ビオトープ向け水草のおすすめ10選!越冬できる水草も

ビオトープ向け水草のおすすめ10選!越冬できる水草も

ビオトープとは、天然の動植物の生息空間を意味する言葉です。日本では浮草、沈水植物、苔などの水草を使って水辺の風景を再現するガーデニング用語として定着しています。室内やベランダで楽しむことができ、寒さに強い水草は屋外でも越冬可能です。今回は、ビオトープ向け水草の選び方とおすすめ商品を紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

ビオトープ向け水草の種類

高さがある抽水植物・湿生植物

高さがある抽水植物・湿生植物

出典:Amazon.co.jp

抽水植物や湿生植物は上に伸びる性質があるので、後方のレイアウトにおすすめです。抽水植物の代表的な種類はミズトクサで、葉や茎の一部が水面に出ていて、水底の土に根を張るのが特徴です。一方、アシ、ガマ、ミズバショウなどで知られる湿生植物は、水に浸す必要があるのは根の部分だけなので、茎や葉ができるだけ水面に出るようにレイアウトを工夫しましょう。

水面に浮かぶ浮遊植物・浮葉植物

水面に浮かぶ浮遊植物・浮葉植物

出典:Amazon.co.jp

浮遊植物は、水面に浮かぶタイプの水草です。ビオトープの前方のレイアウトには、草丈の低い浮遊植物や浮葉植物を活用するのがおすすめです。水面に浮く水草は、水底に根を張る種類と、根を張らずに株ごと水中で浮遊する種類があるので、植物の性質に合わせて水位を調整しましょう。浮遊植物や浮葉植物には水温の上昇を防ぐ効果もあります。

水中に沈む沈水植物

水中に沈む沈水植物

出典:Amazon.co.jp

沈水植物は、根、茎、葉すべてが水中に沈んでいる状態で生息するタイプです。沈水植物には水を浄化する作用があり、透明感のある水質を保ちたい方におすすめです。また、金魚やメダカなどを一緒に飼育する場合、エサや産卵床にもなります。特にアナカリス(オオカナダモ)やマツモなどは、高い水質浄化能力があるとされています。

ビオトープ向け水草の選び方

越冬できるかで選ぶ

越冬できるかで選ぶ

出典:Amazon.co.jp

屋外や寒冷地でビオトープをつくる場合は、寒さに強い水草を選びましょう。水草を育てるには温かい場所が必要とされていますが、耐寒性があって越冬可能な種類も多くあります。沈水植物のアナカリスやマツモは寒さに強く、水面に浮くスイレン、ホテイアオイなども越冬可能です。冬の休眠期に入ると枯れたように見えることもありますが、暖かくなると葉や茎が青々としてきます。

育てやすさで選ぶ

水草の種類は多岐にわたり、育て方もそれぞれ異なります。水質や水温の変化に左右されやすく、管理が難しい種類もあるので、特にビオトープ初心者の方は育てやすい水草を選びましょう。定期的に肥料の追加が必要な水草もあるので、管理が難しい場合は肥料不要の種類がおすすめです。また、耐寒性があって越冬できる水草や、水温が低くても生育する水草も育てやすいです。

飼う生物に合わせて選ぶ

金魚を飼うなら食べやすい水草を選ぶ

金魚を飼うなら食べやすい水草を選ぶ

ビオトープで水草と一緒に金魚を飼育する場合は、魚が食べやすい種類を選びましょう。水草は金魚などのエサになるので、葉がやわらかい種類がおすすめです。水草の中でも、アナカリスは葉がやわらかい上、増えるスピードもはやいので、金魚と一緒に育てるのに向いています。また、価格がリーズナブルで管理もしやすいため、初心者にもおすすめです。

エビを飼うなら無農薬の水草を選ぶ

エビ類は水中で発生する苔を食べてくれるので、アクアリウムのタンクメイトとしても重宝されています。ミナミヌマエビやヤマトヌマエビなど、淡水で生息する小型のエビ類は残留農薬の影響を受けやすいため、ビオトープでエビ類を飼育する場合は無農薬の水草を選んでください。市場で流通している水草のほとんどに農薬が使われているため、エビ類を一緒に飼育する場合は農薬使用の有無を確認してから購入しましょう。

抽水植物・湿生植物の水草おすすめ2選

出典:Amazon.co.jp

北アメリカ原産の抽水植物です。学名はサジタリア・グラミネアです。4月~9月頃にかけて、かわいらしい白い花を咲かせる観賞用の水草として知られています。比較的浅い水中に生息しており、葉や茎は水面から出ていますが、水底の土壌に根を張るのが特徴です。比較的丈夫で育てやすく、越冬もできるので、ビオトープ初心者にも向いています。

北アメリカ原産の抽水植物です。学名はサジタリア・グラミネアです。4月~9月頃にかけて、かわいらしい白い花を咲かせる観賞用の水草として知られています。比較的浅い水中に生息しており、葉や茎は水面から出ていますが、水底の土壌に根を張るのが特徴です。比較的丈夫で育てやすく、越冬もできるので、ビオトープ初心者にも向いています。

チャームミズトクサ(水砥草)
価格情報がありません

出典:Amazon.co.jp

本州の中部以北~北海道まで分布する湿生植物です。空に向かってまっすぐ伸びるのが特徴です。日本以外では、北アメリカ、ヨーロッパ、中国北部、朝鮮半島などに広く分布します。寒さに強く、寒冷地以外は屋外での越冬が可能です。冬は休眠期となり、株が枯れたように見えることもありますが、水を切らさないように気をつけましょう。

本州の中部以北~北海道まで分布する湿生植物です。空に向かってまっすぐ伸びるのが特徴です。日本以外では、北アメリカ、ヨーロッパ、中国北部、朝鮮半島などに広く分布します。寒さに強く、寒冷地以外は屋外での越冬が可能です。冬は休眠期となり、株が枯れたように見えることもありますが、水を切らさないように気をつけましょう。

浮遊植物・浮葉植物の水草おすすめ4選

チャーム姫睡蓮(ヒメスイレン)
価格情報がありません

出典:Amazon.co.jp

ビオトープにおすすめの、姫睡蓮「スノープリンセス」の休眠株です。姫睡蓮は葉が小さめなので、水中への日差しを邪魔しません。メダカを上から鑑賞する場合にも、葉が邪魔にならないので、メダカの水槽に花の咲く水草をとりいれたい方におすすめです。1シーズンに4~5回花が楽しめて、屋外でも越冬が可能です。

ビオトープにおすすめの、姫睡蓮「スノープリンセス」の休眠株です。姫睡蓮は葉が小さめなので、水中への日差しを邪魔しません。メダカを上から鑑賞する場合にも、葉が邪魔にならないので、メダカの水槽に花の咲く水草をとりいれたい方におすすめです。1シーズンに4~5回花が楽しめて、屋外でも越冬が可能です。

出典:Amazon.co.jp

国産のホテイアオイです。葉柄が膨らみ浮力があるため、水槽内に浮かせるようにして育てます。生育環境の目安は、水温は22~26度、底床素材はソイルや砂で、コケが付かない程度の液肥を与えるのがおすすめです。メダカ飼育用の水草としてもメジャーで、産卵床や、日差しや外的からの隠れ家、水質浄化用として利用できます。

国産のホテイアオイです。葉柄が膨らみ浮力があるため、水槽内に浮かせるようにして育てます。生育環境の目安は、水温は22~26度、底床素材はソイルや砂で、コケが付かない程度の液肥を与えるのがおすすめです。メダカ飼育用の水草としてもメジャーで、産卵床や、日差しや外的からの隠れ家、水質浄化用として利用できます。

アクアヒーリングウォーターポピー
価格情報がありません

出典:Amazon.co.jp

ホワイトまたはイエローのポピーに似た花を咲かせる水生植物です。別名、ミズヒナゲシとも呼ばれます。葉は丸みを帯びた、かわいらしいフォルムが特徴です。水温5℃以上であれば寒い時期であっても葉が枯れることがなく、一年を通して青々とした状態を保てます。メダカの産卵床にも適した植物で、ビオトープ、ウォーターガーデンなどに向いています。

ホワイトまたはイエローのポピーに似た花を咲かせる水生植物です。別名、ミズヒナゲシとも呼ばれます。葉は丸みを帯びた、かわいらしいフォルムが特徴です。水温5℃以上であれば寒い時期であっても葉が枯れることがなく、一年を通して青々とした状態を保てます。メダカの産卵床にも適した植物で、ビオトープ、ウォーターガーデンなどに向いています。

出典:Amazon.co.jp

ハート形のように見える丸まった葉が、いくつもくっついたようなユニークな形の浮草です。原産国は東南アジアやインドなどで、寒さに弱く、本州でも屋外では越冬できません。10月~4月頃までは室内の日の当たる場所で管理しましょう。浮遊植物のため、土は不要です。横に繁殖するので、水面に浮かぶようにスペースにゆとりをもってレイアウトしてください。

ハート形のように見える丸まった葉が、いくつもくっついたようなユニークな形の浮草です。原産国は東南アジアやインドなどで、寒さに弱く、本州でも屋外では越冬できません。10月~4月頃までは室内の日の当たる場所で管理しましょう。浮遊植物のため、土は不要です。横に繁殖するので、水面に浮かぶようにスペースにゆとりをもってレイアウトしてください。

沈水植物の水草おすすめ4選

エムワイショップアクアカボンバ
価格情報がありません

出典:Amazon.co.jp

国産のカボンバ(カモンバ)です。到着時のサイズは15~20cm程度です。日当たりの良い場所を好み、10~28度ぐらいの水温で生育します。夏場のビオトープなど、水温が上がりすぎる環境では生育が悪くなるので、水温が上昇しすぎないよう注意しましょう。凍結さえしなければ、冬場の屋外でも越冬が可能です。

国産のカボンバ(カモンバ)です。到着時のサイズは15~20cm程度です。日当たりの良い場所を好み、10~28度ぐらいの水温で生育します。夏場のビオトープなど、水温が上がりすぎる環境では生育が悪くなるので、水温が上昇しすぎないよう注意しましょう。凍結さえしなければ、冬場の屋外でも越冬が可能です。

出典:Amazon.co.jp

国産の無農薬マツモです。小さめの金魚鉢に適したサイズですが、商品到着後に大きく育てることが可能です。無農薬なのでメダカ用としてはもちろん、残留農薬の影響を受けやすいエビ類にもおすすめです。

国産の無農薬マツモです。小さめの金魚鉢に適したサイズですが、商品到着後に大きく育てることが可能です。無農薬なのでメダカ用としてはもちろん、残留農薬の影響を受けやすいエビ類にもおすすめです。

チャーム無農薬アナカリス
価格情報がありません

出典:Amazon.co.jp

国産の無農薬アナカリスです。金魚藻の定番ともいわれる水草で、透明感があり美しい緑色が特徴です。凍結さえしなければ、ヒーターがなくても冬に枯れない強い水草です。環境さえ整えば、さらに量を増やすこともできます。

国産の無農薬アナカリスです。金魚藻の定番ともいわれる水草で、透明感があり美しい緑色が特徴です。凍結さえしなければ、ヒーターがなくても冬に枯れない強い水草です。環境さえ整えば、さらに量を増やすこともできます。

出典:Amazon.co.jp

ポット入りのアヌビアスナナです。初心者でも簡単に育てられる、代表的な水草です。大きさは10cm程度で、きれいな緑色の楕円形の葉を付けます。陰性植物の一種なので、強い光量がなくても育ち、他の水草や流木の影でもすくすく育ちます。ソイルに埋める必要はなく、砂利に活着させることができるので、レイアウトも簡単に変更できます。

ポット入りのアヌビアスナナです。初心者でも簡単に育てられる、代表的な水草です。大きさは10cm程度で、きれいな緑色の楕円形の葉を付けます。陰性植物の一種なので、強い光量がなくても育ち、他の水草や流木の影でもすくすく育ちます。ソイルに埋める必要はなく、砂利に活着させることができるので、レイアウトも簡単に変更できます。

ビオトープ向け水草のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

紹介されているメーカー