エアダスターのおすすめ5選【PCのキーボード掃除に】

エアダスターのおすすめ5選【PCのキーボード掃除に】

掃除機で吸引できない場所や、PCのキーボードに詰まったホコリには「エアダスター」が便利です。細長いノズルで狙ったところに空気を噴射することができます。価格も手頃で、ヨドバシカメラなどの家電量販店だけでなく、コンビニやダイソーなどの100均でも購入できます。今回はエアダスターの選び方や使い方、おすすめ商品をご紹介します。また、電動のコンプレッサーとの違いなどの基礎知識も解説します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

エアダスターとは

エアダスターとは

出典:Amazon.co.jp

エアダスターとは、圧縮したガスをスプレーノズルから放出し、その力でホコリなどを吹き飛ばす掃除アイテムです。掃除機のノズルが入らない狭い場所や、ブラシなどが届かない狭い場所にたまったチリやホコリを取ることができるので、掃除機の吸引力が落ちるような場所の掃除に向いています。

コンプレッサーと缶入りエアダスターの違い

コンプレッサーと缶入りエアダスターの違い

出典:Amazon.co.jp

業務用などに使われるコンプレッサー付きのものは電源が必要となりますが、広い範囲に使用が可能です。一方缶入りのエアダスターは持ち運びがしやすく、置き場所を取らないため人気があります。PCやキーボードなどの精密機械の内部の掃除、さらに家具やかごといった細かい場所、特に水で濡らすことのできない掃除に最適です。また価格が安定しており、コンビニなどでも購入しやすいというメリットもあります。

エアダスターのデメリット

対象となるホコリが水分や油を含んで張りついている場合は、エアダスターでも取りきれません。またエアダスターに使われている気体は、可燃性のものもあるため使用には十分注意が必要です。

気体によってはガスの臭いが強いものもあるため、室内での使用には向きません。さらに気体を放出する際、ノズルから勢いよく気体が出ますので、ホコリが周辺に舞います。そういったことから、使用する際には周囲の環境にも配慮する必要があります。

さらに圧縮したガスを気化する仕組みから、本体が冷えてガスが出にくくなります。故障ではありませんが、長時間の使用はできません。

エアダスターを選ぶポイント

気体を放出する方法には2種類ある

安全に使えるボタン式

安全に使えるボタン式

出典:Amazon.co.jp

缶の上部を押して、気体を放出させる形のエアダスターがボタン式です。ボタン部分にキャップがついているので、子どもが間違って押してしまうといった事故を防ぐことができます。ただし使い続けていると指が疲れやすくなります。

長時間使っても疲れないトリガー式

殺虫剤によく見られる、銃のトリガーが前面についているタイプです。トリガーをロックする機能はついていないことがほとんどなので、持っているときにうっかりトリガーを引いてしまい、誤射してしまうこともあります。トリガーを引く必要があるため、作業のときに手が邪魔になることがあります。ボタン式より指が疲れにくいというメリットがあります。

ノズルの形状をチェックする

細かい部分に届くよう、エアダスターにはノズルが付属しています。このノズルが別になっていて差し込むタイプや装着されていて折りたたんで収納できるタイプなどがあります。別に付属しているノズルの場合、なくなったり壊れても使い回しができますが、きちんと装着していないと気体の勢いで中にノズルが入り込んでしまうことがあります。

安全に使えるガスかどうか

安全に使えるガスかどうか

ノンフロンのガスが多くなっていますが、温室効果のあるハイドロフルオロカーボンや引火性のあるジメチルエーテル、また代替フロンのジフルオロエタン、また炭酸ガスや液化炭酸ガス、炭酸ガスとハイドロフルオロカーボンを混ぜたものなどがあります。また不燃タイプの安全なガスを使用しているものもあります。

ノンフロンや代替フロンガスは、環境に配慮された気体ですが、引火性があるもの、また高温で有毒ガスが発生するものもあるため、使用する際には注意が必要となります。

逆さでも使えるものがおすすめ

エアダスターを使う場合、スプレーを色々な向きにして使うことが多いので、逆さまにしても使えるタイプを選ぶと便利です。

使い捨てタイプもある

缶入りのエアダスターの場合、価格が安く使いやすいというメリットがある反面、使い終わった缶は処分しなくてはいけないため、ゴミ処理や分別が面倒というデメリットもあります。ガスを使わないタイプで繰り返し使えるもの、ガス部分だけを交換して使えるエコタイプのものもあります。

エアダスターを使う際の注意点

ホコリを吸い取りながら使う

ホコリを吸い取りながら使う

エアダスターを使うのはベランダや玄関先など屋外が好ましいのですが、ホコリが舞い上がるためアパートやマンションなどでは難しい場合もあります。こういった場合は、窓を開けて換気をしながら、掃除機を用意してホコリを吸い取れるようにしましょう。掃除した後にも周囲が汚れますので、そのときにも掃除機が必要です。

電化製品は冷えた状態にする

PCや電化製品などを掃除する場合は、あらかじめコンセントを抜いておき、本体が冷えた状態で行います。熱を持っている場合や通電しているときに使用すると発火してしまいます。またエアダスターを使ってすぐに電源を入れるのも危険です。必ず換気をしてガスがなくなった状態にしてから使用するようにしましょう。

数本を使い回す

噴射する際に缶が冷えるので、連続して使うとガスが出なくなります。これは故障や不具合ではなく、圧縮したガスが気体になる場合に起きる反応なので、短い間隔で噴射するか、数本を使い回すようにしましょう。

エアダスターの捨て方

エアダスターの捨て方

引火性のガスが使用されていることも多いので、捨てる際には必ず使い切った上で完全に空の状態にしてから地域の処分方法に従って廃棄しましょう。事故や怪我をする可能性もあることから、缶に穴を開けずに処分するのがおすすめです。器具を分解して処分できるものもありますので、缶の説明文に従って処分するか、分からない場合には地域のゴミ処分場に問い合わせるようにしましょう。

エアダスターのおすすめ5選

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

ボタン式のエアダスターで、逆さでも使えるタイプです。ジメチルエーテルと炭酸ガスとが使われていて、臭いは少し強いので注意が必要です。価格が安く、手軽に使えるます。3本セットなので使い回しながら使用することで、缶が冷えてガスが出ないといったことを回避できます。

この商品の特徴

ボタン式のエアダスターで、逆さでも使えるタイプです。ジメチルエーテルと炭酸ガスとが使われていて、臭いは少し強いので注意が必要です。価格が安く、手軽に使えるます。3本セットなので使い回しながら使用することで、缶が冷えてガスが出ないといったことを回避できます。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

トリガータイプですが、ノズルが付属しているので細かい場所の使用も可能となっています。ジメチルエーテルと炭酸ガスが使用されているので、換気をしっかりしていないと臭いで酔うこともあります。ボタン式で指が疲れるのがあまり好きでない場合は、トリガー式の方がおすすめです。ちょっとしたホコリ取りはノズルをつけなくても十分に使えます。

この商品の特徴

トリガータイプですが、ノズルが付属しているので細かい場所の使用も可能となっています。ジメチルエーテルと炭酸ガスが使用されているので、換気をしっかりしていないと臭いで酔うこともあります。ボタン式で指が疲れるのがあまり好きでない場合は、トリガー式の方がおすすめです。ちょっとしたホコリ取りはノズルをつけなくても十分に使えます。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

ノズルが折りたたみ式になっていて折りたたんだ状態でもスプレーができる商品です。価格は他よりも少し高めですが、ノズルが勢いで飛んでしまったり、なくなってしまうということがなく、一体型なので強さもあります。ジメチルエーテルが使用されており、臭いには注意が必要です。

この商品の特徴

ノズルが折りたたみ式になっていて折りたたんだ状態でもスプレーができる商品です。価格は他よりも少し高めですが、ノズルが勢いで飛んでしまったり、なくなってしまうということがなく、一体型なので強さもあります。ジメチルエーテルが使用されており、臭いには注意が必要です。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー