シーズヒーターのおすすめ5選!温度調節機能も【2020年版】

シーズヒーターのおすすめ5選!温度調節機能も【2020年版】

シーズヒーターは、発熱体に遠赤外線の放射量が多いニクロム線を使用した暖房器具です。ほかの電気ストーブに比べて部屋の空気を汚さず、耐久性にも優れています。温度調節ができる商品や消費電力の少ない商品であれば、電気代を低く抑えることも可能です。今回は、シーズヒーターの選び方や、日立、ダイキン、コロナなどのメーカーの商品を含めたおすすめ商品を紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

シーズヒーターの選び方

速暖性の高さで選ぶ

速暖性の高さで選ぶ

シーズヒーターは温かくなるまでに少し時間がかかります。脱衣所や朝起きてからの着替えなどの場面で、すぐ温まる暖房を使いたいという方には、シーズヒーターとカーボンヒーターの2つの機能をあわせ持つタイプがおすすめです。電源を入れてすぐはカーボンヒーターで温まり、時間が経てばシーズヒーターが部屋を温めます。

消費電力で選ぶ

シーズヒーターの電源は、商品や使用するワット数によって異なりますが、おおよそ1時間10~30円程度となります。できるだけ電気代を抑えたいという方は、省エネタイプやエコタイプの商品を選ぶと良いでしょう。また、温度調節ができる商品であれば、温かくなった後にパワーを抑えて電気代を節約することも可能です。

温度調節ができるかチェック

温度調節ができるかチェック

出典:Amazon.co.jp

シーズヒーターは温まるでに時間がかかりますが、一旦温まったあとは温度を下げても充分に温かさを維持できます。付けたままでは部屋が温まりすぎる場合もあるため、室温に応じて温度調節ができるかを確認しておくと良いでしょう。

オプション機能で選ぶ

広い部屋には自動首振り機能

広い部屋には自動首振り機能

出典:Amazon.co.jp

広い部屋で使用するという方には首振り機能がおすすめです。手動で角度を変えられる商品や、自動首振り機能が搭載されている商品もあります。自動首振り機能があれば、一方向だけではなく広範囲を温めることができます。また、左右だけではなく上下に角度調節ができるものであれば、冷えやすい足元を集中的に温めることも可能です。

就寝時に役立つタイマー機能

寝室で使用する場合は、タイマー機能が搭載されたシーズヒーターを選ぶと良いでしょう。部屋が完全に温まらないうちにヒーターを切ると、寒さがぶり返すことがあります。タイマー機能付きであれば、就寝後に自動的に電源を切ることが可能です。寝室以外で使用する場合も、タイマー機能があれば切り忘れを防ぐことができます。

電力の節約にもなる人感センサー

電力の節約にもなる人感センサー

人感センサーが搭載されたシーズヒーターは、電気代の節約や万が一の場合の事故を防止することができます。人の不在を感知すると自動的に電力を抑えた運転に切りかえ、さらに不在を感知してから15分が経過すると自動的に電源が切れる商品もあります。シーズヒーターは運転音が静かなため、消し忘れに注意が必要な暖房器具ですが、人感センサーが付いていると安全です。

掃除や持ち運びには取っ手付きを

複数の部屋で使用することを想定している場合、取っ手がついていないと持ち運びが大変です。特に大型タイプの場合は、取っ手が付いていないと他の部屋に持ち運ぶことが困難になります。無理に運ぼうとすると、火傷や転倒などの危険につながります。シーズヒーターのサイズや重量とあわせて、持ち運びや掃除の際にあると便利な取っ手が付いているかどうかも確認しておきましょう。

安全な転倒オフ機能

シーズヒーターには、転倒すると自動的に電源がオフになる機能を搭載した商品があります。掃除のときにコードが引っかかって倒れてしまう場合や、子どもやペットが倒してしまう場合だけでなく、地震などによって暖房器具が倒れたまま運転し続けると、火事の被害も広がる可能性があります。安全性が気になる方は、あらかじめ転倒オフ機能が付いているかも確認しておくと良いでしょう。

シーズヒーターのおすすめ5選

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値13,003円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値7,980円(税込)

この商品の特徴

カーボンヒーターの速暖性とシーズヒーターの遠赤外線効果を兼ね備えたハイブリッドタイプのヒーターです。3本のヒーター管を搭載し、300W・900W・1200Wの3段階切換式で、300Wで中央のカーボンヒーター、900Wでは左右のシーズヒーター、1200Wでは全てのヒーターに通電し、場合に応じた暖め方ができるのが特徴です。自動首振り機能もついていて、部屋の隅々まで暖めたい方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

カーボンヒーターの速暖性とシーズヒーターの遠赤外線効果を兼ね備えたハイブリッドタイプのヒーターです。3本のヒーター管を搭載し、300W・900W・1200Wの3段階切換式で、300Wで中央のカーボンヒーター、900Wでは左右のシーズヒーター、1200Wでは全てのヒーターに通電し、場合に応じた暖め方ができるのが特徴です。自動首振り機能もついていて、部屋の隅々まで暖めたい方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値7,700円(税込)

この商品の特徴

TOYOTOMIの電気ヒーターです。つけてすぐに暖かくなる速暖タイプのカーボンヒーター(1000W)と、陽だまりのようなやさしい暖かさのシーズヒーター(500W)の2つの機能を持っています。それぞれに応じた首振り機能もついていて、防災型2重転倒OFFスイッチや温度過昇防止装置といった安全対策も万全です。安心して使える電気ヒーターをお探しの方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

TOYOTOMIの電気ヒーターです。つけてすぐに暖かくなる速暖タイプのカーボンヒーター(1000W)と、陽だまりのようなやさしい暖かさのシーズヒーター(500W)の2つの機能を持っています。それぞれに応じた首振り機能もついていて、防災型2重転倒OFFスイッチや温度過昇防止装置といった安全対策も万全です。安心して使える電気ヒーターをお探しの方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値32,956円(税込)

この商品の特徴

コロナの遠赤外線シーズヒーター、コアヒートです。サイズは幅340mm×奥行300mm×高さ723mmです。消費電力は1150W~330Wです。縦横向きを調節することができるので、便利で使いやすいです。細かく温度を調節することができます。省エネセンサーを搭載しているので、電気代を節約したい方にもおすすめのシーズヒーターです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

コロナの遠赤外線シーズヒーター、コアヒートです。サイズは幅340mm×奥行300mm×高さ723mmです。消費電力は1150W~330Wです。縦横向きを調節することができるので、便利で使いやすいです。細かく温度を調節することができます。省エネセンサーを搭載しているので、電気代を節約したい方にもおすすめのシーズヒーターです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値10,780円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

カーボンヒーターもあわせてチェック

カーボンヒーターは、発熱体にカーボンを使用した電気ストーブで、電源を入れてからあたたかくなるまでの時間が短く、速暖性に優れています。選び方やおすすめ商品を紹介しているので、気になる方はあわせて参考にしてみてください。

シーズヒーターのおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー