ボディブラシのおすすめ7選&選び方【美容効果も】

ボディブラシは、お風呂で体を洗ったり、ドライブラッシングをするために使うアイテムです。ドライブラッシングは、美容にも良いと評判です。でも、豚毛や馬毛など種類も多く選び方がわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は、ボディブラシの効果や使い方などの疑問にお答えしつつ、おすすめ商品をご紹介します。

ボディブラシとは

出典:Amazon

ボディブラシとは、お風呂で体を洗うときに使うブラシです。背中など手の届きにくい場所も洗いやすいアイテムです。馬や豚などの毛でできているものもあり、さわり心地もやわらかです。また、ドライブラッシングという、体もブラシも乾いた状態でブラッシングをする美容法も注目されています。

ドライブラッシングの効果

ドライブラッシングは、ボディブラシを肌が乾いている状態でブラッシングすることです。このドライブラッシングでは、健康や美容に効果があると言われています。具体的には以下のような効果があると言われています。

  • 血行やリンパの流れがよくなる
  • 角質除去し、なめらか肌になる
  • むくみの軽減
  • 体があたたまる

ブラッシングすることにより、血行やリンパの流れがよくなり、セルライトが予防できたり、冷え性が改善されることもあるようです。

背中ニキビにも効く…?

背中にニキビができてしまっているときでも、ボディブラシを使うことができます。ボディブラシには、角質を取る効果があると言われているので、毛穴のつまりが改善されニキビも改善できるのではないでしょうか。あまりゴシゴシと強くこすりすぎてしまうと、悪化してしまいますので、やさしくなでるように洗うことが大切です。

ボディブラシの使い方

ここでは、ドライブラッシングの方法をご紹介します。基本的には以下の2ステップでブラッシングをしてみてください。

  1. 足元からお腹に向かって、1ヶ所ずつ円を描くようにブラッシングする
  2. お腹までいったら、今度は指先から胸にかけてブラッシングする

心臓に遠い場所からスタートさせることが大切です。また、強くこすりすぎてしまうと肌に負担をかけてしまいますので、やさしくブラッシングしてあげましょう。

ボディブラシの選び方

次は、ボディブラシを購入する際にチェックしておきたいポイントのご紹介です。

自分に合った素材を選ぶ

ボディブラシの素材によって、手触りや効果が変わります。まずは自分に合った素材を選んでみましょう。

敏感肌でも安心な馬毛

撥水性があることが特徴の素材です。柔らかいですが適度にコシもあります。肌ざわりが優しい、天然毛のボディブラシを探している方におすすめです。敏感肌の方にもおすすめです。

やわらかい肌触りの豚毛

豚毛は水を吸収する素材です。乾いていると少し硬いですが、濡らすと毛質が柔らかく感じられる商品が多いです。馬毛よりも硬めの素材です。

コシが強い猪毛

今回ご紹介している天然毛の中では、もっともコシが強いのが猪毛です。ふわっとした柔らかい毛質では物足りないという方におすすめです。また、ドライブラッシングでは硬めの毛質がセルライトケアにいいという声もあります。

リーズナブルなナイロン

天然毛と比較すると価格が安い商品が多いので、リーズナブルなボディブラシを探している方におすすめです。ナイロンブラシは電動タイプも販売されています。また、商品によって毛の太さが異なりますので、しっかりと洗いたい方は太くて硬い商品を、柔らかい洗い心地が好みの方は毛が細く柔軟性の高い商品を選ぶのがおすすめです。

丈夫で柔軟なシリコン

丈夫で柔軟性があるので、ブラシの形状によっては腕や脚などを包むように洗うことができます。柄のついていないタイプの商品が多く、全体的に柔らかいので、子どもが使う商品を探している方にもおすすめです。シリコンのブラシ部分が細くて本数が多い商品は、泡立ちがよく足裏などをきれいに洗うことができると評判です。

毛の硬さで洗い心地が変わる

出典:Amazon

自分の好みや、洗うシチュエーションによって毛の硬さを決めましょう。しっかりとゴシゴシ洗いたい方は硬めのものを、ふわふわの泡立ちを求める方は毛が柔らかく密度が高いボディブラシがおすすめです。

持ちやすい柄の長さや形状をチェック

出典:Amazon

ボディブラシには、柄がついているものとついていないものがあります。柄がついていることで、背中など手の届きにくい場所も洗いやすくなります。柄がついていない場合は、手のひらで包み込むように持って使用するため、力加減の調整がしやすいです。自分の使いやすい方を選びましょう。

穴や紐がついているかどうか

ボディブラシは、水分やボディソープを含んだまま放置しておくとカビが発生しやすいです。快適に長く使い続けるために、使用後はしっかりと乾燥させる必要があります。紐がついていると、しっかりと乾燥させることができ、収納がしやすいです。柄が付いている商品であれば柄の部分に穴が空いている商品がおすすめです。柄がない場合もフックにかけるための紐が付いている商品が販売されています。

ボディブラシのおすすめ7選

最安値703円(税込)

3.31(54件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

ナイロン製のボディブラシです。0.1mmの極細ナイロン毛なので適度なコシがありつつも柔らかいです。初めてボディブラシを使う方や、今までのボディブラシが硬いと感じている方におすすめです。背中も楽々洗えるロングタイプです。

最安値2,376円(税込)

4.00(507件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

入浴前など、乾いた肌に使うタイプのボディブラシです。天然毛のブラシ部分で肌をブラッシングして全身を温めたり角質の除去ができます。ブラシと反対面の木製の突起がある方は、引き締めマッサージ用です。オイルをつけてマッサージをします。セルライトが気になる方や新しい美容グッズを探している方におすすめです。

最安値1,389円(税込)

4.05(242件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

天然馬毛のボディブラシです。ブラシ部分だけでなく柄の部分も使いやすさにこだわっていて、天然竹材を使って持ちやすい形状に作られています。肌触りが強すぎずソフトだと評判です。

最安値679円(税込)

3.23(34件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

ブラシ部分が着脱可能なタイプです。豚毛のボディブラシ、豚毛ブラシとゴムピンの混合ブラシ、木製ピンのマッサージ用ヘッドの3種類がセットになっています。その日の気分や状況に合わせて付け替えることができるのはいいですね。

最安値610円(税込)

4.42(20件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

シリコン製ブラシです。シリコン特有の柔軟性で身体を洗うときにブラシがフィットします。泡立ちが良く、足を洗うのも気持ちが良さそうです。ハリネズミのデザインなのでかわいらしさのあるバスグッズが好きな方におすすめです。

最安値108円(税込)

3.89(71件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

足指の間を洗うためのブラシです。汗をかきやすい季節や、一日中革靴やスニーカーを履いたままでムレや臭いが気になるときにおすすめです。足指の間をしっかりと洗えるのはもちろん、適度な刺激ですっきりとした感覚も味わうことができるでしょう。手軽に購入しやすい価格も魅力です。

最安値798円(税込)

3.91(11件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

柄のついていないタイプのボディブラシです。泡立ちが良くミディアムハードの毛が程よく肌に刺激を与えてくれます。手を通す部分があるので持ちやすく、体を洗いやすい商品です。

まとめ

ボディブラシはお風呂の中や、お風呂のあとのブラッシングにも使えるアイテムです。お気に入りのブラシを見つけて、スベスベ肌を手に入れましょう!

おすすめキーワード

紹介されているメーカー

おすすめ記事