充電式電池のおすすめ7選!高出力のハイエンドタイプも

充電式電池のおすすめ7選!高出力のハイエンドタイプも

充電式電池は、充電することで繰り返し使うことのできる電池です。商品によって充電回数や容量、寿命が異なり、種類も単1、単2、単3、単4とそれぞれあります。カメラやノートパソコン、スマホ、ラジコン用など、幅広い用途に使える製品が販売されています。今回は、充電式電池の特徴や選び方を、エネループやエボルタなどのおすすめ商品とともにご紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

充電式電池のメリット

繰り返し使えるので経済的

充電式電池の最大のメリットは、充電すれば繰り返し何度も使用でき、コスパが良い点です。メーカや電池の種類にもよりますが、1,000回前後使える商品もあります。初期費用は、充電式電池と充電器が必要があるため、乾電池よりコストがかかりますが、複数回使用できるので長い目で見ると割安です。充電方法も、充電器に差し込むだけで簡単なので扱いやすい点もメリットです。

環境に優しくエコ

乾電池のように、使うたびに捨てる必要がないためゴミが出ず、環境に優しい点もメリットです。不要になった充電式電池は、再資源化に取り組む一般社団法人JBRCが、全国の各自治体や家電量販店などに設置する回収ボックスに持ち込めば、無料で処分が可能です。

低温に強い

アルカリ乾電池は低温に弱いデメリットがあり、0度以下の寒い場所では通常の3分の2から半分以下の時間しか使用できません。充電式電池は低温に強い点が強みで、製品によっては氷点下の-20度の環境でも、通常時と同様に使用可能なものもあります。

充電式電池の種類

パワーは強いが容量が少ないニカド電池

パワーは強いが容量が少ないニカド電池

出典:Amazon.co.jp

ニカド電池(ニッケル・カドミウム充電池)は、最大500回程度の充電が行え、強力で安定した放電を行える点がメリットです。アルカリ性乾電池との互換性もあります。一方で、一日放置するだけで自己放電により容量が低下しやすく、電池の残量がある状態では、完全に充電できないメモリー効果が発生するデメリットもあります。コードレス掃除機やDIY用の電気工具など、モーターを使うハイパワーが必要な電気機器に向いています。

小型家電や玩具に使いやすいニッケル水素電池

小型家電や玩具に使いやすいニッケル水素電池

出典:Amazon.co.jp

ニッケル水素電池は、ニカド電池の欠点を補うために開発された電池です。ニカド電池の約2倍の容量で、アルカリ性乾電池との互換性もあるため、家庭用の小型家電や子どもの玩具など幅広い用途に適しています。市販の充電式電池の主流として多くの製品が販売され、手頃価格で手に入ります。アルカリ乾電池は、充電が少なくなると電圧が下がりますが、ニッケル水素電池は、充電が切れる寸前まで一定の電圧を保ち、安定した電力を使える点もメリットです。ニカド電池と同様、充電が残った状態で継ぎ足し充電を行うと、充電が完全に行われないデメリットもあります。

小型でハイパワーのリチウムイオン電池

小型でハイパワーのリチウムイオン電池

出典:Amazon.co.jp

リチウムイオン電池は、スマホやノートパソコン、タブレット端末、モバイルバッテリーなどに多く採用される、最新の充電式電池です。約3.6Vの高い放電能力があり、アルカリ性乾電池の約1.5倍、ニッケル水素電池の約3倍の電力を持ちます。価格は高めですが、小型で軽量、大容量なので、モバイル機器用の電池としては欠かせない存在です。自己放電による電力低下がほとんどないメリットがありますが、容量以上の充電は、過充電による高熱化の危険が伴うため注意が必要です。

充電式電池の充電容量

コスパの良いスタンダードタイプ

コスパの良いスタンダードタイプ

出典:Amazon.co.jp

スタンダードタイプは、充電容量はハイエンドタイプより少な目ですが、比較的安価で手に入ります。充電回数は製品によって異なりますが、2,000回前後が主流なので、1度購入すると長く愛用できるコスパの良いタイプです。

容量の大きいハイエンドタイプ

容量の大きいハイエンドタイプ

出典:Amazon.co.jp

ハイエンドタイプは、一度に単3電池で2,500mAh前後、単4電池で900mAh前後の大容量の電力が確保できます。容量が多いため価格はスタンダードより高いですが、一度の充電で長時間の使用が可能です。ただし充電回数は300~500回と少な目です。一度に多くの電力を使う電気シェーバーや、出先で充電を長持ちさせたいとき、常時電池を使うデジカメや電子辞書などには、ハイエンドタイプがおすすめです。

充電式電池の選び方

充電回数で選ぶ

製品によって、繰り返し充電できる回数には違いがあります。容量が少ないものは充電回数が多く、多いものは充電回数が少ない場合がほとんどです。同じ価格帯で悩んだ時は、電池の容量と充電回数で比較し、より価格と充電回数や容量のバランスのとれた製品を選ぶと良いでしょう。

用途で選ぶ

リモコンや時計にはスタンダードタイプ

リモコンや時計にはスタンダードタイプ

リモコンや時計、体重計や電子スケール、電動歯ブラシなど、電池交換の頻度が低く、消費電力の低い機器の使用には、スタンダードタイプでも十分使うことができます。価格が安く、充電回数も多いので気軽に取り入れやすくておすすめです。

ラジコンなどの高出力にはハイエンドタイプ

ラジコンなどの高出力にはハイエンドタイプ

出典:Amazon.co.jp

モーターを使用し瞬間的なパワーが必要なラジコンや、キーボード、音のなる子ども用玩具など、消費電力の大きい機器への使用には、容量の大きいハイエンドタイプがおすすめです。ラジコンは一度に6~7本の電池が必要なタイプもあり、毎回乾電池を購入していてはコスパが悪いので、ハイエンドタイプの充電池を上手に活用しましょう。

カメラには充電回数の多いものを

カメラには充電回数の多いものを

出典:Amazon.co.jp

デジタルカメラなど、利用頻度が高く、電池交換の回数も多い機器への利用には、充電回数が多いものを選ぶと良いでしょう。旅行中や、運動会、学校行事などの撮影や、電池を消費する夜間のフラッシュ撮影を行う時は、電力をたくさん確保できるハイエンドタイプがおすすめです。

規格で選ぶ

充電式電池は、JIS(日本工業規格)で定められた単1、単2、単3、単4などサイズが様々あります。数字が小さいほどサイズは大きめです。サイズ変換スペーサーを使用して、単3から単2など異なるサイズへの変換ができる便利な製品もあるので、上手に活用すればコスト削減ができます。充電には、電池ごとに専用の充電器が必要ですが、製品によっては互換性があり、同一の充電器を使用し種類の異なる電池が充電できるものもあります。

充電式電池のおすすめ7選

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値3,655円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値4,018円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値1,545円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値680円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値1,103円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値2,480円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値1,517円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

非常用の保管に乾電池もチェック

災害用の懐中電灯など、普段使わない電池の保管には乾電池がおすすめです。乾電池の選び方やおすすめ商品を紹介しています。ぜひチェックしてみてください。

充電式電池のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー