キャットフードの選び方&おすすめ5選【こだわりの食事♡】

キャットフードの選び方&おすすめ5選【こだわりの食事♡】

飼い猫の主食となり、健康なども維持してくれるのが「キャットフード」です。猫の好みに合うように、様々な味や形の商品が売り出されています。今回はキャットフードの基礎知識や安全な選び方、「ロイヤルカナン」など人気のおすすめ商品を紹介します。

キャットフードの種類と特徴

キャットフードには大きく分けて2種類あります。どちらもメリットとデメリットがありますので、猫の年齢やお部屋の環境などによって選びましょう。

ドライフード

「カリカリ」と呼ばれる固形のキャットフードです。多くの飼い猫がドライフードを主食としています。形や味のバリエーションが豊富なため、猫の好みで選びやすいでしょう。乾燥しているので傷みにくく、保存もききやすいので扱いやすいです。しかし雨が続いたりすると湿気を持つことはデメリットと言えるでしょう。密封して保存するなど工夫が必要です。慌てて食べる飼い猫の場合は、喉に詰まりやすいので少量ずつあげると良いです。

レギュラーフード

ドライフードの中でも比較的安価な商品が多くスーパーやドラッグストアで手に入れることができます。添加物が多く含まれています。

プレミアムフード

価格はレギュラーフードに比べると高めのものが多いですが、無添加の商品が多く健康的です。特にアレルギーを持っている猫にはプレミアムフードがおすすめです。

ウェットフード

缶詰などのように半固形状のキャットフードです。子猫や高齢の飼い猫の主食として使われていることもあります。メリットは歯が弱くてもおいしく食べられるところです。水分が多いので、水をあまり飲みたがらない猫には水分補給としても使えます。デメリットは夏場などに傷みやすいところです。食器を毎回キレイに洗ったり、食べ残しは都度捨てるなどした方が良いです。

キャットフードの選び方

猫は好みの味でなければ、キャットフードを食べたがりません。まずは飼い猫が毎日しっかりと食べるような、好みの味を見つけることが大切です。

年齢

猫も人間と同じで、年齢によって体質が変わります。若い頃と同じ食事では内臓に負担がかかってしまいます。反対に子猫に大人用を食べさせると噛みにくく栄養を吸収しにくくなります。キャットフードには猫の年齢に合わせたものがあるので、年齢を考慮し、飼い猫が無理なく食べられる商品を選んでください。

体質

猫によって、体質は異なります。中でも特に気をつけたいのがアレルギーです。穀物アレルギーやチキンアレルギーを持つ猫は多いので、まずは動物病院でアレルギー検査をしてもらいましょう。また、去勢をした猫は太りやすくなるので、ローカロリーのものを選ぶと良いです。他にも膀胱炎になりやすい猫などもいますので、可能であれば獣医師に相談して決めましょう。

価格・入手方法

キャットフードは、毎日食べることで健康な身体を維持します。価格が高すぎたり、入手が困難なものは続けられません。いつでも買えて、続けられるものを選びましょう。

キャットフードを変えるときの注意点

今まで食べていたキャットフードを他のものに変える時には注意が必要です。猫は慣れているものを好みますので、急に新しいものは食べてくれません。

少しずつ混ぜて変える

今まで食べていたフードに、今後使いたいフードを少しずつ混ぜて食べさせます。最初は4分の1、次に半分、と徐々に変えていきましょう。特に警戒心が強い猫のキャットフードを変えるのであれば根気良く少しずつ、がポイントです。

手や器を変えてみる

猫に持病などがあり、どうしてもキャットフードを変えないといけない時があります。しかし、猫は急には食べてくれません。そんな時は新しい器であげてみましょう。猫は好奇心が旺盛なので、新しいものは試してみようとしてくれます。それでもダメなら飼い主の手の平に乗せてあげてみてください。信頼している飼い主の手からであれば食べる、という猫は多いものです。

キャットフードの主なメーカー

日本ヒルズ

獣医師に勧められることが多いこのメーカーは、多くの種類を揃えています。中でもサイエンスダイエットは猫の体質や年齢に合わせたバリエーションが豊富です。10種類以上の中から猫が気に入るキャットフードを選ぶことができます。

ロイヤルカナン

猫が病気をした時に動物病院で購入したという人も多いのではないでしょうか。総合栄養食と食事療法食があり、どんな猫にでも合ったものを見つけられるようになっています。病気の予防や病気の原因となる症状の改善を目的としたキャットフードを扱っています。

キャットフードのおすすめ5選

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値1,748円(税込)

この商品の特徴

150人以上の獣医師と栄養学者によって開発されています。栄養バランスを整えて、飼い猫の健康を保つと言われています。年齢によって酸化されていく身体と内臓を抗酸化成分が守ります。猫が好んで食べるように味にも工夫がされています。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

150人以上の獣医師と栄養学者によって開発されています。栄養バランスを整えて、飼い猫の健康を保つと言われています。年齢によって酸化されていく身体と内臓を抗酸化成分が守ります。猫が好んで食べるように味にも工夫がされています。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値6,630円(税込)

この商品の特徴

猫に多い病気のひとつである、下部尿路疾患のための療養食です。マグネシウムやカルシウムを調整しています。病院で勧められることが多いキャットフードです。また、カロリーコントロールもされているので肥満が心配な猫にも安心して食べてもらえます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

猫に多い病気のひとつである、下部尿路疾患のための療養食です。マグネシウムやカルシウムを調整しています。病院で勧められることが多いキャットフードです。また、カロリーコントロールもされているので肥満が心配な猫にも安心して食べてもらえます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値2,255円(税込)

この商品の特徴

厳選した自然食材で作られているキャットフードです。自社工場で製造された後、厳しい検査基準をクリアして製品にされています。特に消化性に優れています。室内飼いで運動量が少ない猫におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

厳選した自然食材で作られているキャットフードです。自社工場で製造された後、厳しい検査基準をクリアして製品にされています。特に消化性に優れています。室内飼いで運動量が少ない猫におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値1,167円(税込)

この商品の特徴

穀物アレルギーの猫におすすめです。穀物を一切使わず、生肉や生魚を使って作られています。また泌尿系トラブルを防ぐクランベリーも配合されています。抗酸化作用が期待できる野菜や果物の栄養も摂ることができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

穀物アレルギーの猫におすすめです。穀物を一切使わず、生肉や生魚を使って作られています。また泌尿系トラブルを防ぐクランベリーも配合されています。抗酸化作用が期待できる野菜や果物の栄養も摂ることができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値1,653円(税込)

この商品の特徴

グルテンフリーのキャットフードです。大豆、卵、乳製品、ひまわり油、小麦、とうもろこしは使っていません。さらにクランベリーが配合されています。ブルーベリーも配合されているので猫の目の健康もカバーできます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

グルテンフリーのキャットフードです。大豆、卵、乳製品、ひまわり油、小麦、とうもろこしは使っていません。さらにクランベリーが配合されています。ブルーベリーも配合されているので猫の目の健康もカバーできます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー