がつきません。そのため、メイクをするときに安心して前髪や顔まわりの髪を留めることができます。また食事の際やデスクワーク中など、髪の毛が邪魔なときにも気軽に使うことができます。

最安値1,303円(税込)

5.00(6件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

バンスクリップにリボンがついている商品です。ネイビーブルーのシンプルなデザインなので、どんな服装にも合わせやすいでしょう。学生から大人まで、様々な年代の方が使いやすいデザインです。シンプルなアクリル素材にリボンがついているため、クリップ自体が軽いのも嬉しいポイントです。持ち手部分にもリボンがあしらわれています。

最安値1,857円(税込)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

かんざしの華やかさとクリップの利便性の両方を備えた、ドラマティッククリップです。キラキラした部分の色が違う商品があります。グリーン、ブルー、レッド、ピンクなど種類が多いので、合わせたい浴衣や気分に合ったお気に入りが見つかりそうです。ハーフアップにもアップスタイルにも使うことができます。

最安値1,728円(税込)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

さっと挟むだけで一つ結び完成する、上品な印象のテールクリップです。朝の忙しい時間に、時短でおしゃれなヘアアレンジをしたい方におすすめです。シャンパン、ブラック、ブルーグレーのカラー展開があります。リングの内径はおおよそ35mmです。使い方は簡単なのに、シンプルなヘアゴムで結ぶよりもおしゃれな印象になります。

まとめ

いかがでしたか。ヘアクリップがあれば、家でさっと髪をまとめたりお出かけのときに使ったりと、様々なヘアアレンジを楽しむことができます。この機会にお気に入りのヘアクリップを見つけてみてはいかがでしょうか。

おすすめキーワード

紹介されているメーカー

おすすめ記事