東芝の冷蔵庫おすすめ3選【2020年版】

東芝の冷蔵庫おすすめ3選【2020年版】

東芝の冷蔵庫といえば「べジータ」が有名です。鮮度維持機能の高さや、使いやすい構造が評判のシリーズです。東芝は冷蔵庫のラインナップが豊富で、サイズや価格帯も様々です。高級感があり機能がたくさん搭載されたFWXシリーズからコンパクトな片開きタイプまでニーズに合わせて選ぶことができます。さらに、故障・修理のサポートも充実していて安心です。今回は東芝の冷蔵庫の特徴や選び方、おすすめ商品をご紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

東芝の冷蔵庫の特徴

東芝の冷蔵庫には、野菜や肉・魚、冷凍した食材まで鮮度とおいしさを守る工夫がたくさんあります。

東芝独自の「新鮮ツイン冷却システム」

東芝独自の「新鮮ツイン冷却システム」を採用し、最適な湿度と温度へ導きます。冷蔵室、チルドルーム、野菜室と、冷凍室、製氷室では冷やし方が異なります。さらに、新鮮ツイン冷却システムで効率的に庫内を冷やし、電力消費を抑えることができます。

野菜を取り出しやすい「真ん中野菜室」

野菜を取り出しやすい「真ん中野菜室」

冷凍室が真ん中にある冷蔵庫が多いなか、東芝は野菜室を真ん中に配置する「真ん中野菜室」を採用しています。野菜は意外と重さがあるので、下段にあると取り出すのが面倒です。特に下段の奥の方は立っている状態だと見えないので、庫内の整理や掃除をするには、かがむ必要があります。野菜を使った料理を多く作る方や、野菜室を頻繁に開ける方には、取り出しやすい真ん中野菜室がおすすめです。また野菜室は、玉ねぎの皮やジャガイモなどの土で汚れやすい場所でもあります。真ん中野菜室はかがまないで掃除ができるので、野菜室の掃除がしやすいというメリットもあります。

「おいしい」を実現する機能がたくさんある

野菜の鮮度とうるおいを守る「摘みたて野菜室」や芯まで冷却して鮮度を守る「速鮮チルド」、おいしさを封じ込める「一気冷凍」など、おいしさを守る機能がたくさんついています。保存方法を工夫しなくても冷蔵庫におまかせで食材の鮮度をキープでき、手間がはぶけます。食材のまとめ買いをしている方でも最後までおいしく食べられるのがメリットです。食材の無駄を減らすことにつながるので、エコにつながります。

様々なニーズに対応する豊富なサイズ展開

東芝の冷蔵庫はモデルだけでなく、サイズの展開も幅広いのが特徴です。大きいのものは601L、一番小さなもので330Lと様々なサイズの中から選べます。家族の多い家庭から一人暮らしの方までカバーできるので、ニーズに合ったものを選ぶことが可能です。また、コンパクトなサイズの冷蔵庫でも「新鮮5星VEGETA」が搭載された高機能のものもあるので、小さい冷蔵庫だからといって便利な機能を諦める必要はありません。ぜひ自分にぴったりの冷蔵庫を探してみてください。

東芝の冷蔵庫のシリーズ

空間に高級感と広がりをもたらすFWXシリーズ

空間に高級感と広がりをもたらすFWXシリーズ

出典:Amazon.co.jp

高級感のあるクリアなミラーガラス仕様のデザインで、2017年度グッドデザイン賞を受賞しました。「新鮮5星VEGETA」の機能満載のハイエンドモデルの冷蔵庫です。また、「真ん中野菜室」の野菜室に掃除口があり、剥がれた野菜の皮や泥などを掃除口からかんたんに捨てられるので、お手入れがしやすいです。

光沢と透明感が美しいFWシリーズ

光沢と透明感が美しいFWシリーズ

出典:Amazon.co.jp

透明感のある大理石調ガラスドアデザインが特徴的な冷蔵庫です。FWXシリーズと同じく「新鮮5星VEGETA」の機能がついた使い心地の良い冷蔵庫です。機能自体もFWXシリーズとほとんど差がないので、好みのデザインで選んでも良いでしょう。

スリムでコンパクトなGWシリーズ

スリムでコンパクトなGWシリーズ

出典:Amazon.co.jp

幅が60cmとスリムな冷蔵庫ですが、「新鮮5星VEGETA」の機能がついているので機能的には劣りません。465Lの容量のみの取り扱いです。大きな容量はいらないけど高性能の冷蔵庫が欲しい、という方にぴったりです。

シンプルなFDシリーズ

シンプルなFDシリーズ

出典:Amazon.co.jp

ガラスドアを採用したシンプルなデザインの冷蔵庫です。ハイエンドモデルにも搭載している速鮮チルドや摘みたて野菜室の機能も搭載されていますが「新鮮5星VEGETA」は搭載されていません。しかし、その分リーズナブルに購入できるのが魅力です。

コンパクトな片開きタイプ

コンパクトな片開きタイプ

出典:Amazon.co.jp

幅60cmのコンパクトな片開きタイプの冷蔵庫です。容量が330L~411Lまであり、ドアの数や付いている機能、価格など様々なモデルが展開されています。豊富なモデルからニーズに合わせた冷蔵庫を選べるのが特徴です。

一人暮らしにぴったりの片開きパーソナルタイプ

一人暮らしにぴったりの片開きパーソナルタイプ

出典:Amazon.co.jp

片開きタイプより小さい片開きパーソナルタイプは、2ドアで一人暮らしの方にぴったりのモデルです。シンプルで丸みを帯びたデザインがスタイリッシュで、お部屋の雰囲気を壊しません。特別な機能はあまりついていませんが、シンプルでコンパクトな冷蔵庫です。

冷蔵庫を購入する前に確認すること

冷蔵庫本体の幅をチェックする

冷蔵庫本体の幅をチェックする

欲しい冷蔵庫が設置場所にあったサイズのものかどうかを必ず確認しましょう。ポイントは、ゆとりを持った隙間(放熱スペース)を確保できるかどうかです。目安は冷蔵庫から左右5mm以上、上部50mm以上のスペースが取れると良いでしょう。ゆとりがないと、放熱がうまくできず冷蔵庫が冷えにくくなってしまいます。また、コンセント位置の確認を忘れずに行いましょう。

設置場所までの経路を確認する

設置場所までの経路を確認する

玄関や階段など冷蔵庫を搬入する際の経路も確認しましょう。冷蔵庫のサイズより10cm以上のゆとりがなければ搬入できない場合もあるので注意が必要です。

東芝の冷蔵庫の選び方

冷蔵庫を選ぶうえで、押さえておくべきポイントをご紹介します。

家族の人数や用途にあった容量かどうか

家族の人数や用途にあった容量かどうか

冷蔵庫の容量を決めるとき、一般的には家族の人数で考えます。あくまでも目安ですが「家族の人数×70L+常備用100L+予備70L」で計算するとちょうど良い冷蔵庫の大きさを計算できます。ほかにも料理の頻度や買い物の頻度、用途などに合わせて必要な容量を考えましょう。また、計算より少し余裕を持ったサイズを選ぶと、もらい物や来客用のものなど、急に冷やしたいものが増えたときにも対応できるのでおすすめです。

ほしい機能を事前にチェックする

冷蔵庫のモデルによってついている機能が異なります。東芝の冷蔵庫はあったら嬉しい機能がたくさんあるので、事前にどの機能が欲しいかを考えておくのがおすすめです。

使いやすい扉の形やドアの数で選ぶ

使いやすい扉の形やドアの数で選ぶ

東芝の冷蔵庫は、「片開きタイプ」と表示のないものはすべて「両開き(観音開き)」タイプになります。片開きタイプは、キッチンのスペースや家事動線に合った扉の開閉方向をチェックしましょう。冷蔵庫の右側に壁がある場合は、右開きのタイプ、左側が壁なら左開きのタイプがおすすめです。両開き(観音開き)タイプは、フレンチドアとも呼ばれています。ドアの空き方が省スペースなので、キッチンのスペースがせまい場合にもおすすめです。大きくオープンするタイプのドアに比べると、出し入れしにくい場合もありますが、冷蔵庫内の冷気を逃がしにくく、庫内の温度上昇を防ぐことができます。

東芝の冷蔵庫おすすめ3選

〜400L未満

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

153Lとコンパクトでインテリア性の高いデザインが特徴の冷蔵庫です。小さめの冷蔵庫ですが、3段ガラス棚・3段ドアポケットやLED照明の天面配置など使い心地にこだわった設計がされています。冷蔵庫の上部は耐熱100℃トッププレートを採用しているので、電子レンジやトースターを置くのにぴったりです。小さめの冷蔵庫をお探しの方にぴったりの商品です。

この商品の特徴

153Lとコンパクトでインテリア性の高いデザインが特徴の冷蔵庫です。小さめの冷蔵庫ですが、3段ガラス棚・3段ドアポケットやLED照明の天面配置など使い心地にこだわった設計がされています。冷蔵庫の上部は耐熱100℃トッププレートを採用しているので、電子レンジやトースターを置くのにぴったりです。小さめの冷蔵庫をお探しの方にぴったりの商品です。

400L〜500L未満

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

たっぷり保湿冷蔵機能で、食材をしっとりとやわらかく、おいしい状態のままで保存します。また、らくらくオープン機能で、重たいものを入れてもスムーズに引き出せます。設置スペースを生かした大容量冷蔵庫なので、ひろびろ庫内に、使いやすさも充実しています。

この商品の特徴

たっぷり保湿冷蔵機能で、食材をしっとりとやわらかく、おいしい状態のままで保存します。また、らくらくオープン機能で、重たいものを入れてもスムーズに引き出せます。設置スペースを生かした大容量冷蔵庫なので、ひろびろ庫内に、使いやすさも充実しています。

500L〜600L未満

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

東芝(VEGETA)の6ドアノンフロン冷蔵庫です。容量は509Lで4~5人家族向けのサイズです。スリムで大容量なのが特徴です。VEGETAシリーズならではの機能である、摘みたて野菜室はエチレン分解機能とツイン冷却の低温高湿度冷気で収穫したての野菜のようなみずみずしさとおいしさが長持ちします。他にも切替えチルドやオートパワフル冷凍室などの機能面も充実しています。大容量かつスリムな冷蔵庫を求める方におすすめの商品です。

この商品の特徴

東芝(VEGETA)の6ドアノンフロン冷蔵庫です。容量は509Lで4~5人家族向けのサイズです。スリムで大容量なのが特徴です。VEGETAシリーズならではの機能である、摘みたて野菜室はエチレン分解機能とツイン冷却の低温高湿度冷気で収穫したての野菜のようなみずみずしさとおいしさが長持ちします。他にも切替えチルドやオートパワフル冷凍室などの機能面も充実しています。大容量かつスリムな冷蔵庫を求める方におすすめの商品です。

  

インターネットで故障・修理の相談ができる

電話だけではなく、インターネットから故障の相談や修理のお願いができます。まずは「よくあるご質問」から、自身の冷蔵庫の不具合の原因を探して、対処してみてください。消耗品などの部品も同じページから購入することができます。

他のメーカーの冷蔵庫もチェック!

東芝の他にも、人気の冷蔵庫メーカーはたくさんあります。パナソニックや日立など、様々なメーカーの商品も気になるという方は以下の記事もあわせてチェックしてみてください。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー