ビーニー(ニット帽)のおすすめ9選!ランニングやトレーニングにも

ビーニー(ニット帽)のおすすめ9選!ランニングやトレーニングにも

ビーニー(ニット帽)と言えば、スキーやスノーボートのヘルメットインナーとして雪山で使用したり、スポーツ選手がトレーニングやランニングで活用したりするイメージがあるかもしれませんが、季節を問わず夏でも使うことができます。今回は、ビーニー初心者がおしゃれにかぶる方法や、自分にあうビーニーの選び方、おすすめの商品などをご紹介します。人気ブランドのボルコムや、レディースにおすすめの商品、薄手タイプ、迷彩柄や黄色、ブラックなど豊富な色・デザインのビーニーが揃っています。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

おしゃれ度がアップするビーニーが欲しい

おしゃれ度がアップするビーニーが欲しい

出典:Amazon.co.jp

ビーニーは、雪山やスキーで使うイメージがあり、当然防寒にも役立ちますが、冬だけのものではありません。春でも夏でもおしゃれアイテムとして活用する方が増えていて、おしゃれ度に差が付くアイテムとして人気です。しかし、普段帽子をかぶり慣れていない方は、どんなビーニーを選べば良いのか迷ってしまいますよね。そこで今回は、ビーニーのおしゃれなかぶり方や選び方、おすすめのビーニーをご紹介します。ぜひ参考にして、ファッションに取り入れてみてください。

ビーニーとは

ビーニーは、シンプルなニット帽のことです。本来ニットとは「製法(編み物、もしくは編み物のような織物)」のことで、素材や帽子の形を表すものではありません。そのため、編んだり、編んだような織物でつくられていたりする帽子なら、ハットやキャスケット、キャップなども、正確にはニット帽になってしまいます。ビーニーは、もともとは漁師さんが船の上で作業をする際の防寒具としてつくられた帽子のことです。一般的には、ニット帽と聞いて思い浮かべるような、編んでつくられた「小山型の帽子」全般を指す言葉として使われることが多いようです。

ビーニーのおしゃれなかぶり方

深さを調節する

深さを調節する

出典:Amazon.co.jp

ビーニーは、どんな顔の形にもマッチする帽子だと言われています。しかし実際にかぶってみると、しっくりこないと感じる方も多いようです。そんな場合は、帽子をかぶる深さを変えてみることをおすすめします。ビーニーをかぶる際の深さは、眉毛の上から生え際の下のいずれかとなります。丸顔の方は、生え際近くの浅めのかぶり方にすることで顔を縦長に見せることができます。反対に面長の方は、眉上ほどの深めのかぶり方にすることで、顔の縦の面積を小さくみせることができます。色々な深さでかぶってみて、しっくりくる位置を見つけてみましょう。

前髪の有無で印象が変わる

前髪の有無で印象が変わる

出典:Amazon.co.jp

ビーニーから前髪を出す・出さないだけの違いでも、印象を変えることができます。特にメンズの場合は、清潔感をあたえたいのなら前髪は出さないことがおすすめです。メンズが前髪を出すと、フェミニンな印象を与えることができます。本人のキャラクターや、どんな風に見せたいのかによって変えたり、その日のファッションによって前髪の有無を変えたりしても良いでしょう。またレディースで前髪が長い場合は、左右に分けてビーニーから出すことで、面長効果がアップします。前髪がシェーディングの役割を果たしてくれるので、エラが気になる方や小顔効果を期待する方にもおすすめです。

後ろ姿は襟足が少し見えるように

前から見た印象ほどは気にならないかもしれませんが、おしゃれにかぶりこなすのなら後ろ姿も確認しておきましょう。ショートカットの場合は、襟足の髪がビーニーから少し出るくらいがベストです。あまりにも髪が見えすぎていると、ビーニーが上にずれているように見えて、中途半端なかぶり方になるので注意しましょう。また、サイドは耳を出す・出さないの両方のかぶり方があります。防寒性を期待する冬の場合は、耳は出さないかぶり方が良いでしょう。耳を全部出すかぶり方はバランスのとり方が難しいので、耳を半分だけ出すかぶり方もおすすめです。

ビーニーの選び方

季節にあった素材で選ぶ

秋・冬ならウールやカシミヤ

秋・冬ならウールやカシミヤ

出典:Amazon.co.jp

ビーニーを本来の活用法である「防寒具」として使用する秋や冬なら、保温性が高いウールやカシミヤ素材がおすすめです。熱を逃さず、頭を冷気からしっかりと守ってくれます。もちろん見た目にも暖かみがあるので、冬のコーディネートともマッチします。ビーニーはウィンタースポーツでも活用されるため、スポーティーなイメージがありますが、女性の場合はモヘアなどのふんわりとした素材や、やわらかい見た目のビーニーを選べば、かわいらしさやフェミニンな印象を演出することもできます。

春・夏ならリネン・コットン

春・夏ならリネン・コットン

出典:Amazon.co.jp

清涼感のあるリネンやコットン素材であれば、春や夏でもビーニーを活用することができます。直射日光から頭や髪を守ることにも役立ちます。丸顔の方におすすめの「立たせるタイプ」のビーニーは、以前はアクリル製が多かったのですが、コットンでつくられることも多くなりました。

顔の形で選ぶ

丸顔は立たせるタイプを

丸顔の方が丸みのある短めのビーニーをかぶると、顔の丸さや縦の短さを強調してしまいます。そのため、自立する「立たせるタイプ」のビーニーがおすすめです。もともとはアクリル製が一般的でしたが、コットン製のものも増えてきたので、夏でも快適にビーニーを被ることができます。できるだけ縦の面積を大きく見せるためにも、前髪の生え際当たりにフチがくるように、浅めにかぶりましょう。ビーニーの先にボンボンが付いたタイプも、細長く見せる効果があるのでおすすめです。

面長は短めで折り返しのあるタイプを

面長の方は、できるだけ顔の長さを見せないように、深めにかぶることがおすすめです。眉毛のすぐ上ぐらいの深さが良いでしょう。ビーニーは、長さのあるタイプではなく短めの丸みのある形を選ぶ方が、縦の長さを強調しません。フチに折り返しが付いたタイプもおすすめです。折り返したフチを耳の半分の高さで被ることで、こめかみ辺りに段差ができ、顔の長さを分断する効果が期待できます。長さがあるタイプのビーニーをかぶる際は、ハリのある素材ではなくやわらかい素材を選びましょう。長さが余った部分を後頭部に集めることで、顔と頭にひし形のシルエットをつくることができ、バランスが整います。

ベース型は耳あて付きを

顔の形がベース型や四角い方は、耳あて付きのビーニーがおすすめです。耳あてがあることで、エラを隠す効果が期待できます。同様に、前髪が長い方は前髪を左右に分けてビーニーから出すことで、小顔効果が期待できます。また、ボリュームのあるビーニーを選ぶことで、顔の幅を狭く見せることができます。トップにボンボンが付いたタイプや、ツバが付いたタイプのビーニーもおすすめです。

ツバ付きは誰にでも似合う

ツバ付きは誰にでも似合う

出典:Amazon.co.jp

顔の形によって似合うビーニーを紹介しましたが、何をかぶってもしっくりこないと感じる方も多いようです。そんな方におすすめなのが、ツバの付いたビーニーです。ツバがついていることで、凹凸のあるシルエットになるのでビーニー特有の丸みを消すことができます。ビーニーが似合わないと思っている方の多くは被り慣れていないことによる違和感なので、ツバ付きのビーニーからはじめて、徐々にツバなしのビーニーに変えていくと違和感なくビーニーをかぶることができるでしょう。

ビーニーのおすすめ9選

出典:Amazon.co.jp

ユニセックスのニット帽です。抗菌防臭仕様を持ち、セラミックを練り込んで作ったアクリル糸を採用し、ホールガーメントという縫い目のない製法で仕上げました。遠赤外線の放熱効果による暖かさで、冬の様々な状況に重宝します。余裕のあるサイズ感と伸縮性で、縁を折り返さずに着用することもでき、ファッションの幅も広がります。冬の外出時の防寒や、スキーなどを楽しむ方におすすめです。

ユニセックスのニット帽です。抗菌防臭仕様を持ち、セラミックを練り込んで作ったアクリル糸を採用し、ホールガーメントという縫い目のない製法で仕上げました。遠赤外線の放熱効果による暖かさで、冬の様々な状況に重宝します。余裕のあるサイズ感と伸縮性で、縁を折り返さずに着用することもでき、ファッションの幅も広がります。冬の外出時の防寒や、スキーなどを楽しむ方におすすめです。

出典:Amazon.co.jp

KISSTYLEのニット帽子です。コットン混合素材使用を使用した優しい肌触りと吸汗性の高さでオールシーズンに使えます。スクリュートップ構造になっているため、ニット帽だけでなく、ターバンやネックウォーマー、リストバンド、ヘアバンドなど様々な使い方ができ、ファッションのバリエーションが広がります。迷彩柄を取り入れたスタイルがお好きな方におすすめです。

KISSTYLEのニット帽子です。コットン混合素材使用を使用した優しい肌触りと吸汗性の高さでオールシーズンに使えます。スクリュートップ構造になっているため、ニット帽だけでなく、ターバンやネックウォーマー、リストバンド、ヘアバンドなど様々な使い方ができ、ファッションのバリエーションが広がります。迷彩柄を取り入れたスタイルがお好きな方におすすめです。

出典:Amazon.co.jp

Pennant Bannersのワッチキャップです。柔らかなコットン素材ですっきりとしたデザインのため、秋から冬はもちろん、春先にかけて被っても違和感なく使えます。シンプルでスタイルを選ばないので、どんな服装にも馴染みます。折り返しの縁にブランドロゴのタグがついています。気軽に被れるニット帽を探している方におすすめの帽子です。

Pennant Bannersのワッチキャップです。柔らかなコットン素材ですっきりとしたデザインのため、秋から冬はもちろん、春先にかけて被っても違和感なく使えます。シンプルでスタイルを選ばないので、どんな服装にも馴染みます。折り返しの縁にブランドロゴのタグがついています。気軽に被れるニット帽を探している方におすすめの帽子です。

出典:Amazon.co.jp

シンプルなデザインで使いやすいヴォルコムのニット帽です。型くずれしにくく、深くかぶれるニット帽です。保温性も抜群でゲレンデの寒さからも身を守ってくれます。シンプルなロゴがアクセントのおしゃれなデザインです。どんなファッションにも合わせやすく、日常使いにもぴったりです。寒い冬にはかかせないアイテムです。

シンプルなデザインで使いやすいヴォルコムのニット帽です。型くずれしにくく、深くかぶれるニット帽です。保温性も抜群でゲレンデの寒さからも身を守ってくれます。シンプルなロゴがアクセントのおしゃれなデザインです。どんなファッションにも合わせやすく、日常使いにもぴったりです。寒い冬にはかかせないアイテムです。

出典:Amazon.co.jp

アクティブライフスタイルを愛する女性のためのカリフォルニア生まれのブランド、ロキシーのニット帽です。大きなポンポンと編地切り替えがおしゃれなデザインです。ライニングに施されたポーラーフリースバンドが帽子をしっかりとフィットさせてくれます。暖かで快適なかぶり心地なので寒い冬に大活躍してくれます。ファッションのワンポイントとしてもおすすめです。

アクティブライフスタイルを愛する女性のためのカリフォルニア生まれのブランド、ロキシーのニット帽です。大きなポンポンと編地切り替えがおしゃれなデザインです。ライニングに施されたポーラーフリースバンドが帽子をしっかりとフィットさせてくれます。暖かで快適なかぶり心地なので寒い冬に大活躍してくれます。ファッションのワンポイントとしてもおすすめです。

登山で使用するなら登山用帽子もチェック

ビーニーを登山で使用したい方は、ぜひ登山に特化した帽子もチェックしてみてください。以下の記事では、ビーニーはもちろん、キャップタイプやハットタイプの商品も紹介しています。

ビーニーのおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

紹介されているメーカー