バイオリンのおすすめ7選!初心者セットや中級者向けも

バイオリンのおすすめ7選!初心者セットや中級者向けも

どなたでも一度はバイオリン奏者が奏でる美しい音色に、心惹かれた経験があると思います。自分も曲を演奏してみたいと、バイオリンをはじめる方も多いようです。ヤマハをはじめ色々なメーカーから、初心者セットや中級者向けなど様々な種類、値段で販売されているので、どこで買うのか商品選びに迷ってしまいます。また、大人用と子ども用ではサイズが違うため、サイズ選びの知識も必要です。そこで今回は、バイオリンの選び方とおすすめの商品をご紹介します。ケースや弓、交換弦、教本などがセットになった初心者向けのものや、中級者におすすめの楽器もあります。新品を購入したい方は、ぜひこちらで比較してみてください。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

バイオリンの美しい音色を奏でてみたい

バイオリンの美しい音色を奏でてみたい

美しい音色に惹かれてバイオリンに興味を持つ方が多いようです。ただ、ギターなどに比べると高価なイメージがあり、初心者の場合どの製品を選べば良いのか迷ってしまいますよね。そこで今回は、はじめてのバイオリン選びで迷わないように、初心者に向けてバイオリンの選び方やバイオリンを弾く際に必要なアイテム、お手入れ方法、おすすめのバイオリンを紹介します。

バイオリンの選び方

製造方法で選ぶ

価格の安い「プレス品」

プレス品とは、職人の手作業ではなく機械で大量に製造したバイオリンのことです。そのため、セット品でも1万円程度からと、低価格で購入できることがメリットとなります。ちょっと遊びで弾いてみたい方や、舞台の小道具にしたい方などに最適です。しかし、プレス加工でバイオリンを製造しているため、時間の経過とともに元の形に戻ろうとする力が働き、音が悪くなるなどのデメリットがあります。また、あまりにも価格が安すぎると、最初から音が悪く使用に耐えない製品もあるようなので、購入する際には試奏するか口コミなどをしっかりと確認すると良いでしょう。

高品質の「手工品」

職人がひとつずつ手仕事でつくったバイオリンは、手工品と呼ばれます。著名な職人が製造したバイオリンは、1つ1億円以上の値がつくこともありますが、安いものだと30万円程度から手に入れることができます。初心者にとっては決して安くない価格かもしれませんが、きちんと演奏すれば価格に見合う音色、もしくは価格以上の音色や価値があるともいわれています。長く使いたいのでプレス品は避けたいけれど、手工品を購入するには予算が足りないと言う方は、半分プレス加工、半分職人の手作業でつくられた「半手工品」のバイオリンを選ぶことで5万円~の予算で購入することができます。

弾きやすい形状を選ぶ

弾きやすい形状を選ぶ

出典:Amazon.co.jp

プロや上級者の場合は、あえて弾きにくい癖の強いバイオリンを選んで、自らの技術で弾きこなすことを好む方もいるようです。でも、初心者の場合は、できるだけ弾きやすい形状のバイオリンがおすすめです。弾きやすさは、本体のサイズやネックの太さ・細さ、断面の形状、凹凸の有無などによって異なります。また、この形が弾きやすいという正解はなく、好みや相性によって弾きやすさは異なります。そのため、自分の体にあうバイオリンを選ぶことが大切です。

子ども用もチェック

子ども用もチェック

バイオリンは、身長や年齢で目安となるサイズがあります。子どものバイオリンを探しているのなら、サイズ選びについて知っておく必要があります。大人向けのサイズが4/4のフルサイズとなり、10歳以上または145cm以上になれば、フルサイズ楽器の使用が推奨されます。子ども向けのサイズとしては、2~3歳の小さな子どもの場合は1/16サイズ、3~5歳の場合は1/10サイズ、5~6歳の場合は110~117cmなら1/8サイズなどがあり、フルサイズを含め7つのサイズに分けられています。身長と年齢に差異がある場合は、身長を目安にサイズを選びます。決して安い買い物ではないので、大きくなってからも使えるようにと大きめのサイズを検討する方もいるかもしれませんが、体にあわないサイズのバイオリンを使うと、正しい姿勢が保てなくなるなどのデメリットがあります。子ども用のバイオリンを選ぶ場合は、サイズ表を参考に慎重に行いましょう。

バイオリンのサイズ

身長

4/4(フルサイズ) 144cm以上
3/4 135~144cm
1/2 127~135cm
1/4 117~127cm
1/8 110~117cm
1/10 105~110cm
1/16 105cm以下

セット用品を確認

後程、詳しく説明しますが、バイオリンを演奏するためには、バイオリン本体以外にも必要なアイテムがあります。ひとつずつ揃えるのは大変なので、購入後すぐに演奏ができるようセット品も販売されています。セット品にはバイオリンをはじめ、弓やケース、松脂(まつやに)、肩当て、チューナーなど、バイオリンを使用するうえであると便利なアイテムが付属しています。ひとつずつ好みのものを選んでも良いのですが、初心者で商品知識が少ない方や、とりあえず一通り揃えてしまいたいと言う方はセット品を選ぶと良いでしょう。

価格で選ぶ

バイオリンは高価なイメージがありますが、低価格の製品を探せば1万円程度から販売されています。ただし、あまりに低価格な製品は、音が良くない可能性があるので、初心者でも3~5万円程度のバイオリンがおすすめです。30万円程度の予算があるのなら、職人が手づくりした手工品を購入することもできます。

バイオリンを弾く際に必要なもの

音色を奏でる「弓」と「弦」

音色を奏でる「弓」と「弦」

出典:Amazon.co.jp

バイオリンの音を奏でるためには、弦を張り、弓でこすらなければいけません。そのため、バイオリンで音を出すためには、弦と弓は欠かせないものとなります。弓毛には、馬の尻尾が使用されています。

バイオリンの音を立てる「松脂」

バイオリンの音を立てる「松脂」

出典:Amazon.co.jp

松脂とは、松の樹液を固めたもののことで、粘着性を持つため滑り止めに使用されることもあります。バイオリンでの使用方法は、弓毛に松脂を当て、ゆっくりとこすりつけるようにして塗っていきます。松脂を塗ることで、弓と弦の間に摩擦が発生するため、バイオリンの音が鳴ります。松脂を塗っていないまっさらの弓で演奏しても、摩擦が低く音を出すことはできません。松脂もバイオリンを演奏するうえで、欠かせないアイテムです。

調律に欠かせない「チューナー」

調律に欠かせない「チューナー」

出典:Amazon.co.jp

チューナーとは、チューニングを行うための電子機器のことです。チューニングは調律ともいって、楽器の音をあわせることです。チューナー以外にも、調子笛や音叉(おんさ)を使ってチューニングを行うことも可能です。

あれば持ちやすい「肩当て」

あれば持ちやすい「肩当て」

出典:Amazon.co.jp

肩当ては、バイオリンを安定して持つための大切なアイテムです。プロの演奏家で、まれに肩当てなしで演奏をする方もいますが、肩当てを使用せずアゴと鎖骨と肩だけでバイオリンを支えることは至難の業なので、肩当てを準備することをおすすめします。

メンテナンスグッズで楽器を長持ちさせよう

メンテナンスグッズで楽器を長持ちさせよう

出典:Amazon.co.jp

日常の手入れをきちんと行うことで、バイオリンを長く愛用することができます。メンテナンスグッズとして、使用後の汚れをふき取るクロスや、頑固な汚れや松脂を落とす専用クリーナー、ニスの質感を保つためのクリーナーなどもあります。

バイオリンのお手入れ方法

演奏後はクロスとクリーナーでケアを

演奏後は、手垢や汗、松脂などが付着しているため、楽器用クロスを使用して乾拭きを行います。弓の棹は拭き取りますが、弓毛は拭かないように気をつけましょう。汚れがひどい場合は、専用のクリーナーを使って汚れを取り除きます。

保管の際は専用ケースに入れる

保管の際は専用ケースに入れる

出典:Amazon.co.jp

バイオリンは、専用のケースに入れて保管します。頻繁に弦は締めたり緩めたりしない方が良いので、使用したままの状態で大丈夫ですが、弓毛は張ったままだと伸びてしまうため、必ず緩めてからケースに入れて保管しましょう。

バイオリンのおすすめ7選

Hallstatt入門用バイオリン V-12 10点セット 4/4サイズ(9707101300)

出典: Amazon.co.jp

最安値10,900円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

カルロジョルダーノ バイオリンアウトフィット VS-1

出典: Amazon.co.jp

最安値21,600円(税込)
4.40(5件)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

Nicolo Santi NSN60S バイオリン 初心者セット マイスター茂木監修 (ニコロサンティ)

出典: Amazon.co.jp

最安値42,984円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

GCV-150 バイオリン一式セット 驚きのコストパフォーマンス☆

出典: Amazon.co.jp

最安値43,199円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

鈴木 アウトフィット バイオリン No.230 4/4

出典: Amazon.co.jp

最安値49,558円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

YAMAHA Braviol(ブラビオール) バイオリンセット V7SG

出典: Amazon.co.jp

最安値61,992円(税込)
4.20(5件)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

エレキヴァイオリン サイレント バイオリン 4/4 つや 初心者入門セット

出典: Amazon.co.jp

最安値9,900円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

バイオリンのおすすめ商品比較表

おすすめ記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー