コーヒーリキュールのおすすめ7選!砂糖不使用も

コーヒーリキュールのおすすめ7選!砂糖不使用も

コーヒーリキュールは、ラムや泡盛など商品によってベースになるお酒が異なり、アルコール度数も様々です。通常のコーヒーよりもカフェインの量が少ない商品が多く、夕食後や就寝前にも楽しめます。また、製菓用に使うことで、ケーキやクッキーにコーヒーの香りをつけることもできます。今回はコーヒーリキュールの選び方と、甘くない商品やあいぼうなどのおすすめ商品を紹介します。

コーヒーリキュールの選び方

アルコール度数で選ぶ

コーヒーリキュールは、甘くて飲みやすいカクテルが多いイメージですが、実はアルコール度数の幅が広いリキュールとしてもよく知られています。アルコール度数が12度~35度までと、幅が広いため、自分好みのものを選びやすいという特徴があります。お酒に弱い人が選ぶときは、アルコール度数のチェックを忘れないようにしましょう。

エキス分を参考に甘さで選ぶ

ほかのお酒と違い、砂糖を一定量使用して製造するコーヒーリキュールは、甘みの強いお酒です。その甘さを際立たせるために、バニラやシナモンなどの香料や、甘味料が加えられています。そのほかにも、甘み成分が抑えられたエスプレッソのようなコーヒーリキュールも登場しています。バニラアイスにかけたり、ミルクで割って飲むときは、甘めのコーヒーリキュールがおすすめです。甘さが抑えられた銘柄は、コーヒー独特の苦みを楽しめます。エキス分といって、甘味成分の含有量が表記されているものもあるので、アルコール度数同様、エキス分も参考にすると良いでしょう。

様々なフレーバーから選ぶ

様々なフレーバーから選ぶ

モカ・キャラメル・オレンジ・抹茶・パンプキンなど、フレーバーによって全く違う飲み物になるので、アレンジの仕方によって、いつもとは違うワンランク上の味わいを楽しめます。カクテルで楽しむときや、お菓子作りのアクセントに使うときなど、シーンに合わせてフレーバーをチョイスすることをおすすめします。

コーヒー豆の種類で選ぶ

コーヒー豆の種類で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

上質なアラビカ種のコーヒー豆を使用したコーヒーリキュールや、高級なジャマイカ産のブルーマウンテンを使用したものもあります。また、深煎りした豆から抽出した、濃いエスプレッソを使用したものは、甘すぎないところが男性にも人気があります。コーヒー豆の種類で味わいも変わってくるので、選ぶ際はコーヒー豆にも注目です。

ベースとなるお酒で選ぶ

ベースとなるお酒で選ぶ

使用されているベースのお酒も、様々なものがあります。代表的なものは、アイリッシュウィスキー、スピリッツ、ラムなどですが、泡盛ベースでアルコール度数が低く、飲みやすいものも販売されています。ベースに使用しているお酒で、味だけでなく香りや風味まで違ってくるので、まずは自分好みのベースを見つけることが大切です。

コーヒーリキュールのおすすめ7選

出典:Amazon.co.jp

秋田県醗酵工業のコーヒーリキュールです。アルコール度数は16%になります。内容量は720mlです。ロックはもちろん、ミルク・牛乳と割ると、コーヒー牛乳のお酒を楽しむことができます。コーヒーの良い香りがするリキュールです。コーヒー独特の苦みも感じることができます。コーヒーリキュールなので、コーヒーが好きな方におすすめです。

秋田県醗酵工業のコーヒーリキュールです。アルコール度数は16%になります。内容量は720mlです。ロックはもちろん、ミルク・牛乳と割ると、コーヒー牛乳のお酒を楽しむことができます。コーヒーの良い香りがするリキュールです。コーヒー独特の苦みも感じることができます。コーヒーリキュールなので、コーヒーが好きな方におすすめです。

出典:Amazon.co.jp

サントリーのコーヒーリキュールです。内容量は200mlになります。アルコール度数は20%です。原産国はアメリカです。原料はアラビカ種のコーヒー豆を100%使用しています。コーヒーの深いコクを感じることができます。ミルクや牛乳と割ると、カルーアミルクになります。カルーアミルクが好きな方はもちろん、甘いお酒が好きな方におすすめです。

サントリーのコーヒーリキュールです。内容量は200mlになります。アルコール度数は20%です。原産国はアメリカです。原料はアラビカ種のコーヒー豆を100%使用しています。コーヒーの深いコクを感じることができます。ミルクや牛乳と割ると、カルーアミルクになります。カルーアミルクが好きな方はもちろん、甘いお酒が好きな方におすすめです。

出典:Amazon.co.jp

主にコロンビア産のコーヒー豆が使用されたコーヒー味のリキュールです。豆をじっくりと抽出することによってしっかりとしたコーヒーの味わいを引き出しています。コーヒーの風味を消さない程度にチョコレートとバニラの味わいも感じられます。ラムをベースにした濃厚なブラウンカラーで、コーヒーフレーバーを存分に楽しめるように仕上げられています。

主にコロンビア産のコーヒー豆が使用されたコーヒー味のリキュールです。豆をじっくりと抽出することによってしっかりとしたコーヒーの味わいを引き出しています。コーヒーの風味を消さない程度にチョコレートとバニラの味わいも感じられます。ラムをベースにした濃厚なブラウンカラーで、コーヒーフレーバーを存分に楽しめるように仕上げられています。

出典:Amazon.co.jp

沖縄の南都酒造所から出ているシュガーレスのコーヒーリキュールです。甘味料の糖類は使用せず、風化サンゴによる焙煎熟成後のコーヒー豆を泡盛に浸漬し、エキス豊富なコーヒーリキュールに仕上げています。甘さはなく、ほのかな酸味と苦味が調和した本格的なコーヒー味を楽しめます。甘さが欲しい方には、シロップの量を調節して自分好みの甘さに仕上げることもできます。

沖縄の南都酒造所から出ているシュガーレスのコーヒーリキュールです。甘味料の糖類は使用せず、風化サンゴによる焙煎熟成後のコーヒー豆を泡盛に浸漬し、エキス豊富なコーヒーリキュールに仕上げています。甘さはなく、ほのかな酸味と苦味が調和した本格的なコーヒー味を楽しめます。甘さが欲しい方には、シロップの量を調節して自分好みの甘さに仕上げることもできます。

出典:Amazon.co.jp

泡盛をベースにコーヒー、沖縄県産黒糖シロップなどを加えた味わい深いリキュールです。泡盛の芳醇な味と香り、コーヒーのほろ苦さ、キャラメル風味の甘い香りの絶妙なハーモニーが楽しめます。オンザロック、ミルクや豆乳割りのほか、フローズンカクテルとしても楽しめます。アイスクリームにかけても美味しいです。甘いお酒が好きな人におすすめです。

泡盛をベースにコーヒー、沖縄県産黒糖シロップなどを加えた味わい深いリキュールです。泡盛の芳醇な味と香り、コーヒーのほろ苦さ、キャラメル風味の甘い香りの絶妙なハーモニーが楽しめます。オンザロック、ミルクや豆乳割りのほか、フローズンカクテルとしても楽しめます。アイスクリームにかけても美味しいです。甘いお酒が好きな人におすすめです。

出典:Amazon.co.jp

1947年にジャマイカ島にいた学者(医学者・微生物学者)ケネス・リー・エヴァンスが、同島の産品であるブルーマウンテンとラムを使って製品化したコーヒー・リキュールです。ジャマイカ産のブルーマウンテンを使用した、爽やかな苦味が魅力的なコーヒー・リキュールです。お酒として飲むだけでなく、お菓子づくり等にも使えます。コーヒー・リキュール好きの人におすすめです。

1947年にジャマイカ島にいた学者(医学者・微生物学者)ケネス・リー・エヴァンスが、同島の産品であるブルーマウンテンとラムを使って製品化したコーヒー・リキュールです。ジャマイカ産のブルーマウンテンを使用した、爽やかな苦味が魅力的なコーヒー・リキュールです。お酒として飲むだけでなく、お菓子づくり等にも使えます。コーヒー・リキュール好きの人におすすめです。

出典:Amazon.co.jp

アルコール濃度が高く、甘さを控えたドライな味わいが特徴のコーヒーリキュールです。アルコール度数は35度。100%天然コーヒーの香りとコク、上質なテキーラの風味を損なうことなく再現されています。スタウトビール、コーラ、シトロンジなどで割ることでいろいろな楽しみ方ができます。艶消し処理されたレトロでおしゃれなボトルも魅力的です。

アルコール濃度が高く、甘さを控えたドライな味わいが特徴のコーヒーリキュールです。アルコール度数は35度。100%天然コーヒーの香りとコク、上質なテキーラの風味を損なうことなく再現されています。スタウトビール、コーラ、シトロンジなどで割ることでいろいろな楽しみ方ができます。艶消し処理されたレトロでおしゃれなボトルも魅力的です。

コーヒーリキュールのおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

紹介されているメーカー