ベビースケールのおすすめ7選!母乳量がわかる機能も

ベビースケールのおすすめ7選!母乳量がわかる機能も

ベビースケールとは、赤ちゃん用の体重計のことです。これから育児を始める上で、必要かどうか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。ベビースケールは、赤ちゃんの日々の成長を細かく把握できるだけでなく、適切な母乳量を確認することもできるため、便利です。有名メーカーのタニタによるnometaシリーズをはじめ、様々なベビースケールが販売されており、計測できる単位も1g〜50g刻みなど様々です。初めて育児をする方にとっては、設置場所や使用方法などについて悩むかもしれません。そこで今回は、ベビースケールのメリットや選び方、おすすめ商品などをご紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

ベビースケールは必要なのか

ベビースケールと大人用の体重計の違い

ベビースケールと大人用の体重計の違い

出典:Amazon.co.jp

ベビースケールとは、赤ちゃん用の体重計のことで、赤ちゃんの日々の成長を細かく把握することができる育児用品です。大人用の体重計と異なり、寝かせた状態で体重を測ることができる形状になっている点や、細かい単位で計測できる点が大きな特徴です。

母乳量が把握できる

粉ミルクではなく、母乳を与えて育児をする場合、授乳前後の体重を測らなければ、どれくらいの量を飲んだのかが分かりません。出産直後であれば、助産師さんが体重を測った上で授乳してくれますが、退院後は自宅で測定する必要があります。そこで、ベビースケールを使用することで、細かく母乳量を把握でき、母乳が足りているかどうかを判断することができます。どれくらい飲んだのか、あるいは吐き戻しなどをした際に、もっと飲ませたほうがいいのか、そういった判断に悩んだときも、授乳前と授乳後の体重を細かく比較することで、目安にすることができます。

健康状態を知ることができる

ベビースケールを使用するメリットとして、赤ちゃんの細かい成長や、健康状態を知ることができる点が挙げられます。最小表示単位が1〜50gと細かく、わずかな健康状態の変化も見逃すことがありません。日々の細かな成長を数字で知ることは、育児の喜びにも繋がります。

ベビースケールの選び方

最小表示単位で選ぶ

ベビースケールは、体重を1g単位で測ることができるものから、50g単位で測ることができるものまで様々です。まだ小さい赤ちゃんの体重を測る場合や、より細かい授乳量を知りたい場合は、最小表示単位が小さいものを選びましょう。1〜50g程度の単位で測ることができる高精度のものがおすすめです。単位が細かくなるほど価格も高くなるため、どの程度の単位が必要なのかをよく考えることが重要です。

最大計測可能重量で選ぶ

最大計測可能重量で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

いつ頃までベビースケールを使用するかを考えながら、最大計測可能重量を見てみましょう。最大計測可能重量が大きければ、ねんね期を過ぎても使用することができます。目安として、最大表示が20kgであれば4〜5歳まで、30kgであれば6歳程度まで使用できます。またベビースケールですが、大人も使えるタイプもあるので、赤ちゃんが成長したあとも使い続けることができます。

サイズで選ぶ

ベビースケールは、赤ちゃんが横になった状態で計測できるため、通常の体重計よりも大きいものが多いです。使用しないときは収納することも考えて、大きさだけでなく、薄さなどもチェックしておくことが重要です。実際に使用したり片付ける場面をイメージして、使いやすいサイズのものを選ぶようにしましょう。

重さで選ぶ

寝室やリビングなど、計測する場所によって移動させる機会が多いのであれば、持ち運びしやすい、軽めのベビースケールを選びましょう。重すぎるものだと移動が負担になってしまいます。

デザインで選ぶ

デザインで選ぶ

出典:Amazon.co.jp

ベビースケールには、様々なデザインのものがあります。見た目よりも機能性のほうが重要なので、そこまで気にする必要もありませんが、全体的に角ばっていない丸みを帯びたデザインのものがおすすめです。赤ちゃんに対して使用するものなので、怪我に繋がらないよう設計されているものがほとんどです。しかし、実際に自分の目で安全なデザインであることを確認してから、購入するようにしましょう。また、1歳を過ぎる頃から、子どもに趣味嗜好が出てきます。体重計に乗ることを嫌がる場合もあるため、進んで乗りたくなるような、かわいらしいデザインのものを選ぶことをおすすめします。

価格で選ぶ

ベビースケールの価格帯は、5,000円以下で買える手頃なものから、10万円近くする高価なものまで様々です。最小表示単位が細かく、最大計測可能重量が大きいものほど、価格も高くなります。加えて、メモリー機能などの付加機能があるものも多く、そういった機能が加わったベビースケールは、さらに高価になります。育児はお金がかかるため、全ての機能が付いた高性能モデルを無理して買うのではなく、必要な機能や、計測重量を見極めた上で購入しましょう。1万円前後のモデルであれば、ある程度必要な機能も揃っており、計測する上で不自由に感じることもありません。

安心して測れる機能で選ぶ

安定感のあるトレーか

安定感のあるトレーか

出典:Amazon.co.jp

ベビースケールは、赤ちゃんを寝かせた状態で計測するため、トレーが付いています。トレーが赤ちゃんの体に沿って安定する形かどうかは、安全かつ正確に計測するために重要な点です。中にはトレーを取り外して使用できるものもあり、赤ちゃんが成長したあとは、立った状態での測定が可能です。さらに、荷物の重さを測るなど、別の用途で再利用できることもあります。

赤ちゃんも喜ぶメロディー機能

ベビースケールの中には、音楽が流れるメロディー機能付きのタイプも販売されています。赤ちゃんは成長してくると、ベビースケールに乗ることを嫌がることもあります。赤ちゃんが好む音階のメロディーが流れることで、喜んでベビースケールに乗ってくれるため、苦労することなく測定ができます。

マット付きだと安心

マット付きだと安心

出典:Amazon.co.jp

トレーに備え付けのマットが付いているものであれば、優しく赤ちゃんを包み込んで測定することができます。赤ちゃんは体重計特有のひやっとする感覚を嫌がるので、暖かいマット付きのものであれば安心して測定することが可能です。

測定を便利にする付加機能

ベビースケールには、様々な付加機能が付いたものが数多くあります。特に、起きている赤ちゃんが動かずに測定することが難しいため、そういった問題を解決できる機能が付いたベビースケールは人気です。測定中に赤ちゃんが動いても、体重の平均値を計算して正確に測ることができるものなど、便利な機能が多いです。機能が高性能であるほど、価格も高くなるため、必要な機能をよく考えて選ぶようにしましょう。

母乳量がわかるメモリー機能

母乳量がわかるメモリー機能

前回に計測した数値を記録できるのが、メモリー機能です。授乳前と授乳後の体重を比較することで、与えた母乳量を把握することができます。授乳時だけでなく、記録された前回の体重と比べることで、赤ちゃんの成長を実感することもできます。

手軽に測定できる風袋(ふうたい)引き機能

柔らかい布やタオルなど、セットした風袋物の重さを差し引いて計測できる機能を、風袋引き機能と言います。計測後に計算する必要がないので、より手軽に測定することができます。

ベビースケールのおすすめ6選

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値5,940円(税込)
4.43(135件)

この商品の特徴

タニタのベビースケールです。サイズは約幅580mm×奥行390mm×高さ93mmです。本体の重量は2.2kgです。カラーはホワイトです。5g単位で赤ちゃんの体重を測定することができます。20kgまで測定することができます。ベビーバスケット用マットが付属しているので、赤ちゃんにとっても心地いいベビースケールを、求めている方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

タニタのベビースケールです。サイズは約幅580mm×奥行390mm×高さ93mmです。本体の重量は2.2kgです。カラーはホワイトです。5g単位で赤ちゃんの体重を測定することができます。20kgまで測定することができます。ベビーバスケット用マットが付属しているので、赤ちゃんにとっても心地いいベビースケールを、求めている方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値6,999円(税込)

この商品の特徴

デジタルのベビースケールです。カラーはホワイトです。パンダの顔のかわいいベビースケールなので、子どもにも人気です。対象年齢は0歳~9歳までです。5g単位で計測することができるので、体重の細かな変化を知ることができます。100gから60kgまでと、幅広く量ることができるので、子どもが成長しても使用することのできる、ベビースケールを求めている方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

デジタルのベビースケールです。カラーはホワイトです。パンダの顔のかわいいベビースケールなので、子どもにも人気です。対象年齢は0歳~9歳までです。5g単位で計測することができるので、体重の細かな変化を知ることができます。100gから60kgまでと、幅広く量ることができるので、子どもが成長しても使用することのできる、ベビースケールを求めている方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値4,980円(税込)
4.10(924件)

この商品の特徴

暮らしの幸便のデジタルベビースケールべびすけくんフラットです。サイズは幅56cm×奥行33cm×高さ5.3cmです。5歳児まで使用することができます。50g~20kgまで測定することができます。風袋機能が搭載されていて、敷いたタオルの重さを引いてくれるので便利です。薄型で安全設計のベビースケールを、求めている方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

暮らしの幸便のデジタルベビースケールべびすけくんフラットです。サイズは幅56cm×奥行33cm×高さ5.3cmです。5歳児まで使用することができます。50g~20kgまで測定することができます。風袋機能が搭載されていて、敷いたタオルの重さを引いてくれるので便利です。薄型で安全設計のベビースケールを、求めている方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値3,164円(税込)
4.14(161件)

この商品の特徴

TANITA(タニタ)のデジタルベビースケールです。 最大計量20kgで、0~10kgまで50g単位、10kg~20kgまで100g単位で測定できます。乳児皿を取り外せば立って測定することができるので、6歳児くらいまでの体重計として使用が可能です。赤ちゃんの成長や、授乳量のチェックなどに役に立ちます。成長の記録をつけたい方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

TANITA(タニタ)のデジタルベビースケールです。 最大計量20kgで、0~10kgまで50g単位、10kg~20kgまで100g単位で測定できます。乳児皿を取り外せば立って測定することができるので、6歳児くらいまでの体重計として使用が可能です。赤ちゃんの成長や、授乳量のチェックなどに役に立ちます。成長の記録をつけたい方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値1,768円(税込)
3.80(16件)

この商品の特徴

VICOODA(ビクーダ)のBluetooth体組成計です。体重、体脂肪率、体内水分率、骨格筋、筋肉量、内臓脂肪、基礎代謝、BMIなど8種類健康項目を正確測定し、自動記録します。専用のアプリをインストールし、アプリを起動させた状態で体組成計に乗ると、測定データが自動的にアプリに転送されます。毎日自分の身体の記録をつけ、健康管理に役立てた方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

VICOODA(ビクーダ)のBluetooth体組成計です。体重、体脂肪率、体内水分率、骨格筋、筋肉量、内臓脂肪、基礎代謝、BMIなど8種類健康項目を正確測定し、自動記録します。専用のアプリをインストールし、アプリを起動させた状態で体組成計に乗ると、測定データが自動的にアプリに転送されます。毎日自分の身体の記録をつけ、健康管理に役立てた方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値8,180円(税込)
4.80(5件)

この商品の特徴

TANITA(タニタ)のデジタルベビースケールです。 サイズは本体が縦約293×横約267×高さ約48mm、バスケットが縦約265×横約550×高さ約82mmです。最大計量は20kgで、0~10kgまでが20g単位、10kg~20kgまでは50g単位で測定できます。乳児皿を取り外し立って測定することができるので、6歳児くらいまで使えます。赤ちゃんの成長や、哺乳量を確認したい方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

TANITA(タニタ)のデジタルベビースケールです。 サイズは本体が縦約293×横約267×高さ約48mm、バスケットが縦約265×横約550×高さ約82mmです。最大計量は20kgで、0~10kgまでが20g単位、10kg~20kgまでは50g単位で測定できます。乳児皿を取り外し立って測定することができるので、6歳児くらいまで使えます。赤ちゃんの成長や、哺乳量を確認したい方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

ベビースケール以外の赤ちゃんに使えるアイテムもチェック

大切な赤ちゃんの健康を守るためには、赤ちゃん用にデザインされているアイテムを使うのがおすすめです。自分のライフスタイルと赤ちゃんにぴったりな商品を見つけてみてください。

ベビースケールのおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

おすすめ記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー