赤ちゃん用洗濯洗剤のおすすめ9選!人気のアラウやさらさも紹介

赤ちゃんの衣類や小物の洗濯に活躍するのが「赤ちゃん用洗濯洗剤」です。アラウ.(arau.) やさらさなど様々なブランドの洗濯洗剤が市販されており、粉末タイプと液体タイプがあります。大人用洗剤のようにいい匂いやふんわり感が楽しめるものや、無添加タイプなど種類が豊富です。今回は安全なベビー用洗濯洗剤の選び方や必要性、大人と一緒に洗濯できる時期、おすすめ商品などをご紹介します。

赤ちゃんの肌に優しい洗剤がほしい

赤ちゃんの肌は、大人の肌と比べてとてもデリケートです。洗濯洗剤には様々な成分が含まれているので、赤ちゃんがいるママの中には、洗剤選びに慎重になる方は多いのではないでしょうか。そんな方には、「赤ちゃん用洗濯洗剤」がおすすめです。赤ちゃん用洗濯洗剤は、赤ちゃんの肌に優しい成分で作られており、洗剤による肌トラブルを防ぐことができます。

赤ちゃん用洗濯洗剤は必要?

赤ちゃんの肌は、きめ細やかでもちもちしているのが特徴です。一見、肌トラブルが起きにくそうにも見えますが、実は大人の肌よりもデリケートでバリア機能が低い状態です。少しの刺激でも肌トラブルが起きる場合があります。赤ちゃんの衣類を大人用洗剤で洗うこともできますが、洗剤の成分が衣類に残ってしまうと、肌荒れなどの肌トラブルの原因になる場合があります。一方で、赤ちゃん用洗濯洗剤の成分は肌に優しいので、洗剤の成分が衣類に残っても赤ちゃんの肌にトラブルが起きにくいのが特徴です。

大人と一緒に洗濯できるのはいつから?

赤ちゃんと大人の衣類を分けて洗濯する期間について、特別な決まりはありませんが、生後1ヶ月頃まで分ける方が多いようです。赤ちゃんと大人の衣類を分けて洗う理由には、赤ちゃんの衣類への「ホルムアルデヒド」の移染を防ぐ目的があります。ホルムアルデヒドとは、衣類の縮みやしわを防ぐために使われる成分で、新品の大人用衣類に使われるケースが多いと言われています。また、大人用の衣類の汚れがひどい場合、一緒に洗うと赤ちゃんの衣類に汚れが移る場合もあります。赤ちゃんの肌のコンディションはそれぞれ異なるので、心配な場合は少し長めに分け洗いすることをおすすめします。

赤ちゃん用洗濯洗剤の選び方 

赤ちゃん用洗濯洗剤には、「洗濯用せっけん」「合成洗剤」の大きく分けて2種類があります。 それぞれにメリットとデメリットがありますのでご紹介します。

洗濯用せっけんか合成洗剤か

肌にも環境にも優しい「洗濯用せっけん」

出典:Amazon

「洗濯用せっけん」とは、主に天然由来のものを成分として洗濯用に作られる石けんのことです。「パーム油」「牛脂」「米ぬか油」などの天然の油が原料なので、肌にも環境にも優しいのがメリットです。また、洗濯用せっけんには、「粉」「液体」「固形」の3種類があります。中でも「粉」せっけんは、汚れ落ちが良いのが特徴ですが、水の温度が低いと溶けにくく、すすぎ残りやすいので注意が必要です。また、洗濯用せっけんの中には、合成洗剤を配合した複合タイプもあります。天然由来の洗濯せっけんを選びたい方は、購入の際に成分をしっかりと確認することをおすすめします。

洗浄力が高くコスパが良い「合成洗剤」

「合成洗剤」とは、「石油」や「天然油脂」を原料とし、化学合成して作らる洗剤のことです。洗浄力の高さとコスパの良さを合わせ持ちます。ただし、自然界には存在せず環境や人体への影響が懸念される「合成界面活性剤」という物質を含む場合が多いですが、赤ちゃん用洗濯洗剤にはあまり含まれていません。

タイプで選ぶ 

洗浄力が高い「粉末タイプ」

出典:Amazon

赤ちゃん用に限らず「粉末タイプ」の洗濯洗剤は、液体タイプよりも洗浄力が高く、価格が安いのが特徴です。赤ちゃんの食べこぼしやミルクなどのひどい汚れ落としにも活躍します。ただし、水温が低かったり粉末の量が多すぎると、すすぎ残りやすいので注意が必要です。一般的に、粉末タイプの洗濯洗剤は、「30~35℃」で溶けると言われています。水道水が冷たくなりやすい冬場は、あらかじめ粉末をお湯に溶かして使うと良いでしょう。 

使い勝手が良い「液体タイプ」

出典:Amazon

「液体タイプ」の洗濯洗剤は、水に溶けやすく使い勝手が良いのが特徴です。また、粉末タイプよりも色落ちを防ぐ効果が高く、すすぎ残りにくいタイプです。粉末タイプよりも価格が高く洗浄力も劣りますが、 使い勝手が良いのがポイントです。

避けたい成分で選ぶ 

人体への影響が懸念される「合成界面活性剤」 

「合成界面活性剤」とは、本来は混ざらない性質の「水と油」を人工的に混ぜた状態にした物質です。油汚れを吸着しやすい特徴があるので、市販の洗濯洗剤や食器用洗剤、クレンジング剤などに幅広く使われています。合成界面活性剤は皮膚から人体に吸収されると言われています。しかし、人体に入っても分解できないので、少しずつ体内に蓄積されることで、皮膚の老化やアレルギーなどの病気に繋がる可能性も懸念されています。

アレルギーを起こす場合も「蛍光増白剤」 

「蛍光増白剤 」とは、白い服などをより白くする効果のある成分です。「蛍光剤」とも呼ばれます。蛍光増白剤は、衣類などに少量付着しても人体に害のある成分ではありません。しかし、肌がデリケートな赤ちゃんの場合は、蛍光増白剤の影響でアレルギーなどを引き起こす可能性があります。

皮膚や人体への影響が懸念される「合成香料 」

「合成香料」とは、洗剤や柔軟剤、シャンプー、リンスなどに含まれる良い香りの成分です。良い香りの衣服は魅力的ですが、合成香料には、子どものアトピーや発がん性物質など、人体に有害な物質が含まれていることが指摘されています。

肌への刺激が強い「抗菌剤」 

洗濯洗剤に含まれる「抗菌剤」には、衣類の繊維に潜む菌を殺菌する働きがあります。赤ちゃんの肌には刺激が強い成分なので、衣類に抗菌剤成分が残っていると、肌荒れなどの原因になる可能性があります。

赤ちゃん用洗濯洗剤のおすすめ9選

最安値476円(税込)

3.90(626件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値575円(税込)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値285円(税込)

4.20(388件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値445円(税込)

4.15(187件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値833円(税込)

4.10(14件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値494円(税込)

4.15(162件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値864円(税込)

3.90(86件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値1,610円(税込)

4.20(164件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値2,289円(税込)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

赤ちゃんの肌にあったアイテムをチェック

デリケートな赤ちゃんの肌を守るには、日々のスキンケアが大切です。赤ちゃんの肌に水分を補給しながら保湿してくれる「ベビーローション」や、頭皮や髪の毛に優しい「ベビーシャンプー」なども販売されています。

まとめ

赤ちゃん用洗濯洗剤があれば、洗剤成分の残留による赤ちゃんの皮膚トラブルを防ぐことができそうです。ぜひ、お気に入りの商品を見つけてください。

おすすめ記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー