鼻吸い器のおすすめ4選!電動タイプも

鼻吸い器のおすすめ4選!電動タイプも

赤ちゃんの鼻詰まりは不機嫌になるだけでなく、中耳炎や慢性的な酸素不足を引き起こしてしまうこともあります。そこで有効なのが「鼻吸い器」です。鼻吸い器を使えば、新生児の鼻に負担をかけず、しっかりと鼻水を吸引することができます。ベビー用品を取り扱っている西松屋などでも購入することができ、手動や電動など、種類も多岐にわたります。今回は鼻吸い器の種類や使い方、選び方からおすすめの商品までご紹介いたします。鼻吸い器の使い方のコツや、人気の「メルシーポット」も説明しているので、ぜひチェックしてみてください!

鼻吸い器とは

赤ちゃんは自分で鼻をかむことができません。そのため、鼻が詰まってしまうと自分ではどうすることもできず、不機嫌になって寝付けなかったり、中耳炎などの病気になってしまうこともあります。また、三ヶ月くらいまでは鼻呼吸しかできないため、窒息や慢性的な酸素不足も心配になることがあります。以前は直接赤ちゃんの鼻水を吸っていましたが、菌が親にうつってしまう、加減が分からず赤ちゃんの鼻や耳に負担をかけてしまうなどの問題が起こっていました。そこで登場したのが「鼻吸い器」です。赤ちゃんの鼻に負担をかけず、鼻水をしっかり取ることができる鼻吸い器は、多くの支持を受け、育児の必需品になりつつあります。

鼻吸い器の種類と特徴

スポイトタイプ

ポンプを握ることで鼻の入り口付近の鼻水を吸引するができるタイプです。手のひらサイズの小さいものが多く、持ち運びがしやすいのが特徴です。吸引には少しコツが必要ですが、菌を吸い込むことがないので、風邪などをうつされる心配がありません。一方吸引力は弱く、奥の方の鼻水や固まっている鼻水は吸い取りずらいです。

口で吸引するタイプ

赤ちゃんの鼻にチューブをセットし、吸引することで鼻水を取り除くことができるタイプです。どこでも使え、鼻水の状態に合わせて吸引する力を調節しやすいのが特徴です。値段も1000前後と手ごろで、パーツが分解できて洗いやすいといったメリットがあります。しかし、鼻水をダイレクトに吸い込むため、風邪などの菌をうつされやすいといったデメリットもあります。使いやすさは抜群のため、初めての鼻吸い器におすすめです。使用後はしっかりうがいをするように心がけましょう。

電動据え置きタイプ

鼻にノズルをセットし、電源をつけるだけで鼻水を吸い取ってくれます。医療機関で使われているのと同程度の吸引力の高さが特徴で、吸引力が段階的に調節できたり、ノズルを付け替えることで新生児から大人まで使えるものも多くあります。しかし、使用には電源が必要だったり、大きくて重いことから持ち運びには適しません。振動や音が大きい商品が多いですが、最近ではコンパクトな静音タイプも発売されています。

電動ハンディタイプ

電動据え置きタイプの吸引力と、手動タイプの手軽さを兼ねそろえたタイプです。片手で扱えるものが多く、赤ちゃんを抱っこしながらでも奥までしっかり鼻水を吸い取れます。音や振動も据え置きタイプほど大きくはないため、夜でも安心して使うことができます。

鼻吸い器の使い方のコツ

吸い方

手動タイプの鼻吸い器で鼻水を吸うときは、一気に吸おうとせず、小刻みに連続して吸うことが大切です。思い切り息を吸おうとすると、赤ちゃんの耳に負担をかけてしまうことになり、場合によっては鼓膜が破れてしまうこともあります。電動タイプでも一回の吸引は3秒から5秒程度にしましょう。

タイミング

鼻水が固まっている場合は、加温や加湿をすると鼻水がふやけて吸引しやすくなります。そのため、温かいものを食べた後や、お風呂上りなどが絶好の機会です。また赤ちゃんが嫌がる場合は、暴れて鼻の粘膜が傷ついてしまったり、鼻吸い器にネガティブなイメージを持ってしまったりするため、一旦時間を置くようにしましょう。

吸った後のケア

特に口で吸うタイプの鼻吸い器を使用した後は、風邪などの菌も一緒に吸い込んでしまっている可能性があるため、しっかりうがいをすることが大切です。また、鼻の下などが荒れてしまっている場合は、保湿剤や専用のクリームでケアしてあげるといいでしょう。

鼻吸い器の選び方

お手入れの簡単さで選ぶ

鼻吸い器は常に清潔に保っておくことが大切です。清潔に保てるよう、パーツが分解できてしっかり洗浄できるものを選びましょう。また、赤ちゃんの鼻が詰まっているときは使う頻度も高くなるため、丸洗いできるものや、パーツが少ないものなど、あまり洗う手間がかからないものがおすすめです。鼻吸い器によって消毒方法も異なるので注意してください。

安全性で選ぶ

赤ちゃんの鼻の粘膜を傷つけないよう、ノズルの先が丸く、粘膜を傷つけない素材のものを選びましょう。奥の鼻水を取ろうとして、先が長いものを使うのは危険です。また、大人まで使えるものには、子供用のノズルと大人用のノズルが付いていることがありますが、赤ちゃんに使用する際には必ず子供用のノズルを使うようにしましょう。

吸引方法で選ぶ

鼻吸い器には手動タイプや電動タイプなど様々な種類があり、それぞれで吸引方法は異なります。鼻吸い器の使用に手間取ったり、長時間鼻に取り付けたりすると不機嫌になり、鼻吸い器を着けたがらなくなってしまうかもしれません。購入の際には、簡単に吸引ができて、赤ちゃんが嫌がりにくいものを選ぶようにしましょう。

鼻吸い器の主なメーカー

シースター(SEASTAR)

病気の早期治療と予防といった、予防医学を目指す医療機器メーカーです。低価格でありながら高い技術をもった「家庭で使える医療機器」を扱っています。日本初の本格的な家庭用電動据え置き鼻吸い器「メルシーポット」は、耳鼻科と同等程度の吸引力が人気を集め、多くの支持を集めています。

コンビ(Combi)

ベビー用品のメーカーです。「母と子というコンビを応援する」という意味で名づけられました。ベビーカーやチャイルドシードをはじめ、赤ちゃんに安全で高品質なベビー用品を開発・販売しています。

鼻吸い器のおすすめ4選

シースターメルシーポット S-503楽天市場最安値10,980円(税込)

出典:Amazon.co.jp

シースターメルシーポット S-503

楽天市場最安値10,980円(税込)

大ヒットした鼻吸い器の新しいモデルで、最も話題となった育児用品に贈られるペアレンティックアワード(モノ部門)や、一般応募で選出されるマザーズセレクション大賞を受賞した電動鼻吸い器です。簡単で分かりやすい操作性や強力な吸引力はそのままに、よりコンパクトで持ち運びがしやすくなりました。据え置きタイプの中では低価格で手に入り、マニュアルも充実しているため、初めての鼻吸い器としてもおすすめです。

大ヒットした鼻吸い器の新しいモデルで、最も話題となった育児用品に贈られるペアレンティックアワード(モノ部門)や、一般応募で選出されるマザーズセレクション大賞を受賞した電動鼻吸い器です。簡単で分かりやすい操作性や強力な吸引力はそのままに、よりコンパクトで持ち運びがしやすくなりました。据え置きタイプの中では低価格で手に入り、マニュアルも充実しているため、初めての鼻吸い器としてもおすすめです。

コンビ電動鼻吸い器Yahoo!ショッピング最安値770円(税込)

出典:Amazon.co.jp

コンビ電動鼻吸い器

Yahoo!ショッピング最安値770円(税込)

電動ハンディタイプの鼻吸い器です。-60kpaの強力な吸引力と132gの軽さが魅力で、赤ちゃんを抱っこしながらでも簡単に鼻水を吸うことができます。2種類のノズルが付いているので、鼻水の種類によって使い分けるとさらに効果的です。また、電動タイプのネックである音の大きさがかなり抑えられた静音設計なので、夜中や赤ちゃんが寝ているときでも安心して使えます。

電動ハンディタイプの鼻吸い器です。-60kpaの強力な吸引力と132gの軽さが魅力で、赤ちゃんを抱っこしながらでも簡単に鼻水を吸うことができます。2種類のノズルが付いているので、鼻水の種類によって使い分けるとさらに効果的です。また、電動タイプのネックである音の大きさがかなり抑えられた静音設計なので、夜中や赤ちゃんが寝ているときでも安心して使えます。

丹平製薬ママ鼻水トッテ楽天市場最安値689円(税込)

出典:Amazon.co.jp

丹平製薬ママ鼻水トッテ

楽天市場最安値689円(税込)

耳鼻科の先生が考案した、口で吸うタイプの鼻吸い器です。鼻の粘膜を傷つけない丸いノーズピースと、咥えやすく吸いやすいマウスピースはどちらも体に安心な抗菌剤が入っています。また、全てのパーツが分解して丸洗いできます。2011年にはマザーズセレクション大賞ベストベビーケア部門も受賞しており、母親たちから絶大な支持を得ている鼻吸い器です。

耳鼻科の先生が考案した、口で吸うタイプの鼻吸い器です。鼻の粘膜を傷つけない丸いノーズピースと、咥えやすく吸いやすいマウスピースはどちらも体に安心な抗菌剤が入っています。また、全てのパーツが分解して丸洗いできます。2011年にはマザーズセレクション大賞ベストベビーケア部門も受賞しており、母親たちから絶大な支持を得ている鼻吸い器です。

ジェクスチュチュベビー 鼻吸い器 鼻水キュートル 2WAYタイプ楽天市場最安値916円(税込)

出典:Amazon.co.jp

ジェクスチュチュベビー 鼻吸い器 鼻水キュートル 2WAYタイプ

楽天市場最安値916円(税込)

広島市耳鼻咽喉科医会と共同開発し、グッドデザイン賞やキッズデザインアワードを受賞した鼻吸い器です。その最大の特徴は、スポイトタイプと口吸いタイプの2種類の使い方ができることです。赤ちゃんの状態や好みに合わせて使い分けることができるため、初めての鼻吸い器としておすすめです。またノズルに角度が付いているため、コツが必要なスポイトタイプでも正しい向き・角度で使用できます。

広島市耳鼻咽喉科医会と共同開発し、グッドデザイン賞やキッズデザインアワードを受賞した鼻吸い器です。その最大の特徴は、スポイトタイプと口吸いタイプの2種類の使い方ができることです。赤ちゃんの状態や好みに合わせて使い分けることができるため、初めての鼻吸い器としておすすめです。またノズルに角度が付いているため、コツが必要なスポイトタイプでも正しい向き・角度で使用できます。

鼻吸い器のおすすめ商品比較表

商品画像
メルシーポット S-503
電動鼻吸い器
ママ鼻水トッテ
鼻吸い器 鼻水キュートル 2WAYタイプ
メーカー

シースター

コンビ

丹平製薬

ジェクス

商品名

メルシーポット S-503

電動鼻吸い器

ママ鼻水トッテ

チュチュベビー 鼻吸い器 鼻水キュートル 2WAYタイプ

最安値
楽天市場10,980円(税込)
Yahoo!ショッピング770円(税込)
楽天市場689円(税込)
楽天市場916円(税込)
商品リンク
この記事の修正依頼を送る

関連記事