カーオーディオのおすすめ5選【2019年版】

カーオーディオは、車内で音楽を楽しめるオーディオ機器です。最近ではiPhoneや音楽プレーヤー、スピーカーとBluetoothで接続できる、音質の良いモデルも増えています。今回は、取り付けにはダッシュボードのサイズによって1DINと2DINから選ぶ必要があるなど、あらかじめ知っておきたいことや選び方、フルセグに対応しているおすすめモデルや人気のカロッツェリアをご紹介します。

車内で好きな音楽を高音質で聴きたい

普段、運転しながら音楽を聴いている方も多いのではないでしょうか。長時間の運転や渋滞のときなどにお気に入りの音楽を聴けば、ストレスを緩和しながら運転することができるかもしれません。備え付けのオーディオでは満足できないという方も、高音質対応のカーオーディオを使えば、迫力のあるサウンドを心ゆくまで楽しむことができます。自分の車に最適なカーオーディオで、ドライブを楽しみましょう。

カーオーディオについて

カーオーディオとは

カーオーディオとは、車で音楽を聴くためのオーディオ機器です。CDはもちろん、iPodやウォークマンなどの携帯音楽プレーヤーや、スマートフォンで音楽を再生することが主流になっているため、オーディオ機器もそれに対応した形になっています。音に関しても、以前はCDより音質が下がるのが一般的でしたが、CD音源以上のクオリティの、ハイレゾに対応しているアイテムもあり、車内で臨場感のある音を楽しむことができます。

カーオーディオの種類

プレーヤー型

出典:Amazon

プレイヤー型は、音楽再生機能のみに特化したモデルです。携帯音楽プレーヤーやスマートフォンに保存している音楽を、手軽に再生できます。映像は見ることができないため、車内では主に音楽のみ聴いているという方におすすめのタイプです。なお、小型サイズのカーオーディオ(1DIN)は基本的にプレイヤー型となっています。

モニター一体型

出典:Amazon

モニター一体型は、音楽と共に映像を視聴できるタイプのカーオーディオです。大型サイズ(2DIN)はモニター一体型であることが多く、設置するには広めのスペースが必要になります。

カーオーディオの代表的なメーカー

パイオニア

パイオニアは、オーディオ再生機器やスピーカーなどを販売している、国内の老舗オーディオメーカーです。カーオーディオの分野ではcarrozzeria(カロッツェリア)というラインを展開しており、入門機からハイエンド機まで幅広い製品を販売しています。コストパフォーマンスの良さや機能の充実ぶりから、カーオーディオファンの中でも人気のあるメーカーです。

ケンウッド

ケンウッドは、音質の良さで定評のある国内のオーディオ機器メーカーです。パイオニアと同様に、カーオーディオの分野で高い人気を誇っています。スマートフォンをリモコンとして使用できる専用アプリをリリースするなど、独自の技術と使い勝手の良さで、ファンを獲得しています。

ソーリン

ソーリンは、中国をはじめとする60の国で製品を販売しているグローバル企業です。ソーリンの日本法人は2016年に設立した新しい企業ですが、市場リサーチに基づき、トレンドにあった製品を多く販売しています。カーオーディオの分野では、コストパフォーマンスの高さから、入門機として知られています。

カーオーディオの選び方

対応しているサイズを確認

車のダッシュボードのサイズにより、選べる機種が異なります。カーオーディオを選ぶときは、まず設置スペースを検討するようにしましょう。

オーディオタイプに多い1DIN

カーオーディオには、取り付けサイズに世界共通の規格があり、DIN(ディン)で表されます。1DINは高さ50mm、幅178mmです。オーディオ再生に特化した、小型サイズのカーオーディオが主流です。

映像を楽しむなら2DIN

2DINは高さ100mm、幅178mmで、1DINと比較した場合、高さが2倍のサイズです。2DINタイプのカーオーディオは高機能で、映像と共に音楽を楽しみたいというユーザー向けの製品が充実しています。CDやDVDの再生に対応している製品もあるので、ディスクの形で音楽を楽しみたいという方には2DINタイプがおすすめです。

機能性をチェック

SDカード・USB対応かどうか

音楽再生プレイヤーやスマートフォンは、Bluetoothやケーブルで接続する必要があります。しかし、SDカードに対応しているデッキであれば、音楽を保存したSDカードを挿入したままにできるので、より気軽に音楽を再生できます。SDカード以外にもUSBに対応したカーオーディオもあるので、自分がよく活用する記録媒体に合ったカーオーディオを選ぶと良いでしょう。

スマートフォン対応かどうか

最近では、スマートフォンに対応したカーオーディオも増えています。スマートフォンと接続することで、カーオーディオ上でナビやメール、通話、音楽再生が行える機種や、スマートフォンをリモコンとしてカーオーディオを操作できる機種などがあります。スマートフォンとの接続方法は、Bluetoothやケーブル接続、専用アプリのダウンロードなどがあり、モデルによって異なります。あらかじめ確認するようにしましょう。

音質も重視

ダウンロードした音楽や、CDからパソコンに取り込んだ音楽をカーオーディオで再生したい場合は、音楽ファイルのフォーマットに注意が必要です。一般的に、オーディオで再生できるフォーマットはMP3やAAC、WMAが主流で、それ以外のフォーマットは再生できない可能性があります。また、動画ファイルは音楽ファイルのフォーマットとは異なるので、プレイヤータイプのオーディオで音声のみ再生することはできません。なお、ハイレゾ対応のカーオーディオを購入して高音質で聞きたい場合は、音楽ファイルのフォーマットがFLACやWAVなどである必要があります。

Bluetoothのバージョンをチェック

カーオーディオとスマートフォンをケーブルを使わずに、Bluetoothを使い無線で接続したい場合はBluetoothのバージョンをあらかじめ確認しておきましょう。Bluetoothにはバージョンがあり、数字が大きいほど高速で省エネに接続できます。カーオーディオのBluetoothのバージョンの主流は、3.0と4.0です。例えば、5.0のスマートフォンを4.0カーオーディオに接続すると、4.0の性能に統一されるので、購入前に確認するようにしてください。

好みのデザインを見つける

出典:Amazon

車内のインテリアにこだわるなら、スタイリッシュな見た目のカーオーディオを選ぶようにしましょう。カーオーディオ本体のデザインは、基本的にツヤのあるブラックですが、音量調節などの外部調節の部分は、各メーカーによってデザインが異なります。シルバーの音量調整つまみのついた、重厚感のあるエレガントなものや、タッチパネルで行える現代的なスタイリッシュなものなど、車内のインテリアに合ったものを選ぶと良いでしょう。

カーオーディオのおすすめ5選

最安値11,480円(税込)

4.00(13件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値23,982円(税込)

3.80(274件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値28,980円(税込)

3.90(125件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値29,668円(税込)

4.00(160件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値39,800円(税込)

4.05(82件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

他のカー用品も一緒にチェック

カーオーディオの他にも、車での移動を快適にするアイテムはたくさんあります。下記の記事では、それぞれの選び方やおすすめ商品を紹介しています。あわせてチェックしてみてください。

まとめ

お気に入りのカーオーディオがあれば、車内での音楽鑑賞がより楽しいものになります。使いやすい1台を選んで、カーライフを充実させましょう。

おすすめ記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー