ブックライトのおすすめ4選!首かけタイプも

ブックライトのおすすめ4選!首かけタイプも

子供を寝かしつけたあとに暗い部屋や、就寝前の夜行バスなどで本を読む際に便利なのが「ブックライト」です。周り人への迷惑にならないように、自分の手元のみ照らすことができ、100均などでも購入することができます。充電式や電池式、ベッドに取り付けられるクリップタイプなど種類も豊富です。今回はブックライトの基礎知識や選び方、ライトマンなどのおすすめ人気商品を紹介します。

ブックライトとは

ブックライトとは、照明を消した暗い空間で本を読むときに使うコンパクトなライトのことです。ほとんどの商品はLEDを使用して作られています。デスクライトやベッドサイドランプは、ライトの周囲を照らすものですが、ブックライトはさらに狭い範囲をピンポイントで照らすことができます。ブックライトという名前ですが、読書だけでなくメモ帳や会議資料などさまざまなものを読みやすく照らしてくれる便利なアイテムです。

ブックライトの種類と特徴

ブックライトは主に3種類の形状があります。それぞれの特徴を解説します。どのタイプが自分に合いそうか、確認してみてください。

クリップタイプ

人気が高く、さまざまな商品が販売されているのがクリップタイプです。クリップライトとも呼ばれています。クリップ部分で本や書類を挟んで位置を固定して使います。商品によっては本だけでなくベッドの枠や机に挟んで使えるものもあります。

首かけタイプ

首にネックレスのようにかけて使うタイプです。寝ながら使うとライトの向きの調整が難しいことがあるので、座って使う場合に向いています。首からライトをかけて、先端についたライトで本などを照らして使います。左右に一つずつライトが付いている商品が多いです。

パネルタイプ

ノートを書くときに使う下敷きのように、読みたいページの下に敷いて使うのがパネルタイプです。パネルの大きさによっては本のページ全体を照らすことができます。本と似た形状をしているので、本と一緒に本棚に立てかけて収納することもできます。

ブックライトの選び方

軽さ

できるだけライトの本体が軽い商品を選ぶことをおすすめします。クリップタイプやパネルタイプは本に取りつけて使うため、ライトが重いと腕や手が疲れてしまいます。また、首かけタイプも重いと肩が凝ってしまう可能性があります。軽い商品を選ぶことで負担を感じずに快適に使用することができます。

明るさ調整機能

明るさが一定のライトを使用していると、場面によってはまぶしいと感じてしまうこともあります。そのため、明るさの調整機能がある商品がおすすめです。2段階程度でも十分使いやすいですが、4段階など細かく調整ができる商品もあります。

角度調整機能

クリップタイプと首かけタイプの場合は、ライトの向きが自在に調整できると便利です。クリップタイプの場合は、ライトの向きが調整できればクリップの取り付け位置を直すことなく広い範囲を照らすことができます。首かけタイプの場合は、本を読みやすい位置に持ってきても、角度を調整することでその都度好みの場所を照らして読むことができます。

電源方式

ブックライトは乾電池やボタン電池などの電池式と、USBなどで充電して繰り返し使える充電式があります。長時間使用が可能な商品は手間が少なく便利です。1日に10分程度など短時間の使用であればあまり気にする必要はありませんが、比較的長時間使用する可能性がある場合は、一度の充電や電池交換でどのくらいの時間使用できるかを確認しておくことをおすすめします。

デザイン

ブックライトは、部屋の照明やベッドサイドランプと違い、一見ライトとわからないようなデザインの商品があります。まるで本の栞のようなコンパクトな形をしている商品や、人の形をしたポップなデザインの商品もあります。パネルタイプもスタイリッシュな印象です。ブックライトを知らない人が見たら珍しく感じるので、そういった商品を選べば会話のきっかけにもなるでしょう。

ブックライトの主なメーカー

Lendoo

通販サイトamazonで人気のブックライトを販売しているLendooです。人気商品は比較的価格も安くコンパクトなので、自宅だけでなくキャンプや移動中の乗り物などさまざまな場所で使いやすいと評判です。

藤井レイメイ

福岡県福岡市に本拠地を置く複業企業の藤井レイメイは、文房具の取り扱いなどもあり、デザイン性に優れた商品も多くあります。ブックライトでは、人型の「ライトマン」という商品が人気です。

ブックライトのおすすめ4選

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値1,699円(税込)

この商品の特徴

首かけタイプの人気商品です。スポットライトとワイドライトの調整ができるのが嬉しいポイントです。約2.5時間の充電で約8時間照らすことができますので、長時間連続して使いたい方におすすめです。また、読書だけでなくウォーキングやランニングの際にも、首かけタイプのライトは便利です。首かけタイプなら手持ちのライトと比べて手が塞がらない安心感がありますね。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

首かけタイプの人気商品です。スポットライトとワイドライトの調整ができるのが嬉しいポイントです。約2.5時間の充電で約8時間照らすことができますので、長時間連続して使いたい方におすすめです。また、読書だけでなくウォーキングやランニングの際にも、首かけタイプのライトは便利です。首かけタイプなら手持ちのライトと比べて手が塞がらない安心感がありますね。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値890円(税込)

この商品の特徴

シンプルなデザインが多いブックライトの中で、ポップなデザインが印象的なライトマンです。スイッチを入れると目の部分が光ります。手足が自在に動きますので、本に挟むなどさまざまな使い方ができるでしょう。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

シンプルなデザインが多いブックライトの中で、ポップなデザインが印象的なライトマンです。スイッチを入れると目の部分が光ります。手足が自在に動きますので、本に挟むなどさまざまな使い方ができるでしょう。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値1,000円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値1,099円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー