曲面ディスプレイのおすすめ9選!仕事やゲームに【2019年版】

曲面ディスプレイのおすすめ9選!仕事やゲームに【2019年版】

PC用のディスプレイで注目されているのが、曲面ディスプレイです。画面の縦横比が従来の16:9に比べ横長で、曲線を描いているディスプレイのことをいいます。ゲームなどを迫力のある映像で楽しめるところがメリットです。ゲーミングモニターを搭載し、湾曲しているため、画面の隅々までクリアに見えることからFPSなどに最適です。PCやゲーム機同様、DellやLG、そして台湾のメーカーのAcer、MSIなどが製品を展開しています。そこで今回は、注目度の高い4K対応モデルや価格のほかに、映像美はもちろん、長時間仕事でPCを使用しても目が疲れにくいノングレアタイプなど、各メーカーから販売されている曲面ディスプレイをご紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

曲面ディスプレイで迫力のある映像を楽しみたい

曲面ディスプレイで迫力のある映像を楽しみたい

出典:Amazon

よりリアルに近い臨場感が体感可能な曲面ディスプレイは、ディスプレイの両端と目に距離ができる平面ディスプレイに比べ、使用者を包み込むように、前面に湾曲することで目との距離を一定に保ち、映像への没入感を向上させています。そのため、大きな画面の端から端までどこをみても、美しい映像が表示されます。高度な技術を要するため、なかなか手の届かない価格でしたが、モデルによっては低価格のものも登場しているので、普及の速度も徐々にあがってきています。

曲面ディスプレイのメリット

画面が広いので情報量が多い

平面ディスプレイと比べると、曲面ディスプレイは、縦横比が21:9と横に長く、ディスプレイが湾曲しているところが特徴です。湾曲しているので、一定の距離感を保ちながら、目線を動かさなくても、瞬時に目から得られる情報量が多くなります。そのため、映像や写真の編集など、複数のウィンドウを表示させる必要があるクリエイティブな作業の効率がアップします。そのほかにも、一瞬で多くの情報を見て判断しなければならないシューティングゲームにも向いています。

使用中の臨場感が増す

使用中の臨場感が増す

出典:Amazon

曲面ディスプレイは、弧を描くように湾曲することで、見える範囲が広く大きくなり、リアルな風景を見ているような感覚になるところが特徴です。ディスプレイと目の距離を一定に保つことが可能な曲面ディスプレイのメリットは、ゲームなどをプレイすると圧倒的な没入感を得ることができることです。画面から映像が迫ってくるような臨場感が体感できます。

曲面ディスプレイの選び方

画面のサイズで選ぶ

画面のサイズで選ぶ

出典:Amazon

ディスプレイの大きさに注目が集まる曲面ディスプレイですが、チェックしておきたいのが、デスクの大きさやディスプレイの用途です。映画やゲームで映像に臨場感を求める場合は、35インチ以上のものが最適です。また、デスク周りが狭く、文書作成などの仕事や株取引などに利用したい場合は、大きすぎると作業がしづらく、30インチ以下のディスプレイが作業効率を向上させます。実は、首が痛くなることもあるので、ディスプレイのサイズと椅子からの距離も大切です。自分の環境にマッチしたディスプレイを選ぶだけで、視線の過剰な動きを防げるため、眼精疲労の軽減に期待できます。

解像度で選ぶ

パソコンの解像度を確認

ピクセル(小さな粒)の集まりによって映像が構成されているディスプレイの解像度は、ピクセルの数によって決まります。細かい部分が鮮明に描写され、きれいな映像を楽しめるのは、解像度の高いディスプレイの特徴ともいえます。曲面ディスプレイを検討しているときに大切なポイントは、同じサイズのディスプレイで解像度の数値が高いものを選ぶことです。解像度の数値を比べるときは、必ず同じサイズのディスプレイの数値を対象にしてください。

パソコンの4K対応もチェック

曲面ディスプレイの中でも高精細といわれているのが4K対応のモデルです。4K対応のディスプレイのメリットは、画像だけでなく文字も高精細に表示可能なため、美しい映像を見られるところです。さらに、作業用モニターとして長時間使用するときも解像度が高く高精細なため、眼精疲労が軽減されるところも魅力のひとつです。さらに、解像度の高いディスプレイを横長に広く使用できるため、一度にたくさんの情報を表示することができます。

液晶の種類で選ぶ

画面のコントラスト比が高いVAパネル

画面のコントラスト比が高いVAパネル

出典:Amazon

構造上VAパネルは、バックライトをほぼ完全に遮断できるため、コントラストが高く、ブラックの表現が美しいという利点があります。黒から白よりも、白から黒への表示が早いという特徴があり、動画などの映像やゲームなどを表示する場合は、オーバードライブ回路を搭載して、応答速度を貯めている製品をおすすめします。

視野角ごとの映りが均等なIPSパネル

視野角ごとの映りが均等なIPSパネル

出典:Amazon

IPSパネルはVAパネルに比べて、視野角の明るさの変化が少なく、画面の中央と端など、視野角ごとのばらつきが少ないため、グラフィックなどの画像編集に最適です。そのため、応答速度はVAパネルに比べて遅く、動画などの映像向きではありません。仕事以外の利用はあまりないという方におすすめです。

液晶の光沢で選ぶ

鮮やかな発色のグレアタイプ

グレアタイプは表面に光沢があり、発色が鮮やかなのが特徴です。映像の発色の鮮やかさや美しさを重視する方におすすめです。ただ、光沢があるために室内や太陽光を反射しやすいので、光の強い場所で画面が見づらかったり、長時間見ていると目が疲れたりすることがあるので注意が必要です。

目が疲れにくいノングレアタイプ

ディスプレイ表面の反射率が高く、目が疲れやすいグレアタイプに比べて、ディスプレイの表面の反射率が抑えられているため、目が疲れにくいのがノングレアタイプです。映像美の美しさではグレアタイプにかないませんが、反射率が低いことで、ディスプレイに近寄って映像の細部まで確認することができるメリットがあります。そのため、長時間ディスプレイに向かって仕事などの作業をする機会の多い方におすすめです。

描写性能で選ぶ

リフレッシュレートを示すHzを確認

リフレッシュレートとは周波数のことで、高いリフレッシュレートに対応しているディスプレイのことをゲーミングディスプレイと呼びます。映像をディスプレイに表示するためには、PCから送られてくる情報をコマ送りのように更新していくことが必要です。特に、素早い情報を表示するゲームなどでは、PCから多くの情報を素早く受け取る必要があります。説明書などでは、Hz(ヘルツ)と表記され、Hzが高ければ高いほど滑らかな動作表示が可能になります。リフレッシュレートは、スポーツ映像やハードな動きのゲームの視聴が多い場合は、120Hz以上のものが必要ですが、一般的な基準は60Hzとなっています。映像を楽しんだり、仕事としてPC作業する程度なら、あまり気にしなくても大丈夫ですが、FPSのようなシューティングゲームを楽しむ場合にはかなり重要です。ちなみに、PCがグラフィック機能に対応していなければ、曲面ディスプレイがリフレッシュレートに対応していても、効果を発揮できません。

応答速度を示すmsを確認

PCから信号が出て、画面にどれだけ早く表示されるかを表す応答速度は、ms(ミリセカンド)という単位で表記され、5msが標準といわれています。応答速度の影響を受けやすいゲームなどには、高速なディスプレイの1msのものが適しています。応答速度はmsの数字が小さくなるほど高速になるので、購入する際は、リフレッシュレートとあわせてチェックしてみてください。

ディスプレイ端子を確認

ディスプレイ端子を確認

出典:Amazon

PCの出力端子とディスプレイに搭載されている入力端子が適合するのか、チェックしておくことが重要です。代表的な入力端子はHDMI・DisplayPort・D-subです。曲面ディスプレイとPCのケーブルの端子の組み合わせによっては、変換アダプタ―を別途用意して接続することも可能です。すべての端子に対応可能というわけではないため、PCの説明書や入力端子のパネルを確認することが大切です。

曲面ディスプレイのおすすめ9選

最安値24,330円(税込)
3.50(5件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値34,980円(税込)
4.23(41件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値29,319円(税込)
3.90(150件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値87,058円(税込)
4.35(245件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

この商品の特徴

ゲーミングモニター 非光沢 34インチです。21:9の曲面型ウルトラワイドモニターで横長による没入感、曲面による臨場感をお楽しみいただけます。ウルトラワイドモニターとしては世界初となる144Hzに対応、さらに1Hzごとに黒を挿入することで残像間を軽減する1ms Motion Blur Reduction搭載で高速かつクリアな映像を実現しています。曲面型ウルトラワイドモニターをお探しの方におすすめです。

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

この商品の特徴

ゲーミングモニター 非光沢 34インチです。21:9の曲面型ウルトラワイドモニターで横長による没入感、曲面による臨場感をお楽しみいただけます。ウルトラワイドモニターとしては世界初となる144Hzに対応、さらに1Hzごとに黒を挿入することで残像間を軽減する1ms Motion Blur Reduction搭載で高速かつクリアな映像を実現しています。曲面型ウルトラワイドモニターをお探しの方におすすめです。

最安値32,800円(税込)
4.00(42件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値23,034円(税込)
4.80(11件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

まとめ

PCのディスプレイが大型化するとともに登場した、作業効率が高く豊富な機能をあわせ持つ曲面ディスプレイは、普段の用途やデスクや部屋のサイズに合わせて、必要な機能を慎重に比較しながら選ぶことができます。ディスプレイの買い替えを検討している方は、ぜひ、自分のスタイルに合った曲面ディスプレイを見つけましょう。

曲面ディスプレイのおすすめ商品比較表

おすすめ記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー