石油ファンヒーターのおすすめ11選!コロナなどの人気メーカーも

寒い季節に活躍する暖房機器のひとつに「石油ファンヒーター」があります。灯油と電気の力でお部屋をしっかりと暖めてくれる商品です。今回はそんな石油ファンヒーターについて、種類と特徴、選び方、便利な機能や使用上の注意などについて、幅広くご紹介します。またコロナやダイニチなど有名メーカーの商品や、Amazonや楽天で人気の商品などもご紹介します。

寒い季節はすぐに部屋を暖めたい

冬季ははすぐに室温が下がってしまうため、起床したときや帰宅したときの部屋はどうしても冷たい状態です。そんな部屋の寒さが苦手な方も多いのではないでしょうか。そこでおすすめなのが石油ファンヒーターです。

石油ファンヒーターとは、冬の暖房器具の一つです。灯油と電気の力で暖かい空気を出して、部屋や人を暖めます。本体内部にあるバーナーに火をつけて灯油を燃焼し、背面にあるファンを回して燃焼で発生した空気を前面に押し出します。エアコンと違って取り付け工事は不要で、灯油を入れてコンセントに差すだけですぐに使うことができます。スイッチを入れて数秒~数十秒で暖かい風を感じることができます。

石油ファンヒーターの燃焼方法ごとの特徴

点火の速いブンゼン式

初期点火までの時間が短く、点火時・消火時の灯油の臭いが少ないことが特徴です。灯油を気化させる機能を電気で動かすので、消費電力がやや多くなります。炎の安定をはかるために、暖かい空気を送り出す力が少し弱く設定してあるものが多いようです。また、灯油の質によっては故障が多いとも言われています。ダイニチの商品はこの方式です。

暖かさはピカイチのポンプ噴射式

灯油が燃焼するときの熱を使って灯油の気化をするので、電力の消費が少ないことが特徴です。灯油の燃焼用の空気と送風用の空気が別のファンで行われているので、送風が強く炎も安定しています。しかし、着火までに時間がかかる商品が多いようです。点火時と消火時以外では灯油の臭いがしにくいと言われています。コロナの商品はこの方式です。

耐久性のあるポット式

灯油燃焼中の消費電力が少なく、耐久性が高いという特徴があります。ただし、点火時と消火時の灯油の臭いがやや強めです。また、着火までに時間がかかる商品が多く、予熱から点火までに必要な電力も多めと言われています。トヨトミの商品はこの方式です。

石油ファンヒーターを使う際の注意点

換気は必ずしよう

石油ファンヒーターは、空気中の酸素を使って燃焼します。そのため換気をせずに使い続けると、一酸化炭素中毒の症状が出ることがあります。商品の中には換気を促すサインや警告音が鳴るものもあるようですが、石油ファンヒーターを点けたまま眠ってしまったりすると大変危険です。1時間に1〜2分程度窓を開けるだけでも十分なので、こまめに空気の入れ換えをしましょう。

臭いに注意する

石油ファンヒーターは、劣化や故障をすると臭いに変化が出ることが多いようです。いつもと臭いが違う、焦げ臭い、などの場合は点検をした方が良いでしょう。場合によっては、点火の芯が焦げていたり、古く劣化している場合があります。放っておくと使用者が体調を崩す可能性もあるので注意しましょう。

通気口を塞がない

温風吹出口を塞ぐと本体が過熱し、やけどや火災になる恐れがあります。また、表の送風口だけでなく、裏のファンの部分も塞ぐと危険です。十分な空気を取り入れることができず、異常燃焼などの危険性があります。石油ファンヒーターの周りは空気が通りやすいようにしておきましょう。

近くに引火するものを置かない

石油ファンヒーターは中で炎が燃えているので、近くに引火するものがあると風向きなどが原因で燃えてしまうことがあります。スプレーやカセットボンベなどを近くに置かないでください。また、窓際で使うときはカーテンがなびかないように留めておきましょう。

古い灯油を使わない

寒い季節になって石油ファンヒーターを出したときに、先年の灯油がそのまま入っていることがあります。前のシーズンのもの残っていることがあっても使用しないでください。ポリタンクに入っている灯油であっても古いものは危険です。新しい灯油を使うことで事故や故障を防ぐことができます。灯油が古いものかどうかわからないときは、透明の容器に注いでみましょう。古い灯油であれば黄色く変色しています。

ほかの暖房機器との比較

電気代は安く抑えられる

石油ファンヒーターは灯油と電気で稼働します。そのため、他の電気暖房機に比べると電気代は安いと言えそうです。一般的な石油ファンヒーターを1日8時間使ったとすれば、電気代は月に600円前後となります。エアコンは月に6,000円ほど、電気ストーブは4,500円ほどですので、電気代だけを見るとかなりお得です。

灯油代がかかる

電気代が安い石油ファンヒーターですが、同時に灯油代がかかります。灯油の価格は変動するので安く済むときと、高くつくときがあります。灯油代は店舗や地域によって若干価格が異なるので、お住まいの地域の平均価格を元に計算しておいた方が良いかもしれません。

寿命は6〜9年

石油ファンヒーターの寿命は、その製品の耐用年数と考えると良いでしょう。耐用年数とは、メーカーが想定している使用期間です。この耐用年数は性能部品の最低保有期間と同じだと言われています。一般的には6年~9年というものが多いようです。エアコンの寿命は一般的には10年と言われていますが、これも製品によって差があります。どの暖房機器も使い方や使う環境によって大きく変化しますので、異変があればすぐに修理したり買い換えたりしましょう。

石油ファンヒーターの選び方

使用する場所を決めよう

石油ファンヒーターをどこで使うのかによって、選ぶ製品が変わります。6畳~8畳ほどの広さであれば、小型の石油ファンヒーターでも暖まる可能性があります。反対に、あまり広くない部屋で9畳~12畳用など大きな石油ファンヒーターを使うと、換気の頻度が上がったり、温度調整を頻繁にしなくてはいけなかったりします。またエアコンやこたつなど他の暖房機器と併用するのであれば、少し小さい商品でも良いでしょう。

デザインも重要

出典:Amazon

商品によって様々な色やデザインがあります。石油ファンヒーターは地域にもよりますが、1年の中で比較的使う期間が長い家電です。お部屋のインテリアに合うものを選ぶと、部屋の雰囲気を邪魔することなく置いておけるでしょう。石油ファンヒーターの色は主に、白・グレー・黒などですが、中には赤やピンクなど華やかな色の商品もあります。

搭載機能を確認

ライフスタイルにあった暖房出力

暖房出力は、石油ファンヒーターの製品スペックの中に記載されています。この暖房出力の数字が大きいほど、暖房機能が高いということです。寒い地域にお住まいの方や、寒さに弱いご家族がいるご家庭には、出力の高い商品がおすすめです。また、暖房出力の数字が低ければ低いほど、燃費が良くなるので灯油代を節約しやすくなります。

すぐに暖めたいならスピード点火機能

石油ファンヒーターの中には、素早く点火をする機能がついているものがあります。通常の点火もできて、急いでいるときはスピーディーに点火ができるというものです。寒さに弱い、小さな子どもやご年配の方がいるご家庭にはおすすめの機能です。

様々な安全機能も重要

石油ファンヒーターは使い方を間違えると大変危険な暖房機器です。そのため、多くの商品は安全機能が充実しています。換気のタイミングを知らせてくれる機能や、地震の際に揺れを察知して自動て消火してくれる機能などがあります。また、子どもがいるご家庭ではチャイルドロックが付いているものを選ぶと安心して使用できるでしょう。

石油ファンヒーターのおすすめ商品11選

最安値24,280円(税込)

4.56(16件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

ダイニチから販売されている石油ファンヒーターのFXタイプは、着火スピードがとにかく速いのが特徴です。寒い朝が苦手な方や帰宅したときにすぐに温まりたい方におすすめの商品です。しかも、パワフル秒速消臭システムを搭載しているので、点火時や消火時の石油独特な匂いも気になりません。さらに、石油タンクはワンタッチで開閉ができるので手を汚すことなく補充することができます。

最安値21,399円(税込)

4.51(415件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

木造15畳、コンクリート20畳まで使える大型の石油ファンヒーターです。広いリビングや会議室などでも使うことができそうです。タンク容量も9L入ります。エコボタンを押せば、自動で燃焼量をセーブしてくれるので、温度調節を忘れても安心です。

最安値39,810円(税込)

-(0件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

ダイニチから販売されている石油ファンヒーターのSDXタイプは、3枚の動くフラップにより温風が遠くまで届くので部屋全体をムラなく温めることができるところが特徴です。また、通常のファンヒーターだと顔や頭が温かくなりがちでしたが、このヒーターは燃焼量によって自動で最適な角度で運転してくれるので、足元から温めてくれます。

最安値28,844円(税込)

4.00(2件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

ダイニチから販売されている石油ファンヒーターのSDRタイプは、家電でありながらインテリアとして存在感がある、デザイン性の高い商品になっています。しかしデザインだけではなく、状況に応じて燃焼したり消化したりする機能や運転開始時刻を2つ設定できる機能、部屋の温度が低いときに火力を自動でアップさせる機能などがあり、賢く便利に使えるところもあります。

最安値15,579円(税込)

4.00(4件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

コロナから販売されている石油ファンヒーターのミニシリーズは、7~9畳用に作られているので一人暮らしをしている方や1Kにお住まいの方におすすめの商品です。このヒーターの特徴は、ヒートバックシステム搭載のバーナーにより通常の半分の時間で点火できるほかに、点火までにかかる消費電力量も半分に低減することを可能にしたため、電気代が安くお得に使えるところです。

最安値17,300円(税込)

4.60(105件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

木造10畳、コンクリート13畳まで使えるコロナの石油ファンヒーターです。秒速点火やエコモードなど、うれしい機能が充実しています。また、ボタンひとつで火力を調節することができます。操作パネルも大きくわかりやすいので、ご年配の方にもおすすめです。

最安値35,180円(税込)

4.75(4件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

木造12畳、コンクリート17畳まで対応する石油ファンヒーターです。お部屋のインテリアに合わせたおしゃれな石油ファンヒーターをお探しの方におすすめします。前面のカバーは電源を切ると閉まるので、ホコリが入りにくく、お手入れも簡単です。リモコンも付いているので、必要なときにサッと操作ができます。

最安値39,970円(税込)

4.38(13件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

コロナから販売されている石油ファンヒーターのWZシリーズは、15~20畳用に作られているので広めのリビングがあるご家庭におすすめの商品です。このヒーターは火力により上下2枚のルーバーが動くので、温度差を軽減してくれるところが特徴です。また、人の動きを感知して火力を調節してくれるので、無駄な電気代がかかりません。

最安値27,515円(税込)

3.77(13件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

木造10畳、コンクリート13畳に対応できる石油ファンヒーターです。快適おまかせ機能がついていて、温度だけでなく湿度も感知してくれます。また、人感センサーが付いているので、消し忘れをしても安心です。エコモードで、ウォームビズ推奨の20℃まで1℃ずつ室温を下げていくので、寒さを感じにくく、快適に過ごすことができます

最安値26,398円(税込)

-(0件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

灯油と電気のハイブリッド運転が可能な石油ファンヒーターです。ハイブリッドで使うと、木造で11畳、コンクリートで14畳まで使えます。灯油単独時は木造9畳、コンクリート12畳までです。人感センサー搭載で消し忘れも安心です。

最安値31,500円(税込)

3.30(64件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

アラジンから販売されている石油ファンヒーターのAJシリーズは、10~14畳用に作られているのでリビングに1台あると便利です。スピード点火はもちろんのこと、フルワイドルーバーでムラなく温風を届けてくれます。また、クリーニング自己診断機能が搭載されているので、掃除をする点でも使い勝手がとても良いのが特徴です。

まとめ

石油ファンヒーターがあれば、寒いと感じたときにすぐにお部屋を暖めることができます。この機会に、ご自宅の環境に合った石油ファンヒーターを一つ選んでおきましょう。

おすすめ記事