バナナプラグのおすすめ12選!人気のPosttaやオヤイデも紹介

バナナプラグは、オーディオ機器とケーブルを接続するアイテムです。はんだ付けが必要だったり、ネジ式だったりと商品によって使い方が様々で、端子が違うと刺さらないこともあります。今回は、折衝抵抗が低い銀メッキなど、バナナプラグの材質による特徴の違いや使い方のほか、オヤイデやテクダスなどの人気メーカーのバナナプラグ、Amazonでも購入できるPosttaなどの商品をご紹介します。

スピーカーで高音質な音楽を楽しみたい

スピーカーなどにオーディオケーブルをつなぐとき、導線がむきだしの状態だと経年劣化して音質が低下してきます。経年劣化による音質低下を防ぐには、ケーブルをむき出しにしない工夫が必要です。Yラグ端子などもありますが、今回はプラグの抜き差しが簡単なバナナプラグについてご紹介します。バナナプラグは、商品によって素材や形状などが様々です。導体の素材は何なのか、はんだ付けができるのかなど、色々な条件で音の特徴が変わるので、好みに近い音質を実現できるものを選びましょう。

バナナプラグの選び方

オーディオに対応しているかチェック

出典:Amazon

持っているオーディオによっては、バナナプラグを取り付けられないタイプのものもあります。特に、古いタイプのスピーカーやアンプなどは、バナナプラグに対応していないことがあるので気をつけてください。バナナプラグを試したい場合は、事前にバナナプラグ対応のオーディオかどうかを確認することが大切です。バナナプラグに対応していない場合は、オーディオケーブルを直接接続します。

ケーブルの取り付け方を確認

はんだ付け方式

はんだ付けタイプは、電気抵抗が少なくなるため音質が向上しやすくなります。はんだ付けをするにはコツや慣れが必要なので、ある程度はんだ付けの経験がある方向きです。また、はんだ付けをするとケーブルの抜き差しが頻繁にできないので、ケーブル交換を頻繁にはしないという方におすすめです。

ソルダーレス方式

ソルダーレス方式は、はんだ付けをしなくても簡単にケーブルを接続できるバナナプラグです。ケーブルを好きな長さに調節できるという特徴もあります。ケーブルとの脱着が簡単なので、ケーブルを頻繁に変える方や、簡単にケーブルを取り外したい方におすすめです。しかし構造的に、ケーブルを垂直に切断しないと、接触不良で音質が低下するので注意してください。

プラグの構造とそれぞれの特徴を知る

板バネスリット式は初心者も使いやすい

出典:Amazon

板バネスリット式のバナナプラグは、バナナの皮のような形のバネが2枚向かい合った構造をしています。バネスプリット部分が広がることで、接続端子部分にホールドされる仕組みです。バナナプラグと端子部分が接続する面積は、波型のバナナプラグなどと比べると少なめです。しかし着脱がしやすく、一番使いやすいプラグと言えるでしょう。

円筒波形型スリット式は安定した音質

出典:Amazon

円筒波形型スリット式は、バネスリット式のバネ部分が波打った形状をしているバナナプラグです。バネ部分が波型をしているので、接続端子との接地面が広く、安定した音質が期待できます。バネの部分が波型をしている以外は、板バネスリット式のバナナプラグとはそれほど変わりはありません。バネスリットよりも安定した音質を期待したい方は、波型のバナナプラグを使ってみてください。

ねじ込み式はしっかり接続できる

出典:Amazon

ねじ込み式のバナナプラグは、プラグの先端部分を接続端子に差し込んだ後ネジを回して先端を開かせ、固定するという仕組みのプラグです。ねじ込み式のバナナプラグは先端部分がしっかりと接続端子に接触するため、安定した音質が期待できます。高価な商品も多く、音の良さを本格的に追求したい方におすすめのプラグです。しかし、素材や品質、オーディオ周辺の環境によっても音質は変わってくるので試行錯誤は必要です。

導体の素材を選ぶ

ニッケルメッキは一般的な音質

ニッケルメッキのバナナプラグは、最も多く流通しているタイプです。ニッケルメッキは低価格なので、オーディオでも様々な部分に使用されています。音質は一般的で、聞きなれた音質です。特徴的というよりかは耳慣れた音質なので、音質に強いこだわりがなく価格を抑えたバナナプラグをお求めの方におすすめです。

金メッキは華やかでやわらかい音質

出典:Amazon

金メッキのバナナプラグは、ニッケルメッキのバナナプラグに比べて華やかでやわらかい音質になる傾向があります。金メッキは市販品でもよく見かける、一般的な材質です。オーディオの接続端子に良く使われるので、耳慣れた音質でしょう。劣化しにくいため、バナナプラグを頻繁に交換したくないという方にもおすすめです。

銀・ロジウムメッキはシャープな音質

銀やロジウムメッキのバナナプラグは、ニッケルや金メッキに比べると価格が高いものが多いです。高音域がはっきり聞こえて、シャープな音になる傾向があります。やわらかくて落ち着きのある音色というより、輪郭がはっきりとした音質が好みの方におすすめです。また、高級なオーディオ機器でもよく使われる傾向があります。

ハウジングの重量やサイズも重要

出典:Amazon

バナナプラグを手で直接持つ部分を、ハウジングといいます。ハウジングの部分は、プラスチックなどの材質でできていることが多く、商品によって重さやサイズが異なります。ハウジング部分が大きいと取り扱いもしやすいですが、あまり重量やサイズが大きいと、脱落や破損の原因になることもあります。負荷がかかりすぎるとショートする、といったリスクも考慮して選ぶことが大切です。

絶縁体の有無をチェック

バナナプラグの金属部分を覆う絶縁体があると、取り外しが簡単に行えます。アンプやスピーカーとの接続を頻繁に行う場合は、絶縁体があるバナナプラグを選ぶと良いでしょう。

対応するケーブル径を確認

バナナプラグは、接続端子の反対側にオーディオケーブルを接続して使用します。ケーブルを接続する穴のサイズに合致するケーブルでないと使用できないので、注意が必要です。バナナプラグを購入する前に、使用できるケーブル径を確認してください。細いケーブルであれば接続できることが多いですが、ケーブルが太い場合は接続できないこともあるので気を付けてください。

バナナプラグの使い方

バナナプラグの使い方は、バナナプラグの構造によって様々です。はんだ付けするタイプやネジで圧着するタイプなど使い方は商品によって異なるので、それぞれの構造に合わせた使い方をしてください。また、次のページでは、バナナプラグの使い方が写真付きで説明されています。バナナプラグの使い方をより詳細に知りたい方は、下記の記事もあわせてご覧ください。

バナナプラグのおすすめ12選

最安値1,347円(税込)

3.75(211件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値1,199円(税込)

3.90(62件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値1,998円(税込)

3.55(16件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値1,578円(税込)

4.10(280件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値5,977円(税込)

5.00(2件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値5,010円(税込)

4.40(30件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値5,724円(税込)

5.00(4件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値1,050円(税込)

3.70(60件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値3,880円(税込)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値5,210円(税込)

3.00(10件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値18,468円(税込)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

まとめ

バナナプラグは、オーディオ機器とケーブルを接続するアイテムです。バナナプラグを使うことで接続部分のコードを保護して、劣化しにくくする効果が期待できます。材質や品質により音質も異なるので、自分の好みの音質を実現できるバナナプラグを試してみてください。

おすすめ記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー