猫キャリー・カートのおすすめ5選&選び方【おしゃれでかわいい】

猫キャリー・カートのおすすめ5選&選び方【おしゃれでかわいい】

普段は家で過ごすことが多い猫を外に連れて行かなければいかないとき、必要になるのが「猫キャリー・猫カート」です。丈夫なケージのような見た目な商品から、宇宙船のような見た目をしているリュックタイプのおしゃれな商品もあります。今回は猫キャリー・カートの基礎知識や選び方、人気のおすすめ商品などを紹介します。

猫キャリー・カートの種類と特徴

猫のキャリーにはさまざまなタイプがあります。飼い主の力の強さや猫の習性に合わせて選ぶことが大切です。

手持ちタイプ

最もメジャーなキャリーがこのタイプです。キャリー上部に持ち手が付いています。蓋は大きく開くものが多く、動物病院に連れて行くときにはこのタイプが最適です。しかし、万が一持ち手が取れてしまうと猫がそのまま下に落ちてしまい、ケガをしたり飛び出して事故に遭う危険性もあります。

ショルダータイプ

肩にかけて使うタイプです。背中に背負うことができるものもあります。肩から掛けると中の猫が不安定に揺れることがあるので、手で固定しておきましょう。背負えば揺れは収まりますが、猫から飼い主が見えなくなります。猫の性格によってはとても不安な思いをさせてしまう場合もあります。

折りたたみタイプ

外出が多い猫にはこのタイプもおすすめです。使うときだけ組み立てることができるので、出先や狭いお部屋でもキャリーが邪魔になることがありません。ただし、折りたたみタイプはそうでない商品に比べて強度が劣ってしまうので、猫が大きい場合や暴れる場合は危険です。

カートタイプ

ベビーカーのようなタイプです。飼い主が後ろから押すことで進みます。ファスナーで大きく開くことができるものが多いです。猫から飼い主が見える仕組みになっているタイプや、猫の下に荷物を置けるタイプもあります。

キャリー一体型カートタイプ

キャリー自体にカートが付いているタイプです。飼い主が前から引っ張れば前に進みます。猫の普段の目線に近い高さです。カートの振動が伝わりやすいので、活発な猫は喜びます。基本的には持って歩くこともできるので、状況によって使い分けることができます。

猫キャリー・カートの選び方

猫は基本的に家で過ごします。そのため通院などの外出は苦手な猫も多いです。飼い猫のためにキャリーやカートは慎重に選びましょう。

大きさ

猫は基本的にピッタリのサイズが安心する場合が多いです。外出するときは、ジャストサイズのキャリーやカートの方が落ち着くので、飼い猫にあったサイズのキャリーを選んでください。

全開するかどうか

病院に連れて行く可能性がある場合は、蓋が全開する商品を選びましょう。猫をキャリーやカートに入れたり出したりする際に、蓋が全開するタイプだと簡単になります。

強度

何かぶつかって蓋が開いてしまうと、猫が飛び出してしまう危険性があるので、蓋のロック部分や持ち手が丈夫で壊れにくいかどうかを確認しておきましょう。

居心地の良さ

底が固い、冷たいなどの商品の場合、猫がくつろげず、キャリーやカートに入ることを嫌がる場合があります。猫の居心地が良いように、できるだけ柔らかく、温かみのある素材を選びましょう。

外が見える・声が聞こえる

猫はとても怖がりで、慣れない外に出たときはさらに不安が大きくなります。キャリーやカートの中からでも飼い主が見えるものを選びましょう。上部が透明であったり、細かい穴がたくさん開いているタイプもあります。また、声が聞こえやすい構造になっているものも、猫の不安を和らげることができます。

猫キャリー・カートの主なメーカー

ペティオ

ペット用品を幅広く取り扱っています。フードからおもちゃ、キャリーやカートまで揃っています。特に猫用インテリアnecocoにはたくさんの猫グッズがあります。

リッチェル

猫が快適に暮らすための商品がたくさんあります。どれもおしゃれで機能的です。丈夫なキャリーやカートも扱っています。猫の好みに合わせてハードとソフトを用意しています。

猫キャリー・カートのおすすめ5選

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値1,916円(税込)

この商品の特徴

横からも上からも出入りできます。プロピレンと鉄で作られているので丈夫です。地震や災害の時の非難場所としても使えるでしょう。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

横からも上からも出入りできます。プロピレンと鉄で作られているので丈夫です。地震や災害の時の非難場所としても使えるでしょう。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値3,280円(税込)

この商品の特徴

キャリーに入ることを嫌がる猫におすすめです。お部屋の隅にリラックススペースとして置いておきましょう。もしものときに入りやすくなります。蓋も大きく開くので病院などでも安心です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

キャリーに入ることを嫌がる猫におすすめです。お部屋の隅にリラックススペースとして置いておきましょう。もしものときに入りやすくなります。蓋も大きく開くので病院などでも安心です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値4,666円(税込)

この商品の特徴

中央にメッシュカバー付きの透明ドームがあるのが特徴の、まるで宇宙船のような見た目をしたリュックタイプのキャリーです。通気孔がついており、側面がメッシュになっているため通気性が良く、フックも付いているためペットがバッグから急に飛び出すことを防止してくれます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

中央にメッシュカバー付きの透明ドームがあるのが特徴の、まるで宇宙船のような見た目をしたリュックタイプのキャリーです。通気孔がついており、側面がメッシュになっているため通気性が良く、フックも付いているためペットがバッグから急に飛び出すことを防止してくれます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値2,202円(税込)

この商品の特徴

ソフトタイプのキャリーです。猫の身体にジャストフィットする丁寧な作りがされています。ショルダーとして使うことができます。飼い主も楽に使うことができるでしょう。メッシュ部分も多いので、おでかけが苦手な猫も安心ですね。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

ソフトタイプのキャリーです。猫の身体にジャストフィットする丁寧な作りがされています。ショルダーとして使うことができます。飼い主も楽に使うことができるでしょう。メッシュ部分も多いので、おでかけが苦手な猫も安心ですね。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値18,000円(税込)

この商品の特徴

多頭飼いをしている方へおすすめです。カバーがメッシュになっているので声を掛けることができます。10種類のデザインから選ぶことができます。猫とのお散歩にもぴったりです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

多頭飼いをしている方へおすすめです。カバーがメッシュになっているので声を掛けることができます。10種類のデザインから選ぶことができます。猫とのお散歩にもぴったりです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー