ベビー体温計のおすすめ3選&選び方【赤ちゃん非接触タイプも】

ベビー体温計のおすすめ3選&選び方【赤ちゃん非接触タイプも】

赤ちゃんの様子がおかしいと感じたときは、まず観察したり体温を測って状態を確認しますよね。しかし、体温計を嫌がる赤ちゃんも少なくありません。脇の下で測るもの以外にも、耳やおでこで測定でき、赤ちゃんに負担をかけない測り方ができる体温計があります。今回はベビー体温計の基礎知識と選び方、「非接触タイプ」や「オムロン」などの、おすすめ商品をご紹介します!

ベビー体温計の種類と特徴

大人と違い、赤ちゃんは体温の測定が終わるまでじっとしてくれません。体温計の冷たさや、脇下の圧迫感で泣いてしまうこともあります。赤ちゃんが利用する体温計は普通のものと違い、そのような負担を軽減でき、かつ短い時間で測定できるタイプのものです。

体温計のタイプ

体温計には3つの種類があります。

実測式

10分ほどの時間をかけて実際の体温を測るタイプです。体の内部の正確な温度(平衡温)を測るには、外気の影響を受けにくい場所である必要があるため、脇の間に挟むものと口の中で測るものが主流です。

予測式

予測式体温計は、実測式のデメリットである「約10分の測定時間」を短縮するために開発されました。温度センサーで測定した温度をもとに、予測機能で体温予測検温値(約10分後の平衡温)を表示してくれます。測るのに、数10秒~1分程度しかかかりません。脇の下に挟むものが多いです。

赤外線式

人の体から放射されている赤外線を読み取り体温を測るタイプです。主におでこにかざして熱を測ります。数秒で測ることができますが、実測式・予測式と比べて誤差が生じやすいです。また、体温だけではなく哺乳瓶のミルクの温度や、お風呂のお湯の温度を測るのにも使えます。

体温を測る場所

脇の下で測る

大人用の商品と同じように、脇の下で測定するタイプです。家庭でも多く使われている、もっとも一般的なタイプでしょう。価格は他のタイプのものと比べると安いものも多く、パパ・ママも使い方に慣れているので扱いやすいです。

耳で測る

耳に入れて測定するタイプの体温計です。鼓膜の温度を計測することで体温を測ります。頭を両手で固定しながら測定できるので、安心して使えます。数秒で計測できるので、じっとしていることが難しい赤ちゃんの体温を測るには便利です。しかし、使い慣れるまでは計測値の誤差が大きいでしょう。

おでこで測る

おでこにあてて測定するタイプのものです。測定時間が短いものが多いので、ママ・パパにも赤ちゃんにも負担が少ないです。

非接触タイプ

非接触タイプは、体温計を赤ちゃんに密着させる必要がありません。泣いていても測定できるので、使いやすいのが特徴です。また体温以外にも、温めた離乳食などの温度を測ることもできます。

ベビー体温計の効果

体調の変化に気が付ける

言葉が話せない赤ちゃんだからこそ、パパ・ママが体調を気にしてあげなければいけません。体温を測ることで、体調の変化に気が付くことができ、早く対応もできます。

スキンシップになる

体温を測ることは、赤ちゃんとのスキンシップにもなります。体温計は測定できれば大人用でも問題ありませんが、さまざまな負担を減らしてくれるベビー体温計があれば、育児がより楽しくなります。

ベビー体温計の選び方

測りやすいかどうか

体温の測りやすさはとても大切です。測定にかかる時間や、測定する際に赤ちゃんのどの部分に触れるかなどを確認してみるといいでしょう。耳で測れるタイプや、非接触タイプは赤ちゃんも嫌がりにくいです。

正確かどうか

正確な体温を知りたい場合は、実測式のものを選びましょう。手軽に毎日体温を測りたい場合は、予測式でも十分でしょう。

便利な機能があるかどうか

メモリー機能

深夜に大泣きする赤ちゃんの体温を測る際や、親が1人で食事・沐浴をさせる場合に便利なのがメモリー機能です。時間と体温を体温計が覚えていてくれるので、忘れてしまって正確な情報を記録できなかったということもなくなります。

バックライト機能

ライト機能があると、寝室が暗くても赤ちゃんの体温を確認しやすいです。

消音機能

赤ちゃんが眠っているときに体温を測定したい場合、ブザー音がない方がいいことがあります。消音機能のある体温計では、ライトが点灯して測定終了を教えてくれるので、赤ちゃんを起こすことなく測定できます。

ベビー体温計の主なメーカー

オムロン

創業80年で、電気機器を専門とするメーカーです。高性能で多機能な体温計を製造しており、医療分野の商品も数多く扱っています。

ピジョン

創業60年の育児用品メーカーです。赤ちゃんへの配慮や、ママ・パパ目線で開発された商品が多いです。哺乳瓶やベビーカーなど幅広く扱っているので、赤ちゃん用品は同じメーカーで揃えたいという方におすすめのメーカーです。

ベビー体温計のおすすめ3選

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値2,670円(税込)

この商品の特徴

消音機能があり、15秒程度で測定できるので、赤ちゃんに負担が少ない設計で使いやすい体温計です。メモリー機能で10回分の体温が記録できます。体温計本体で10回分の体温が確認できるので、赤ちゃんの変化にも気付きやすいのが嬉しいポイントです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

消音機能があり、15秒程度で測定できるので、赤ちゃんに負担が少ない設計で使いやすい体温計です。メモリー機能で10回分の体温が記録できます。体温計本体で10回分の体温が確認できるので、赤ちゃんの変化にも気付きやすいのが嬉しいポイントです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値3,530円(税込)

この商品の特徴

耳で測定するタイプの体温計です。1秒測定が可能なので、赤ちゃんに負担をかけません。保管や携帯に便利な専用ケース付きです。薄暗い部屋でも見やすい、バックライト付きの液晶画面も魅力です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

耳で測定するタイプの体温計です。1秒測定が可能なので、赤ちゃんに負担をかけません。保管や携帯に便利な専用ケース付きです。薄暗い部屋でも見やすい、バックライト付きの液晶画面も魅力です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値2,490円(税込)

この商品の特徴

非接触タイプの温度計です。赤ちゃんの体温以外にも、どんなもの、どんな箇所にもマルチに使用可能です。レンジで温めた離乳食やミルクの入った哺乳瓶、室内の温度やお風呂の温度などをチェックすることもできます。測定も1秒でできて気軽に使えます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

非接触タイプの温度計です。赤ちゃんの体温以外にも、どんなもの、どんな箇所にもマルチに使用可能です。レンジで温めた離乳食やミルクの入った哺乳瓶、室内の温度やお風呂の温度などをチェックすることもできます。測定も1秒でできて気軽に使えます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー