電子ミシンのおすすめ8選!初心者向けの便利機能付き【2020年版】

電子ミシンのおすすめ8選!初心者向けの便利機能付き【2020年版】

電子ミシンは電動ミシンよりも便利な機能がついたミシンです。電子回路で針のスピードを制御するため、低速であっても厚手の生地を縫える力があります。コンピューターミシンより価格が低いため、初めてミシンを購入する方におすすめです。ジャノメやブラザー、JUKIなどのメーカーから販売されています。今回は、コンピューターミシンとの違いや、電子ミシンの使い方から選び方、初心者の方も使いやすい自動糸調子機能などがついたおすすめ商品をご紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

電子ミシンとは

電子ミシンとは

出典:Amazon.co.jp

電子ミシンとは、主に3つの機能を備えたミシンのことを指します。縫い初めに針がゆっくり進む機能、縫い終わりに針が上で停止する機能、縫うスピードを電子回路で制御する速度制御機能がついています。電動ミシンに比べて高性能なモーターが搭載されており、安定したパワーを発揮します。低速だとパワー不足になる電動ミシンに比べて、電子ミシンはスロースピードでも厚手の布をしっかりと縫うことができます。また、自動糸調子機能がついているタイプは、上糸と下糸の引っ張り合う強さをミシンが調節してくれるため、縫いたい生地に合わせて設定する手間が省けます。そのため、初心者にも使いやすく便利です。

電子ミシンとコンピューターミシンの違い

電子ミシンと異なり、コンピューターミシンは、模様の種類も豊富で細かい調整もできるため機能的です。刺繍で名前を入れる、キャラクターを描く、飾り刺繍をつくりたいという場合はコンピューターミシンがおすすめです。しかし、子どもの入園・入学準備グッズをつくる、趣味で布小物や簡単な洋服をつくるなどの目的であれば、電子ミシンにも十分な機能が備わっています。直線縫い、ジグザグ縫い、返し縫いといったミシンの基本的な操作が可能で、コンピューターミシンに比べて安価な価格帯が多いため、まずは試しに購入を検討している方にもおすすめです。

 機能 電子ミシン コンピューターミシン
縫い目の調整 内蔵カムで縫い目の長さを自分で選択する ミシン針の位置や送りをコンピューターが制御する
縫い終わりの針の位置 上で止まる 上下の指定ができる
ジグザグ縫いの振り幅 指定不可 調整が可能
ボタンホール スクエア(四角)のみ ハトメなどのボタンホールができる
糸切り  手動  自動糸切り機能
液晶画面  なし  あり

電子ミシンの選び方

動作スイッチをチェック

電子ミシンの動作スイッチは、本体についている場合と、フットコントローラータイプの2つに分けられます。どこで使うのかによって選ぶと良いでしょう。例えば、床に座って使いたい場合は手動でスイッチが押せるタイプを、テーブルで使用する場合はフットコントローラータイプを選ぶと使いやすくなります。また、フットコントローラーがあると、両手で生地をおさえて縫うことができるため、自由に両手を使いたい方はミシンにフットコントローラーが付属しているかをチェックしましょう。

使いたい機能がついているか

使いたい機能がついているか

出典:Amazon.co.jp

厚物縫い機能や自動針糸通し機能など、基本的な機能以外にも便利な機能がついていることがあります。低速でも安定した力が出せる厚物縫い機能付きは、厚手のデニム生地やキルティング生地を縫うことが多い方におすすめです。また、自動針糸通し機能がついているタイプは、レバーを下げて押し戻すだけ針穴に糸が通ります。他にも、電源コードの紛失が心配な場合は、電源コードを引っ張ることでコードを本体の中に収納できる機能(コードリール)付きのミシンがおすすめです。自分に必要な機能がついているかどうかチェックしておきましょう。

使いやすいサイズを選ぶ

電子ミシンは、比較的小さなサイズから大きなサイズまであり、幅広く揃っています。収納のしやすさや、部屋のどこで使うのかによって、自分に合ったサイズを選びましょう。また、サイズが大きくなるとそのぶん重くなることもあります。運びやすいサイズや重さかどうかをチェックしておきましょう。

電子ミシンの主なメーカー

ジャノメ

家庭用ミシンシェアトップを誇る老舗メーカーです。刺繍ミシン、一般用、ロック、業務用刺繍機があり、初心者からプロまで幅広く対応したミシンがあります。家庭用ミシンは定評があり、厚手の生地に強い機種を取り揃えている特徴があります。

ブラザー

家庭用から工業用まで扱うメーカーで、特に刺繍機能に力を入れています。刺繍作家とのコラボや、キャラクター刺繍をタッチパネルで簡単に縫える機能などがあります。

JUKI

工業用ミシンにおいてトップシェアを誇るメーカーです。その高度な技術を、家庭用ミシンでも味わえます。特にコンピューターミシンのラインナップが豊富ですが、電子ミシンには付属で操作方法のDVDなどがついており、初心者も簡単にミシンを使える工夫がされています。

電子ミシンの使い方

厚地の縫い方

厚地の縫い方

厚地の布を端から縫うときに布押さえが傾いて布の進行を妨げ、うまく縫えないときがあります。そのような場合は、押さえの下に同じ厚みの布か厚紙をあてて縫うと、縫い始めがスムーズです。

刺繍の仕方

刺繍の仕方

コンピューターミシンには刺繍機能が標準で備わっていますが、電子ミシンはついていないものがほとんどです。刺繍をする際は以下の手順を参考にしてみてください。

STEP1:図案を書き、刺繍枠を取り付ける

まずは刺繍をしたい部分に図案を書いて、刺繍枠を取り付けます。

STEP2:押さえを外す

刺繍枠を通すために、一度押さえを外します。

STEP3:枠を通してネジで固定する

枠を通したら、もう一度押さえをネジでしっかりしめて固定します。そのあと、図案を書いた布の下に一枚端切れなどをあてがっておくと、引きつれ防止になります。

STEP4:図案の線上に沿ってミシンをかける

図案に沿って、ミシンをかけていきます。

STEP5:中も縫っていく

図案をなぞり終わったら、中を塗るようにゆっくりと縫っていきます。

STEP6:もう一度外線をぐるりと縫う

すべて塗ったら、外線をもう一度囲うように縫っていきます。

電子ミシンのおすすめ8選

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

シンガーのモニカ・ピクシーDX/5720Rです。シンプルながらも、自動糸調子や、自動針穴糸通し、全自動ボタンホールなどの面倒な作業の手間が省ける機能がついており、便利で使い勝手が良いです。付属品にフットコントローラーがついているため、生地を両手で支えながら縫う事ができるのも嬉しいポイントです。

この商品の特徴

シンガーのモニカ・ピクシーDX/5720Rです。シンプルながらも、自動糸調子や、自動針穴糸通し、全自動ボタンホールなどの面倒な作業の手間が省ける機能がついており、便利で使い勝手が良いです。付属品にフットコントローラーがついているため、生地を両手で支えながら縫う事ができるのも嬉しいポイントです。

この商品の特徴

シンガーのクレエCE50、ミシンです。実用的な縫い設定が12種類あり、直線やジグザグ縫いなどが簡単に縫うことができます。また、自動糸調子機能、自動針穴糸通しなどの機能から、つけたいボタンをミシンにセットするだけで、サイズ調整をしてくれる全自動ボタンホールの機能なども充実しており、便利です。

この商品の特徴

シンガーのクレエCE50、ミシンです。実用的な縫い設定が12種類あり、直線やジグザグ縫いなどが簡単に縫うことができます。また、自動糸調子機能、自動針穴糸通しなどの機能から、つけたいボタンをミシンにセットするだけで、サイズ調整をしてくれる全自動ボタンホールの機能なども充実しており、便利です。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

シンガーのミシン、CE-15です。12種類の縫いパターン機能があるため、縫いたい生地によって選ぶことができ、便利です。また、自動糸調子がついており、生地の厚さに合わせてミシンが自動的に縫い目を調節してくれます。針穴の前に7枚の送り歯があり、厚手の生地の縫い始めや、段縫い縫いの際の布送りがスムーズです。

この商品の特徴

シンガーのミシン、CE-15です。12種類の縫いパターン機能があるため、縫いたい生地によって選ぶことができ、便利です。また、自動糸調子がついており、生地の厚さに合わせてミシンが自動的に縫い目を調節してくれます。針穴の前に7枚の送り歯があり、厚手の生地の縫い始めや、段縫い縫いの際の布送りがスムーズです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

初心者向きで、使いやすさを追求し、10種類ほどのの機能がついた電子ミシンです。価格も電子ミシンの中では手頃で、初めての方も手に取りやすいミシンとなっています。7枚の送り歯で薄物から厚物まで縫える点や、スピードをゆっくりしたいときにはボタン1つでスピード調整ができる点などがおすすめです。

この商品の特徴

初心者向きで、使いやすさを追求し、10種類ほどのの機能がついた電子ミシンです。価格も電子ミシンの中では手頃で、初めての方も手に取りやすいミシンとなっています。7枚の送り歯で薄物から厚物まで縫える点や、スピードをゆっくりしたいときにはボタン1つでスピード調整ができる点などがおすすめです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

蛇の目ミシン工業のJANOME電子ミシンです。ロックメス内蔵(ヌイキル機構)が搭載されており、生地を切りながら、たちめかがりが簡単にできます。また、両手が使いたいときには、フットコントローラーで足元での操作も可能です。スロー返し縫いや、ゆっくり縫うことができるスタート機能がついているため、扱いやすく、初めてミシンを使用する方や、ミシンを使うのが久しぶりで操作を忘れている方にもおすすめです。

この商品の特徴

蛇の目ミシン工業のJANOME電子ミシンです。ロックメス内蔵(ヌイキル機構)が搭載されており、生地を切りながら、たちめかがりが簡単にできます。また、両手が使いたいときには、フットコントローラーで足元での操作も可能です。スロー返し縫いや、ゆっくり縫うことができるスタート機能がついているため、扱いやすく、初めてミシンを使用する方や、ミシンを使うのが久しぶりで操作を忘れている方にもおすすめです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

使い勝手の良い機能が搭載されている電子ミシンです。実用性重視でシンプルなつくりです。布地を切りながらかがり縫いができる、サイドカッターという機能がついています。また、大きめなダイヤルで縫い模様を11パターンから選択でき、返し縫いレバーも操作1つで行えます。

この商品の特徴

使い勝手の良い機能が搭載されている電子ミシンです。実用性重視でシンプルなつくりです。布地を切りながらかがり縫いができる、サイドカッターという機能がついています。また、大きめなダイヤルで縫い模様を11パターンから選択でき、返し縫いレバーも操作1つで行えます。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

ジャガーの電子ミシンです。縫い始めは低速でスタートし、返し縫いをする際もゆっくりなので、初心者の方にも使用しやすいミシンです。生地の縫い終わりは針が常に上で停止するため、布が取り出しやすい仕様です。また、コンパクトサイズなので、収納にも場所を取らず、持ち運びの際も簡単です。

この商品の特徴

ジャガーの電子ミシンです。縫い始めは低速でスタートし、返し縫いをする際もゆっくりなので、初心者の方にも使用しやすいミシンです。生地の縫い終わりは針が常に上で停止するため、布が取り出しやすい仕様です。また、コンパクトサイズなので、収納にも場所を取らず、持ち運びの際も簡単です。

この商品の特徴

コンパクトなつくりですが厚物縫いもしっかり行えます。目安としては、13オンスのソフトデニムを8枚重ねても使える仕様です。初めてミシンで縫うときは、なるべく広い作業台の方がやりやすいのですが、この製品はフラットテーブル仕様で、作業しやすくなっています。押さえの下ろし忘れを音で知らせてくれるのもうれしいポイントです。

この商品の特徴

コンパクトなつくりですが厚物縫いもしっかり行えます。目安としては、13オンスのソフトデニムを8枚重ねても使える仕様です。初めてミシンで縫うときは、なるべく広い作業台の方がやりやすいのですが、この製品はフラットテーブル仕様で、作業しやすくなっています。押さえの下ろし忘れを音で知らせてくれるのもうれしいポイントです。

電子ミシンのおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー