窓下ヒーターのおすすめ10選!伸縮・定尺タイプも

窓下ヒーターのおすすめ10選!伸縮・定尺タイプも

窓下ヒーターは、窓際に設置するタイプの暖房機器でウインドーラジエーターとも呼ばれます。窓から侵入する冷気を直接暖めるため暖房効率がよく、電気代の節約にもつながります。冬は室内と窓の温度差によって、窓に結露をもたらします。結露が出てしまった結果、カーテンが濡れたりカビが発生したりすることもあります。窓下ヒーターは、暖房効果だけでなく、厄介な結露を防止する役割を果たします。今回は、窓下ヒーターの種類や選び方、ゼンケンや森永など様々なメーカーのおすすめ商品を紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

窓下ヒーターを使うメリット

結露を防いでカビを予防できる

結露を防いでカビを予防できる

冬に、室内が暖かくなると発生するのが窓の結露です。結露はカビの原因となります。窓下ヒーターを付けると、室温と窓の温度差が小さくなることで、結露しにくくなります。その分カビの発生を抑えることができます。

取り付けが簡単にできる

取り付けが簡単にできる

出典:Amazon.co.jp

窓下ヒーターは、置いて電源を入れるだけで窓からの冷気をブロックしてくれます。また、冬が終われば電源を切って収納するだけなので、取り外しも簡単です。窓からの冷気を防ぐ手段として多いのは、窓を二重サッシやペアガラスにする方法でしょう。しかしこれらを導入するには工事が必要になり、どうしても莫大な費用や時間がかかってしまいます。窓下ヒーターなら、手間をかけることなく使えます。

電気代を節約できる

環境などにもよりますが、窓下ヒーターを設置すれば窓からの冷気が弱くなり、設置前に比べて約5℃前後の室内温度上昇が期待できます。室内温度が上がれば、その分エアコンやストーブの設定温度を下げることができるので、電気代の節約に繋がります。

窓下ヒーターの種類

伸縮タイプ

伸縮タイプ

出典:Amazon.co.jp

伸縮タイプの窓下ヒーターは、本体がスライドします。そのため、家の窓に合ったサイズに調節して使うことができます。特に注文住宅で、一般的に売られている窓とはサイズが違う場合などに使いやすいでしょう。引越しなどで、窓のサイズが変わる可能性がある方にもおすすめです。

定尺タイプ

定尺タイプ

出典:Amazon.co.jp

定尺タイプは、長さを変えることができない窓下ヒーターです。最初から使える窓のサイズが決まっています。一般的な住宅の窓に設置するのであれば、定尺タイプで良いでしょう。伸縮タイプに比べると、価格もやや安くなっています。

窓下ヒーターの選び方

表面温度で選ぶ

表面温度で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

窓下ヒーターの表面温度は、商品によって異なりますが約50〜70℃が一般的です。低温やけどを負う可能性があるので、子どもがいる家庭や、踏む可能性のある場所に置く場合は、なるべく表面温度が低いまま作動するものを選ぶのがおすすめです。

機能で選ぶ

窓下ヒーターは商品によって、タイマー機能や転倒を感知し自動で電源がオフになる機能などがついています。就寝中にも使用したい方や、ペットを飼っている方におすすめです。また、温度過昇防止機能がついていれば、子どもが温度設定を極端に上げてしまっても安心です。

収納場所に合った大きさや仕様を選ぶ

窓下ヒーターは、使わない季節の収納に困る場合もあるので、収納場所を考えてから購入しましょう。伸縮タイプであれば収納しやすいですが、定尺タイプを購入するならば予め収納場所を確保しておくのがおすすめです。

作動ランプの位置・明るさで選ぶ

作動ランプの位置・明るさで選ぶ

出典:Amazon.co.jp

就寝中にも窓下ヒーターを使う場合は、ランプの位置や明るさをチェックしましょう。寝るときにテレビやエアコンのランプが気になる方や、真っ暗な部屋で眠りたい方は特に注意してください。

伸縮タイプの窓下ヒーターおすすめ5選

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値30,672円(税込)
2.80(2件)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値31,240円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値31,240円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値31,240円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値30,140円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

定尺タイプの窓下ヒーターおすすめ5選

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値22,440円(税込)
2.30(3件)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値18,750円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値11,000円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値20,520円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値15,510円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

窓下ヒーターのおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

窓下ヒーターの人気売れ筋ランキング

おすすめキーワード

紹介されているメーカー